米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社アクト技研

発明の名称 シュレッダー装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−34005
公開日 平成10年(1998)2月10日
出願番号 特願平8−211952
出願日 平成8年(1996)7月23日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】伊東 貞雄
発明者 上野 利夫 / 時枝 茂弘 / 亀井 学 / 東田 英治 / 櫻井 紀光 / 小池 眞壽郎
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 ローラ状のカッター複数個を組み合わせた空き缶等各種容器のシュレッダー装置に於て、下端を開放した投入筒をカッターに対して傾斜位置した状態で投入物を投下し、びん等切断不能の異物検知センサを配設し、該検知センサの検知信号により投入筒を垂直位置に変位し異物を下方に排出する如くしたことを特徴とするシュレッダー装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、空き缶等各種容器シュレッダー装置に関し、特にびん等の切断不能の異物を確実に排出せんとするものである。
【0002】
【従来の技術】図2はびん等切断不能の異物が投入された場合、自動的に排出するようにしたシュレッダー装置である。10は投入筒で、1対のカッター11に対して傾斜して取り付けられ、その外側に排出扉12が上部のピン13を中心に開閉自在に取り付けられている。
【0003】次に作用について説明する。投入筒10内にびん等の切断不能の異物が投入されると、金属センサやマイクロスイッチ、又は指定時間内にカットが終了しないことを検知するセンサ等により異物を検知する。この検知信号により排出扉12を上部のピン13を中心に外方に回動し異物を排出する。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記従来技術に於て、ピン13は排出扉12とカッター11と投入筒10後部の間でブリッジし、カッター11を逆転させても排出できず、排出扉12が開く角度を大にしてもブリッジを起こすピンの高さが変わるだけで全てのびんに対応できない。排出扉を長くして180°回転させれば目的は達成できるが、シュレッダーの高さと前後が大きくなり、空き缶等種々の容器の投入がしずらくなると共に、生産コストがアップし設置スペースも大となるという問題点があった。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は上記問題点を解決することを目的とし、ローラ状のカッター複数個を組み合わせた空き缶等各種容器のシュレッダー装置に於て、下端を開放した投入筒をカッターに対して傾斜位置した状態で投入物を投下し、びん等切断不能の異物検知センサを配設し、該検知センサの検知信号により投入筒を垂直位置に変位し異物を下方に排出する如くしたことを特徴とする。
【0006】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を図示した実施例に基いて詳細に説明する。1は空き缶等各種容器を投入する投入筒で、下端が開口され1対のカッター2の方向と、垂直方向とに上部のピン3を中心に変位し得るようになっている。4は傾斜位置のストッパー、5は垂直位置のストッパーである。
【0007】次に作用について説明する。投入筒1は常時図1の点線位置に傾斜位置している。この投入筒1に空き缶を投入すると空き缶は1対のカッター11上に落下し切断される。びん6が投入筒1に投入されると金属センサ、マイクロスイッチ又は指定時間の間にカットが終了しないなどによりびんであることを検知し、この検知信号により投入筒1をモータやソレノイド、ロータリーソレノイド等の駆動源により図1実線の垂直位置に回動し、ストッパー5によりその位置に停止する。従って、びん6は下方の開口より自重により落下排出される。びん等の異物がカッター2の刃に引っかゝる形状に備え、カッター2を逆転させるようになっている。逆転により投入筒1に投入されたびん等の異物はすべて確実に排出される。実施例では投入筒を駆動源により垂直位置に回動しているが、自重により回動する様にしても良い。
【0008】
【発明の効果】本発明は、ローラ状のカッター複数個を組み合わせた空き缶等各種容器のシュレッダー装置に於て、下端を開放した投入筒をカッターに対して傾斜位置した状態で投入物を投下し、びん等切断不能の異物検知センサを配設し、該検知センサの検知信号により投入筒を垂直位置に変位し異物を下方に排出する如くしてあるので、傾斜した投入筒にびん等が投入された場合、投入筒内でブリッジを起こすことがなく、投入筒を垂直に回動して下方より自重により異物の大きさに関係なく確実に落下することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013