米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 松下冷機株式会社

発明の名称 HEPAフィルター取付装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−216444
公開日 平成10年(1998)8月18日
出願番号 特願平9−24930
出願日 平成9年(1997)2月7日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】滝本 智之 (外1名)
発明者 三宅 洋右 / 萩野 恵三
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 フィルターチャンバーと、前記フィルターチャンバーの内側に設けられ前記フィルターチャンバーよりも小さな開口部を持ち、かつネジ穴を有する取付板と、前記取付板開口よりも大きくネジ穴を有するフランジを上側に有し、前記取付板の開口部上側にフランジのみを出して前記取付板に引掛け保持することを特徴とするHEPAフィルターと、予め前記取付板開口の上側周囲に取り付けられたガスケットと、高気密性を得るために前記ガスケットを介して前記HEPAフィルターと前記取付板を密着させるため、前記HEPAフィルターおよび前記取付板のネジ穴に前記取付板の下部から締め付ける締め付け用ボルトとからなるHEPAフィルター取付装置。
【請求項2】 フィルターチャンバーと、前記フィルターチャンバーの内側に設けられた前記フィルターチャンバーよりも小さな開口部を持つ取付板と、上側および下側にフランジを有し、かつ下側フランジの一辺に角穴を設けたことを特徴とするHEPAフィルターと、前記取付板開口のうち一辺の下面より下側に設けられ、前記HEPAフィルターの下側フランジの角穴を通し前記HEPAフィルターの一辺を保持する受け金具と、予め上側フランジの上側周囲に取り付けられたガスケットと、高気密性を得るために前記ガスケットを介し前記HEPAフィルターおよび前記取付板を密着させる締め付け金具とからなるHEPAフィルター取付装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、清浄な空気を作り出すクリーンエアコン用最終フィルターとして用いられる高気密性のHEPAフィルター(High Efficiency Particle Filter)取付装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】今までの病院空調設備は、手術室をはじめ集中治療室・特殊病室・分娩室など系統ごとに個別対応されたクリーン化とともに、院内感染防止のために病室においても清浄度の要望が高まっている。
【0003】また、病院以外では、乳製品・生菓子などの包装工程、食肉加工、半導体工業、光学機器まで幅広い分野でハイレベルの清浄空間が要望されている。
【0004】これらの清浄な空気を作り出すクリーンエアコン用最終フィルターは、一般にHEPAフィルターとして知られる高性能フィルターが使用されており、その取付及び交換ができるようになっている。
【0005】従来、この種のHEPAフィルター取付装置としては実公平4−18651号公報に示されているものもある。
【0006】以下、図面を参照しながら上記従来のHEPAフィルター取付装置を説明する。
【0007】図5は、従来のHEPAフィルター取付装置を示す概略構成図である。図5において、1はフィルターユニット、2はフィルターチャンバ、3はHEPAフィルター、4は締め付け金具であり、フィルターユニット1は、フィルターチャンバ2とHEPAフィルター3と締め付け金具4とから構成されている。
【0008】5はフィルターユニット1が装着される天井面であり、6は天井面5に形成された取付け口である。また7はフィルターチャンバー2の内側に設けられた取付板であり、8のHEPAフィルター取付用ボルトが下面に数本立設されている。9はHEPAフィルター3の箱形に形成された周縁部の上下フランジ部である。10はHEPAフィルター3の上側フランジ9が取付板7の下面に当接されるのに介されるガスケットである。11はHEPAフィルター3の下側フランジ部9をHEPAフィルター取付用ボルト8に取付けた締め付け金具4を締め付けて装着する締め付けナットである。
【0009】以上のように構成されたHEPAフィルター取付装置について、以下その動作を説明する。
【0010】まず、締め付け金具4をフィルターチャンバー2の内側に設けられた取付板7の下面に立設されたHEPAフィルター取付用ボルト8に挿通し、締め付けナット11で仮止め状態にする。そしてHEPAフィルター3の上側フランジ9をガスケット10を介しながら取付板7に押圧する。次に仮止め状態の締め付けナット11をHEPAフィルター3を両手で支えながら、一つずつ数ヵ所締め付けることにより装着されている。
【0011】またHEPAフィルター3交換時、HEPAフィルター3の落下防止のため、HEPAフィルター3を両手で支えながら締め付けナットを取り外す動作となる。
【0012】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の構成では、HEPAフィルター3取付の際HEPAフィルター3を支える人と締め付けナット11を締め付ける人が必要で、一人で簡単に取付けられないという欠点があった。また、交換時締め付けナット11を取り外すとHEPAフィルター3が支えを失い落下するという欠点があった。
【0013】本発明は従来の課題を解決するもので、HEPAフィルター3を取付時、一人で簡単に取付けられ、かつ交換時落下防止を図ることのできるHEPAフィルター取付装置を提供することを目的とする。
【0014】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するため本発明のHEPAフィルター取付装置は、取付板開口よりも大きく、ネジ穴を有するフランジを上側に有し、取付板の開口部上側にフランジのみを出して取付板に引掛け保持することを特徴とするHEPAフィルターを設けたものである。
【0015】また、本発明のHEPAフィルター取付装置は、上側および下側にフランジを有し、かつ下側フランジの一辺に角穴を設けたことを特徴とするHEPAフィルターと、前記取付板開口のうち一辺の下面より下側に設けられ、前記HEPAフィルターの下側フランジの角穴を通し前記HEPAフィルターの一辺を保持する受け金具とを備えたものである。
【0016】この発明によれば、HEPAフィルターを取付時、一人で簡単に取付けられ、かつ交換時落下防止を図ることができる。
【0017】
【発明の実施の形態】本発明の請求項1に記載の発明は、フィルターチャンバーと、前記フィルターチャンバーの内側に設けられ前記フィルターチャンバーよりも小さな開口部を持ち、かつネジ穴を有する取付板と、前記取付板開口よりも大きくネジ穴を有するフランジを上側に有し、前記取付板の開口部上側にフランジのみを出して前記取付板に引掛け保持することを特徴とするHEPAフィルターと、予め前記取付板開口の上側周囲に取り付けられたガスケットと、高気密性を得るために前記ガスケットを介して前記HEPAフィルターと前記取付板を密着させるため、前記HEPAフィルターおよび前記取付板のネジ穴に前記取付板の下部から締め付ける締め付け用ボルトとからなるHEPAフィルター取付装置としたものであり、HEPAフィルターを取付時、一人で簡単に取付けられ、かつ交換時落下防止を図ることができるという作用を有する。
【0018】本発明の請求項2に記載の発明は、フィルターチャンバーと、前記フィルターチャンバーの内側に設けられた前記フィルターチャンバーよりも小さな開口部を持つ取付板と、上側および下側にフランジを有し、かつ下側フランジの一辺に角穴を設けたことを特徴とするHEPAフィルターと、前記取付板開口のうち一辺の下面より下側に設けられ、前記HEPAフィルターの下側フランジの角穴を通し前記HEPAフィルターの一辺を保持する受け金具と、予め上側フランジの上側周囲に取り付けられたガスケットと、高気密性を得るために前記ガスケットを介し前記HEPAフィルターおよび前記取付板を密着させる締め付け金具とからなるHEPAフィルター取付装置としたものであり、HEPAフィルターを取付時、HEPAフィルターの一辺が落下しないように保持されているので、一人で簡単に取付けられ、かつ交換時落下防止を図ることができるという作用を有する。
【0019】
【実施例】以下、本発明の実施例について、図1から図4を用いて説明する。なお、従来と同一構成については、同一符号を付して詳細な説明を省略する。
【0020】(実施例1)図1は、本発明の実施例1によるHEPAフィルター取付装置を示す概略構成図である。図2は、同実施例によるHEPAフィルター取付装置の分解斜視図である。
【0021】図1および図2において、3aはHEPAフィルターである。また7aはフィルターチャンバー2の内側に設けられ、かつ締め付けボルト取付用穴を数ヵ所設けている取付板である。9aはHEPAフィルター3aの上側に設けられ、取付板7a開口よりも大きくかつ取付板7aに固定するためのネジ穴を有した上側フランジである。10aは予め取付板7a開口の上側周囲に取り付けられたガスケットである。12はガスケット10aを介してHEPAフィルター3aのフランジ9aと取付板7aを密着させるため、取付板7aの下部から締め付ける締め付け用ボルトである。
【0022】以上のように構成されたHEPAフィルター取付装置について、以下その動作を説明する。
【0023】まず、取付板7aの開口部より、HEPAフィルター3aの上側フランジ9aのみを取付板7aの上側に出し、取付板7aと上側フランジ9aのネジ穴の位置を合わせながらガスケット10aの上部に設置する。これにより、上側のフランジ9aは取付板7aの開口よりも大きいため、両手でHEPAフィルター3aを支えずとも、上側フランジ9aが取付板7aに引掛け保持される。
【0024】そして、締め付けボルト12により取付板7aの下側から一つずつ数ヵ所締め付けることにより、ガスケット10aを介して上側フランジ9aすなわちHEPAフィルター3aと取付板7aが高気密性を保ちながら装着されることとなる。
【0025】また、HEPAフィルター3aの交換時においても、締め付けボルト12を取り外してもHEPAフィルター3aの上側フランジ9aが取付板7aに引掛かり保持されているので落下しない。
【0026】以上のように、目標とするHEPAフィルター取付時、両手でHEPAフィルターを支えることなく一人で簡単に取付けられ、かつ交換時においてもHEPAフィルターの落下防止を図ることができるという効果が得られる。
【0027】(実施例2)図3は、本発明の実施例2によるHEPAフィルター取付装置を示す概略構成図である。図4は、同実施例によるHEPAフィルター角穴部と受け金具の拡大斜視図である。
【0028】図3および図4において、3bはHEPAフィルターである。また7bはフィルターチャンバー2の内側に設けられている取付板である。9bはその一辺に角穴を有しているHEPAフィルター3aの下側フランジである。13は取付板7bの開口部のうち一辺の下側より下部に設けられ、下側フランジ9bの角穴を通して引掛け保持する受け金具である。
【0029】以上のように構成されたHEPAフィルター取付装置について、以下その動作を説明する。
【0030】まず、締め付け金具4をフィルターチャンバー2の内側に設けられた取付板7bの下面に立設されたHEPAフィルター取付用ボルト8に挿通し、締め付けナット11で仮止め状態にする。
【0031】次に、取付板7bに取付けられた受け金具13に、HEPAフィルター3bの下側フランジ9bの角穴部を引掛け、HEPAフィルター3bの一辺を引掛け保持させる。従ってHEPAフィルター3bが引掛け保持されているので、両手で支えることなく片手のみで支えながらも、ガスケット10を介し取付板7bの下面へと押圧させることができる。
【0032】その後、仮止め状態の締め付けナット11をHEPAフィルター3bを片手で支えながら、一つずつ数ヵ所締め付けることにより装着させる。
【0033】また交換時、受け金具13がHEPAフィルター3bの下側フランジ9bの角穴部に引掛かり保持できるので落下しない。
【0034】以上のように、目標とするHEPAフィルターを取付時、一人で簡単に取付けることができる、かつ、HEPAフィルターの交換時にも落下防止を図ることができるという効果が得られる。
【0035】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、HEPAフィルターを取付時、一人で簡単に取付けることができる。
【0036】かつ、HEPAフィルターの交換時、落下防止を図ることができるという有利な効果が得られる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013