米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 旭サナック株式会社

発明の名称 斑点模様塗装装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−34026
公開日 平成10年(1998)2月10日
出願番号 特願平8−215012
出願日 平成8年(1996)7月26日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】野口 宏
発明者 林 信之 / 曽川 拓歩
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 テーパーを付して大径側の端縁の全周に内側に屈曲した屈曲部を形成し、該屈曲部の付け根付近に1個または複数個の塗料吐出孔を形成した複数個の回転筒体を、被塗装物の走行面の上方に走行方向に対して斜めに配置した回転軸に同軸に固定し、該各回転筒体の小径側に塗料供給管を臨ませるとともに、該各回転筒体の前記塗料吐出孔の上方に下方に向けて加圧エアーを噴出するノズルを配置した斑点模様塗装装置。
【請求項2】 前記ノズルが柔軟なホースである請求項1記載の斑点模様塗装装置。
【請求項3】 前記回転筒体の前記塗料吐出孔に筒部を突設した請求項1または2記載の斑点模様塗装装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は被塗装物に比較的大きく均一な斑点模様を塗装する塗装装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、斑点模様を塗装するには、下方が広がって内周面に多数の縦溝を付した回転筒体の上方から供給した塗料が遠心力により内周面に張り付きながら縦溝に沿って下方に下がり、口縁から粒子となって飛び出して被塗装物に塗着するようになっていたが、粒径が1〜3mm程度の大きな斑点模様を塗装するには回転筒体の回転速度を下げる必要があり、そうすると、塗料が口縁からフィルム状となって放出されてから粒子となるため粒径が大きくばらついていた。
【0003】また、塗料が回転筒体の下方に円形に降りまかれるため、被塗装物の走行方向の両側は塗料が高密度で塗着するため中央部分の塗料しか使用することができず、さらに、被塗装物の走行方向前縁が塗料の降りまかれる範囲に入る前から塗料を吐出し、かつ、被塗装物の走行方向後縁が塗料の降りまかれる範囲外にでるまで塗料を吐出しなければ均一な塗装を行うことができず、無駄に捨てられる塗料が多くて不経済であった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明が解決しようとする課題は、粒径のそろった比較的大きい斑点模様を塗料の無駄なく塗装することができる塗装装置を提供することである。
【0005】
【課題を解決するための手段、作用及び効果】上記課題を解決するための手段として、請求項1の発明は、テーパーを付して大径側の端縁の全周に内側に屈曲した屈曲部を形成し、その屈曲部の付け根付近に1個または複数個の塗料吐出孔を形成した複数個の回転筒体を、被塗装物の走行面の上方に走行方向に対して斜めに配置した回転軸に同軸に固定し、その各回転筒体の小径側に塗料供給管を臨ませるとともに、その各回転筒体の前記塗料吐出孔の上方に下方に向けて加圧エアーを噴出するノズルを配置したものであって、塗料供給管から供給された塗料は遠心力により回転筒体の内周面に沿って大径端側へ流れ、回転筒体と屈曲部により構成される隅部に溜まった後に塗料吐出孔から筋状となって放出されて表面張力により粒状になり、被塗装物に塗着するのであって、比較的大粒の斑点模様を均一に塗装することができるとともに、各回転筒体はその回転軸が被塗装物の走行面と平行であって走行方向と斜めになっており、しかも、上方に下向きに加圧エアーを噴出するノズルを設けたから、塗料粒は上方に飛散することなく、各回転筒体から塗料が被塗装物に一定幅の帯状に吹き付けられて、各塗装帯同士がわずかに重なるように回転筒体の傾きと間隔を調節することにより、塗料が均一にかつ効率よく塗着する効果があり、請求項2の発明は、請求項1の発明において、ノズルを柔軟なホースとしたから、不規則に振れながら加圧エアーを回転筒体に吹き付けるため塗料の粒がより均一に被塗装物に塗着し、また、請求項3の発明は、塗料吐出孔に筒部を突設したから、吐出した塗料が回転筒体の外周面に付着し、これが回転筒体の周縁から微粒子となって飛び散ったり、間欠的に塗料に入り込んで塗料の粒の大きさが不規則になるのが防止される。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を添付図面に基づいて説明する。
【0007】図1において、1は被塗装物aを矢印の方向に搬送するコンベアであって、その両側の前後にずれた位置にブラケット2が設置されてその上にコンベア1を斜めに横切る回転軸3が差し渡されて数個の回転筒体4が一定間隔で横向きに固定され、図示しないモーターにより一方向に回転駆動されるようになっている。
【0008】回転筒体4は、図2に示すように、左側の広がったテーパー状をなし、左端縁に内側に屈曲した屈曲部5が形成されているとともに、その付け根の部分に1個の塗料吐出孔6が横向きに形成されている。
【0009】この回転筒体4は、左面に複数の通孔7が形成された保持リング8が内周に嵌着され、押さえ板9とともに回転軸3に固定されている。
【0010】回転筒体3の右側の開口10には塗料供給管11が挿入されており、その先端から滴下した塗料は保持リング8の斜面に落ち、遠心力により通孔7を通って回転筒体3の内周面を左に流れ、屈曲部5の隅に溜まった後、塗料吐出孔6から外部に放出される。
【0011】放出された塗料aは、図2に示すように、最初は筋状をなし、表面張力により粒状となって円形に振りまかれるとともに、回転筒体4は被塗装物aの走行方向に対して斜めになっているから、被塗装物aに対して一定の幅で帯状に吹き付けられるのであって、回転体4の被塗装物aに対する角度と回転軸3に対する取り付け間隔を適宜に選択することにより隙間なくかつ重ね塗りを小さくして均一に塗装することができる。
【0012】回転軸3の上方にはこれと平行に加圧空気供給管12が配管され、各回転筒体4の塗料吐出孔6の上方にはゴムのように柔軟なホースからなるノズル13が下向きに分岐されていて、加圧空気の噴出により不規則に揺れ動いて加圧空気が上向きに噴出する塗料の粒を下向きして被塗装物aに塗着させるようになっている。
【0013】図3は塗料吐出孔6を多数個形成して吐出量を増加させた回転筒体4を示し、また、図4は塗料吐出孔6の外面に先が細くなった筒部14を形成した回転筒体4を示したものであって、吐出した塗料が回転筒体4の外周面に付着し、これが回転筒体の周縁から微粒子となって飛び散ったり、間欠的に塗料に入り込んで塗料の粒の大きさが不規則になるのが防止される。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013