米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社御池鐵工所

発明の名称 石膏ボードの粉砕選別機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−5615
公開日 平成10年(1998)1月13日
出願番号 特願平8−162844
出願日 平成8年(1996)6月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】青山 葆 (外1名)
発明者 小林 由和
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 機台に水平に搭載され且つ外側の一端部に石膏ボードの投入口を有し、内側の中間部から他方端部にかけて多数の透孔を形成した水平筒体と、該水平筒体内で回転可能に支持され、回転駆動装置によって回転駆動されて投入石膏ボードを内側の他方端部へ粉砕、搬送するスクリュウコンベヤと、上記水平筒体の内側他方端部の多数の透孔を被うように水平に回転可能に機台及び若しくは水平筒体に支持され、回転駆動装置によって回転駆動されて石膏粉を多孔から落下させ且つ内面の螺旋体でシート片を一端部の開口へ送って落下させる多孔ケーシングとから構成されている石膏ボードの粉砕選別機。
【請求項2】 上記多孔ケーシングは、その多孔形成部に対応した石膏粉収集開口部と、一端部開口に対応したシート片収集開口部とを有したフードで被われている請求項1記載の石膏ボードの粉砕選別機。
【請求項3】 上記スクリュウコンベヤは、該外側の一端部から内側の他方端部へかけて送りピッチが小さくなっている請求項1記載の石膏ボードの粉砕選別機。
【請求項4】 上記スクリュウコンベヤは、その螺旋羽根周辺部に多数の突起を備えている請求項1又は3記載の石膏ボードの粉砕選別機。
【請求項5】 上記スクリュウコンベヤは、一対上から下に噛み込むように設けられている請求項1又は3又は4記載の石膏ボードの粉砕選別機。
【請求項6】 上記水平筒体は、その外側一端部で機台に搭載され、内側の他方端部を開口しており、上記多孔ケーシングは、回転可能に一端部で機台に搭載され、他端部で上記水平筒体に搭載されている請求項1記載の石膏ボードの粉砕選別機。
【請求項7】 上記水平筒体は、その両端部で機台に搭載され、上記多孔ケーシングは、回転可能に上記水平筒体に搭載されている請求項1記載の石膏ボードの粉砕選別機。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、建物の改装工事や解体工事で出てくる石膏ボードを粉砕して石膏粉とシート片を選別する石膏ボードの粉砕選別機に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、廃棄物を取り巻く環境も変わり、「再生資源の利用の促進に関する法律」に引き続いて、1995年6月には「容器包装に係わる分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)」が制定、公布され、また従来安定型とされていた廃棄物も管理型に変更されて安易に埋立ができなくなって来ている。このような生活環境の変化に伴って建物の改装工事や解体工事で出てくる石膏ボードも再生資源として再度利用することが望まれている。その課題解決のために効率的に石膏ボードを粉砕して石膏粉とシート片とを選別する技術の開発に関心が注がれている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、図5に示すように、石膏ボード5は、脱硫石灰6を板状に圧縮成形した後に、その表面と裏面にクラフト紙等のシート7を接着して構成されているために、粉砕してからよく撹拌しないとシート7と石灰粉とを分離選別できない。
【0004】本発明は、上記に鑑み提案されたものであって、供給されて来る石膏ボードを粉砕してシート片と石膏粉とを効率的に自動的に分離選別できる分離作業性能の高い石膏ボードの粉砕選別機を提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記した目的を達成するために、本発明の請求項1記載の石膏ボードの粉砕選別機は、機台に水平に搭載され且つ外側の一端部に石膏ボードの投入口を有し、内側の中間部から他方端部にかけて多数の透孔を形成した水平筒体と、該水平筒体内で回転可能に支持され、回転駆動装置によって回転駆動されて投入石膏ボードを内側の他方端部へ粉砕、搬送するスクリュウコンベヤと、上記水平筒体の内側他方端部の多数の透孔を被うように水平に回転可能に機台及び若しくは水平筒体に支持され、回転駆動装置によって回転駆動されて石膏粉を多孔から落下させ且つ内面の螺旋体でシート片を一端部の開口へ送って落下させる多孔ケーシングとから構成されている。
【0006】上記構成からなる本発明の石膏ボードの粉砕選別機では、投入された石膏ボードは水平筒体内で回転スクリュウコンベヤによって粉砕されながら石膏粉とシート片とが分離され、水平筒体の内側の中間部及び端部の多数の透孔へ搬送される。石膏粉は、すぐ透孔から外側の多孔ケーシング内に落下するが、シート片はまとまって或る程度塊になって透孔や端部開口から多孔ケーシング内に落下する。分離した石膏粉は、多孔ケーシングをほぼ素通りするように落下するが、まだシート片に付着した石膏粉は、シート片と共に回転多孔ケーシング内の螺旋体によって一端部の開口へ送られている間に持ち上げられては落下し、これを繰り返している内に分離されることになる。ほぼ完全に石膏粉が分離されたシート片は多孔ケーシングの一端部の開口から落下し、完全に石膏粉から分別される。
【0007】請求項2記載のように、多孔ケーシングが、その多孔形成部に対応した石膏粉収集開口部と、一端部開口に対応したシート片収集開口部とを有したフードで被われていると、細かな石膏粉を多孔ケーシングの回転中に多孔からフードの石膏粉収集開口部に落下させ且つシート片を一端部開口からフードのシート片収集開口部に落下させて確実に石膏粉とシート片とを選別出来、また撹拌に伴って多孔から石膏粉が舞い上がるのを防ぎ、防塵することが出来る。
【0008】請求項3記載のように、スクリュウコンベヤが、該外側の一端部から内側の他方端部へかけて送りピッチが小さくなっていると、内側の他方端部にかけて粉砕中の石膏ボード片や粉を圧縮して行き、より細かく粉砕することが出来る。
【0009】請求項4記載のように、スクリュウコンベヤが、その螺旋羽根周辺部に多数の突起を備えていると、粉砕能力を更に高めることが出来る。
【0010】請求項5記載のように、スクリュウコンベヤが、一対上から下に噛み込むように設けられていると、投入された石膏ボードに対する粉砕能力を大幅に高めることが出来る。
【0011】請求項6記載のように、水平筒体が、その外側一端部で機台に搭載され、内側の他方端部を開口しており、多孔ケーシングが、回転可能に一端部で機台に搭載され、他端部で上記水平筒体に搭載されていると、水平筒体の内側他方端部を開放出来、石膏粉を分離したシート片の塊をスムースに多孔ケーシング内に落下させることが出来る。
【0012】請求項7記載のように、水平筒体が、その両端部で機台に搭載され、多孔ケーシングが、回転可能に水平筒体に搭載されていると、水平筒体をはじめ多孔ケーシングも安定的に支持することが出来、スクリュウコンベヤや多孔ケーシングを安定的且つスムースに回転させることが出来る。
【0013】
【発明の実施の形態】次に、本発明の石膏ボードの粉砕選別機を添付図を参照にして以下に詳細に説明する。図1は本発明に係る代表実施形態の石膏ボードの粉砕選別機の縦断面図、図2は同石膏ボードの粉砕選別機の右側面図、図3は同石膏ボードの粉砕選別機の左側面図、図4は別の実施形態の石膏ボードの粉砕選別機の縦断面図、図5は石膏ボードの部分斜視図である。
【0014】図1から図3において、本発明に係る代表実施形態の石膏ボードの粉砕選別機1は、図5に示すような、脱硫石灰6を板状に圧縮成形した後に、その表面と裏面にクラフト紙等のシート7を接着して構成されている石膏ボード5を粉砕してから撹拌し、石灰粉6Aとシート片7Aとを選別分離するもので、水平円筒体11とスクリュウコンベヤ15とを有した石膏ボード粉砕部10と、多孔ケーシング21を有した石膏粉とシート片の撹拌分離部20と、フード31を有した石膏粉とシート片の選別受け部30とから構成されている。
【0015】石膏ボード粉砕部10の水平円筒体11は、機台3に外側の一端部で水平に片持ち状態で固定搭載され且つ外側の一端部に石膏ボード投入ホッパー付き投入口12を有し、内側の他方端部に多数の透孔13を形成し、他方端を開口14としている。水平円筒体11内には、両端部で軸受19を介して機台3に水平に支持された一組のスクリュウコンベヤ15が回転可能に挿通されている。スクリュウコンベヤ15は、ギヤードモータから成る回転駆動装置18によって回転駆動されて投入石膏ボード5を一端部から内側の他方端部へかけて送りをかけるもので、内側の他方端部へかけて送りピッチが小さくなっている螺旋羽根16をスクリュウコンベヤ軸17の周りに備えており、内側他方端部にかけて粉砕中の石膏ボード片や粉を圧縮して行ってより細かく粉砕するようにしている。粉砕された石膏粉6Aは、すぐ透孔13から周りの多孔ケーシング21内に落下するが、シート片7Aはまとまって或る程度塊になって透孔13や端部開口14から多孔ケーシング21内に落下する。
【0016】石膏粉とシート片の撹拌分離部20の多孔ケーシング21は、水平円筒体11の内側他方端部の多数の透孔13を被うように水平に回転可能にスクリュウコンベヤ軸17と水平円筒体11とを介して機台3に支持されており、ギヤードモータから成る回転駆動装置28によって回転駆動されて石膏粉6Aを多孔22から落下させ且つ内面の螺旋体24でシート片7Aを一端部の開口23へ送って落下させるようになっている。水平円筒体11から多孔ケーシング21内に落下してくる石膏粉6Aは、ほとんど多孔ケーシング21の多孔22を素通してフード31内に落下するが、シート片7Aは、回転多孔ケーシング21内の螺旋体24によって一端部の開口23へ送られている間に持ち上げられては落下し、これを繰り返している内に付着石膏粉6Aを分離する。ほぼ完全に石膏粉6Aが分離されたシート片7Aは、多孔ケーシング21の一端部の開口23から落下し、石膏粉6Aから分離選別される。
【0017】石膏粉とシート片の選別受け部30のフード31は、機台3と水平円筒体11に固定搭載されており、多孔ケーシング21の多孔形成部に対応した石膏粉収集開口部32と、一端部開口23に対応したシート片収集開口部33とを有している。フード31は、細かな石膏粉6Aが多孔ケーシング21の回転中に落下して、また撹拌に伴って多孔22から舞い上がるのを防ぎ、防塵効果を高めると共に、石膏粉6Aを石膏粉収集開口部32から、シート片7Aをシート片収集開口部33から区分け回収する。
【0018】図4において8別の実施形態の石膏ボードの粉砕選別機1’は、基本的には上述した代表実施形態の石膏ボードの粉砕選別機1とほぼ同じ構成になっており、異なる具体的構造についてのみ以下に説明する。水平円筒体11’は、その両端部で機台3に固定搭載されており、安定性が高くなっている。シート片7Aをスムースに落下させるために上記他方端の開口14に代えて大きな開口13Aを透孔13の奥側に設けている。スクリュウコンベヤ15は、水平円筒体11’が伸びた分若干長く螺旋羽16を延長している。
【0019】多孔ケーシング21’は、その両端部で大径軸受29を介して回転可能に水平円筒体11’に搭載されており、支持構造が左右両端部で同じになっており安定的に支持されている。従って、スクリュウコンベヤ15と多孔ケーシング21’は安定的且つスムースに回転される。
【0020】上述の実施形態の他に、スクリュウコンベヤ15の螺旋羽根16の周辺部に多数の突起を設けて、粉砕能力を更に高めたり、水平円筒体11、11’内にスクリュウコンベヤ15を一対上から下に噛み込むように設けたり、3組設けることが出来、投入された石膏ボード5に対する粉砕能力を大幅に高める構造とすることが出来る。
【0021】
【発明の効果】以上の説明から明らかのように、本発明の請求項1記載の石膏ボードの粉砕選別機によれば、投入された石膏ボードを水平筒体内で回転スクリュウコンベヤによって石膏粉とシート片とに粉砕分離し、水平筒体の内側の中間部及び端部の多数の透孔へ搬送し、石膏粉をすぐ透孔から外側の多孔ケーシング内に落下させ、引き裂かれたシート片を或る程度まとまって塊になったところで透孔や端部開口から多孔ケーシング内に落下さえることが出来る。分離された石膏粉は、多孔ケーシングをほぼ素通りするように落下するが、まだシート片に付着した石膏粉は、シート片と共に回転多孔ケーシング内の螺旋体によって一端部の開口へ送られている間に持ち上げられては落下し、これを繰り返している内に分離される。かくして、石膏粉をシート片からほぼ完全に分離し、シート片を多孔ケーシングの一端部の開口から落下させ、完全に石膏粉から分離選別することが出来る。
【0022】請求項2記載の石膏ボードの粉砕選別機によれば、多孔ケーシングが、その多孔形成部に対応した石膏粉収集開口部と、一端部開口に対応したシート片収集開口部とを有したフードで被われているために、細かな石膏粉を多孔ケーシングの回転中に多孔からフードの石膏粉収集開口部に落下させ且つシート片を一端部開口からフードのシート片収集開口部に落下させて確実に選別出来、また撹拌に伴って多孔から石膏粉が舞い上がるのを防ぎ、防塵することが出来る。
【0023】請求項3記載の石膏ボードの粉砕選別機によれば、スクリュウコンベヤが、該外側の一端部から内側の他方端部へかけて送りピッチが小さくなっているために、内側の他方端部にかけて粉砕中の石膏ボード片や粉を圧縮して行き、より細かく粉砕することが出来る。
【0024】請求項4記載の石膏ボードの粉砕選別機によれば、スクリュウコンベヤが、その螺旋羽根周辺部に多数の突起を備えているために、粉砕能力を更に高めることが出来る。
【0025】請求項5記載の石膏ボードの粉砕選別機によれば、スクリュウコンベヤが、一対上から下に噛み込むように設けられているために、投入された石膏ボードに対する粉砕能力を大幅に高めることが出来る。
【0026】請求項6記載の石膏ボードの粉砕選別機によれば、水平筒体が、その外側一端部で機台に搭載され、内側の他方端部を開口しており、多孔ケーシングが、回転可能に一端部で機台に搭載され、他端部で上記水平筒体に搭載されているために、水平筒体の内側他方端部を開放出来、石膏粉を分離したシート片の塊をスムースに多孔ケーシング内に落下させることが出来る。
【0027】請求項7記載の石膏ボードの粉砕選別機によれば、水平筒体が、その両端部で機台に搭載され、多孔ケーシングが、回転可能に水平筒体に搭載されているために、水平筒体をはじめ多孔ケーシングも安定的に支持することが出来、スクリュウコンベヤや多孔ケーシングを安定的且つスムースに回転させることが出来る。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013