米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 富士重工業株式会社

発明の名称 スナップリング組付不良検出装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−263945
公開日 平成10年(1998)10月6日
出願番号 特願平9−88650
出願日 平成9年(1997)3月25日
代理人
発明者 横田 徹
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 スナップリングが組付けられたワークを治具に取付け、該ワークに対向してトルク検出ヘッドを進退自在に設けると共に、トルク検出出力を判定手段を介して判定表示するようにしたスナップリング組付不良検出装置において、上記トルク検出ヘッドは駆動手段により回転するトルク検出軸と、該軸に設けられるトルクメータと、トルク検出軸の一側に上記スナップリングの開口端部に係合してスナップリングを回転駆動させるプローブとで構成し、上記トルクメータによるトルク検出信号を上記判定手段に入力してトルク値を算定すると共に、該トルク値の大きさによりスナップリングの組付け良否を判定することを特徴とするスナップリング組付不良検出装置。
【請求項2】 上記判定手段は予め設定したトルク値と検出されたトルク値とを比較し、検出されたトルク値が設定トルク値を越える場合は組付不良と判定することを特徴とする請求項1記載のスナップリング組付不良検出装置。
【請求項3】 上記プローブはスナップリングの外周に遊嵌して収容する収容凹部と、スナップリングの開口部外周凸部を収容する切欠き凹部とを端部に設けたことを特徴とする請求項1記載のスナップリング組付不良検出装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、C型スナップリングの組付け状態の良否を検査する組付不良検出装置に関する。
【0002】
【従来の技術】C型スナップリングは、軸の外周部に組立られた部品をその端部において係止する外形用スナップリング、または筒状の内径部に組立られた部品を端部で係止する内径用スナップリングが広く用いられている。例えば外形用のものとしては図3に示すスナップリングがあり、その開口端部に設けられた小穴に組付要具の先端突起を挿入してスナップリングを拡径させ、組付部へ移動して組付溝に組立られる。また、他の組付方法としては組付部の外径に合致する大径部を備えるテーパガイドに、スナップリングを供給して押圧パンチにより押圧しつつ拡径し、組付けることが行われている。
【0003】ところで、これらの組付け作業において、スナップリングが組付け溝に確実に組付けられていない場合があり、特に組立られた部品が軸方向に隙間を与えないように厚さが選択されたスナップリングを組付ける場合(図4参照)は、スナップリングが組付け溝に入りにくくなる傾向になり、且つ組付け部位が円筒内の底部の場合等では組付状態の目視確認も困難となる。
【0004】このため例えば、特開平3−281136号公報に開示されているような組付不良検出方法が取られている。即ち、スナップリングをワークの装着部まで挿入移動して装着溝に嵌入組立する組付工程に続いて、円筒端部を触子としたプローブをスナップリング組付部に挿入して当接し、その挿入深さを位置検出器で検出することでスナップリング装着不良を検出するようにしている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかし、前記のような組付不良検出方法では、あくまでもスナップリングが組付けられている深さ位置を基準面から相対的に検知するものであるので、スナップリング組付け溝位置の加工上の誤差や、スナップリングの厚さのバラツキ等が累積された場合は、正確な検出ができないおそれがある。また、このような組付不良検出工程で一部でも不良が検出しきれないと、更にこのカバーを目視等で行なわねばならず、コストの増大やライントラブルを招くことになる。
【0006】本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、ワークの内径底部に組付けられたスナップリングが、組付け溝に対し嵌入しているかどうかを確実に検出できるスナップリング組付不良検出装置を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本発明による第1のスナップリング組付不良検出装置は、スナップリングが組付けられたワークを治具に取付け、該ワークに対してトルク検出ヘッドを進退自在に設けると共に、トルク検出出力を判定手段を介して判定表示するようにしたスナップリング組付不良検出装置において、上記トルク検出ヘッドは駆動手段により回転するトルク検出軸と、該軸に設けられるトルクメータと、トルク検出軸の一側に上記スナップリングの開口端部に係合してスナップリングを回転駆動させるプローブとで構成し、上記トルクメータによるトルク検出信号を上記判定手段に入力してトルク値を算定すると共に、該トルク値の大きさによりスナップリングの組付不良を検出するようにしたことを特徴とす構成としている。
【0008】第2のスナップリング組付不良検出装置は、判定手段が予め設定したトルク値と検出されたトルク値とを比較し、検出されたトルク値が設定トルク値を超える場合、組付不良と判定することを特徴とする構成としている。
【0009】第3のスナップリング組付不良検出装置は、プローブがスナップリングの外周に遊嵌して収容する収容凹部と、スナップリングの開口部外周凸部を収容する切欠き凹部とを端部に設けたことを特徴とする構成としている。
【0010】上記のようにスナッリング組付不良検出装置を構成したことにより、スナップリングの組付状態において、直接プローブをスナップリングに係合させてスナップリングを回転させる。このときのスナップリングの回転トルクがトルクメータで計測される。そしてこの信号は、判定手段に入力されてトルク値が演算され、表示部に表示されると共に、そのトルク値が所定値以下であればスナップリングは正常に組付けられていると判定され、OKランプを点灯させる。
【0011】また、判定手段に入力されて演算されたトルク値が所定値以上の大きなトルク値のときは、プローブの回転を直ちに停止させると共にスナップリングの組付は異常であると判定され、NGランプを点灯させる。
【0012】このように、本発明ではプローブを直接スナップリングの開口突起部に係合させて、その回転トルクに基づいて組付け良否を判定するようにしたので、より確実に組付け不良の検出が行え、目視等による作業の追加やライントラブルを解消することができる。
【0013】
【発明の実施の形態】以下に本発明の実施の形態について、図面に基づいて説明する。図1は本発明のスナップリング組付不良検出装置の全体構成を示す図であり、基台1にコラム2が直立に設けられ、その上部には上下方向の移動を案内する摺動ガイド21が一体に設けられている。基台1上には被検査物(以下単にワークと呼ぶ)を取付ける治具3が取付固定され、その上部にスナップリングの組付不良を検出する検出ヘッド4が対向して設けられている。そしてコラム2の上記摺動ガイド21部にヘッド支持部材45が取付けられ、その下側に設けられたシリンダ7により上下動可能となっている。
【0014】検出ヘッド4には、モータ46と駆動装置43を介して回転するトルク検出軸42と、その回転によりトルク信号を発するトルクメータ41が設けられている。そしてコラム2にはトルクメータ41からのトルク信号を入力する判定手段5と、その判定結果を表示する表示手段6が設けられている。
【0015】上記取付治具3は、図2に詳細を示すように、基台1に設けられたインローに治具3のボス部31を嵌合させて位置決めされ、ボルト32により固定されており、ボス部中心にはワークWAの軸部を嵌合するインロー部33が設けられ、その上部にはワークWAの軸部材W0 に組付けられたハブW3 を収容し、その外周歯部に係合してワークWAの回転を制止する係合部34と、上記歯部の端面を突き当てて高さ方向の位置決めをする基準面35とを有している。
【0016】上記検出ヘッド4のトルク検出軸42には、中央部にトルクメータ41が装着されており、その下端部にはスナップリングWに係合するプローブ40が設けられている。プローブ40は、ワークWAの軸部を収容するため中空状の円筒形状をなしており、ワークWAに挿入したとき歯付部材W5 の内周部や軸部材W0 との接触を回避するため、適度に隙間が生じるような外径40d及び内径40eに形成されている。
【0017】更に、プローブ40の下端部40aは、スナップリングWの外周に遊嵌して収容する収容凹部40cと、スナップリングWの開口部外周凸部Waを収容する切欠き凹部40bに形成されており、切欠き凹部40bの切欠き幅はスナップリングWの外周凸部Waが容易に係合できる大きさに形成されている。
【0018】また、上記トルクメータ41は公知のトルクメータが使用でき、例えば磁気を利用したトルクメータであり、トルクに応じた電気信号を出力するもので構成されている。そして、その出力信号は判定部5に入力される。
【0019】上記判定部5は、トルクメータ41からの信号に基づいて実トルクを演算すると共に、そのトルク値が予め設定された所定のトルク値より大きいかまたは小さいかを比較判定し、その結果を表示部6へ出力する。表示部6では、判定部5からのトルク値を表示すると共に、そのトルク値が所定のトルク値以下のときはOKランプを点灯し、所定のトルク値以上のときはNGランプを点灯するように構成されている。
【0020】次に、このように構成された本発明の作用について説明する。まづ、組立工程で図2のように組立られたワークWAは、スナップリング組付側を上にして取付治具3に取付られる。次に図示しない起動スイッチを作動させてトルク検出ヘッドを降下させ、プローブ40がスナップリングWを収容する位置で停止させる。そこでモータ46を起動させて、トルク検出軸42を比較的低速で回転させつつ下方に付勢し、プローブ40の切欠き凹部40bをスナップリングWの外周凸部Waに係合させて回転させ、そのときの回転トルクがトルクメータ41により計測される。
【0021】計測されたトルク信号により判定部5で実トルク値が求められると共に、そのトルク値と所定のトルク値とが比較され、その結果が所定値以下の場合はスナップリングWの組付けは正常であると判定され、表示部6にトルク値と共にOKランプが点灯する。また、大きなトルク信号が入力し実トルク値が所定値以上となった場合は、スナップリングWは組付け溝に対し正確に嵌合していない状態であり、この場合はモータ46の回転を直ちに停止させNGランプを点灯させる。そしてこの場合は、組付不良ワークWAに対して改修処置が施され、本検出装置も初期作業位置に復帰される。
【0022】
【発明の効果】以上説明したように、本発明のスナップリング組付不良検出装置は、ワークに組付けられたスナップリングを、トルクメータを備える検出軸により直接回転させ、そのときの回転抵抗即ちトルクの大きさにより、スナップリングの組付良否を判定するよう構成したので、スナップリングの組付け状態が確実に計測され、組付不良の検出を確実に行うことができる。従って、組付不良の流出による工数の増大やライントラブルが防止できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013