Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
静電塗装用ベル式ガンの加圧空気供給装置 - 旭サナック株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 旭サナック株式会社

発明の名称 静電塗装用ベル式ガンの加圧空気供給装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−328584
公開日 平成10年(1998)12月15日
出願番号 特願平9−155848
出願日 平成9年(1997)5月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】野口 宏
発明者 安藤 輝夫
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 エアータービンにより駆動されエアー軸受により支持されて高速回転するベル型の霧化頭の内周面から遠心力と静電界の作用により塗料を微粒化して放出するようにした静電塗装用ベル式ガンの加圧空気供給装置において、加圧空気供給源の手動開閉弁を開くと前記エアータービン用のパイロット開閉弁に先立って前記エアー軸受用のパイロット開閉弁が開き、前記手動開閉弁を閉じると前記エアータービン用のパイロット開閉弁が閉じた後に前記エアー軸受用のパイロット開閉弁が閉じる回路構成としたことを特徴とする静電塗装用ベル式ガンの加圧空気供給装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はエアータービンにより駆動されエアー軸受により支持されて高速回転するベル型の霧化頭の内周面から遠心力と静電界の作用により塗料を微粒化して放出するようにした静電塗装用ベル式ガンの加圧空気供給装置に関する。
【0002】
【従来の技術】上記のような静電塗装用ベル式ガンの加圧空気供給装置においては、エアータービン用の加圧空気の供給経路とエアー軸受用の加圧空気の供給経路が別々になっていて、軸受の焼き付きを防止するために必ずエアータービン用の経路の開閉弁を開く前にエアー軸受用の経路の開閉弁を開き、また、エアータービン用の経路の開閉弁を閉じてからエアー軸受用の経路の開閉弁を閉じなければならなかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、その開閉順序を間違えてエアー軸受を焼き付けさせるおそれがあるという課題があった。
【0004】
【課題を解決するための手段、作用及び効果】本発明はこのような課題を解決するための手段として、加圧空気供給源の手動開閉弁を開くとエアータービン用のパイロット開閉弁に先立ってエアー軸受用のパイロット開閉弁が開き、手動開閉弁を閉じるとエアータービン用のパイロット開閉弁が閉じた後にエアー軸受用のパイロット開閉弁が閉じる回路構成としたから、エアータービンの回転中は必ずエアー軸受に加圧空気が供給されていて焼き付きが生じるのを確実に防止することができる効果がある。
【0005】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施の形態を添付図面に基づいて説明する。
【0006】図1〜3において、1は手動式の静電塗装用ベル式ガンの本体であって、図1にエアータービン2の駆動用加圧空気の供給経路を示し、同図において3は本体1のグリップ4に差し込まれたパイプからなる経路であり、加圧空気は経路3から本体1に形成された経路5を通り、エアータービン2を回転駆動してから排気孔6を通って排出されるようになっており、エアータービン2にはベル型の霧化頭7が連結されていて高速度で回転し、内周面に供給された液体塗料が遠心力と図示しない高電圧発生器により形成される静電力により微粒化されて図示しない被塗装物に塗着するようになっている。
【0007】図2はエアータービン2と霧化頭7の連結軸8を受けるエアー軸受9に加圧空気を供給する経路を示し、同図において10は本体1のグリップ4に差し込まれたパイプからなる経路であり、加圧空気は経路10から本体1に形成された経路11を通り、エアー軸受9に供給される。
【0008】エアー軸受9はラジアルメタル12に形成された通孔13を通って連結軸8の外周に流入するとともにスラストメタル14に形成された通孔15を通ってスラストプレート16の外周に流入することにより、エアータービン2と霧化頭7を半径方向及び軸方向に極めて小さい摺動抵抗で回転自由に支持している。
【0009】本体1には霧化頭7から放出される塗料の放出角度を制御するシェーピングエアーの供給経路17が形成されているがその説明は省略する。
【0010】図3は上記各経路3、10、17と加圧空気供給源18との接続関係を示す回路図である。
【0011】エアータービン2の駆動用の加圧空気の経路3には、加圧空気供給源18との間に、フィルタ19、手動開閉弁20、レギュレータ21及び常閉式のパイロット開閉弁22が介設され、エアー軸受9に供給される加圧空気の経路10はフィルタ19と手動開閉弁20の間から分岐されて常閉式のパイロット開閉弁23とレギュレータ24が介設されており、シェーピングエアーの経路17はパイロット開閉弁23とレギュレータ24の間から分岐されてレギュレータ25が介設されている。
【0012】また、経路3のパイロット開閉弁22のパイロット室は可変絞り弁と逆止弁のユニット28を介して経路10に接続され、エアータンク29にも接続されており、経路10のパイロット開閉弁23のパイロット室は可変絞り弁と逆止弁のユニット26を介して経路3の手動開閉弁20とレギュレータ21の間に接続され、エアータンク27にも接続されている。
【0013】本実施の形態は上記構成になり、手動開閉弁20が閉じているときはパイロット開閉弁22、23が閉じているため、いずれの経路3、10、17にも加圧空気は供給されない。
【0014】手動開閉弁20を開くと、パイロット開閉弁22が閉じているためエアータービン2の駆動用の加圧空気の経路3には加圧空気は供給されず、ユニット26の逆止弁が開いてパイロット開閉弁23のパイロット室の圧力が上昇し、この弁23が開くことによりエアー軸受9用の経路10に加圧空気が供給されてエアー軸受9が作動する。
【0015】すると、ユニット28の可変絞り弁を通ってエアータンク29に加圧空気が徐々に供給され、その圧力が一定値に達するとパイロット開閉弁22が開いてエアータービン2の駆動用の加圧空気の経路3に加圧空気が供給されてエアータービン2が駆動され霧化頭7が回転して塗装が行われる。
【0016】次に、手動開閉弁20を閉じると、経路3が閉じてエアータービン2が停止した後にエアータンク27内の加圧空気がユニット26の可変絞り弁を通って徐々に経路3に盗失してパイロット開閉弁23のパイロット室の圧力がゆっくりと低下し相当時間を経てその圧力が一定値以下になるとパイロット開閉弁23が閉じてエアー軸受9が停止する。
【0017】したがって、エアータービン2の回転中はエアー軸受9が必ず回転するようになっており、焼き付きのおそれはない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013