米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 積水化学工業株式会社

発明の名称 セメントモルタル成形品の成形装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−95006
公開日 平成10年(1998)4月14日
出願番号 特願平8−252059
出願日 平成8年(1996)9月24日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】九十九 高秋
発明者 橋本 憲一
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 上型、下型、及び側面型とにより形成されたキャビティにセメントモルタルよりなる成形材料を供給し、上記下型、及び側面型に設けられた水抜き孔より成形材料中の余剰水分を脱水しながらプレス成形を行うセメントモルタル成形品の成形装置において、上記側面型の水抜き孔が、水抜き方向に下方傾斜して設けられていることを特徴とするセメントモルタル成形品の成形装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、セメントモルタル成形品の成形装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、屋根瓦や外壁材として使用されるセメントモルタル成形品は、上型と下型とにより形成されたキャビティにセメントモルタルよりなる成形材料を供給し、キャビティの製品表面側に設けられた側面型の水抜き孔より成形材料中の余剰水分を脱水しつつ、上型と下型とによりプレス成形して賦形する方法が知られている(例えば、本出願人が先に提案した実公平2−15617号公報 参照)。
【0003】このような従来の成形装置においては、図2に示すように、上型100と下型200、更に、成形品の側面の肉厚部を成形するために設けられ側面型300とにより構成されている。
【0004】上記下型200、及び側面型300に設けられた水抜孔201、301から濾過材400を介して成形材料500中の余剰水分を脱水しつつ、上、下型100、200、及び側面型300の間で成形材料500を所望形状にプレス成形して賦形するようになっている。
【0005】又、成形品の側面の肉厚部を成形するために設けられ側面型300にも、上記説明のように水抜孔301が設けられているので、成形品の側面の厚肉部も他の薄肉部と同様に脱水することができ、成形品全体の均一な脱水効果を期待することができる。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記のような従来の成形装置においては、上述のように、側面型300で側面の肉厚部の成形材料500を加圧するとともに、水抜き孔301で真空脱水を行うようになっているが、この水抜き孔301が水抜き方向に上り勾配となっているため、成形品を脱型する時、上記水抜き孔301内の搾水が逆流し、成形品の表面を濡らすといったことが懸念される。
【0007】このように、万が一、搾水が逆流して成形品の表面が濡れたような場合には、成形品の養生工程において、濡れた部分が白化現象を起こし、所謂エフロが発生し、塗装した後の塗料のエフロ面の密着性が低下するといった問題が残されている。
【0008】本発明は、このような上記の問題点に着目してなされたものであり、その目的とするところと、これらの問題点を解消し、上記側面型の水抜き孔よりの搾水が成形品側に逆流せず、完全な脱水が可能で、塗装等の二次加工においても影響がなく、品質良好な成形品を得ることが可能なセメントモルタル成形品の成形装置を提供することを目的としている。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明のセメントモルタル成形品の成形装置においては、上型、下型、及び側面型とにより形成されたキャビティにセメントモルタルよりなる成形材料を供給し、上記下型、及び側面型に設けられた水抜き孔より成形材料中の余剰水分を脱水しながらプレス成形を行うセメントモルタル成形品の成形装置において、上記側面型の水抜き孔が、水抜き方向に下方傾斜して設けられていることを特徴とする。
【0010】
【作用】本発明のセメントモルタル成形品の成形装置においては、上型、下型、及び側面型とにより構成された成形装置の側面型の水抜き孔が、水抜き方向に下方傾斜して設けられているので、一旦この水抜き孔より吸引された搾水は、完全に水抜き孔より排水され、水抜き孔を逆流して成形品の表面を濡らすようなことがないので、従来の成形のようにエフロ等が発生せず、塗装等の二次加工においても影響がなく、品質良好な成形品を得ることが可能である。
【0011】
【発明の実施の形態】以下図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。図1は、本発明のセメントモルタル成形品の成形装置の要部の断面図である。図1において、本実施例の成形装置10は、上型1、下型2、及び成形品の側面の肉厚部を成形するために設けられ側面型3とにより構成されている。
【0012】上記上型1、下型2、及び側面型3により形成されたキャビティ4にセメントモルタルよりなる成形材料4Aが供給され、下記詳述のように、脱水しながらプレス成形を行うようになっている。
【0013】上記下型2は、台板21上に設置された下型本体22と、キャビティ4側に設けられた水抜き孔23aを有する水抜き型23とにより構成されている。台板21の上方と下型本体22の下方との間には、空洞の吸引室24が設けられ、この吸引室24に、真空ポンプ5に接続された配管51が連通され、又、下型本体22には、真空吸引のための吸引孔22aが多数穿設されている。
【0014】又、下型本体22の上方の表面に濾材が張着された水抜き型23の水抜き孔23aからは、成形時に真空ポンプ5の作動により脱水吸引が行われ、上記吸引孔22aを流出して、吸引室24へ排水されるようになっている。
【0015】下型2の側面には、傾斜した側面型3が可動可能に設けられている。この側面型3は、台板32に固定された型本体33と、水抜き型34とにより構成されている。
【0016】上記水抜き型34には、水抜き方向に下方傾斜した水抜き孔34aが多数穿設されている。又、型本体33と台板32との間には空洞の吸引室35が形成され、この吸引室35に連通する配管52が真空ポンプ5に接続され、脱水吸引が行われるようになっている。水抜き孔34aより吸引された搾水は、上記吸引室35へ排水されるようになっている。
【0017】上記のように上型1、下型2、及び側面型3により構成された成形装置10のキャビティ4に成形材料4Aが供給され、脱水プレス成形が行われる。即ち、真空ポンプ5が作動されると、下型2の水抜き型23の水抜き孔23aからは、脱水が行われ、この搾水は吸引孔22aより下方に排水される。
【0018】一方、キャビティ4の側面に充填された肉厚部の成形材料4Aの脱水は、側面型3の水抜き型34の水抜き孔34aより行われる。この水抜き孔34aは、従来の成形装置の水抜き孔と異なり、水抜き方向に下方傾斜して多数穿設されている。
【0019】従って、真空ポンプ5による吸引作用により、一旦吸引室35まで吸引された搾水は、上り勾配となる水抜き孔34aを逆流して成形材料4Aが充填されたキャビティ4へ戻ることがない。又、水抜き孔34a内の搾水は、水抜き孔34aの下方傾斜の作用により吸引室35内に自然に排出され、キャビティ4側への逆流が発生しない。
【0020】以上のようにして、成形品の側面の肉厚部も他の薄肉部と同様、脱水が効果的に行われるので、全体に均一な脱水成形が可能となり、従来の成形のように側面の肉厚部にエフロ等が発生せず、塗装等の二次加工においても影響がなく、品質良好な成形品を得ることが可能である。
【0021】
【発明の効果】本発明のセメントモルタル成形品の成形装置においては、上型、下型、及び側面型とにより構成された成形装置の側面型の水抜き孔が、水抜き方向に下方傾斜して設けられているので、一旦この水抜き孔より吸引された搾水は、完全に水抜き孔より排水され、水抜き孔を逆流して成形品の表面を濡らすようなことがないので、従来の成形のようにエフロ等が発生せず、塗装等の二次加工においても影響がなく、品質良好な成形品を得ることが可能である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013