米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社アクト技研

発明の名称 シュレッダー装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−34004
公開日 平成10年(1998)2月10日
出願番号 特願平8−211951
出願日 平成8年(1996)7月23日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】伊東 貞雄
発明者 上野 利夫 / 時枝 茂弘 / 亀井 学 / 東田 英治 / 櫻井 紀光 / 小池 眞壽郎
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 投入口下方に投入筒を常時垂直に保持し得るように配設し、投入口にシャッターを開閉自在に取り付け、上部シャッター閉口に連動して投入筒をカッター上方に位置するように傾動する機構を備え、投入口下部に空き缶等各種容器の受け部材を取り付け、投入筒内のびん等の切削不能物を検出するセンサを配設し、該センサの検知信号と連動して前記下部受け部材を回動し、びん等切削不能物を排出する如くしたシュレッダー装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、空き缶等各種容器シュレッダー装置に関し、特に投入口より手を入れた場合の危険を防止せんとするものである。
【0002】
【従来の技術】従来、空き缶等各種容器シュレッダー装置はカッター回転中に投入口より投入する時モータを停止したり、投入物通路下部にシャッターを設け、該シャッター上に投入物が載置されたことをセンサで検知しシャッターを開けていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来技術に於て、前者は投入物投入時モータを停止してカッターの回転を止めるようになっているが、モータは電源を切って惰性で回転しており完全な対策とはいえず、又、モータを投入物1個ごとに停止することでシュレッドに要する時間がかゝりすぎる。又、後者は投入物のカット中にシャッターを閉めるためにはカッターからの距離が投入物最大高さより遠い位置になければならないため、モータ停止型より最大被切削物の1.2倍程度高さが大きくなるという問題点があった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上記問題点を解決することを目的とし、投入口下方に投入筒を常時垂直に保持し得るように配設し、投入口にシャッターを開閉自在に取り付け、上部シャッター閉口に連動して投入筒をカッター上方に位置するように傾動する機構を備え、投入口下部に空き缶等各種容器の受け部材を取り付け、投入筒内のびん等の切削不能物を検出するセンサを配設し、該センサの検知信号と連動して前記下部受け部材を回動し、びん等切削不能物を排出する如くしたことを特徴とする。
【0005】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を図示した実施例に基いて詳細に説明する。1は空き缶等各種容器の投入口、2は投入口シャッター、3は投入口シャッター2上に空き缶が載置されているかどうか検知するセンサである。この投入口シャッター2の下方に投入筒4を配設し、一側上方のピン5を中心に右方へ傾動し得るようになっている。6は投入筒4が垂直位置にある時、その下部開口7を閉じている空き缶受け部材で、ピン6′を中心に回動し下部開口を開くようになっている。8は組み合わされた1対のカッター、9は傾動した投入筒4のストッパー、10はセンサ用孔である。空き缶受け部材6は1本以上の棒状のアーム、又、アミ状等の部材からなり、筒の底部を密閉しない構造である。
【0006】次に作用について説明する。投入口シャッター2上に空き缶11を載置しカッター8を作動する。この空き缶11をセンサ3が検知し、図1の如く投入口シャッター2を開くので垂直に位置している投入筒4内を落下し、下方の空き缶受け部材6上に載置される。この時、小石等は空き缶受け部材6にのらず隙間から排出される。センサ3により投入口に手や空き缶がないことを検知すると投入口シャッター2を閉じる。投入筒4はピン5を中心に図2の如くカッター8の方向に傾動し、ストッパー9に係止する。そして投入筒4内の空き缶11は1対のカッター8上に落下し切断される。センサ用孔10を空き缶11が通過すると投入筒4は垂直位置に戻る。びん等の切断不能の投入物が投入されると、金属センサやマイクロスイッチが検知し、下方の空き缶受け部材6を図3の如く上方に回動するか、又は図4の如く下方に回動して開口し下方に排出する。なお、本発明は空き缶以外、ペットボトル等各種容器シュレッダーに用いることができる。
【0007】
【発明の効果】本発明によると、投入口下方に投入筒を常時垂直に保持し得るように配設し、投入口にシャッターを開閉自在に取り付け、上部シャッター閉口に連動して投入筒をカッター上方に位置するように傾動する機構を備え、投入口下部に空き缶等各種容器の受け部材を取り付け、投入筒内のびん等の切削不能物を検出するセンサを配設し、該センサの検知信号と連動して前記下部受け部材を回動し、びん等切削不能物を排出する如くしてあるので、シャッターを開いて投入物を投入し、投入筒を傾動して空き缶をカッター上に落下切断し、投入筒を元の垂直位置に戻し、シャッターを開閉させることにより投入物は何個でも連続的にカットすることができ、この間モータを停止させる必要がないので時間的に無駄がなく、投入口より手を入れてもカッターにとゞかないので安全であり、切断不能なびん等も自動的に排出することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013