米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> アキレス株式会社

発明の名称 靴底に対する通気孔の成形方法及び成形型
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−329237
公開日 平成10年(1998)12月15日
出願番号 特願平9−157752
出願日 平成9年(1997)5月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】片岡 修
発明者 田村 昌雄
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 ラストモールドとサイドモールドとボトムモールドによって靴底成形用の空間部を画成し、この空間部に靴底材料を射出して靴底の所定部に複数の通気孔を成形するようにした方法であって、前記ボトムモールドに対して上下摺動自在に組込まれる複数のピンを付勢部材によってボトムモールドから上方に突出させ、このピンの先端を型締め状態のラストモールド側に当接させて靴底材料を射出することで、複数の通気孔を成形することを特徴とする靴底に対する通気孔の成形方法。
【請求項2】 請求項1に記載の靴底に対する通気孔の成形方法において、前記靴底材料は、ボトムモールドを段階的に降下させながら靴底成形用の空間部を複層に分けて画成し、各空間部に靴底材料を射出して複層の靴底を成形するとともに、すべての靴底材料が射出される間、前記ピンの先端を継続してラストモールド側に当接させておくことを特徴とする靴底に対する通気孔の成形方法。
【請求項3】 ラストモールドとサイドモールドとボトムモールドによって靴底成形用の空間部を画成し、この空間部に靴底材料を射出して靴底の所定部に複数の通気孔を成形するようにした成形型であって、前記ボトムモールドの所定部には、通気孔を成形するための通気孔成形機構が設けられ、この通気孔成形機構は、ボトムモールドに対して上下に摺動自在となり且つボトムモールドより上方に突出する複数のピンと、このピンを上方に付勢する付勢部材を備えたことを特徴とする成形型。
【請求項4】 請求項3に記載の成形型において、前記付勢部材の付勢力は調整可能とされることを特徴とする成形型。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、例えば室内履きの射出成形靴に通気孔を成形する技術に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、例えば体育館で使用する運動靴とか室内履きシューズ等として、靴底の踏付け部から爪先部等にかけての接地面側に、靴底を上下に貫通する複数の通気孔を形成し、靴内の湿気等を逃がして足がムレるのを防止するような射出成形靴が知られており、このような通気孔の成形は、例えば靴底成形用のボトムモールドの上面に複数のピンを突設し、型締め状態で靴底成形用の空間部を画成すると同時に、各ピンの先端をラストモールド側に当接させ、空間部内に靴底材料を射出することで、ピンの箇所を貫通孔として形成している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記のようにボトムモールドの上面にピンを突設するような方法は、型締めによってピンの先端とラストモールド側が当接する際に衝撃が加わりやすく、ピンの先端部とかラストモールド側が損耗しやすいという問題がある。また各ピンの突出量を精密に設定しないと、ラストモールド側に当接しないピンが生じて貫通孔を形成出来ない箇所が発生し、通気作用が充分発揮されない場合がある。更に、例えば靴底を複層構造にするためボトムモールドを型組みし直すような時は、貫通した通気孔を形成するための機構が複雑になるという問題もある。
【0004】そこで本発明は、通気孔を成形するにあたり、確実に通気性を確保出来、またラストモールド等が損耗しにくく、しかも靴底を複層構造にする時でも、簡単且つ確実に通気孔を成形出来る成形方法及び成形型の提供を目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため本発明は、請求項1において、ラストモールドとサイドモールドとボトムモールドによって靴底成形用の空間部を画成し、この空間部に靴底材料を射出して靴底の所定部に複数の通気孔を成形するようにした方法において、ボトムモールドに対して上下摺動自在に組込まれる複数のピンを付勢部材によってボトムモールドから上方に突出させ、このピンの先端を型締め状態のラストモールド側に当接させて靴底材料を射出することで、複数の通気孔を成形するようにした。
【0006】このように複数のピンを付勢部材で付勢すれば、型締めした際にピンの先端がラストモールド側に当接する時の衝撃を弱めることが出来、ピンの先端とかラストモールドが損耗しにくくなる。しかもピンの先端を確実にラストモールド側に当接させることが出来、確実に貫通孔が成形出来る。ここで、ピンの先端が当接するラストモールド側とは、例えばラストモールドに靴胛被が吊り込まれてラストモールド下面に中底等が存在するような場合、ピンの先端を中底等に当接させる。また付勢部材としては、例えばスプリング、又はゴム等の弾性部材、又はエアシリンダ等の各種手段が適用出来る。
【0007】また請求項2では、靴底材料を射出する際、ボトムモールドを段階的に降下させながら靴底成形用空間部を複層に分けて画成し、各空間部に靴底材料を射出して複層の靴底を成形するとともに、すべての靴底材料が射出される間、ピンの先端を継続してラストモールド側に当接させておくようにした。
【0008】このようにボトムモールドを段階的に降下させながら複数段に分けて射出することで、例えば色違い、材料違い等の複層構造の靴底が成形出来るが、この間継続してピンの先端をラストモールド側に当接させていれば、靴底全体を貫通する通気孔が成形される。ここで、ピンを付勢部材で上方に付勢しているため、ボトムモールドが降下してもピンの先端をラストモールド側に継続して当接させておくことは容易に行える。
【0009】また請求項3では、ラストモールドとサイドモールドとボトムモールドによって靴底成形用の空間部を画成し、この空間部に靴底材料を射出して靴底の所定部に複数の通気孔を成形するようにした成形型において、ボトムモールドの所定部に、通気孔を成形するための通気孔成形機構を設け、この通気孔成形機構として、ボトムモールドに対して上下に摺動自在となり且つボトムモールドより上方に突出する複数のピンと、このピンを上方に付勢する付勢部材を設けた。そしてこのような成形型によって請求項1又は請求項2のような方法で通気孔を成形する。
【0010】また請求項4では、付勢部材の付勢力を調整可能とした。このように付勢部材の付勢力を調整可能にすれば、すべてのピンの先端を確実にラストモールド側に当接させることが出来、また例えば靴底の厚みを変えるような時でも、ピンの先端をラストモールド側に当接させるよう調整出来る。
【0011】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態について添付した図面に基づき説明する。ここで図1は靴底を複層構造にする時の射出成形要領の説明図、図2は靴底の接地面側から見た底面図、図3は靴底に通気孔を成形するための通気孔成形機構の作用図、図4は靴底に意匠凹部を成形するための凹部成形機構の作用図である。
【0012】本発明に係る通気孔の成形方法及び成形型は、例えば体育館で使用される運動靴とか、室内履きシューズの靴底に通気孔を成形するための改良技術であり、実施形態における靴底では、図2に示すように、踏付け部から爪先部にかけて靴底Sを上下に貫通する複数の通気孔t、…を形成している。そしてこの通気孔t、…は、後述する通気孔成形機構5によって成形するようにしている。
【0013】また、この靴底Sは、上層側のテープ部S1と接地面側のソール部S2の複層構造とされ、例えばテープ部S1の色彩とソール部S2の色彩を異ならせるとともに、靴底Sの踵部接地面側には、図2に示すような意匠凹部qを成形し、この意匠凹部qを通してテープ部S1の色が視認出来るようにしてアクセント効果を高めるとともに、歩行等に際してサクション作用によるクッション効果が得られるようにしている。そしてこの意匠凹部qは、後述する凹部成形機構6によって成形するようにしている。
【0014】靴底Sを成形するための成形型1は、図1に示すように、胛被Kが吊り込まれるラストモールド2と、靴底Sの周囲側面を画成するサイドモールド3と、靴底Sの接地面側を画成するボトムモールド4を備えており、このボトムモールド4の高さを変えながら靴底成形用の空間部を段階的に画成しつつ、各空間部に靴底材料を射出して複層構造の靴底Sを成形するようにしている。
【0015】すなわち、当初の段階では、ラストモールド2とサイドモールド3に対して、図1(A)に示すように、ボトムモールド4を上段位置にセットして型締めすると、テープ部S1成形用の空間部と、この空間部に連通するテープ部材料注入用通路7が形成されるようにしており、この通路7を通してテープ部成形用空間部内にテープ部材料を射出し、特定色のテープ部S1を成形する。
【0016】次いで、図1(B)に示すように、ボトムモールド4を所定ストローク降下させて型締めすると、ソール部S2成形用の空間部と、この空間部に連通するソール部材料注入用通路8が形成されるようにしており、この通路8を通してソール部材料を射出して、テープ部S1の色彩とは異なる色彩のソール部S2を形成する。
【0017】そしてこのような成形によって、テープ部S1とソール部S2の色彩の異なる2層構造の靴底Sが成形されるが、ボトムモールド4には、靴底Sの踏付け部から爪先部にかけて複数の通気孔t、…を成形するための通気孔成形機構5(図3)と、踵部に意匠凹部qを成形するための凹部成形機構6(図4)が設けられており、まず通気孔成形機構5から説明する。
【0018】通気孔成形機構5は、図3に示すように、ボトムモールド4を上下に貫通するピン孔10と、このピン孔10に沿って上下に摺動自在なピン11と、前記ピン孔10の下端側開口ネジ部に螺合する調整部材12と、この調整部材12と前記ピン11間に介装される付勢部材としてのスプリング13を備えており、このスプリング13の付勢力で前記ピン11の先端は、ボトムモールド4の上面より上方に突出している。
【0019】そしてこのピン11の突出量は、図3(A)に示すように、靴底Sのテープ部S1を成形するため、ボトムモールド4が上段位置まで上昇した型締め状態で、ピン11の先端が、ラストモールド下面の中底K1(胛被Kと一体)に当接するとともに、その後、ボトムモールド4が所定ストローク降下して、図3(B)に示すように、靴底Sのソール部S2を成形するため2段目の型締めを行う際も継続して中底K1に当接するようにしており、中底K1に対してピン11の先端を密着させることで、同部に靴底材料が入り込まないようにしている。
【0020】そして、このようなピン11及びスプリング13等は通気孔t、…の成形箇所に対応して複数箇所に設けられており、このため、テープ部S1及びソール部S2の射出成形が終えると、各ピン11の箇所は靴底材料が入り込まない貫通孔となり、通気孔t、…として成形される。因みに、前記中底K1は、通気性を有する素材から構成されている。
【0021】また、これらのピン11の付勢力は、調整部材12によって調整可能とされている。すなわち、調整部材12をネジ込んでスプリング13を圧縮すれば、ピン11の上方への付勢力が強まり、逆に調整部材12によってスプリング13の圧縮力を弱めれば、ピン11の付勢力が弱まる。そしてこのような調整は、例えばピン11の先端と中底K1の隙間から靴底材料が入り込んで通気孔t、…が潰れるような時とか、靴底Sの厚みを厚くするような時等は、ピン11の付勢力を強めるようにする。
【0022】尚、実施形態では、靴底Sを2段の複層構造としているが、それ以上の複層構造の場合でも適用出来る。
【0023】次に、凹部成形機構6について、図4に基づき説明する。ここで図4は図1(A)のA−A断面方向から見た作用図である。
【0024】この凹部成形機構6は、ボトムモールド4の踵部に設けられており、ボトムモールド4を上下に貫通するピン孔15と、このピン孔15を上下に摺動自在な摺動ロッド16と、この摺動ロッド16の上端部に連結されるピン体17と、摺動ロッド16の下端部に連結されるストッパ18と、ピン体17とボトムモールド4間に介装される付勢部材としてのスプリング19を備えており、図4(A)に示すように、型開き状態では、ストッパ18がボトムモールド4の下面に当接するとともに、ピン体17の一部がボトムモールド4の上面より上方に突出するようにしている。
【0025】また、ストッパ18の近傍のサイドモールド3には、ストッパ18の上昇位置を規制する係止部3e、3eが設けられている。そしてこの係止部3e、3eは、図4(B)に示すように、靴底Sのテープ部S1を成形するためボトムモールド4が上段位置まで上昇する時、ストッパ18を係合せしめて上昇位置を規制するようにしており、ストッパ18の位置がこの係止部3e、3eによって規制された以降、ボトムモールド4だけがスプリング19を縮めながら所定ストローク上昇し、ボトムモールド4の下面とストッパ18の間に所定ストローク分の隙間gが生じるようにしている。
【0026】またこの時のピン体17の上面とラストモールド2側の中底(図4では省略)との間には、所定の隙間が形成されるようにしており、ピン体17の上部にもテープ部S1の材料が入り込むようにしている。
【0027】そして、図4(C)に示すように、テープ部S1の成形が終えてボトムモールド4が1段降下し、ソール部S1成形用の空間部が画成される時、前記隙間gが無くなるか又は狭くなるようにしている。このため、ピン体17の上面は依然としてテープ部S1の下面に当接した状態で、ピン体17は同じ位置を保持することになり、この状態でソール部材料を注入してソール部S2を成形すれば、ソール部S2だけに窓が明いた意匠凹部qが形成され、この意匠凹部qを通して色違いのテーブ部S1を視認することが出来る。
【0028】尚、図4(A)において、右側のサイドモールド3とボトムモールド4間には、テープ部材料注入用通路7と同ゲート部7aが設けられ、左側のサイドモールド3とボトムモールド4間には、ソール部材料注入用通路8と同ゲート部8aが設けられている。
【0029】また、ストッパ18の両サイドの上面には、アール部18rを形成し、ストッパ18が左右に傾いて一端側が上がっているような時でも、係止部3eによって円滑に押し下げることが出来るようにしている。
【0030】以上のように構成した成形型における靴底の成形方法について説明する。ラストモールド2とサイドモールド3とボトムモールド4を型締めして、まず図1(A)に示すように、テープ部S1成形用の空間部を画成する。この時、ボトムモールド4は上段位置にセットされ、通気孔成形機構5のピン11は、図3(A)に示すように、ラストモールド2側の中底K1に当接している。また、凹部成形機構6のストッパ18は、図4(B)に示すように、サイドモールド3の係止部3e、3eに係合してピン体17がテープ部S1成形用の空間部の所定の位置に臨んでいる。
【0031】この型締めの際、通気孔成形機構5のピン11の先端はラストモールド2側の中底K1に当接するが、スプリング13で支持されているため、衝撃力は弱く、損耗等の可能性は少ない。そしてテープ部材料注入用通路7を通して所定色のテープ部材料を注入し、靴底Sのテープ部S1を成形する。
【0032】次いで、図1(B)に示すように、ボトムモールド4を2段目まで降下させて型締めし、ソール部S2成形用の空間部を画成する。この時、通気孔成形機構5のピン11は、図3(B)に示すように、中底K1に当接したままである。また凹部成形機構6のピン体17は、図4(C)に示すように、原位置を保ったままでその上面がテープ部S1に当接している。
【0033】そしてソール部材料注入用通路8を通してテープ部S1とは異なる色彩のソール部材料を注入し、テープ部S1と一体のソール部S2を成形する。
【0034】そして、このようにテープ部S1とソール部S2が一体の靴底Sを成形すると、型開きする。すると、通気孔成形機構5の複数のピン11、…の箇所は、通気孔t、…として、靴内の湿気等を逃がすことが出来る貫通孔として形成される。また、靴底Sの踵部には、凹部成形機構6のピン体17によって、テープ部S1が視認出来る意匠凹部qが成形される。そしてこの意匠凹部qによって意匠効果を高めることが出来、またサクション効果によってクッション性を向上させることが出来る。
【0035】また、例えばボトムモールド4を降下させてソール部S2成形用の空間部を画成するような際、通気孔成形機構5のピン11の先端が中底K1から離れたり、当接力が弱まったりして孔が潰れるような時は、調整部材12を調整して適切な圧接力で当接させるようにし、通気孔t、…が潰れるような不具合をなくして通気性を確保するようにする。
【0036】尚、本発明は以上のような実施形態に限定されるものではない。本発明の特許請求の範囲に記載した事項と実質的に同一の構成を有し、同一の作用効果を奏するものは、本発明の技術的範囲に含まれる。例えば通気孔t、…を成形する箇所は、踏付け部又は爪先部に限られるものではなく、また靴底Sは複層でなくて単層でも良く、又は3層以上の複層でも良い。更に、通気孔成形機構5の付勢部材はスプリング13以外の弾性部材等でも良い。
【0037】
【発明の効果】以上のように本発明の通気孔の成形方法及び成形型は、請求項1及び請求項3のように、ボトムモールドに対して上下摺動自在に組込まれる複数のピンを付勢部材によってボトムモールドから上方に突出させ、このピンの先端を型締め状態のラストモールド側に当接させて靴底材料を射出することで、複数の通気孔を成形するようにしたため、型締めする際にピンの先端がラストモールド側に当接する時の衝撃を弱めることが出来、ピンの先端とかラストモールドを損耗しにくくすると同時にピンの先端を確実にラストモールド側に当接させることが出来、通気性の良い通気孔を成形することが出来る。また請求項2のように、靴底を複層構造にする時に適用すれば、靴底全体を貫通する通気孔を簡素に構成出来る。また請求項4のように、付勢部材の付勢力を調整可能とすれば、すべてのピンの先端を確実にラストモールド側に当接させることが出来、しかも例えば靴底の厚みを変えるような時でも、ピンの先端をラストモールド側に確実に当接させるよう調整出来る。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013