米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社アクト技研

発明の名称 ホッパー装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−34008
公開日 平成10年(1998)2月10日
出願番号 特願平8−211950
出願日 平成8年(1996)7月23日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】伊東 貞雄
発明者 上野 利夫 / 時枝 茂弘 / 亀井 学 / 東田 英治 / 櫻井 紀光 / 小池 眞壽郎
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 上部開口と下部開口を有するホッパー本体の下部開口縁一側より上方に向って湾曲した揺動体を配設し、前記縁と反対縁下部を回動自在に枢着し、揺動体先端部が対向する壁面を略垂直面とし、その上部に下方に向ってのみ回動するローラーを配設し、被処理部材を潰し乍ら処理機構に順次送り込むようにしたことを特徴とするホッパー装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、大量に投入した被処理部材を順次潰し乍ら処理機構に送り込むホッパー装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来のホッパー装置は、詰まり防止機構として別個の振動機構、かきまぜ機構等をもつか、又、全く詰まり防止機構をもたないものであった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】別個の詰まり防止機構をもつ方式はコストアップになる。詰まり防止機構をもたないものは多量にホッパーに投入すると詰まる確率が高く、詰まった時は人手により取り除かなければならないので、詰まらないほどの少量を順次入れることにより詰まりを防止する必要があった。又、人手による場合、安全性に大きな問題があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上記問題点を解決することを目的とし、上部開口と下部開口を有するホッパー本体の下部開口縁一側より上方に向って湾曲した揺動体を配設し、前記縁と反対縁下部を回動自在に枢着し、揺動体先端部が対向する壁面を略垂直面とし、その上部に下方に向ってのみ回動するローラーを配設し、被処理部材を潰し乍ら処理機構に順次送り込むようにしたことを特徴とする。
【0005】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を図示した実施例に基いて詳細に説明する。1は上部開口2、下部開口3を有するホッパー本体である。4はホッパー本体1内に嵌入した揺動体で、一側下端4aが下部開口3の一側下縁3aに対向し、上方に湾曲した揺動体上面4bを有し、揺動体の他側下端4cがホッパー本体1下端の軸5に枢着されている。ホッパー本体1の一側壁1aは略垂壁でその上部に時計方向にのみ回動するワンウエイクラッチローラー6を配設してある。7は湾曲した揺動体上面4b上に斜横に一定間隔で配設した突条である。8は揺動体4が下った時に隙間が空かないようにバネ9により下側に押されている蓋である。なお、蓋は自重で十分に空かなければバネは無くても良い。
【0006】次に空き缶シュレッダーに応用した場合の作用について説明する。多数の缶を図1の揺動体4の上に投入する。図示しない駆動源により揺動体4を軸5を中心に矢印の如く30°程度往復回転する。表面にのっていた缶は突条7により縦滑りを防ぎ、次第に斜横向きになり略垂直な一側壁と揺動体4との隙間から下方に押し込まれる。押し込まれた缶は上方に浮き上ろうとしても上部のワンウエイクラッチローラー6により阻止されるので揺動体4の揺動に従って次第に下方に潰され乍ら押し込まれカッターにくい込み切断される。ホッパー本体1内で詰まっていた空き缶は揺動体4の往復回動により下方から押され詰まりが解消される。なお、本発明は空き缶以外にもペットボトル、缶等各種容器等のシュレッダー、粉砕機、プレス機のホッパー装置にも用いることができる。
【0007】
【発明の効果】本発明によると、上部開口と下部開口を有するホッパー本体の下部開口縁一側より上方に向って湾曲した揺動体を配設し、前記縁と反対縁下部を回動自在に枢着し、揺動体先端部が対向する壁面を略垂直面とし、その上部に下方に向ってのみ回動するローラーを配設し、被処理部材を潰し乍ら処理機構に順次送り込むようにしてあるので、ホッパーに多量に投入しても詰まりがなくなるので人手がかゝらなくなり、動作速度が同じ場合でも処理効率が上がる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013