米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社森精機製作所

発明の名称 工作機械
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−277817
公開日 平成10年(1998)10月20日
出願番号 特願平9−89365
出願日 平成9年(1997)4月8日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】下市 努
発明者 池永 修志
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 複数の工具を備えたタレットヘッドを工具台により回転自在に支持し、該タレットヘッドを所要の工具を選択的に使用可能なように割り出すタレット割り出し装置を備えた工作機械において、上記タレットヘッドに据え付け時の基準面となるレベル出し面を設けるとともに、上記タレットヘッドを上記レベル出し面が水平となる基準角度位置に割り出すレベル出しモードを設けたことを特徴とする工作機械。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、複数の工具を備えたタレットヘッドと、該タレットヘッドを所要の工具を選択的に使用可能なように割り出すタレット割り出し装置とを備えた工作機械に関し、特にスラントベッド型工作機械に有用な据え付け方法の改善に関する。
【0002】
【従来の技術】例えばスラントベッド型旋盤をユーザの工場に据え付ける場合、従来、図4に示すように、ベッドスラント角,タレットヘッドの割り出し角度等から設定された角度αを備えるレベル台100をタレットヘッド101に取り付け、該レベル台100のレベル出し面100aが水平になるよう調整するレベル出し作業を行うようにしていた。なお、図4はスラントベッド型旋盤のタレットヘッド部分の正面図である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来のレベル台を用いてタレットのレベル出しを行う方法では、各工作機械の形状に合わせたレベル台を各機械毎に準備する必要があり、部品点数が増加しコスト高となる問題がある。またレベル出し作業においてレベル台を取り付けかつ取り外す必要があり、それだけ据え付け作業性が低いという問題もある。
【0004】本発明は、上記問題点に鑑みてなされたもので、工作機械のレベル出しを行うためのレベル台を不要にして、部品点数の削減,コストの低減を図ることができ、また据え付け作業性を向上できる工作機械を提供することを課題としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は、複数の工具を備えたタレットヘッドを工具台により回転自在に支持し、該タレットヘッドを所要の工具を選択的に使用可能なように割り出すタレット割り出し装置を備えた工作機械において、上記タレットヘッドに据え付け時の基準面となるレベル出し面を設けるとともに、上記タレットヘッドを上記レベル出し面が水平となる基準角度位置に割り出すレベル出しモードを設けたことを特徴としている。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面を参照しつつ説明する。図1〜図3は本発明の一実施形態によるスラントベッド型旋盤を説明するための図であり、図1はスラントベッド型旋盤の斜視図、図2はタレットヘッドの内部構造を示す断面図、図3は上記タレットヘッドの正面図である。
【0007】図において、1はスラントベッド型旋盤であり、該旋盤1はスラント型のベッド2の右側に心押台3を左右移動可能に配置し、左側に主軸台4を配置し、後側に工具台5を左右移動可能かつ前後移動可能に配置した概略構造のものである。上記主軸台4には、その先端に被加工部品(ワーク)を保持するチャック6が設けられ、上記心押台3には、上記チャック6との間で被加工部品を保持するためのセンタ7が設けられている。
【0008】上記工具台5には複数の工具Kを保持するタレットヘッド8が回転自在に装着されており、該タレットヘッド8及び工具台5の内部に該タレットヘッド8を所要の工具を選択的に使用可能なように割り出すタレット割り出し装置10が設けられている。
【0009】上記タレットヘッド8は、大略円盤状のもので、所定の角度間隔毎(例えば30度毎)に工具ホルダを取り付けるためのホルダ取付け部8d,8e,8f・・・が形成されており、上記工具台5に設けられたタレット軸8cによって回転自在に支持されている。
【0010】上記タレット割り出し装置10は、割り出しギヤ15を不図示の駆動機構によって回転させることにより、工具台5に対しタレットヘッド8を上記いずれかのホルダ取付け部の工具Kの刃先が所定の加工時位置に位置決めされるように回転角度位置を設定するものである。
【0011】上記割り出しギヤ15の左側(タレットヘッド8側)には、外周可動側カップリング17Aが、テーパピン15aとボルト15bで固定されている。そして該外周可動側カップリング17Aの軸芯側には固定側カップリング16が同軸配置されており、さらにこの固定側カップリング16及び外周可動側カップリング17Aに対面するように対面可動側カップリング17Bが配置されている。通常の加工時には、上記固定側カップリング16の端面に形成されたギヤ部16a及び外周可動側カップリング17Aの端面に形成されたギヤ部17aに対面可動側カップリング17Bの端面に形成されたギヤ部17bが噛み合っている。なお、上記外周可動側カップリング17Aはタレットヘッド8にテーパピン8aと図示しないボルトで固定されており、これにより割り出しギヤ15,外周可動側カップリング17A及びタレットヘッド8が同時に回転する。
【0012】上記対面可動側カップリング17Bは、タレットヘッド8の内側に形成されたシリンダ8b内に図示左右に摺動自在かつタレット軸8c回りに回転不能に配設されたピストンとして機能するようになっており、該対面可動側カップリング17Bは、タレットヘッド8の内側に形成された油圧供給孔19から油圧を供給することによって、図示右動してギヤ部17bがギヤ部17a及び16aに噛合し、油圧供給孔18から油圧を供給することによって図示左動してギヤ部17bと17a,16aとの噛み合いが外れるように構成されている。なお、図2において、タレット軸8cより上側部分は噛み合いが外れた状態を、下側部分は噛み合った状態を示している。
【0013】また上記固定側カップリング16は上記工具台5のボス部5dによって回動可能にかつ上記タレットヘッド8と同軸をなすように支持されており、固定ボルト(図示略)により、工具台5に固定されている。
【0014】ここで上記タレットヘッド8のホルダ取付け部8eの外側の面は、本実施形態の旋盤1をユーザの工場等に据え付ける場合の基準面となるレベル出し面8e′に兼用されている。また、本実施形態のタレット割り出し装置10は、駆動源として回転角度を任意に選択可能のサーボモータを採用しており、さらにまた、上記レベル出し面8e′が水平となる基準角度位置にタレットヘッド8を割り出すレベル出しモードを備えている。
【0015】このレベル出しモードは、操作盤のキー操作によりソフトウェア的に有効無効が選択される。その時、操作画面にレベル出しモードが有効であるか無効であるかの表示がされる。この場合、レベル出しモードを有効にし、刃物台旋回ボタンを押すことにより、上記レベル出し面8e´が水平となるようにタレットヘッド8が所定の位置に割り出される。またこの状態では任意の軸移動を可能とし、レベル出しに必要のないプログラム起動,主軸の回転,ミーリング工具の回転,通常の刃物台旋回動作等は全て禁止される。なお、安全のため、ドア開時に刃物台の旋回等を禁止するドアインタロックを設けている。通常このレベル出し作業は、軸移動をさせながら水準器を目で見て確認するため、ドア開の状態で行わなければならない。そのため、ドアインタロックを解除して行う必要がある。
【0016】次に、本実施形態の旋盤1をユーザの工場等に据え付ける場合のレベル出し作業について説明する。上記レベル出しモードが選択されると、上記油圧供給孔18から油圧が供給され、対面可動側カップリング17Bが左動して固定側カップリング16及び外周可動側カップリング17Aとの噛合が分離され、タレットヘッド8の回転が可能となる。続いて上記サーボモータにより割り出しギヤ15を介して上記タレットヘッド8が上記基準角度位置に割り出され、油圧によりクランプされる。これにより上記レベル出し面8e′がレベル出し可能状態となる。この状態でレベル出し面8e′に水準器を載置し、該水準器が水平となるように据え付けを行う。なお、この場合クランプせずにアンクランプのままでもよい。
【0017】また通常の割り出し動作では、上記油圧供給孔18から油圧が供給され、対面可動側カップリング17Bが左動して固定側カップリング16及び外周可動側カップリング17Aとの噛合が分離され、タレットヘッド8の回転が可能となる。続いて上記サーボモータにより割り出しギヤ15を介して上記タレットヘッド8が所要の加工時角度位置に割り出され、上記油圧供給孔18からの油圧供給が停止し、油圧供給孔19から油圧が供給され、これにより対面可動側カップリング17Bが右動して固定側カップリング16及び外周可動側カップリング17Aと噛合し、これにより所要の工具が割り出し固定される。
【0018】上記通常の加工時位置への割り出しが行われた場合には、上記各ホルダ取付け部の外側の面は水平となることなく傾斜し(図4参照)、また旋回するため上記外側の面に切粉等が溜まることはない。
【0019】このように、本実施形態では、タレットヘッド8のホルダ取付け部8eの外側の面をレベル出し面8e′に兼用し、かつ該レベル出し面8e′が水平となるようタレットヘッド8を基準角度位置に割り出すレベル出しモードを設けたので、機械据え付け時のレベル出しを行うために各機械毎のレベル台を備える必要がなく、部品点数の削減及びコストの低減を図ることができる。またレベル出し作業において、上記レベル台の取付け,取り外しも不要であるため据え付け作業時の手間を軽減でき、作業性が向上する。
【0020】なお、上記実施形態では、タレットヘッド8のホルダ取付け部8eの外側の面をレベル出し面8e′に兼用したが、小形機等で水準器を置くスペースがない場合は、レベル出し面8e´にプレートを配置し、このプレートの上面に水準器を載置するようにしても良い。
【0021】またタレットヘッド8の下面をレベル出し面8e´´としてプレートを配置し、このプレートの上面に水準器を載置することもでき、さらにこのように兼用するのではなくレベル出し面を別個に形成することも可能である。
【0022】また上記実施形態では、スラントベッド型旋盤の場合を説明したが、本発明の適用範囲はこれに限定されるものではなく、要はタレットヘッド及び該タレットヘッドを任意の角度に割り出すことのできるタレット割り出し装置を備えたものであれば何れの工作機械にも適用できる。
【0023】
【発明の効果】以上のように本発明に係る工作機械によれば、タレットヘッドに据え付け時の基準面となるレベル出し面を設けるとともに、上記タレットヘッドを上記レベル出し面が水平となる基準角度位置に割り出すレベル出しモードを設けたので、レベル出し作業においてはレベル出しモードを選択することにより、上記レベル出し面を利用して、又は該レベル出し面上に載置したプレートを利用してレベル出し作業を行うことができ、従来のレベル台を不要にでき、部品点数の削減,コストの低減を図ることができ、また据え付け作業性を向上できる効果がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013