ホーム -> 加工処理操作 -> 有限会社松村工業

発明の名称 ノンスカラップ工法による裏当て金物
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−15695
公開日 平成10年(1998)1月20日
出願番号 特願平8−206356
出願日 平成8年(1996)7月1日
代理人
発明者 松村 新一郎 / 松村 浩−
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】フラット バー(1)に(2)のH型綱のサイズに応じたフィレットのアール及び開きを備えた裏当て金物。
【請求項2】フラット バー(1)に(3)の本溶接のためのスペースを保持するため、フラットな部分を備えた裏当て金物。
【請求項3】フラット バー(1)に(4)の溶接のたれを防ぐための返しを備えた裏当て金物。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、柱・梁接合部の梁端溶接部に用いられる裏当て金物に関する特殊な形状及びその構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来の裏当て金物においては、鉄骨構造の柱・梁溶接仕口の製作においてスカラップ工法が用いられている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来の裏当て金物にあっては、肉溶接線の交差を避けるために、スカラップ工法を必要としたもので、そのため断面及び変形性能の低下へと結びつく。鋼材および溶接材料の品質が著しく向上し、溶接技術も進歩した現在では、その必要性が明確でなくなってきている。
【0004】本発明は、裏当て金物の形状により、ノンスカラップ工法を用いることを目的とし、さらに開先加工された梁フランジ・ウェブとの間に本溶接のためのスペースを確保し、ワンタッチで容易に取り付けることができる裏当て金物の形状及び構造を提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明においては、H型綱のフィレットに沿うように一部アールを持たせるとともに、本溶接のためのスペースを確保するため、一部必要に応じた幅だけアールを持たせずフラットな部分を残しておく。
【0006】また、両端に溶接のたれを防ぐための返しを備えた方が好ましい。
【0007】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を実施例にもとづき図面を参照して説明する。図3において、7の柱フランジと8の梁フランジの間、本溶接部分9に6の裏当て金物を備着させ、もし必要であれば9の部分を7mm〜8mmほど取れば、隙間なく備着できる。
【0008】
【発明の効果】本発明は、以上説明したように構成されているので、以下に記載されるように効果を発する。
【0009】本発明の裏当て金物を備着することにより、今まで必要とされてきたスカラップ工法を必要とせず、ワンタッチで備着できることにより、作業の短縮を可能とする。
【0010】さらに、裏当て金物の両端に45°前後の返しを備えたことにより、溶接のたれを防ぐことができる。