Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法 - 高島屋日発工業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 高島屋日発工業株式会社

発明の名称 異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−323855
公開日 平成10年(1998)12月8日
出願番号 特願平9−133458
出願日 平成9年(1997)5月23日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】名嶋 明郎 (外2名)
発明者 村尾 浩二
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 プレス成形により芯材に接着された表皮材のオーナメント部に更に異種の表皮材を止着するようにした異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法において、前記芯材を成形するための溶融樹脂と表皮材を一対の成形型間でプレスする際に、表皮材のオーナメント部に設けた複数個のスリットを溶融樹脂の圧延によりオーナメント部の木目込み方向に拡開して表皮材を物性値以上に延伸させるとともに、該拡開したスリットを通じて溶融樹脂を異種の表皮材の裏面に到達硬化させてオーナメント部に異種の表皮材を止着することを特徴とする異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法。
【請求項2】 表皮材として表面にシボ成形が施されたものを用いる請求項1に記載の異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、シワの発生を防止して高品質な表皮一体樹脂成形品を効率的かつ安価に生産することができる異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から、自動車のドアトリム等に用いられている表皮一体樹脂成形品の成形方法として射出圧縮成形法等が広く知られており、最近では更に表皮材のオーナメント部に異種の表皮材を止着する目的で、表皮材のオーナメント部に複数の孔を形成しておき、該孔を介して溶融樹脂を異種の表皮材に到達硬化させるようにした異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法の提案もなされている(例えば、特開昭63−135208号公報参照)。
【0003】ところが、前記の表皮一体樹脂成形品の成形方法においては、表皮材のオーナメント部に複数個の透孔を設けたものを使用しており、この穿孔加工は孔径が小さいと溶融樹脂の通過が困難となる一方、孔径が大きいと多量のゴミが出るとともに資源の無駄遣いになるため、精度の高い加工管理が要求されるという問題点があった。また、プレス成形の際に表皮材が成形型に突設されたオーナメント部の木目込み用凸部に追従しきれずにシワを生じ外観品質を低下させるという問題点や、表皮材にシボ成形が施されている場合には表皮の引っ張りによるシボ流れを発生するという問題点があった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記のような従来の問題点を解決して、表皮材の加工が容易で生産性を高めることができ、プレス成形の際にも表皮材にシワを発生させることがなく、また表皮材にシボ成形が施されている場合にもシボ流れの発生を防止して鮮明なシボ模様を形成することができる異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法を提供することを目的として完成されたものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するためになされた本発明の異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法は、プレス成形により芯材に接着された表皮材のオーナメント部に更に異種の表皮材を止着するようにした異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法において、前記芯材を成形するための溶融樹脂と表皮材を一対の成形型間でプレスする際に、表皮材のオーナメント部に設けた複数個のスリットを溶融樹脂の圧延によりオーナメント部の木目込み方向に拡開して表皮材を物性値以上に延伸させるとともに、該拡開したスリットを通じて溶融樹脂を異種の表皮材の裏面に到達硬化させてオーナメント部に異種の表皮材を止着することを特徴とするものである。
【0006】
【発明の実施の形態】以下に、図面を参照しつつ本発明の好ましい実施の形態を示す。図面は自動車用のドアトリムを成形する場合を示すものであって、図5に示されるように、ドアトリム本体20の内表面全体にはファブリック素地や不織布やPVC等からなる表皮材1が接着一体化されており、その一部領域のオーナメント部21には前記表皮材1とは異なるファブリック素地等からなる異種の表皮材2が止着されている。そして、このようなドアトリムは、図1に示されるような、コア型10とキャビ型11とからなる一対の成形型により射出圧縮成形されるものである点は従来の成形法と基本的に同じである。なお図1において、12はコア型10に凹設されたオーナメント部端部の木目込み溝、13はキャビ型11に突設されたオーナメント部端部の木目込み用凸部である。
【0007】このような成形型によりドアトリムを成形するには、先ず図4に示されるように、表皮材1のオーナメント部21に対応する部分3に複数個のスリット4を形成したものを予め準備し、一方、前記オーナメント部21に止着する所定形状に裁断した異種の表皮材2を準備しておく。なお、前記スリット4の加工は、図示のものではオーナメント部21の木目込み方向に拡開できるよう水平方向に切り目を入れるのみの簡単な加工処理であり、高精度な寸法管理を必要とせず極めて生産性に優れたものである。
【0008】次に、図1に示されるように、前記異種の表皮材2をバキューム吸着等によりキャビ型11の所定位置にセットするとともに、表皮材1をオーナメント部21に対応する部分3が所定位置となるようコア型10とキャビ型11の間に位置合せしてセットする。次いで、コア型10側より芯材となる溶融樹脂5を供給するとともに、型締めして表皮材1が接着一体化した表皮一体ドアトリムとするのであるが、表皮材1のオーナメント部21に対応する部分3には複数個のスリット4が形成してあるので、圧延された溶融樹脂5は該スリット4を拡開すると同時に拡開形成された孔内に入り込み異種の表皮材2の裏面まで到達後、硬化して表皮材1のオーナメント部21に異種の表皮材2を止着する。
【0009】この時、図3に示されるように、表皮材1は溶融樹脂5の圧入に伴いオーナメント部の木目込み方向に拡開するので表皮材1自身の物性値以上に延伸されることとなり、この結果、表皮材1はオーナメント部端部の木目込み用凸部13に十分追従し木目込み溝12内にしっかりと添装されるとともに、無理やり引っ張られることもなく何らシワを発生させることもない。更に、前記のような表皮材2の物性値以上の延伸により、例えば表皮材1の表面にシボ成形が施されたものである場合にも、従来のように無理な引張力が作用しないため、シボ模様が薄くなることもなく鮮明なシボ模様を呈することとなり好ましい。なお、前記スリット4の数や長さ等を調整することにより異種の表皮材2の裏面まで到達硬化する樹脂量を変化させることで、異種の表皮材2の感触を変えることができ使用目的等に応じて任意のスリット4が設けられることは勿論である。
【0010】以上のようにして成形された異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品は、図2に示されるように、表皮材1のオーナメント部21に更に異種の表皮材2が止着されており、しかも該異種の表皮材2の端部がオーナメント部端部の木目込み溝12内にしっかりと嵌め込まれているので優れた外観を呈するものであり、また表皮材1にシワの発生もなく高品質なものである。
【0011】
【発明の効果】以上の説明からも明らかなように、本発明は表皮材の加工が容易で生産性を高めることができ、プレス成形の際にも表皮材にシワを発生させることがなく、また表皮材にシボ成形が施されている場合にもシボ流れの発生を防止して鮮明なシボ模様を形成することができるものである。よって本発明は従来の問題点を一掃した異種の表皮材を接着した表皮一体樹脂成形品の成形方法として、産業の発展に寄与するところは極めて大である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013