米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 株式会社大林組

発明の名称 廃棄物処分場およびその構築工法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−128266
公開日 平成10年(1998)5月19日
出願番号 特願平8−286853
出願日 平成8年(1996)10月29日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】松本 雅利
発明者 小谷 克己 / 嶽本 政宏
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 地盤の掘削や谷部の堰止めなどにより形成した凹部の内面に遮水層を設け、この遮水層上に廃棄物を投棄する廃棄物処分場において、前記遮水層は、上,下遮水層からなる二重構造であって、前記上,下遮水層間に給水した透水層を設け、前記透水層の水位と前記廃棄物の水位とを検出する水位センサを設置し、これらの水位センサの検出値に基づいて前記透水層の水位が前記廃棄物の水位よりも常時高くなるようにする制御装置を設けたことを特徴とする廃棄物処分場。
【請求項2】 前記遮水層は、遮水シートまたは遮水舗装からなることを特徴とする請求項1記載の廃棄物処分場。
【請求項3】 地盤の掘削や谷部の堰止めなどにより凹部を形成し、この凹部の内面に遮水層を形成した後に、この遮水層上に廃棄物を投棄する廃棄物処分場の構築工法において、前記遮水層は、上,下遮水層からなる二重構造であって、前記凹部の内面に下遮水層を形成した後に、この遮水層上に透水層を挟んで前記上遮水層を形成し、前記透水層の水位が前記廃棄物の水位よりも常時高くなるように給排水することを特徴とする廃棄物処分場の構築工法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、山間部などに構築される内陸型の廃棄物処分場およびその構築工法に関し、特に、その遮水性の改良技術に関するものである。
【0002】
【従来の技術】汚染土などの産業廃棄物や家庭廃棄物の埋立て処分場として、内陸型の処分場が知られており、この種の処分場には、山間の谷部を堰止めて遮水工を施した凹部を形成し、この凹部内に廃棄物を投棄する方式、あるいは、平地部を掘削して遮水工を施した凹部を形成し、この凹部内に廃棄物を投棄する方式がある。
【0003】このような方式の廃棄物処分場では、遮水工としては、例えば、凹部の内面に合成ゴムや合成樹脂製の遮水シートを敷設する方法や、鉄筋コンクリート製の地中連続壁を不透水層まで構築する方法などが採用されている。
【0004】ところが、このような従来の遮水工には、以下に説明する技術的な課題があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】すなわち、従来の遮水シートや地中連続壁の遮水性は、諸条件によっては、内部の汚染水の浸出を完全に止めることができず、極わずかづつではあるが、汚染水が浸出し、周辺の地下水を汚染するという問題があった。
【0006】このような汚染水の浸出は、外部の地下水位が低下し、内部の水位よりも小さくなると、より一層顕著になる。
【0007】本発明は、このような従来の問題点に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、外部の地下水位の変動にかかわらず、汚染水の浸出を防止することができる廃棄物処分場およびその構築工法を提供することにある。
【0008】また、別の目的として、汚染水の浸出が容易に検出することができる廃棄物処分場およびその構築工法を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明は、地盤の掘削や谷部の堰止めなどにより形成した凹部の内面に遮水層を設け、この遮水層上に廃棄物を投棄する廃棄物処分場において、前記遮水層は、上,下遮水層からなる二重構造であって、前記上,下遮水層間に給水した透水層を設け、前記透水層の水位と前記廃棄物の水位とを検出する水位センサを設置し、これらの水位センサの検出値に基づいて前記透水層の水位が前記廃棄物の水位よりも常時高くなるようにする制御装置を設けた。また、本発明では、地盤の掘削や谷部の堰止めなどにより凹部を形成し、この凹部の内面に遮水層を形成した後に、この遮水層上に廃棄物を投棄する廃棄物処分場の構築工法において、前記遮水層は、上,下遮水層からなる二重構造であって、前記凹部の内面に下遮水層を形成した後に、この遮水層上に透水層を挟んで前記上遮水層を形成し、前記透水層の水位が前記廃棄物の水位よりも常時高くなるように給排水するようにした。このように構成された廃棄物処分場およびその構築工法によれば、遮水層が二重構造になっているので、汚染水の浸出がし難い上に、透水層の水位が廃棄物の水位よりも常時高くなるように給排水するので、外部の地下水位が変動したとしても、廃棄物からの汚染水が下遮水層を通過して、外部に浸出することが防げる。また、透水層に給排水している水を検査することにより、汚染水の浸出の有無が簡単に判る。前記二重構造の遮水層は、遮水シートまたは遮水舗装から形成することができる。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の好適な実施の形態について、添付図面を参照にして詳細に説明する。図1は、本発明にかかる廃棄物処分場の一実施例を示している。同図に示す廃棄物処分場は、平地部に構築した内陸型のものであって、地盤を掘削することにより凹部10が形成されている。
【0011】この凹部10の内面には、全周にわたって遮水層12が形成されている。遮水層12は、アスファルト遮水舗装からなる二重構造の上,下遮水層12a,12bと、これらの層12a,12bに挟まれた透水層12cとから構成されている。
【0012】透水層12cは、例えば、砂や砕石あるいはプラスチック廃材などを砕いたものなどが用いられ、これらの材料を所定厚みに積み重ねたものであり、この透水層12cの斜面部分には、給排水用のパイプ12dが複数設けられている。
【0013】廃棄物14は、上遮水層12a上に順次投棄される。このような構造の廃棄物処分場では、透水層12cの水位が、廃棄物14の水位よりも常時高くなるように制御装置16によりコントロールされる。
【0014】制御装置16には、透水層12cの水位を検出する第1水位センサ16aと、廃棄物14の水位を検出する第2水位センサ16bとが接続されているとともに、透水層12cに設置されたパイプ12dに水を給排水する給水及び排水ポンプ16c,16dが接続されている。
【0015】制御装置16で行われる具体的な制御は、第1および第2水位センサ16a,16bの検出信号に基づいて、廃棄物14の水位が透水層12cよりも高い場合には、給水ポンプ16cを駆動して、パイプ12dに水を供給して、透水層12cの水位を上昇させる。
【0016】また、透水層12c水位が、廃棄物14の水位よりも高いが、両者の水位に大きな差がありすぎると、透水層12cから内部に水が侵入するので、このような場合には、排水ポンプ16dを駆動して、透水層12cから水を排出して、両者間の水位差を適正に保つことである。
【0017】透水層12cの水位をこのようにコントロールすると、外部の地下水位の変動にかかわらず、透水層12c側の水位が内部よりも高くなり、圧力差の関係から、廃棄物14側から汚染水が透水層12c側に浸出することを確実に防止することができる。
【0018】また、万一廃棄物14側から汚染水が浸出した場合にも、透水層12cに給排水している水を検査することにより、汚染水の浸出の有無が簡単に判り、その後の対策を迅速に行える。
【0019】次ぎに、上記構成の廃棄物処分場の構築工法について、図2から図4に基づいて説明する。廃棄物処分場の構築では、まず、図2に示すように、地盤中に凹部10が掘削形成される。
【0020】次いで、図3に示すように、この凹部10の全周にわたって、アスファルト舗装からなる下遮水層12bが形成される。下遮水層12b形成が終了すると、図4に示すように、その上面側に透水層12cが形成される。
【0021】そして、この透水層12cを形成する際に、斜面部分にパイプ12dと第1水位センサ16aとが適宜個所に埋設される。遮水層12cの形成が終了すると、その上面側にアスファルト舗装からなる上遮水層12aが形成される。
【0022】上遮水層12aの形成が完了すると、その内部側に順次廃棄物14が投棄される。この場合、廃棄物14の水位を検出する第2水位センサ16bも設置され、透水層12cの水位が、廃棄物14の水位よりも常時高くなるようにパイプ12dを介して、給排水が行われる。
【0023】さて、以上のように構成された廃棄物処分場およびその構築工法によれば、遮水層12が上下遮水層12a,12bの二重構造になっているので、大きな遮水効果替えられるとともに、透水層12cの水位が廃棄物14の水位よりも常時高くなるように給排水するので、外部の地下水位が変動したとしても、廃棄物14の汚染水が下遮水層12bを通過して、外部に浸出することを確実に防止することができる。
【0024】また、透水層12cに給排水している水を検査することにより、汚染水の浸出の有無が簡単に判る。なお、上記実施例では、上,下遮水層12a,12bをアスファルト製の遮水舗装で形成した場合を例示したが、本発明の実施は、これに限定されることはなく、これらを遮水シートで形成してもよい。
【0025】また、上記実施例では、本発明を平地部に構築した内陸型のものに適用した場合を例示したが、山間の谷部を堰止める形式の処分場にも適用できることは勿論である。
【0026】
【発明の効果】以上、実施例で詳細に説明したように、本発明にかかる廃棄物処分場およびその構築工法によれば、汚染水の外部浸出を確実に防止することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013