米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> フジオーゼックス株式会社

発明の名称 ワークの切断装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−15818
公開日 平成10年(1998)1月20日
出願番号 特願平8−174819
出願日 平成8年(1996)7月4日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】竹沢 荘一 (外1名)
発明者 真鍋 浩三
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 棒状ワークを、砥石車の前側方に設けた水平をなすVブロック上に、砥石車の軸端と平行に保持し、ワークの一端を砥石車の側方に押し出すことにより、ワークの端部を切断するようにした切断装置において、前記Vブロックと砥石車の間におけるワークの端部上方に、下方を向く流体圧シリンダを、そのピストンロッドの下端が、Vブロック上に保持されたワークの端部上面に当接するように設けるとともに、ピストンロッドの下降ストロークを検知するセンサを設けたことを特徴とするワークの切断装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、ワークの端部を、ワークの全長が所定長となるように切断する装置に関する。
【0002】
【従来の技術】図3は、例えばエンジンバルブのようなワーク(1)の軸部(1a)の軸端を、ワーク(1)の全長が所定の長さとなるように、側方移動する切断機本体(2)の砥石車(3)により切断する従来の切断装置を示すものである。(4)はカバーで、図示を省略したが、正面板(図中左面)側部には、ワーク(1)の軸端の挿入溝が切設されている。
【0003】切断機本体(2)の前側方(図中左方)には、ワーク(1)の軸部(1a)を砥石車(3)に向けて、その軸線と平行に支持するVブロック(5)が固着されている。
【0004】Vブロック(5)の側方に設けられたクランプ装置(6)の回動アーム(7)の遊端には、軸部(1a)を上方より押圧するクランプローラ(8)が、その軸線をVブロック(5)上のワーク(1)の軸部(1a)と直交するようにして枢設されている。
【0005】公知のクリッパ(ワーク搬送装置)(9)により軸部(1a)を把持されて搬送されてきたワーク(1)は、Vブロック(5)上に載置されたのち、クランプローラ(8)により押圧されて保持される。
【0006】ついで、クリッパ(9)が退避すると同時に、ワーク(1)の傘部(1b)がプッシャー(10)により押圧されることにより、図3の想像線のように、軸部(1a)の端部がカバー(4)内における砥石車(3)の後方(右方)の所定位置まで押し入れられる。ついで、切断機本体(2)を側方移動させれば、軸部(1a)の端部は、砥石車(3)により切断され、ワーク(1)の全長は所定長となる。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上述した従来の装置では、ワーク(1)をVブロック(5)へ載置する際、クリッパ(9)による把持位置不良、クランプローラ(8)あるいはVブロック(5)上への切り粉の付着等により、図4に示すように、ワーク(1)がVブロック(5)上に若干傾斜して載置されることがある。
【0008】このような状態でプッシャー(10)により押込まれると、軸端切断後のワーク(1)の軸端面が、軸部(1a)の軸線に対し傾斜したり、段付品が発生したりすることがある。
【0009】本発明は、上記問題を解決するためになされたもので、傾斜してVブロック上に載置されたワークの姿勢を矯正することにより、不良品の発生するのを防止しうるようにした切断装置を提供することを目的としている。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明によると、上記課題は、棒状ワークを、砥石車の前側方に設けた水平をなすVブロック上に、砥石車の軸端と平行に保持し、ワークの一端を砥石車の側方に押し出すことにより、ワークの端部を切断するようにした切断装置において、前記Vブロックと砥石車の間におけるワークの端部上方に、下方を向く流体圧シリンダを、そのピストンロッドの下端が、Vブロック上に保持されたワークの端部上面に当接するように設けるとともに、ピストンロッドの下降ストロークを検知するセンサを設けることにより解決される。
【0011】
【発明の実施の形態】図1及び図2は、本発明の一実施例を示すもので、上述した従来例と同一の各部材には、同じ符号を付して、その詳細な説明を省略する。
【0012】切断機本体(2)とVブロック(5)の間におけるワーク(1)の上方には、常時は短縮して下方を向く細長の押圧シリンダ(11)が固設され、その側面には、シリンダ(11)の作動の状態を検知するセンサ(12)が設けられている。
【0013】押圧シリンダ(11)は、クリッパ(9)がワーク(1)をVブロック(5)に載置するのとほぼ同時に作動して、所定のストロークだけ下向きに突出する。ピストンロッド(11a)の下端が、軸部(1a)に当接することにより、ワーク(1)をVブロック(5)上に正常姿勢に押し付ける。この際のピストンロッド(11a)の下降ストロークは、センサ(12)により検知される。
【0014】従って、万一ワーク(1)が、図2に示すように、Vブロック(5)上に軸端を上方に傾斜して載置されると、下降するピストンロッド(11a)により、ワーク(1)の軸端がVブロック(5)のV溝内に当接するまで押し下げられることにより、ワーク(1)は正常姿勢に矯正させられる。これにより、ワーク(1)の軸端は、砥石車(3)により正常に切断される。
【0015】ワーク(1)の傾斜原因が、たとえばクリッパ(9)の故障等であって、ピストンロッド(11a)が下降してもワーク(1)の姿勢が矯正しえない時は、センサ(12)が信号を発することにより、全装置を停止させ、不良品の発生を防止することができる。
【0016】
【発明の効果】本発明の装置によれば、ワークの端部切断に際し、Vブロック上に載置されたワークの姿勢を、流体圧シリンダにより自動的に矯正するとともに、シリンダの動きをセンサにより検知しているので、ワークの端部は正しく切断され、不良品の発生する恐れはない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013