Warning: fopen(data/log202002212341.log): failed to open stream: No space left on device in /home/jp321/public_html/header.php on line 106

Warning: flock() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 107

Warning: fclose() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/jp321/public_html/header.php on line 112
プレス用金型の再利用方法 - フジオーゼックス株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> フジオーゼックス株式会社

発明の名称 プレス用金型の再利用方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−146640
公開日 平成10年(1998)6月2日
出願番号 特願平8−307643
出願日 平成8年(1996)11月19日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】竹沢 荘一 (外1名)
発明者 稲福 併
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 互いに同材質により形成された上下1対の金型における一方の金型を、型孔を有する他方の金型として再利用する方法であって、前記一方の金型の上下及び左右寸法を予め他方の金型よりも若干大としておき、一方の金型の成形面に摩耗等が発生したとき、これに焼き戻し処理を施して前記他方の金型とほぼ同形状に加工したのち、焼き入れすることを特徴とするプレス用金型の再利用方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パンチとダイとよりなるプレス用金型の一方の成形面が摩耗した際、これを他方の金型用に加工して再利用する方法に関する。
【0002】
【従来の技術】図2に示すように、例えばエンジンバルブは、加熱した円柱状素材(1)を搾出鍛造して、一端が拡径する中間品(2)とするか、あるいは丸棒状素材(3)を電気アプセッタにより据込み鍛造して、一端が拡径する中間品(4)としたのち、中間品(2)(4)を、プレス装置により熱間鍛造して、エンジンバルブの原形品(5)に成形し、これに多段階の機械加工を施して製品化される。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述のような金型におけるダイ及びパンチは、所定数のワークをプレス成形すると、次第に摩耗するので、交換する必要があるが、従来は、摩耗した金型を廃棄して新品と交換しており、不経済であった。
【0004】本発明は、上記問題を解決するためになされたもので、摩耗した一方の金型を廃棄せずに他方に金型用に加工して再利用することにより、大幅なコスト低減を図れるようにした、プレス用金型の再利用方法を提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明によると、上記課題は、互いに同材質により形成された上下1対の金型における一方の金型を、型孔を有する他方の金型として再利用する方法であって、前記一方の金型の上下及び左右寸法を予め他方の金型よりも若干大としておき、一方の金型の成形面に摩耗等が発生したとき、これに焼き戻し処理を施して前記他方の金型とほぼ同形状に加工したのち、焼き入れすることにより解決される。
【0006】
【発明の実施の形態】図1は、本発明が適用されるプレス装置を略示するもので、水平をなす不動の基板(6)には、合金工具鋼(例えばSKD−61)製のダイケース(7)の下部が嵌合され、固定ピン(8)により固定されている。ダイケース(7)の中心軸線上には、前述した中間品(2)または(4)における軸部(2a)または(4a)が遊嵌しうる通孔(9)が貫設され、その下面には、内径を若干大径とした保持筒(10)が、通孔(9)と連通するようにして連設されている。
【0007】ダイケース(7)の上端部の拡径部中央には、合金工具鋼(例えばRT−90)製の原形品(5)成形用のダイ(11)が圧入されている。
【0008】基板(6)の上方には、それと平行をなす取付板(12)と、その上面に重着して、加圧装置(図示省略)により昇降させられる加圧板(13)が設けられている。
【0009】取付板(12)には、上記ダイケース(7)と同材質のパンチケース(14)の上部が嵌合され、固定ピン(8)により固定されている。パンチケース(14)の中心軸線上には、押し出し孔(15)が貫設され、また下端部の拡径部中央には、上記ダイ(11)と同材質で、かつ外径及び上下寸法をダイ(11)よりも若干大としたパンチ(16)が圧入されている。
【0010】上述のプレス装置においては、加圧板(13)とともにパンチ(16)を上昇させて、ダイ(11)に中間品(2)または(4)を挿入したのち、加圧装置により加圧板(13)とともにパンチ(16)を下降させれば、中間品(2)または(4)はエンジンバルブの原形品(5)に成形される。
【0011】上述したプレス装置のダイ(11)とパンチ(16)は、それぞれ必要最小限の大きさとして、ダイケース(7)とパンチケース(14)に圧入されているので、通常の大型のダイやパンチに比して、それらの交換コストは小さいが、さらに次のようにしてパンチ(16)を再利用することにより、経済的効果を著しく高めうる。
【0012】すなわち、中実となっているパンチ(16)に摩耗が発生した際には、まずパンチケース(14)をパンチ(16)とともにプレス装置より取外し、押し出し孔(15)より挿入した治具を利用してパンチ(16)をパンチケース(14)より抜き出す。
【0013】ついで、パンチ(16)を焼き戻しして軟化させたのち、外径及び上下寸法をダイ(11)と同寸法に加工するとともに、エンジンバルブの原形品(5)と補形をなす型孔を形成する。ついで、焼入れにより硬化させれば、使用不能となったパンチ(16)を、廃棄することなく、ダイ(11)として再利用することができる。
【0014】
【発明の効果】本発明によれば、摩耗等により使用不能となった一方の金型(パンチ)を、廃棄することなく、簡単に他方の金型(ダイ)に加工して再利用することができるので、高価な金型の交換頻度が少なくて済み、経済的効果が甚だ大きくなる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013