米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 新神戸電機株式会社

発明の名称 透明着色樹脂シートの着色濃度調整法および透明着色樹脂シートの製造法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−296828
公開日 平成10年(1998)11月10日
出願番号 特願平9−112134
出願日 平成9年(1997)4月30日
代理人
発明者 覚野 博司 / 大澤 志郎 / 巻幡 和正
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】厚さと着色剤含有量を固定した透明着色樹脂層に、厚さ調整用透明無色樹脂層を一体化して所定のシート厚にすることを特徴とする透明着色樹脂シートの着色濃度調整法。
【請求項2】厚さと着色剤含有量を固定した透明着色樹脂層と、厚さ可変の厚さ調整用透明無色樹脂層を共押出により一体化して所定厚さにすることを特徴とする透明着色樹脂シートの製造法。
【請求項3】透明着色樹脂層と厚さ調整用透明無色樹脂層を透明な機能性樹脂層と共押出により一体化する請求項2に記載の透明着色樹脂シートの製造法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、着色された透明樹脂シートの着色濃度調整法と同シートの製造法に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、着色された透明樹脂シートは、アクリル(MMA)樹脂をベースとしたものである。その着色は、シートの厚さ方向全体に所要の着色剤を含有させる単層着色法により実施している。着色濃度は、着色剤の含有量とシート厚によって決まるので、着色剤含有量を変えずにシート厚だけを変えると、着色濃度が著しく変化する。すなわち、着色剤含有量が一定の場合、シート厚が薄くなると着色濃度は薄くなるし、シート厚が厚くなると着色濃度は濃くなる。従って、シート厚を変えたときにも同じ着色濃度を維持しようとすると、シートの厚みごとにベース樹脂の着色剤含有量を変えなければならない。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記のように、従来の方法では、シート厚を変えたときにも同じ着色濃度を維持しようとすると、シートの厚みごとにベース樹脂の着色剤含有量を変えなければならない。着色濃度を同じにするための着色剤配合量の調整には試行錯誤が必要なので、非常に煩雑な作業となる。本発明が解決しようとする課題は、シート厚が変わっても着色濃度を一定に維持することが容易な透明着色樹脂シートの着色濃度調整法とそのような透明着色樹脂シートの製造法を提供することである。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、本発明は、厚さと着色剤含有量を固定した透明着色樹脂層に、厚さ調整用透明無色樹脂層を一体化して所定シート厚の透明着色樹脂シートにする。このような方法では、シート厚を変えたときの着色濃度調整といっても実質的に調整は不要である。すなわち、厚さ調整用透明無色樹脂層には実質的に色がないので、シート全体の見かけ上の着色濃度は、厚さと着色剤含有量を固定した透明着色樹脂層によって決まる。シート全体の着色濃度は、当該透明着色樹脂層に一体化される厚さ調整用透明無色樹脂層の厚さの影響をほとんど受けないのである。
【0005】そして、このような観点から、厚さと着色剤含有量を固定した透明着色樹脂層と、厚さ可変の厚さ調整用透明無色樹脂層を共押出により一体化して所定厚さの透明着色樹脂シートを製造する。厚さ調整用透明無色樹脂層の押出厚さを変えることにより、シート全体厚を所定厚さに調整するわけである。透明着色樹脂層の着色剤含有量は一切変えないので、着色樹脂層のための樹脂材料は一種類用意するだけで済み。着色濃度は一定で、厚さだけを変えた透明着色樹脂シートを簡単に製造することが可能となる。
【0006】
【発明の実施の形態】厚さと着色剤含有量を固定した透明着色樹脂層(以下「着色樹脂層」という)と、厚さ可変の厚さ調整用透明無色樹脂層(以下「無色樹脂層」)というを共押出により一体化する場合、層構成としては、着色樹脂層と無色樹脂層の二種二層を一体化する構成、無色樹脂層を着色樹脂層で挟んだ二種三層を一体化する構成、着色樹脂層を無色樹脂層で挟んだ二種三層を一体化する構成等が可能である。また、これらの構成に、新たに透明な機能性樹脂層を付加して、三種三層や三種四層さらには三種五層を一体化する構成も可能である。機能性樹脂層は、例えば、紫外線吸収剤、帯電防止剤、抗菌剤等の機能付加剤を樹脂に添加して、そのような各機能をもたせた樹脂層である。
【0007】着色樹脂層に前記のような機能付加剤を添加することも可能であるが、着色剤(染料)と機能付加剤の相性によっては、これらの一方あるいは両方がブリードアウトすることもあり得るので、機能性樹脂層と着色樹脂層を独立した別の樹脂層とすることが望ましい。なお、無色樹脂層は、シート厚によってその厚さを変えることになるので、このような厚さの変更がある樹脂層に機能付加剤を添加することは、機能付加剤の効果を一定に保つ上で現実的でない。
【0008】
【実施例】以下、実施例により本発明を具体的に説明するが、本発明はこれに限定されるものではない。ブラウンスモーク色の変性ポリエステル(シクロヘキサンジメタノールで変性したポリエチレンテレフタレート)からなる透明着色樹脂シートを製造するために、着色剤を0.2wt%含有する0.1mm厚の着色樹脂層を両表面層とし(すなわち、着色樹脂層総厚さは0.2mm)、表1に示した所定厚さの無色樹脂層を芯層として、共押出により二種三層を一体化した。尚、着色樹脂層は30φ押出機により押出し、無色樹脂層は50φ押出機により押出して、それぞれをフィードブロックに導いて一体化した。また、参考のために、着色剤を0.2wt%含有する2.0mm厚の単層透明着色樹脂シートを押出成形した(参考例)。
【0009】表1には、全体厚さの異なる実施例の各透明着色樹脂シートについて、参考例の透明着色樹脂シートを基準にした色差を示した。また、各透明着色樹脂シートの全光線透過率も併せて示した。表1から、各実施例と参考例との間には色差が認められるものの、実施例間では、シート全体厚さが変わっても色差が小さい(各ΔE同士の差が小さい)ことがわかる。
【0010】
【表1】

【0011】
【発明の効果】上述のように、本発明の着色濃度調整法によれば、シートの全体厚さが変わっても着色濃度の変わらない透明着色樹脂シートを容易に得ることができる。本発明に係る着色濃度調整方法を適用して共押出により透明着色樹脂シートを製造すれば、着色濃度が同じで厚さだけが異なるシートを製造するに際し、同じ着色剤含有量の樹脂材料を使用することができる。着色剤含有樹脂材料は一種類用意するだけで済み、それを変える必要がないので、着色濃度が同じで厚さだけが異なる透明着色樹脂シートを効率良く製造することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013