米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社柳沢精機製作所

発明の名称 米糠容器の支持台を備えた精米機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−156201
公開日 平成10年(1998)6月16日
出願番号 特願平8−334477
出願日 平成8年(1996)11月29日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】廣江 武典
発明者 朝倉 国勝
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 人の背丈の半分程度の高さを有する機枠と、この機枠の上端に支持したホッパと、このホッパ内に投入された玄米を精米する精米部と、前記機枠内を上・中・下の三つに分けた内の中段部分に出入自在に収納される米糠容器とを備えた精米機であって、前記中段部分の前面側に、下端の水平枢軸によって手前開きされる支持台を取付けるとともに、この支持台の両側を折畳みステーによって前記機枠に連結して、 この支持台によって、前記中段部分内に収納された米糠容器の前面を覆うようにするとともに、手前開きされた前記支持台の上面によって、前記中段部分から引き出された米糠容器を支承するようにしたことを特徴とする精米機。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、精米機に関し、特に、スーパーやコンビニエンスストアのように、他の一般商品とともにお米の販売をも行う米販売店が店頭に置いて使用するのに適した、言わば中型の精米機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年のスーパーやコンビニエンスストアにおいては、お米の販売自由化に伴ってお米の販売がなされるようになってきているが、賞味期間が短く限定される白米を販売するよりも、日持ちする玄米を販売することが行われている。玄米は、精米して白米化しないと食するものとしては好ましくないので、玄米を販売するということは、できればその場で精米できることが前提となっている。
【0003】玄米の精米は所謂精米機によってなされるのであるが、米の専門販売店ならともかく、他の商品も販売しなければならないスーパーやコンビニエンスストアにとって、それ程大型な精米機を導入する訳には行かない。このため、出願人も、例えば特願平8−218728号等においてスーパーやコンビニエンスストア等の店内に設置するのに適した中型の精米機を提案してきている。出願人が提案したこの中型の精米機は、機枠の上段部分の精米部にて剥離された米糠を、その直下に位置する米糠容器内に自然落下させて当該米糠容器内に溜めておくようにしたものであり、米糠を持ち帰りたい人には、この米糠容器内の米糠が自由に取り出せるようにしたものである。
【0004】ところで、スーパーやコンビニエンスストアを訪れる人は様々であり、中には老人のように力の弱い人も居る。このような人にとっては、米糠がたくさん入っている米糠容器を取り扱うことが困難な場合がある。特に、スーパーやコンビニエンスストア等に設置される精米機においては、精米によって生じた米糠を持ち帰らない人も居るのであり、力の弱い人が自分が精米したことによってできた米糠を取り出そうとした場合に、前の人の分も同時に取り出す必要がある。そのような場合には、米糠容器が重くなるのであるから、この重くなった米糠容器の取り扱いをし易くしておく必要があるのである。
【0005】また、スーパーやコンビニエンスストア等の作業員は、米糠容器内の米糠の溜り具合をチェックしたり、米糠容器内に一杯になった米糠の処理を行ったりする場合に、米糠容器を引き出さなければならない。その場合に、重くなった米糠容器を不用意に落下させないように注意を払わなければならず、特にスーパーやコンビニエンスストアでは仕事の内容に不慣れなアルバイト店員を使用することが多いが、そのような人達でも重くなった米糠容器の取り扱いが簡単に行えるようにしておくことが要求されているのである。
【0006】一方、スーパーやコンビニエンスストアを訪れる人の中には、お米を購入しない人も居るのであり、そのような人に精米中の騒音を聞かせることは、スーパーやコンビニエンスストア等のサービス上問題がある。すなわち、店内に設置される精米機としては、なるべく騒音を発生しないようなものとする必要があるのである。
【0007】そこで、本発明者等は、スーパーやコンビニエンスストア等の店内に設置す中型の精米機として、もっと誰にでも使用できるものとするにはどうしたらよいかについて種々検討を重ねてきた結果、本発明を完成したのである。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、スーパーやコンビニエンスストア等の店内に設置される中型の精米機の上述した実状に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、特に米糠容器の引き出し操作を安全に行うことができて、しかも米糠容器を原因とする騒音の発生を極力抑えることのできる精米機を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】以上の課題を解決するために、本発明の採った手段は、以下の実施形態の説明中において使用する符号を付して説明すると、「人の背丈の半分程度の高さを有する機枠10と、この機枠10の上端に支持したホッパ20と、このホッパ20内に投入された玄米を精米する精米部30と、機枠10内を上・中・下の三つに分けた内の中段部分に出入自在に収納される米糠容器50とを備えた精米機100であって、中段部分の前面側に、下端の水平枢軸61によって手前開きされる支持台60を取付けるとともに、この支持台60の両側を折畳みステー62によって機枠10に連結して、この支持台60により、中段部分内に収納された米糠容器50の前面を覆うようにするとともに、手前開きされた支持台60の上面によって、中段部分から引き出された米糠容器50を支承するようにしたことを特徴とする精米機100」である。
【0010】すなわち、精米機100は、その機枠10内を、上段部分と、中段部分、及び下段部分の三つの部分に区画しておいて、上段部分内にホッパ20や精米部30を収納し、中段部分内の略全体の容積を有する米糠容器50を当該中段部分内に出入り自在に収納するとともに、下段部分内に精米部30を駆動するための駆動源70を収納配置したものである。
【0011】この精米機100において、その機枠10内を上・中・下の三つの部分に分ける必要があるが、その理由は、この精米機100をスーパーやコンビニエンスストアにおいて設置した場合に、不特定多数の人が使用するのに十分な能力・機能を備えたものとすることができるようにするためであり、米糠容器50の容積を最大限のものとするためである。すなわち、この精米機100の機枠10内を三つの部分に分ければ、それぞれの部分において、所謂デッドスペースをそれ程生じさせることなく、各機能発揮部材をコンパクトにまとめて収納することができるのである。
【0012】特に、この精米機100においては、精米によって生じた米糠を自然落下により米糠容器50内に投入するようにして、ブロアのような騒音発生源を省略するものであるから、精米部30やその回動軸31の直下に米糠容器50を配置したのである。そして、上段部分にホッパ20や精米部30を配置するとともに、下段部分内に駆動源70を配置することによって、中段部分に収納されるべき米糠容器50の容積が最大となるようにしているのである。
【0013】最大容積となった米糠容器50を、精米部30及びこれから後方に延在している回動軸31の直下に配置することは重要である。何故なら、この米糠容器50によって精米部30から自然落下してきた米糠を受け取るに際して、米糠が中段部分内に飛散しないようにすることができるからである。また、米糠が自然落下すれば、山盛り状態となり、これが米糠容器50上から突出する山を形成することもあるが、その場合に広い裾野が形成できるようにしておくと、米糠の米糠容器50からの洩出が防止できるからである。
【0014】また、上段部分にホッパ20を設けることが必要な理由は、このホッパ20内に対する玄米の投入が誰でも容易に行えるようにしておくためである。すなわち、この精米機100は、人の背丈の半分程度の高さを有するものとしておき、不特定多数の人が利用することになるスーパーやコンビニエンスストアの店内に設置することができるようにするとともに、店内の省スペースを図ることをも想定しているものである。また、米糠容器50を中段部分に設けることにより、スーパーやコンビニエンスストア等を利用する誰もが、この米糠容器50の出入操作を容易に行えるようにしているのである。
【0015】以下の実施形態の米糠容器50では、その少なくとも前面に、図2に示すように、当該米糠容器50を取り扱う場合に利用する引き手51が設けてあり、この引き手51は、十分な可撓性と復元性を有した材料によって形成してある。従って、この米糠容器50を中段部分から取り出す場合に、後述する支持台60を手前開きさせたとき、図2に示したように、当該引き手51は、手が入れ易いように前方に膨出するのである。
【0016】逆に、支持台60を閉じたときには、この引き手51は、その可撓性に基づく弾発力を内蔵したまま、中段部分内に収納されるから、この引き手51の弾発力によって、米糠容器50は中段部分内にガタつくことなく収納されるのである。従って、この米糠容器50を収納している精米機100に、米糠等によって振動が与えられたとしても、当該米糠容器50から騒音が発生することはないのである。
【0017】そして、この米糠容器50の前方側になる機枠10には、水平枢軸61と一対の折畳みステー62によって、支持台60が設けてあるが、この支持台60を閉じたときには、図1及び図3に示すように、中段部分内に収納した米糠容器50の前面を完全に覆うことになるのである。従って、この米糠容器50の直上にある精米部30や押圧部40にて音が発生したとしても、この音は支持台60によって遮断され、外に漏れ出ることはないのである。
【0018】また、この支持台60を、図2、図4及び図5に示すように、手前開きしたときには、各折畳みステー62によってその上面が略水平状となるように支持され、このときの支持台60の上面は、中段部分内の米糠容器50の支承面と略同一平面を形成することになる。従って、中段部分内に収納してある米糠容器50を、例えば引き手51を利用して引き出せば、手前開きされた当該支持台60の上面が安定した状態で支承することになるのである。勿論、この支持台60は、その両側にて各折畳みステー62により支持されているから、仮りに米糠容器50内に米糠が一杯入っていたとしても、この米糠容器50を確実に支承するのである。
【0019】
【発明の実施の形態】以上のように構成した本発明を、図面に示した実施の形態である精米機100について説明すると、次の通りである。
【0020】図1には、現在精米を行っている精米機100の斜視図が示してあるが、この精米機100は、人の背丈の半分程度の高さを有するものであって、その上面は、作業する人の手前側に向けて傾斜するものとしてある。なお、この上面の手前側部分は操作面としてあり、この操作面上の各スイッチを操作することにより、当該精米機100での精米等が行われるものである。
【0021】さて、この精米機100は、図3に示したように構成してあり、この精米機100内は、上段部分、中段部分及び下段部分の三つの部分に分けてある。すなわち、この精米機100は、キャスター等によって移動可能とされた支持台上に組み付けた機枠10を有してするものであり、この機枠10に対して各部材を組み付けることにより、全体として上記の三層構造となるようにしたものである。勿論、この機枠10に対しては、図1等において示したように、側板や扉を取り付けることによって、その全体が包み込まれるものである。
【0022】機枠10の上端開口部は、図1及び図2に示したように、カバーによって覆蓋される。なお、このカバーは、作業者が手前から開けられるようにしているものであり、ホッパ20の上端開口と略同じ大きさを有したものである。
【0023】このホッパ20の下端には、図3にも示したように、精米部30が接続してあって、この精米部30には、これから後方に延びる回動軸31が接続してある。精米部30は、内部の回転子が回動軸31によって回転されることにより、回転子と周囲の網体との共働によって、玄米から米糠を剥離するようにしたものである。この精米部30による精米状態は、この精米部30の前方側に配置してある押圧部40によって調整されるものである。
【0024】この押圧部40は、精米部30を構成している網体の出口側に配置されて、精米の回転子による送り力に対する抵抗力を調整するものであるが、その下部には図3にも示したように、精米部30側から送り出されてきた白米を白米排出ガイド側に案内するための排出樋が形成してある。
【0025】中段部分は、機枠10に設けた桟や区画板によって、精米機100の略中央部分に区画したものであるが、この中段部分内に米糠容器50が出入自在に収納されるものであり、この米糠容器50は、図3に示すような大きな容積を有したものとなっている。勿論、この米糠容器50の前面には、図2に示したように、引き手51が設けてあって、中段部分に対する出入を行い易くなるようにしてあり、その上方は開口したものとしてある。この米糠容器50の引き手51は、合成樹脂や合成ゴム等によって、所定の可撓性と復元性を有したものとして形成してあり、次に述べる支持台60を閉じたときには、弾発力を有した状態で中段部分内に収納されるものである。
【0026】支持台60は、図4及び図5に示したように、中段部分の開口部分に設けられているものであり、その下端(図5では図示右端)に設けた水平枢軸61の両端を機枠10側に支持することに、手前側に開放可能としたものである。また、この支持台60は、図4及び図5に示したように、その両側に連結した折畳みステー62の他端を機枠10側に連結することにより、当該支持台60を手前側に開放したとき、その時の上面が、中段部分内の米糠容器50の支承面と略同一平面を形成するようにしたものである。
【0027】各折畳みステー62は、図6に示したように、一対の金属板製のステーをその中間の長穴を介して折畳み可能としたものであり、支持台60によって米糠容器50の前面側を覆ったときには2つ折りされるものである。勿論、この折畳みステー62は、ワイヤ等の可撓性のある材料によって形成して実施してもよいものである。
【0028】なお、本実施形態の支持台60では、これを閉じたときに内面側となる面に、スポンジ等の吸音材が貼付してある。この吸音材によっても、精米部30や押圧部40から生じた騒音を吸収するようにしているのであり、当該支持台60の遮音機能をより向上させてある。また、この米糠容器50の下側になる下段部分内には、図3に示したように、精米部30を駆動するための駆動源60が収納配置してあり、本実施形態の駆動源60は電動モータとしてある。この駆動源60の前面側は、扉によって覆ってあり、この扉を開くことにより、下段部分内の駆動源60のメンテナンス等が行えるようにしてある。
【0029】この駆動源60の回転軸は、図3示したように、精米機100の背面側に延在させてあり、この回転軸上のプーリにはベルトが掛装してある。そして、このベルトは、前述した米糠容器50の背面を通ってその上方にある精米部30側の回動軸31上のプーリに掛装してある。このベルトは、チェーンであってもよいことは言うまでもない。
【0030】
【発明の効果】以上、詳述した通り、本発明の精米機100においては、その中段部分の前方部分に、支持台60を手前開き可能に設けたことにその構成上の特徴があり、これにより、特に米糠容器50の引き出し操作を安全に行うことができて、しかも米糠容器50を原因とする騒音の発生を極力抑えることのできる精米機100を提供することができるのである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013