米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 積水化学工業株式会社

発明の名称 水硬性無機質成形品の取出装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−95011
公開日 平成10年(1998)4月14日
出願番号 特願平8−252058
出願日 平成8年(1996)9月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】九十九 高秋
発明者 那須 厚 / 須々木 秀雅
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 上型と下型とにより形成されたキャビティで成形された水硬性無機質成形品を、真空吸着により開型後の下型より取り出す水硬性無機質成形品の取出装置であって、上記取出装置が、成形品を真空吸着する真空吸着孔が設けられた真空吸着盤と、この真空吸着盤の上面に着脱可能に取り付けられ、且つ上面に真空吸引室が設けられた搬送装置とにより構成されていることを特徴とする水硬性無機質成形品の取出装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、水硬性無機質成形品の取出装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、成形型の下型と上型との間に形成されたキャビティに水硬性無機質材を供給し、真空脱水成形して成形品を得る所謂水硬性無機質成形品の成形装置においては、上記成形品を真空吸着により開型後の下型より取り出す取出装置が用いられている。このような水硬性無機質成形品の取出装置の例としては、実開平5−74789号公報に記載された例が挙げられる。
【0003】上記実開平5−74789号公報に記載されているような従来の水硬性無機質成形品の取出装置は、図6、及びその上面図7に示すように、成形品100を真空吸着するため、キャビティに連通して真空吸引孔200が設けられた真空吸着盤300が、その取付具400と一体構造で設けられ、成形品100を吸着したこの真空吸着盤300が、取付具400の上面の取付部500を搬送装置(図示しない)に取り付けられ、次工程に移動されるようになっている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、図6に示すような従来の取出装置においては、成形品100を真空吸着するため、真空吸着盤300が取付具400と一体構造で設けられいるので、長期の使用期間の間には、成形品の吸着時に成形品のセメント等の固形分が上記真空吸着盤300内に真空吸引孔200より吸引されて蓄積され、又、真空吸引孔200の目詰まりとなり、成形品の吸着不良を起こすといった問題があった。
【0005】又、多数個取り(図6の成形装置の場合は3個取り)のような大型の成形装置に用いられる真空吸着具になると、真空吸着室内や、目詰まりした真空吸引孔を清掃しようとしても、真空吸引室が真空吸着具と一体構造となっているので、メンテナンスが難行するといった問題があった。
【0006】本発明は、このような上記の問題点に着目してなされたものであり、その目的とするところは、これらの問題点を解消し、真空吸引室や真空吸引孔の清掃等の手入れが容易に簡単に行え、成形品の吸着不良が起こらず、メンテナンス性が優れた水硬性無機質成形品の取出装置を提供するものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の水硬性無機質成形品の取出装置においては、上型と下型とにより形成されたキャビティで成形された水硬性無機質成形品を、真空吸着により開型後の下型より取り出す水硬性無機質成形品の取出装置であって、上記取出装置が、成形品を真空吸着する真空吸着孔が設けられた真空吸着盤と、この真空吸着盤の上面に着脱可能に取り付けられ、且つ上面に真空吸引室が設けられた搬送装置とにより構成されていることを特徴とする。
【0008】
【作用】本発明の水硬性無機質成形品の取出装置においては、取出装置が、成形品を真空吸着する真空吸着孔が設けられた真空吸着盤と、この真空吸着盤の上面に着脱可能に取り付けられ、且つ上面に真空吸引室が設けられた搬送装置とにより構成されているので、真空吸着盤を搬送装置より外した状態では、真空吸着盤の内部が全面開口されるので、内部に溜まったセメント等の固形部の清掃が容易に簡単に行え、又、真空吸着孔の清掃も内外から容易に行うことが可能で、メンテナンス性が優れたものとすることができる。更に、真空吸着孔の目詰まりがなく、成形品の吸着不良が起こらないので、生産性を向上させることができる。
【0009】
【発明の実施の形態】図1、水硬性無機質成形品の取出装置の一例を示す断面図である。図1に示す本実施例の水硬性無機質成形品の取出装置10は、図2に示すように、成形装置の上型1と下型2とにより形成された3個取りのキャビティ3で成形された水硬性無機質成形品3Aを、真空吸着により開型後の下型3より取り出す水硬性無機質成形品の取出装置である。
【0010】上記取出装置10は、成形品3Aを真空吸着する真空吸引孔11aが多数設けられた真空吸着盤11と、この真空吸着盤11の上面に着脱可能に取り付けられ、且つ上面に、下方に開口部12bを有する真空吸引室12aが設けられた搬送装置12とにより構成されている。
【0011】上記搬送装置12は、内部を密封状態とするためのパッキン13を周囲に介在させ、真空吸着盤11に挟持金具14を用いて取り付けられる構造となっている。
【0012】成形が完了し、型開きにより上型1が取り外された後の下型2内の成形品3A(図2に示す)は、取出装置10の真空引きされた真空吸引室12aの真空吸引作用により、上記真空吸引室12aと連通された真空吸着盤11の真空吸着孔11aにより吸着され、一旦下型2の上方に上昇された上、横移送されて次の工程位置まで搬送され、図3に示すような受型4上に載置され、養生硬化される。
【0013】本実施例の取出装置10の上方の搬送装置12が取り外された状態では、図4、及び図5に示すように、真空吸着盤11の上面(内部)は全面が完全に開口された状態となる。
【0014】従って、真空吸着盤11の内部に溜まったセメント等の固形部の清掃が容易に短時間で簡単に行え、又、真空吸着孔11aの清掃も内外から容易に簡単に行うことが可能となり、メンテナンス性が優れたものとすることができる。更に、真空吸着孔11aの目詰まりがないので成形品の吸着不良が起こらず、生産性を向上させることができる。
【0015】
【発明の効果】本発明の水硬性無機質成形品の取出装置においては、取出装置が、成形品を真空吸着する真空吸着孔が設けられた真空吸着盤と、この真空吸着盤の上面に着脱可能に取り付けられ、且つ上面に真空吸引室が設けられた搬送装置とにより構成されているので、真空吸着盤を搬送装置より外した状態では、真空吸着盤の内部が全面開口されるので、内部に溜まったセメント等の固形部の清掃が容易に簡単に行え、又、真空吸着孔の清掃も内外から容易に行うことが可能で、メンテナンス性が優れたものとすることができる。更に、真空吸着孔の目詰まりがなく、成形品の吸着不良が起こらないので、生産性を向上させることができる。従って、水硬性無機質成形品の取出装置として好適に用いられる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013