米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 日立ツール株式会社

発明の名称 テーパ溝加工用エンドミル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−225812
公開日 平成10年(1998)8月25日
出願番号 特願平9−41712
出願日 平成9年(1997)2月10日
代理人
発明者 井本 武志
要約 目的
テ−パ溝加工用エンドミルにおいて、深い溝であっても切削性を阻害することなく利用が可能な優れたテ−パ溝加工用エンドミルを提供することを目的とする。

構成
テ−パ溝加工用エンドミルにおいて、前記本体とシャンクとの間に、本体と略同等のテーパ角で、かつ本体との連接部分においては本体の直径の90%〜98%の値となる、円錐体の一部からなる首部より構成する。
特許請求の範囲
【請求項1】 多角形の断面をもち、多角形の各頂点が軸線方向に作る稜がねじれをなして先細のテ−パ角をもつ本体と、その先端に底刃と外周刃とを連設した切削刃部と、本体の他端にシャンクとを備えたテ−パ溝加工用エンドミルにおいて、前記本体とシャンクとの間に、本体と略同等のテーパ角で、かつ本体との連接部分においては本体の直径の90%〜98%の値となる、円錐体の一部からなる首部を設けたことを特徴とするテ−パ溝加工用エンドミル。
【請求項2】 請求項1記載のテ−パ溝加工用エンドミルにおいて、該首部の軸断面が本体から延伸する多角形の一部分を含むようにしたことを特徴とするテ−パ溝加工用エンドミル。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、樹脂製品、アルミニウムダイキャスト製品等のリブ溝やキャビティ部のテ−パ状断面の溝を成形する金型加工用のエンドミルに関する。
【0002】
【従来の技術】一般に樹脂金型、ダイキャスト金型のリブ成形部分であるテ−パ状断面溝等を切削加工する場合、テーパエンドミルが用いられる。しかし通常形状のテーパエンドミルは小径でかつ刃長の長いことを必要とするテーパ溝加工においては、切れ刃の剛性ないし強度が十分でなく、満足できない場合が多かった。これを改良したものに例えば実開平2−3317号に示されているテ−パ溝加工用エンドミル(以下、従来品という)があり、これは図1に示すように多角形の断面をもち、多角形の各頂点が軸線方向に作る稜が先細のテ−パ角をもつ本体と、その先端に底刃と外周刃とを連設したテーパエンドミルであって、テ−パ溝を加工する位置にわずかに切り込んで切削送りをかけ、これを繰返しながら切り込みを深くして溝を彫り込んでいくものである。
【0003】
【発明が解決しようとする問題点】しかしながら従来品においては、切削する溝の深さが深くなるほど溝幅拡張の役割を担う本体のテーパ部分が長い範囲にわたって被加工物と接触し、抵抗が増して損傷を生じるため、工具剛性が優れるとはいえ、先端径の10倍ないし12倍位の深さが切削可能な限界であった。本発明の目的は、上述の問題を解決するためになされたものであり、本体とシャンクとの間に首部を設け、かつその形状を工夫することにより、従来品以上に深い溝であっても切削性を阻害することなく、利用が可能な優れたテ−パ溝加工用エンドミルを提供するものである。
【0004】
【問題点を解決するための手段】上述の目的に沿うこの発明は前述問題点を解決するために、多角形の断面をもち、多角形の各頂点が軸線方向に作る稜がねじれをなして先細のテ−パ角をもつ本体と、その先端に底刃と外周刃とを連設した切削刃部と、本体の他端にシャンクとを備えたテ−パ溝加工用エンドミルにおいて、前記本体とシャンクとの間に、本体と略同等のテーパ角で、かつ本体との連接部分においては本体の直径の90%〜98%の値となる、円錐体の一部からなる首部を設けたものである。また、該首部の軸断面が本体から延伸する多角形の一部分を含むようにしたものである。
【0005】
【作用】本発明においては、本体とシャンクとの間に、本体と略同等のテーパ角で、かつ本体との連接部分においては本体の直径の90%〜98%の値となる円錐体の一部からなる首部を設けたから、深く切り込んでも本体の稜の長さ以上は被加工物と接触しないため、抵抗が過大になることがなく、首部に相当する長さを深く切削することができる。また、首部の直径は本体の直径よりわずかに細いが、断面が円形であれば断面積は多角形より大きくなるのが普通で、顕著な強度の低下はない。さらに首部は本体と略同等のテーパ角であるから、切削中に曲げ応力がもっとも大きくなる首部のシャンク側端では首部直径が最大になり、強度を維持することができる。
【0006】本発明品を用いて深いテーパ溝を加工する場合は、まず従来品を用いて先端径の8〜10倍位を彫り込み、そののち本発明品を用いて深さ方向に次ぎ足し切削を行なう。従って、先きの従来品による溝加工は、その溝幅を本発明品による削り代を見込んで決めておく。継ぎ目部分の段差が目立たなくなったら切削を終えるが、実際には数値設定をしておくのがよい。なおこの段差を目立たなくする手段として、先に用いる従来品よりもわずかにテーパ角の小さな本発明品を用いるとよい。溝深さがエンドミル先端径の20倍にも及ぶとき、あるいは本発明品による切り込みが比較的浅いときは、首部は円錐体の一部とした形状が、剛性に富み推奨できるが、15倍程度の場合などでは多角形断面の一部を含む形状としてもよい。この場合は多角形断面の本体を予め長く作り、そのシャンク側の一部を修正して直径を減じてもよい。
【0007】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明する。図2〜3は本発明の一実施例である本体1の軸直角断面が正六角形を呈するテーパ溝加工用エンドミルである。本体1は先端の切削刃部4に向かって徐々に細くなるように形成されている。切削刃部4は各々2刃の底刃と外周刃が本体1の稜5に重ねて対称に設けられている。本体1の大端径側には本体1と同じテーパ角の円錐体の一部からなる首部7がある。その延長にはシャンク6があって、図示しない回転切削機械主軸の先端にチャックを介して着脱自在に取り付けられて軸心まわりに矢印で示す方向に回転させられる。ここで先端の切削刃部4の小端径は2mm、本体基端までの長さは35mm、シャンクを含めた全長は70mmである。本体1および切削刃部4のねじれ角は左方向に10°、切削刃部4の軸方向長さは1mm、本体1の軸方向長さは15mmであって、首部7の長さは20mmである。また首部7は本体1と同じ片角1°で円形断面を有し、本体1との連接部において直径で0.2mmの段差を設けている。従って連接部における断面積は、本体1よりも首部7の方が凡そ2.5%大きくなる。
【0008】これを用いて深さ32mmのリブ溝を加工した。まず先端径2.5mmのエンドミルを用いて深さ18mmのテ−パ溝を切削し、次いで本発明品に交換して切削を継続した。このときテーパ角は片角1°であるから、先きの切削で上端の幅を2.5mmにして、これに繋げれば32mm深さが得られるのである。このようにして従来不可能とされた深溝であっても、切削による成形が可能となったのである。なお図4〜5は、首部を多角形断面の一部を含む形状とした場合の例を示す。
【0009】
【発明の効果】本発明によれば、本体とシャンクとの間に首部を設け、かつその形状を工夫することにより、極めて深い溝であっても切削性を阻害することなく、従来品と組み合わせて利用が可能な優れたテ−パ溝加工用エンドミルを得ることができたのである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013