米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 住友電装株式会社

発明の名称 コルゲートチューブ製造装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−76579
公開日 平成10年(1998)3月24日
出願番号 特願平8−231865
出願日 平成8年(1996)9月2日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】吉田 茂明 (外2名)
発明者 西村 直也 / 武藤 利夫
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 それぞれのコルゲートチューブ成形用の凹状金型面を外周側に配置した状態で複数の金型が無端環状に連結された一対の金型回転体を、これら金型回転体の循環回転に伴いそれぞれの金型面が順次ペアで突き合わされながら所定方向に移動していくように対向配置し、前記金型回転体を循環回転させながら、前記各金型の合流部へ溶融樹脂を供給すると共に、突き合わされた前記各金型面に前記溶融樹脂を真空吸着させて長尺のコルゲートチューブを連続的に形成する一方、成形後のコルゲートチューブを前記各金型の分流部から取出すようにしたコルゲートチューブ製造装置であって、前記各金型の分流部の延長上に位置するチューブ搬出路の途中に前記コルゲートチューブの切断を検出する切断検出手段を設け、この切断検出手段により前記コルゲートチューブの切断が検出されたときに切断検出信号を出力するようにしたことを特徴とするコルゲートチューブ製造装置。
【請求項2】 前記切断検出信号に基づき、前記コルゲートチューブが切断されたことを報知する報知手段がさらに設けられた請求項1記載のコルゲートチューブ製造装置。
【請求項3】 前記切断検出信号に基づき、前記両金型回転体の循環回転を停止すると共に、前記合流部への溶融樹脂の供給を停止する手段がさらに設けられた請求項1又は2記載のコルゲートチューブ製造装置。
【請求項4】 前記切断検出信号に基づき、前記両金型回転体を互いに離隔する手段がさらに設けられた請求項3記載のコルゲートチューブ製造装置。
【請求項5】 前記切断検出手段が光センサである請求項1〜4のいずれかに記載のコルゲートチューブ製造装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】この発明は、一般電子機器の送配電線や自動車のワイヤーハーネス等の保護材として用いられるコルゲートチューブの製造装置に関する。
【0002】
【従来の技術】コルゲートチューブは、樹脂製のチューブの外周に螺旋状又は環状の突条部を形成して屈曲性を付与したもので、一般電子機器の送配電線や自動車のワイヤーハーネス等の保護材として多用されている。
【0003】この種のコルゲートチューブを製造する装置として、例えば、実開昭58−185419号公報に開示の如く、バキューム方式による製造装置がある。
【0004】この製造装置は、一側面にコルゲートチューブ成型用の凹状金型面を形成した金型を複数無端環状に連結した一対の金型回転体を上下に対向配置し、両金型回転体を循環回転させながら、それら金型の合流部にダイスからの溶融樹脂を押出して、長尺のコルゲートチューブを連続的に成形するようにしたものであり、金型の合流部に押出された溶融樹脂は、金型の金型面に形成された吸引孔によって真空吸着され、その金型面に密着されるように構成されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところが、このようなバキューム方式によるコルゲートチューブ製造装置では、成形中(成形機出口)のコルゲートチューブの離型性の不良等が原因で、当該コルゲートチューブが切断されてしまうと、切断されたコルゲートチューブ端部やその切断により千切れたチューブ破片が金型の吸引孔に吸引されて、当該金型やダイスを破損してしまう恐れがある。
【0006】そこで、この発明は上述したような問題を解決すべくなされたもので、コルゲートチューブが切断してしまった場合に、そのコルゲートチューブ製造装置の破損を未然に防止できるようなコルゲートチューブ製造装置を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するため、この発明の請求項1記載のコルゲートチューブ製造装置は、それぞれのコルゲートチューブ成形用の凹状金型面を外周側に配置した状態で複数の金型が無端環状に連結された一対の金型回転体を、これら金型回転体の循環回転に伴いそれぞれの金型面が順次ペアで突き合わされながら所定方向に移動していくように対向配置し、前記金型回転体を循環回転させながら、前記各金型の合流部へ溶融樹脂を供給すると共に、突き合わされた前記各金型面に前記溶融樹脂を真空吸着させて長尺のコルゲートチューブを連続的に形成する一方、成形後のコルゲートチューブを前記各金型の分流部から取出すようにしたコルゲートチューブ製造装置であって、前記各金型の分流部の延長上に位置するチューブ搬出路の途中に前記コルゲートチューブの切断を検出する切断検出手段を設け、この切断検出手段により前記コルゲートチューブの切断が検出されたときに切断検出信号を出力するようにしたことを特徴とする。
【0008】また、請求項2記載のように、前記切断検出信号に基づき、前記コルゲートチューブが切断されたことを報知する報知手段をさらに設けてもよい。
【0009】なお、請求項3記載のように、前記切断検出信号に基づき、前記両金型回転体の循環回転を停止すると共に、前記合流部への溶融樹脂の供給を停止する手段をさらに設けてもよい。
【0010】さらに、請求項4記載のように、前記切断検出信号に基づき、前記両金型回転体を互いに離隔する手段をさらに設けてもよい。
【0011】また、請求項5記載のように、前記切断検出手段として光センサを用いるとよい。
【0012】
【発明の実施の形態】以下、この発明にかかる一実施形態のコルゲートチューブ製造装置について説明する。
【0013】このコルゲートチューブ製造装置は、図1に示すように、複数の金型10を無端環状に連結して形成された側面視略細長円状の一対の金型回転体12,12が、互いの一長辺部分を突き合わせるように、上下に対向配置されている。
【0014】これら両金型回転体12,12は、所定間隔を有して隣設配置された前後一対の車輪体14にそれぞれ巻き掛けられており、金型回転体駆動手段70(図1では不図示、図5参照)により、上記一長辺部分において金型10を後方から前方へ搬送する方向、即ち、上側の金型回転体12を上回りに、下側の金型回転体12を下回りに循環回転駆動させるように構成されている。
【0015】上記各金型10の外向きの面には、図2に示すように、コルゲートチューブTの外周形状と対応して、複数の半環状溝部11aを有する凹状金型面11が形成されており、上記両金型回転体12,12が循環回転されると、上記一長辺部分において、上下各金型10の金型面11が順次ペアで突き合わされながら前方へ移動していくように構成されている。
【0016】金型回転体12,12の後端側である金型10の合流部には、樹脂供給手段5のダイス4が配置されており、このダイス4からペアで突き合わされた金型面11間に溶融樹脂が押出し供給されるように構成されている。
【0017】また、上記各金型10には、その金型面11からその反対側の面にかけて図示省略の吸引孔が形成されている。この吸引孔は図示省略の真空排気装置に接続され、上記ダイス4から供給された溶融樹脂は、この吸引孔により金型10の金型面11に真空吸着されて、この金型面11に密着されるように構成されている。
【0018】そして、両金型回転体12,12を循環回転させながら、上記ダイス4から溶融樹脂を供給すると共に、前記金型面11に形成された吸引孔によりその溶融樹脂を真空吸着すると、両金型回転体12,12が互いに突き合わされた上記一長辺部分において、金型面11内に長尺のコルゲートチューブTが連続的に成形される。
【0019】このようにコルゲートチューブ製造装置において成形された長尺のコルゲートチューブTは、図1に示すように、両金型回転体12,12の循環回転に伴って、それらの前端側である各金型10の分流部分から取出される。
【0020】両金型回転体12,12前方の上記各金型10の分流部分からの延長上には、3本のガイドローラ22を上方開口状の略コの字状に配設してなるガイド体26が配設されており、各金型10の分流部分から取出されたコルゲートチューブTは、このガイド体26を経由するチューブ搬出路Pを通って、コルゲートチューブ収納部30に収納される。
【0021】このチューブ搬出路P上であって、ガイド体26の若干前方には、コルゲートチューブTの切断を検出する切断検出手段50が配設されている。
【0022】この切断検出手段50は、図3及び図4に示すように、略T字状の支持部52の左右端に、チューブ搬出路Pを左右から挟むように、一対の検出部54,54を所定間隔を有して立設してなる。
【0023】これら検出部54,54のいずれか一方側の内面には、複数の発光部56が上下方向に配列して埋設されると共に、この発光部56と対向する他方側の検出部54の内面には、同じく複数の受光部58が上下方向に配列して埋設されている。
【0024】そして、両金型回転体12間に連続的に形成されたコルゲートチューブTを各金型10の分流部から取出して、チューブ搬出路Pを経由してコルゲートチューブ収納部30に収納している通常状態では、図4に示すように、当該チューブ搬出路Pを通過するコルゲートチューブTにより、少なくとも一部の発光部56からの光が遮られた状態となっている。
【0025】ところが、成形中のコルゲートチューブTの離型性の不良等が原因で、当該コルゲートチューブTが切断してしまった場合には、両金型回転体12,12からのコルゲートチューブTの供給が途絶え、切断検出手段50において発光部56からの光を遮るものがなく、当該切断検出手段50によりコルゲートチューブTの切断が検出される。
【0026】このように、切断検出手段50によりコルゲートチューブTの切断が検出されると、図5に示すように、この切断検出手段50から切断検出信号が制御部60に与えられる。
【0027】そして、制御部60に切断検出信号が入力されると、例えば警報ブザー又は警報ランプ等の手法を用いた報知手段65により装置近傍の作業者に当該コルゲートチューブTの切断が報知される。
【0028】また、これと同時に樹脂供給手段5による金型10の合流部への溶融樹脂の押出し供給が停止されると共に、金型回転体駆動手段70による両金型回転体12の循環回転駆動が停止された後、金型接離手段75により両金型回転体12,12が上下に離隔されるように制御される。
【0029】以上のように構成されたコルゲートチューブ製造装置によると、両金型回転体12,12による形成途中でコルゲートチューブTが切断した場合、コルゲートチューブTの切断が切断検出手段50により検出されて、報知手段65により報知されるため、作業者は当該コルゲートチューブTの切断を確実に知ることができる。
【0030】また、これと同時に、両金型回転体12の循環回転が自動停止されると共に、ダイス4からの溶融樹脂の押出し供給が自動停止されるため、より確実に、本製造装置の破損を防止することができる。
【0031】さらに、このようにコルゲートチューブ製造装置の動作を停止した後、両金型回転体12,12を上下に接離駆動する金型接離手段75により、両金型回転体12,12を互いに離隔するようにすれば、切断により千切れたチューブ破片の除去等のメンテナンスを容易に行うことができる。
【0032】
【発明の効果】以上のように、この発明の請求項1記載のコルゲートチューブ製造装置によると、各金型の分流部の延長上に位置するチューブ搬出路の途中に前記コルゲートチューブの切断を検出する切断検出手段を設け、この切断検出手段により前記コルゲートチューブの切断が検出されたときに切断検出信号を出力するようにしているため、コルゲートチューブの切断が確実に検出される。
【0033】また、請求項2記載のように、切断検出信号に基づき、コルゲートチューブが切断されたことを報知する報知手段をさらに設ければ、当該コルゲートチューブの切断がその報知手段により報知されるようになる。従って、この報知時に、作業者等がコルゲートチューブ製造装置の動作を停止するようにすれば、未然に本装置の破損を防止することができる。
【0034】なお、請求項3記載のように、切断検出信号に基づき、両金型回転体の循環回転を停止すると共に、合流部への溶融樹脂の供給を停止する手段をさらに設ければ、より確実に製造装置の破損を防止することができる。
【0035】さらに、請求項4記載のように、切断検出手段に基づき、両金型回転体を互いに離隔する手段をさらに設ければ、コルゲートチューブ切断後のメンテナンスが容易になる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013