米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 平岡織染株式会社

発明の名称 熱融着縫製可能な防水シート
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−337826
公開日 平成10年(1998)12月22日
出願番号 特願平10−135635
出願日 昭和59年(1984)7月10日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】石田 敬 (外4名)
発明者 大林 勉 / 井本 学 / 秋草 洋三
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 繊維性基布と、その表面又は表裏両面に形成され、かつ、天然ゴム、合成ゴム又は合成樹脂からなる防水層とを有する防水シート基体、並びに、前記防水シート基体の上面の最外層に形成され、かつ、0.3〜10μmの厚さを有するフッ化ビニリデン樹脂層、及び前記防水シート基体の下面の最外層全面に塗布によって形成され、かつ、0.5〜30μmの厚さを有するアクリル樹脂層を有することを特徴とする熱融着縫製可能な防水シート。
【請求項2】 前記上面において、防水層とフッ化ビニリデン樹脂層との間にポリウレタン樹脂層又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層が形成されている、請求項1に記載の防水シート。
【請求項3】 前記下面において、防水層とアクリル樹脂層との間に、アクリル樹脂層、ポリウレタン樹脂層又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層が形成されている、請求項1又は2に記載の防水シート。
【請求項4】 前記アクリル樹脂層が前記防水層を形成している、請求項1に記載の防水シート。
【請求項5】 前記防水層が0.05〜2.0mmの厚さを有する、請求項1〜4のいずれかに記載の防水シート。
【請求項6】 前記アクリル樹脂層がアクリル酸もしくはメタクリル酸のC1 〜C4 アルコールのエステルを主構成モノマーとする重合体もしくは共重合体を主成分とする樹脂からなる、請求項1〜5のいずれかに記載の防水シート。
【請求項7】 前記アクリル樹脂がアクリル酸もしくはメタクリル酸のC1〜C4 アルコールのエステルとアクリル酸もしくはメタクリル酸のC1 〜C12アルコールのエステル、フッ化ビニル、フッ化ビニリデン、塩化ビニル、塩化ビニリデン、酢酸ビニル、スチレン、アクリロニトリル、メタクリロニトリルまたはブタジエンとの共重合体である、請求項6に記載の防水シート。
【請求項8】 前記アクリル樹脂層がPVC樹脂、ポリウレタン樹脂またはフッ化ビニリデン樹脂を含有する、請求項6または7に記載の防水シート。
【請求項9】 前記ポリウレタン樹脂層又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層が0.5〜30μmの厚さを有する、請求項1〜8のいずれかに記載の防水シート。
【請求項10】 前記アクリル樹脂層の厚さが2〜20μmである、請求項1に記載の防水シート。
【請求項11】 前記フッ化ビニリデン樹脂がフッ化ビニリデン単重合体又はフッ化ビニリデンを70モル%以上含有する共重合体である、請求項1〜10のいずれかに記載の防水シート。
【請求項12】 前記フッ化ビニリデン樹脂層がフッ化ビニリデン樹脂とこのフッ化ビニリデン樹脂との相溶性が良好な他の樹脂との混合樹脂からなる、請求項1に記載の防水シート。
【請求項13】 前記フッ化ビニリデン樹脂との相溶性が良好な他の樹脂がメチルメタクリレートもしくはメチルアクリレートを主体とする重合体もしくは共重合体、ポリウレタン樹脂又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール重合体である、請求項12に記載の防水シート。
【請求項14】 前記フッ化ビニリデン樹脂層が1〜5μmの厚さを有する、請求項1〜13のいずれかに記載の防水シート。
【請求項15】 前記ポリウレタン樹脂層、又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層の厚さが2〜20μmである、請求項9に記載の防水シート。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、熱融着縫製可能な防水シート、特に防汚性及び耐候性に優れ、高周波熱融着縫製の可能な防水シートに関する。
【0002】
【従来の技術】従来、例えば、繊維性基布の片面又は両面に軟質塩化ビニル(PVC)樹脂層を有する柔軟なシートが、エアドーム等の大型テントに使用されている。このようなシートは、加工性、経済性、防炎性等の点においてPVCに固有の長所を有するが、一方でかかるテントは長期間屋外に曝露されるものであるから、配合される安定剤等について十分な吟味がなされていたとしても、長年月の間に次第に樹脂の分解を来たし、また可塑剤が表面移行して次第に表面が粘着性となり、またその表面上に塵埃等が付着して汚染される等の重大な欠点を有していた。
【0003】この対策として、PVC層の上面にアクリル樹脂フィルム層を形成して、従来のPVC層のみの積層品の欠点をカバーし、所定の効果を得ている。しかしながら、積層品の使用状態により、強く揉まれる等の条件下ではアクリル樹脂フィルム層に亀裂を生じ、積層品の耐用期間を著るしく短縮せしめる結果となることもあり、この対策は十分なものとなるには至っていない。
【0004】しかして、このような積層シートの表面を、フッ化ビニリデン樹脂/アクリル樹脂/PVC樹脂からなるフィルムを貼着することにより構成し、フッ化ビニリデン樹脂層を外表面とすることにより、耐候性や耐汚染性を改良する方法を見出した。このような防水シートをミシンにより縫製して使用する場合には縫目から漏水し、またミシン縫製は作業能率も悪いために、高周波又は熱風を利用して熱融着縫製を行なうことがしばしばあるけれども、上記フッ化ビニリデン樹脂層を外表面とする積層シートに熱融着縫製を用いて接合しようとしても、フッ化ビニリデン樹脂層は対向する他の樹脂層、例えばPVC層とは接着せず、従ってこのシートもまた更に改良が望まれているところである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、優れた防汚性と耐候性とを備える一方で、熱融着縫製、特に高周波による熱融着縫製が可能で、しかも耐久性ある防汚性を有する、極めて有用な防水シートを提供しようとするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明に係る熱融着縫製可能な防水シートは、繊維性基布と、その表面又は表裏両面に形成され、かつ、天然ゴム、合成ゴム又は合成樹脂からなる防水層とを有する防水シート基体、並びに前記防水シート基体の上面の最外層に形成され、かつ、0.3〜10μmの厚さを有するフッ化ビニリデン樹脂層、及び前記防水シート基体の下面の最外層全面に塗布によって形成され、かつ、0.5〜30μmの厚さを有するアクリル樹脂層を有することを特徴とするものである。
【0007】本発明の防水シートの一例を、図1を参照しながら説明する。図1に示す本発明防水シートの態様においては、繊維性基布1の表裏両面に、天然ゴム、合成ゴム又は合成樹脂からなる防水層2,2′が形成され、これらによって防水シート基体1aが構成される。この防水層2の上面側の最外層にはフッ化ビニリデン樹脂層3が形成されている。必要ならば、これら防水層2とフッ化ビニリデン樹脂層3との間には、これらの層と連続してポリウレタン樹脂層又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層が形成されていてもよい。一方、防水層2′の側の下面最外層にはこの防水層2′に連続して最外層全面を形成するアクリル樹脂層4が塗布形成されている。
【0008】本発明防水シートの他の態様においては、上記の如き防水層2を、ポリウレタン樹脂又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体により形成してもよく、また防水層2′をアクリル樹脂、ポリウレタン樹脂又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体により形成してもよい。また、上記防水層2と、ポリウレタン樹脂層又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層との間に任意の他の層を形成することもでき、また防水層2′とアクリル樹脂層4との間に他の任意の層を形成することもできる。また、防水層2′を省略してもよく、あるいは防水層2′を省略し、これに代えて他の任意の層を形成してもよい。
【0009】即ち、本発明の防水シートに必須の要件は、繊維性基布を内層に有すること、防水層が存在すること、上面にはその最外層に厚さ0.3〜10μmのフッ化ビニリデン樹脂層が形成されていること、及び下面にはその最外層全面が0.5〜30μmの厚さを有する、塗布により形成されたアクリル樹脂層により形成されていることである。以下、本発明を更に具体的に説明する。本発明の防水シートに用いられる繊維性基布は、天然繊維、例えば、木綿、麻など、無機繊維、例えば、ガラス繊維、カーボン繊維、金属繊維など、再生繊維、例えば、ビスコースレーヨン、キュプラなど、半合成繊維、例えば、ジ−およびトリ−アセテート繊維など、及び合成繊維、例えば、ポリアミド(ナイロン6、ナイロン66等)繊維、ポリエステル(ポリエチレンテレフタレート等)繊維、芳香族ポリアミド繊維、アクリル繊維、ポリ塩化ビニル繊維、ポリオレフィン繊維などから選ばれる少なくとも1種からなるものである。基布中の繊維は、短繊維紡績糸条、長繊維糸条、スプリットヤーン、テープヤーンなどのいずれの形状のものであってもよく、また基布は、織物、編物、不織布又はこれらの複合布のいずれであってもよい。一般には、本発明の防水シートに用いられる繊維はポリエステル繊維であるのが好ましく、この繊維は長繊維(フィラメント)の形状にあるのが好ましく、かつ平織布を形成しているのが好ましい。また、平行に並べたたて糸とよこ糸とを交差するように重ね、これらをからみ糸で押えて構成された織物は特に好ましい。繊維性基布は得られる防水シートの機械的強度を高いレベルに維持するために有用である。
【0010】本発明においては、繊維性基布の表面又は表裏両面に防水層を形成して防水シートとするのであるが、この防水層の材料としては、天然ゴム、ネオプレンゴム、クロロプレンゴム、シリコーンゴム、ハイパロンその他の合成ゴム、またはPVC樹脂、エチレン−酢酸ビニルコポリマー(EVA)樹脂、アクリル樹脂(上面最外層をなすフッ化ビニリデン樹脂層のすぐ下に形成され、防水層を形成しているものを除く、)、シリコーン樹脂、ウレタン樹脂、ポリエチレン(PE)樹脂、ポリプロピレン(PP)樹脂、ポリエステル樹脂、フッ素樹脂その他の合成樹脂を用いることができる。このような材料からなる防水層は、得られる防水シートに所望の防水性並びに難燃性や機械的強度を与えるのに十分な厚さ、例えば、0.05mm以上の、好ましくは0.05〜2.0mmの厚さを有する。
【0011】これらの防水層は、上記の如きゴム又は樹脂のフィルム、溶液、ペースト又はストレートなどを用い、公知の方法、例えば、トッピング、カレンダリング、コーティング、ディッピングなどの方法によって、繊維性基布上に形成することができる。これらのゴム又は樹脂中には、可塑剤、安定剤、着色剤、紫外線吸収剤などや他の機能付与剤が含まれていてもよい。
【0012】本発明に係る防水シートの上面においては、最外層としてフッ化ビニリデン樹脂層が形成される。フッ化ビニリデン樹脂としては、フッ化ビニリデン単重合体の他、フッ化ビニリデンを70モル%以上含有し、これと共重合可能な単量体、例えば、4フッ化エチレン、3フッ化エチレン、フッ化ビニル、3フッ化塩化エチレン、フロロクロロビニリデン、6フッ化ビニリデンなどから選ばれる1種以上の単量体を共重合させて得られる共重合体が用いられる。場合によっては、これらの単重合体又は共重合体と良好な相溶性を有する他の樹脂を加えた混合物とすることもできる。このようなフッ化ビニリデン樹脂との相溶性の良好な樹脂としては、例えば、メチルメタクリレートもしくはメチルアクリレートを主体とする重合体もしくは共重合体、ポリウレタン樹脂又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体などがある。しかし、これら他の樹脂成分は、構成樹脂量の30PHR 以内とすることが好ましい。
【0013】このフッ化ビニリデン樹脂層中には、必要に応じて、安定剤、滑剤等の加工助剤およびUVAを含有させてもよい。特に、UVAの添加は、必要により、場合によりその下に形成される、ポリウレタン樹脂層又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層との接合面付近におけるこれらの樹脂の光劣化を防止する意味から好ましい。しかし、フッ化ビニリデン樹脂と均一相に相溶し得るUVAの量はあまり多くなく、一般には3%以下の量である。また、フッ化ビニリデン樹脂層は一般には極めて薄いので、この層のUVAのみで防水層を完全に保護することはあまり期待できない。
【0014】フッ化ビニリデン樹脂層はシートの表層のみを保護するものであって、0.3〜10μmの厚さを有し、この厚さは1〜5μmであることが好ましい。本発明においては、上面最外層のフッ化ビニリデン樹脂層のすぐ下にアクリル樹脂層、ポリウレタン樹脂層又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体層を形成するのが好ましく、これらの層の厚さは、好ましくは0.5〜30μm、更に好ましくは2〜20μmであるのがよく、一般にはフッ化ビニリデン樹脂層の厚さよりも大きいのがよい。
【0015】本発明に有用なアクリル樹脂層を構成するアクリル樹脂としては、アクリル酸もしくはメタクリル酸のC1 〜C4 アルコールのエステルを主構成モノマーとする重合体もしくは共重合体を主成分とする樹脂が好ましい。このようなアクリル酸エステル系樹脂の主構成モノマーは、具体的には、メチルアクリレート、メチルメタクリレート、エチルアクリレート、エチルメタクリレート、プロピルアクリレート、プロピルメタクリレート、ブチルアクリレート及びブチルメタクリレートであり、特にメチルアクリレート及びメチルメタクリレートが好ましい。また、これらの主構成モノマーと共重合させるモノマーとしては、例えば、アクリル酸もしくはメタクリル酸のC1 〜C12アルコールのエステル、フッ化ビニル、フッ化ビニリデン、塩化ビニル、塩化ビニリデン、酢酸ビニル、スチレン、アクリロニトリル、メタクリロニトリル、ブタジエンなどのモノマーがある。これらの共重合体は、ランダム共重合体に限定されるものではなく、グラフト共重合体であってもよい。例えば、メチルメタクリレート重合体にフッ化ビニリデンを添加後、これをグラフト重合させた重合体などを使用することもできる。また、アミノ基、イミノ基、エチレンイミン残基、アルキレンジアミン残基を含むアクリレートを用いることもできるが、アジリジニル基を含有するアクリレートを用いる場合に特に好ましい結果を与える。
【0016】アクリル樹脂層には、アクリル樹脂との相溶性の良好な他の樹脂が少量含有されていてもよい。特に、PVC樹脂、ポリウレタン樹脂及びフッ化ビニリデン樹脂は、いずれも、アクリル樹脂との相溶性が良好であるので、有用である。これらのことはまたシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体についても同様のことが言える。また、これらの樹脂層には、耐久性ある耐候性を与えるために紫外線吸収剤(UVA)が配合されてもよい。UVAの配合量は入射される紫外線を約50%以上遮断し得るように定めるのが好ましい。この紫外線遮断量は、UVAを含有するこれらの樹脂層中のUVAの濃度とこの層の厚さにより定まるが、UVA濃度があまり低い場合にはこれらの樹脂層の厚さを増大させる必要があり、従ってこのこれらの樹脂層のUVA濃度は好ましくは0.3%以上、より好ましくは1.0%以上とすべきである。しかし、この樹脂層中のUVA濃度が高すぎると、上面最外層を構成するフッ化ビニリデン樹脂層との界面にブリードし、この層との接着力を低下させることがあるので好ましくない。もちろん、UVAの種類によりこれらの樹脂及びフッ化ビニリデン樹脂との相溶性が異なるのでその濃度の上限は異なるけれども、フッ化ビニリデン樹脂に対しても比較的高い親和性を有するベンゾトリアゾール系のUVAでも30PHR を超えると両層の界面において剥離し易くなるので、30PHR 以下程度にとどめるのが好ましい。UVAとしては、ベンゾトリアゾール系のものばかりでなく、ベンゾフェノン系、サリチル酸エステル系のもの、又はこれらと他の樹脂とを共重合させたもののいずれをも用いることができ、特に限定されるものではない。
【0017】本発明の防水シートを製造するに際しては、例えば、繊維性基布の表面又は表裏両面に防水層を形成したシートを先ず製造し、次いでポリウレタン樹脂又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体を塗布し、又はしないで及びフッ化ビニリデン樹脂を塗布形成してもよく、また別法としてその上表面に別途製造されたフッ化ビニリデン樹脂/ポリウレタン樹脂又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体の積層フィルムを貼着してもよい。このフッ化ビニリデン樹脂/ポリウレタン樹脂等の積層フィルムの厚さが薄く、作業性に問題が生じる場合には、30〜50μmの厚さを有するPVCフィルム等の、できれば耐水性基材を支持体としてフッ化ビニリデン樹脂/ポリウレタン樹脂又はシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体/PVC樹脂等からなる積層フィルムを作り、これを上記シートに貼着することもできる。このような積層フィルムの製造は、特に限定されるものではないけれども、各層の樹脂を複合Tダイス又は複合円筒ダイスから複合流動させて、フラットシート又は円筒物を共押出しし、通常の方法で引取り、更に必要に応じて熱処理する方法により行なわれるのが、各層間接着性や生産性の面からみて望ましい。
【0018】本発明の防水シートにおいて、下面最外層を構成するアクリル樹脂層は、前述したように、その厚さは0.5〜30μmであり好ましくは2〜20μmであって、その材料は、前記と同様に選択することができる。この場合、下面は直射日光に曝露されることが少ないので、それ程にはUVAの配合の必要性はなく、配合を省略することもできる。また、この層は、塗布によって形成される。また、この層には、接着性を阻害しない範囲で、他の共重合体その他の加工剤を添加することもできる。また、防水層との接着性を助長する目的で、例えば、PVC防水層を形成した場合には、PVCをこの層に混用する等の対策を講じることもできる。0.5〜30μmの厚さを有するアクリル樹脂層は、後記実施例に記載のように、塗布により形成される。
【0019】本発明に使用するポリウレタン樹脂は、その使用形態に関して自由に選択され、可塑剤、安定剤、着色剤、滑剤その他各種の付性剤が公知の範囲で自由に添加可能である。以下に、本発明に有用なポリウレタン樹脂、特に熱可塑性ポリウレタンエラストマー樹脂についてその一例を示す。
【0020】ポリウレタンエラストマーとしては、有機ポリイソシアネートと高分子ポリオールおよび必要により鎖伸長剤を反応させて得られるものが使用される。有機ポリイソシアネートとしては、脂肪族、脂環式または芳香族ポリイソシアネート、たとえば、ヘキサメチレンジイソシアネート、リジンジイソシアネート、シクロヘキシレンジイソシアネート、ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート、イソホロンジイソシアネート、トリレンジイソシアネート、キシリレンジイソシアネート、フェニレンジイソシアネート、ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)、ビフェニレンジイソシアネート、ナフチレンジイソシアネートが挙げられる。これらのうちでは、MDIまたはこれを主体とする有機ジイソシアネートが好ましい。
【0021】高分子ポリオールとしては、ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオール、ポリエーテルエステルポリオール、重合体ポリオールおよびこれらの2種以上の混合物を挙げることができる。ポリエーテルポリオールとしては、アルキレンオキサイド(エチレンオキシド、プロピレンオキシド、ブチレンオキシド等)、複素環式エーテル(テトラヒドロフラン等)を重合または共重合(ブロックまたはランダム)させて得られるもの、たとえば、ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコール、ポリエチレン−プロピレン(ブロックまたはランダム)グリコール、ポリテトラメチレンエーテルグリコール、ポリヘキサメチレンエーテルグリコール、ポリオクタメチレンエーテルグリコールおよびそれらの2以上の混合物が挙げられる。ポリエステルポリオールとしては、ジカルボン酸(アジピン酸、コハク酸、セバシン酸、グルタル酸、マレイン酸、フマル酸、フタル酸等)とグリコール(エチレングリコール、プロピレングリコール、1,4−ブタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、1,8−オクタメチレンジオール、ネオペンチルグリコール、ビスヒドロキシメチルシクロヘキサン、ビスヒドロキシエチルベンゼン、アルキルジアルカノールアミン等)とを縮重合させて得られたもの、たとえばポリエチレンアジペート、ポリブチレンアジペート、ポリヘキサメチレンアジペート、ポリエチレン/プロピレンアジペート:ポリラクトンジオールたとえばポリカプロラクトンジオール:およびこれらの2種以上の混合物が挙げられる。ポリエーテルエステルポリオールとしては、エーテル基含有ジオール(前記ポリエーテルジオール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、ジプロピレングリコール等)もしくはこれらと他のグリコールとの混合物を前記ジカルボン酸とまたはジカルボン酸無水物(無水フタル酸、無水マレイン酸等)ならびにアルキレンオキシドとを反応させることによって得られるもの、たとえば、ポリ(ポリテトラメチレンエーテル)アジペートが挙げられる。
【0022】また、重合体ポリオールとしては、高分子ポリオール(前記ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオール、および/またはポリエーテルエステルポリオール)あるいはこれらと中〜低分子ジオールとの混合物中でエチレン性不飽和モノマー(アクリロニトリル、スチレン等)を重合させて得たものが挙げられる。高分子ポリオールの平均分子量(水酸基価滴定による)は通常500〜5000、好ましくは700〜4000、とくに好ましくは2000〜3500である。
【0023】鎖伸長剤としては、分子量500未満の低分子ポリオール、たとえば、エチレングリコール、プロピレングリコール、1,4−ブタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、チオジグリコール(チオジエタノール等);ポリアミン、たとえば、エチレンジアミン、プロピレンジアミン、ブチレンジアミン、ヘキサメチレンジアミンなどの脂肪族ジアミン、ピペラジン、1,4−ジアミノピペラジン、1,3−シクロヘキシレンジアミン、ジシクロヘキシルメタンジアミンなどの脂環式ポリアミン、ジフェニルメタンジアミン、トリレンジアミン、フェニレンジアミンなどの芳香族ポリアミン、キシリレンジアミンなどの芳香−脂肪族ポリアミン、ヒドラジンおよびモノアルキルヒドラジン;アルカノールアミン、たとえば、エタノールアミン、プロパノールアミン;およびこれらの2種以上の混合物が挙げられる。これらのうち好ましいものは、低分子ジオール(とくにエチレングリコール)である。
【0024】しかし、以上の例示に限定されるものではなく、他のいずれの熱可塑性ポリウレタン樹脂でも使用可能であり、またエステル系、エーテル系その他に限定されることなく熱により溶融し、加熱圧着接(溶)着可能なものであれば全て使用することができる。
【0025】このようにして得られる防水シートは、防汚性及び耐候性に優れるとともに、熱融着縫製が可能である。即ち、この防水シート2枚を重ね合せ、上面最外層のフッ化ビニリデン樹脂層と下面最外層のアクリル樹脂層という特定された組合わせの最外層を互に接触させて、超音波加熱、高周波加熱又は熱風により融着接合させることができる。従来の防水シートのように表面に弗素系樹脂を用い裏面の樹脂を弗素系樹脂以外の樹脂とすると、これらは、殆んど融着接合せず、上表面にフッ化ビニリデン樹脂層を用いても、下表面にアクリル樹脂層を形成しない場合には融着接合せず、偶々強引に過熱高圧接合を試みても、その接着力は高々0〜3kg/3cmと極めて小さかったのである。しかし、本発明の場合には、上面最外層フッ化ビニリデン樹脂、下面最外層アクリル樹脂の組み合わせに特定することにより、その接着力は6〜10kg/3cmとなり、実用上必要とされている約5kg/3cmを超える好ましい値となる。また、この組合わせに特定することにより高周波熱融着縫製が可能になる。このような熱融着縫製に際して本発明の特定の組み合わせによる、好ましい接着力を与えるような樹脂からなるフイルムを2枚のシート間に挾み込んで融着接合させることも考えられるけれども、この場合には防水シートとの密着力に欠けるため接着力は3〜4kg/3cm程度となり、また融着作業に際して必要部位の位置決めに難点があり、作業上好ましくない。また、下面最外層の連続層に代えて、これらの樹脂層を下面に部分的に形成することも考えられるが、この場合縫製時にこれらの樹脂層を塗布する等の作業は煩わしく、作業性を低下させ、作業環境を害する。従って、本発明の防水シートの如く、最初から下面最外層全面に連続層として本発明の特定の樹脂層を形成しておくならば、防水シートそれ自体の製造も安価にかつ簡単に行なうことができ、また熱融着縫製を必要とするどの部分においても行なうことができるという利点がある。
【0026】
【実施例】以下、実施例により、本発明を更に説明する。
実施例1下記組織、密度 (20/3×20/4)/(45×38)
目付 360g/m2を有するビニロン繊維帆布を基布として用い、これを湯通しし、乾燥した。
【0027】次に、この基布に、ハイパロン樹脂防水層、シリコーン樹脂防水層、EVA樹脂防水層、又はアクリル樹脂防水層を形成して、防水シート基体を調製し、その上面にソニー・ケミカル社製アクリル樹脂接着剤SC462を用いてフッ化ビニリデン樹脂(4μm)/シアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体(10μm)からなるフィルムをそのシアノエチル化エチレン−ビニルアルコール共重合体面が防水層に対向するように貼着した(I)。同様にして、防水シート基体上面にフッ化ビニリデン樹脂(4μm)/ポリウレタン樹脂(10μm)からなるフィルムをそのポリウレタン樹脂面が防水層に対向するように貼着した(II)。また、防水シート基体の下面にアクリル樹脂接着剤SC462を、5μmの厚さに塗布して下面最外層を形成し、本発明に係る防水シート(Aグループ)を作成した。また、比較として、防水シート基体の下面に前記アクリル樹脂接着剤を塗布しないシートを作成して、比較シート(Bグループ)とした。
【0028】これらの試料シートのそれぞれについて、前記本文中で述べたようにして端部3cmを重ね合せ、この重ね合せ部分に出力2kW、周波数40.68MHz の高周波発振機により、高周波処理を3秒間施した。その結果、剥離強力(kg/3cm)は下記の通りであった。
【0029】
防水層 上表面構成 Aグループ Bグループハイパロン樹脂 I 8.0 0.3 II 8.4 0.3シリコーン樹脂 I 6.5 0 II 6.8 0.1EVA樹脂 I 8.1 0.9 II 8.2 0.8アクリル樹脂 I 9.0 8.9 II 9.0 9.2なお、上記Bグループのシートのうち、防水層がアクリル樹脂からなるシートは、本発明例である。
【0030】
【発明の効果】以上からもわかるように、本発明に係る防水シートの上面は、フッ化ビニリデン樹脂の上面最外層を有するから、優れた防汚性、耐候性及び耐久性を保持する一方で、その下面最外層全面にアクリル樹脂層を有しているため、この上面最外層フッ化ビニリデン樹脂層と下面最外層アクリル樹脂層との組み合わせにより簡便かつ低廉な熱融着縫製、特に高周波熱融着縫製が可能なシートとして、その工業的価値は極めて大である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013