米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> アキレス株式会社

発明の名称 装飾シート
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−24535
公開日 平成10年(1998)1月27日
出願番号 特願平8−201109
出願日 平成8年(1996)7月11日
代理人
発明者 半田 幸一 / 清村 和明
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 アクリル系樹脂100重量部に対して可塑剤60〜150重量部含むペースト状のアクリル系樹脂組成物からなる装飾層を形成した装飾シートであって、前記可塑剤が、ミリスチルベンジルフタレートと2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールジイソブチレート又は/及び2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールモノイソブチレートとの混合物であることを特徴とする装飾シート。
【請求項2】 ミリスチルベンジルフタレートと2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールジイソブチレート又は/及び2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールモノイソブチレートの混合割合が、1:0.05〜1:0.5である請求項1記載の装飾シート。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、壁材等として使用される装飾シートに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より、壁材等の装飾シートとしては、塩化ビニル系樹脂からなるペースト(以下、「塩化ビニル系樹脂ペースト」と記すことがある)を用いて装飾層を形成したものが主に使用されているが、この塩化ビニル系樹脂は、焼却時に塩化水素(HCl)を発生するといった問題がある。そこで、上記の塩化ビニル系樹脂に代えて、アクリル系樹脂からなるペースト(以下、「アクリル系樹脂ペースト」と記すことがある)を用いて装飾層を形成した装飾シートが提案されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところがこのアクリル系樹脂ペーストは、増粘しやすいなど、粘度の調節が難しく、塩化ビニル系樹脂ペーストに比較して加工性に劣るという欠点がある。本発明は、アクリル系樹脂に特定の可塑剤を添加することにより、塩化ビニル系樹脂ペーストと同等の加工性を有するアクリル系樹脂ペーストが得られることを見出しなされたものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の装飾シートは、可塑剤として、ミリスチルベンジルフタレートと2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールジイソブチレート又は/及び2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールモノイソブチレートとの混合物を用いたアクリル系樹脂ペーストからなる装飾層を形成してなることを特徴とするものである。
【0005】本発明に使用されるアクリル系樹脂として具体的には、メチルアクリレート、エチルアクリレート、n−プロピルアクリレート、イソプロピルアクリレート、n−ブチルアクリレート、イソブチルアクリレート、sec−ブチルアクリレート、t−ブチルアクリレート、n−ヘキシルアクリレート、シクロヘキシルアクリレート、2−エチルヘキシルアクリレート、n−オクチルアクリレートなどの炭素数1〜8のアルキル基を有するアクリレート類;メチルメタクリレート、エチルメタクリレート、n−プロピルメタクリレート、イソプロピルメタクリレート、n−ブチルメタクリレート、イソブチルメタクリレート、sec−ブチルメタクリレート、t−ブチルメタクリレート、n−ヘキシルメタクリレート、シクロヘキシルメタクリレート、2−エチルヘキシルメタクリレート、n−オクチルメタクリレートなどの炭素数1〜8のアルキル基を有するメタクリレート類、あるいはこれらの混合物が使用できる。
【0006】また、本発明のアクリル系樹脂として、上記のアクリレートやメタクリレートと共重合可能な他モノマー、例えば、グリシジル(メタ)アクリレートや3,4−エポキシシクロヘキシルメチル(メタ)アクリレートなどのエポキシ基を有する重合性不飽和化合物;アクリル酸、メタクリル酸、エタクリル酸、マレイン酸、フマル酸、イタコン酸などのカルボキシル基を有する重合性不飽和化合物あるいはこれらの無水物;2−アミノエチル(メタ)アクリレート、2−アミノプロピル(メタ)アクリレート、3−アミノプロピル(メタ)アクリレート、2−アミノブチル(メタ)アクリレート、3−アミノブチル(メタ)アクリレート、4−アミノブチル(メタ)アクリレート、(メタ)アクリルアミド、N−2−アミノエチル(メタ)アクリルアミド、N−2−アミノプロピル(メタ)アクリルアミド、N−3−アミノプロピル(メタ)アクリルアミドなどのアミノ基を有する重合性不飽和化合物;2−ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、3−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレート、3−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレート、4−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールヘキサ(メタ)アクリレートなどの水酸基を有する重合性不飽和化合物;ブタジエン、イソプレン、1,3−ペンタジエン、シクロペンタジエン、ジシクロペンタジエンなどの共役ジエン系化合物;1,4−ヘキサジエン、エチリデンノルボルネンなどの非共役ジエン系化合物;酢酸ビニル、スチレンなどとの共重合体や、上記のアクリル系樹脂を主体とする他の樹脂との混合物を使用することもできる。
【0007】上記のアクリル系樹脂には、可塑剤が添加され、ペースト状のアクリル系樹脂組成物とされる。この可塑剤の添加量は、アクリル系樹脂100重量部に対し、60〜150重量部である。
【0008】本発明装飾シートの装飾層を形成するアクリル系樹脂ペーストに添加する可塑剤としては、ミリスチルベンジルフタレートと2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールジイソブチレート又は/及び2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールモノイソブチレートとの混合物を使用する。ミリスチルベンジルフタレートと2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールジイソブチレート又は/及び2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールモノイソブチレートの混合割合として好ましくは、重量比で1:0.05〜1:0.5、更に好ましくは1:0.1〜1:0.3である。ミリスチルベンジルフタレートと2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールジイソブチレート又は/及び2,2,4−トリメチル−1,3−ペンタジオールモノイソブチレートの混合割合が、上記範囲から外れると、アクリル系樹脂ペーストが増粘しやすくなり、加工性が悪化する。
【0009】また、加工性を損なわない程度であれば、上記の以外の可塑剤を併用することもできる。上記の可塑剤と併用可能な可塑剤としては、ジメチルフタレート、ジエチルフタレート、ジー2−エチルヘキシルフタレート、ジ−n−オクチルフタレート、ジイソブチルフタレート、ジイソノニルフタレート、ジフェニルフタレート、ジイソデシルフタレート、ジトリデシルフタレート、ジウンデシウフタレート、ジベンジルフタレート、ブチルベンジルフタレート、ジノニルフタレート、ジシクロヘキシルフタレート、ジブチルフタレート、ジヘキシルフタレート、オクチルベンジルフタレートなどのフタル酸誘導体;ジメチルイソフタレート、ジ−2−エチルヘキシルイソフタレート、ジイソオクチルイソフタレートなどのイソフタル酸誘導体;ジ−2−エチルヘキシルテトラヒドロフタレート、ジ−n−オクチルテトラヒドロフタレート、ジイソデシルテトラヒドロフタレートなどのテトラヒドロフタル酸誘導体;ジ−n−ブチルアジペート、ジ−2−エチルヘキシルアジペート、ジイソデシルアジペート、ジイソノニルアジペートなどのアジピン酸誘導体;ジブチルセバケート、ジ−2−エチルヘキシルセバケートなどのセバシン酸誘導体;ジ−2−エチルヘキシルアゼレート、ジイソオクチルアゼレート、ジ−n−ヘキシルアゼレートなどのアゼライン酸誘導体;ジ−n−ブチルマレエート、ジメチルレエート、ジエチルマレエート、ジ−2−エチルヘキシルマレエートなどのマレイン酸誘導体;ジ−n−ブチルフマレート、ジ−2−エチルヘキシルフマレートなどのフマル酸誘導体;トリ−2−エチルヘキシルトリメリテート、トリ−n−オクチルトリメリテート、トリイソデシルトリメリテート、トリイソオクチルトリメリテート、トリ−n−ヘキシルトリメリテート、トリイソノニルトリメリテートなどのトリメリット酸誘導体;テトラ−2−エチルヘキシルピロメリテート、テトラ−n−オクチルピロメリテートピロメリット酸誘導体;トリエチルシトレート、トリ−n−ブチルシトレート、アセチルトリエチルシトレート、アセチルトリブチルシトレートなどのクエン酸誘導体;モノメチルイタコネート、モノブチルイタコネート、ジメチルイタネート、ジエチルイタコネート、ジブチルイタコネート、ジ−2−エチルヘキシルイタコネートなどのイタコン酸誘導体;ブチルオレエート、グリセリルモノオレエート、ジエチレングリコールモノオレエートなどのオレイン酸誘導体;メチルアセチルリシノレート、ブチルアセチルリシノレート、グリセリルモノリシノレート、ジエチレングリコールモノリシノレートなどのリシノール酸誘導体;n−ブチルステアレート、グリセリンモノステアレート、ジエチレングリコールジステアレートなどのステアリン酸誘導体;ジエチレングリコールモノラウレート、ジエチレングリコールペラルゴネート、ペンタエリスリトール脂肪酸エステルなどの上記以外の脂肪酸誘導体;トリエチルホスフェート、トリブチルホスフェート、トリス(クロロエチル)ホスフェート、トリクレジルホスフェート、トリオクチルホスフェートなどのリン酸誘導体;ジエチレングリコールジベンゾエート、ジプロピレングリコールジベンゾエート、トリエチレングリコールジベンゾエート、トリエチレングリコールジ−2−エチルブチレート、トリエチレングリコールジ−2−エチルヘキソエート、ジブチルメチレンビスチオグリコレートなどのグリコール誘導体;グリセロールモノアセテート、グリセロールトリアセテート、グリセロールトリブチレートなどのグリセリン誘導体;エポキシ化大豆油、エポキシブチルステアレート、エポキシヘキサヒドロフタル酸ジ−2−エチルヘキシル、エポキシトリグリセライド、エポキシ化オレイン酸オクチル、エポキシ化オレイン酸デシルなどのエポキシ誘導体;アジピン酸系ポリエステル、セバシン酸系ポリエステル、フタル酸系ポリエステルなどのポリエステル系可塑剤などの可塑剤が挙げられる。また、これらの可塑剤にゴム、樹脂などの高分子化合物を溶解させたものであってもよい。
【0010】上記のアクリル系樹脂及び可塑剤を主体とするアクリル系樹脂ペーストには、必要に応じて、発泡剤、無機充填剤、熱安定剤、粘度調整剤、希釈剤、着色剤、難燃剤などの各種添加剤を添加することもできる。
【0011】発泡剤として具体的には、アゾジカーボンアミド、アゾビスイソブチロニトリル、ベンゼンスルホニルヒドラジド、p−トルエンスルホニルヒドラジド、p,p’−オキシビス(ベンゼンスルホニルヒドラジド)、ジニトロソペンタンメチレンメチレンテトラミン、N,N’−ジニトロソ−N,N’−ジメチルテレフタルアミド、トリヒドラジノトリアミンなどが挙げられる。また、熱可塑性樹脂からなる殻内に低沸点炭化水素などを内包した熱膨張型マイクロカプセルなどを発泡剤として用いることもできる。上記の発泡剤は単独で用いてもよいし、二種以上を併用してもよい。
【0012】無機充填剤として具体的には、沈降性炭酸カルシウム、重質炭酸カルシウム、極微細炭酸カルシウムなどの炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、シリカ、タルク、ケイソウ土、クレー、マイカ、水酸化アルミニウム、アルミナなどが挙げられる。上記の無機充填剤は単独で用いてもよいし、二種以上を併用してもよい。
【0013】熱安定剤として具体的には、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸アルミニウム、ステアリン酸カルシウム、ステアリン酸バリウム、ステアリン酸亜鉛、ラウリン酸カルシウム、ラウリン酸バリウム、ラウリン酸亜鉛などの金属石鹸;フェノールやナフトールのナトリウム、亜鉛、バリウムなどの金属塩;ジブチル錫ジラウレート、ジブチル錫マレエートなどの有機錫化合物;ジエチルホスファイト、ジブチルホスファイト、ジオクチルホスファイト、ジフェニルイソデシルホスファイト、トリクレジルホスファイト、トリフェニルホスファイト、トリス(ノニルフェニル)ホスファイト、トリイソオクチルホスファイトなどの亜リン酸エステル類などが挙げられる。上記の熱安定剤は単独で用いてもよいし、二種以上を併用してもよい。
【0014】粘度調整剤や希釈剤として具体的には、キシレン、ソルベントナフサ、ミネラルスピリット、ジイソブチルケトン、酢酸ブチルなどの溶剤や、適宜の界面活性剤などが使用できる。上記の粘度調整剤や希釈剤は単独で用いてもよいし、二種以上を併用してもよい。
【0015】難燃剤として具体的には、三酸化アンチモン、赤リン、ホウ酸亜鉛などが挙げられる。上記の難燃剤は、単独で用いてもよいし、二種以上を併用してもよい。
【0016】上記のアクリル系樹脂、可塑剤、必要に応じて添加される各種添加剤は、例えばポニーミキサー、ニーダ、ホバートミキサー、ライカイ機、三本ロールミル、デイゾルバーなどを用いて均一に混合された後、必要に応じて脱泡されてアクリル系樹脂ペーストとされる。
【0017】本発明の装飾シートは、塩化ビニル系樹脂ペーストを用いた装飾シートと同様に、通常は基材上に上記のアクリル系樹脂ペーストからなる装飾層を形成してなるものである。上記の基材としては、塩化ビニル系樹脂ペーストからなる装飾層を形成した装飾シートと同様のもの、具体的には、必要に応じて難燃性を付した紙、織布、編布、不織布、発泡または非発泡の合成樹脂シート、あるいはこれらの積層体などが使用できる。
【0018】装飾層の形成は、上記の基材上に直接アクリル系樹脂ペーストを塗布して形成しても良いし、離型紙などの離型性担体上に塗布するなどして、別途作製した装飾層を基材上に積層して形成してもよい。アクリル系樹脂ペーストの塗布手段は、従来の塩化ビニル系樹脂ペーストの場合と同様の手段、具体的には、ドクターナイフコーター、コンマドクターコーター、ロールコーター、リバースロールコーター、ロータリースクリーンなどの手段を採用することができる。
【0019】本発明装飾シートの装飾層は、単層であってもよいし、複数層からなるものであってもよく、装飾層を複数層とする場合には、各層の組成は同一であってもよいし、異なっていてもよい。また、装飾層は、非発泡層であってもよいし、発泡層であってもよい。
【0020】なお、本発明の装飾シートは、装飾層にエンボス加工を施すこともできるし、表面に通常の印刷インキを用いて印刷模様を施すこともできる。勿論、装飾層の表面に、表面処理を施すことも可能である。
【0021】
【実施例】以下、具体的な実施例を挙げて本発明について更に詳細に説明するが、本発明は、以下に示す実施例に限定されるものではない。
【0022】〔実施例1〜6、比較例1〜3〕下記の配合からなるアクリル系樹脂ペーストを、市販の壁紙用裏打難燃紙上にロータリースクリーンを用いて塗布し、オーブンで加熱して、アクリル系樹脂ペーストを硬化させて装飾シートを得た。得られた各装飾シートを燃焼させたとき、塩化水素の発生はなかった。また、それぞれのアクリル系樹脂ペーストの加工性について、下記基準にて評価した。
【0023】<評価基準>◎・・・アクリル系樹脂ペースト調製から3週間経過後でも増粘が殆どなく、加工性きわめて良好。
○・・・アクリル系樹脂ペースト調製から1週間経過後では僅かに増粘していたが、塗布作業に支障なし。
△・・・アクリル系樹脂ペースト調製から1週間経過後では増粘が著しく、ペースト調製直後でなければ塗布作業が困難。
×・・・アクリル系樹脂ペースト調製直後であっても増粘が著しく、塗布作業が困難。
【0024】
【表1】

【0025】
【発明の効果】以上詳述したように、本発明の装飾シートは、特定の可塑剤を添加したアクリル系樹脂ペーストを用いているので、加工性に優れるものである。また、塩化ビニル系樹脂ペーストを用いた装飾層を形成した装飾シートのように、焼却しても塩化水素を発生することがなく、環境保護の見地からも好ましいものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013