米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 日立ツール株式会社

発明の名称 エンドミル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−113814
公開日 平成10年(1998)5月6日
出願番号 特願平8−289078
出願日 平成8年(1996)10月11日
代理人
発明者 岡西 良祐 / 吉年 成恭 / 紺谷 康夫
要約 目的
本体部分と切れ刃部分とを極力同様の損傷で廃棄できるようにして、工具寿命を長めることと工具コストとを両立させたテ−パ溝加工用エンドミルを提供する。工具寿命を長めることと工具コストとを両立させた、金型製造産業における加工技術利用分野に益する優れたテ−パ溝加工用エンドミルを提供するものである。

構成
テ−パ溝の加工に用いるエンドミルであって、多角形の断面をもち、多角形の各頂点が軸線方向に作る稜が先細のテ−パ角をもつ本体と、その先端に底刃と外周刃とを連設したテ−パエンドミルであり、エンドミルの軸方向に、その先端から少なくとも先端径の1/2以上に渡ってCBN焼結体を用いる。
特許請求の範囲
【請求項1】 テ−パ溝の加工に用いるエンドミルであって、多角形の断面をもち、多角形の各頂点が軸線方向に作る稜が先細のテ−パ角をもつ本体と、その先端に底刃と外周刃とを連設したテ−パエンドミルであり、エンドミルの軸方向に、その先端から少なくとも先端径の1/2以上に渡ってCBN焼結体を用いたことを特徴とするテ−パ溝加工用エンドミル。
【請求項2】 請求項1記載のテ−パ溝加工用エンドミルにおいて、先細のテ−パ角をもつ軸線方向の稜を、本体とその先端に位置する外周刃とに渡って、同じリードでスパイラル状にねじれを形成したことを特徴とするテ−パ溝加工用エンドミル。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、樹脂製品、アルミニウムダイキャスト製品等のリブ溝やキャビティ部のテ−パ状断面溝を成形する金型加工用のエンドミルに関する。
【0002】
【従来の技術】一般に樹脂、アルミニウムダイキャスト用金型のリブ成形部分用テ−パ状断面溝(略称リブ溝)等を切削加工する場合、テーパエンドミルが用いられる。これは小径でかつ刃長の長いことを特徴とするテーパエンドミルにおいては、切れ刃の剛性ないし強度が十分でなく、満足できない場合が多かった。これを改良したものに例えば実開平2−3317号に示されているテ−パ溝加工用エンドミル(以下、従来品という)があり、これは多角形の断面をもち、多角形の各頂点が軸線方向に作る稜が先細のテ−パ角をもつ本体と、その先端に底刃と外周刃とを連設したエンドミルである。
【0003】
【発明が解決しようとする問題点】しかしながら、従来品においては、切れ刃が本体の先端に連接した微小部分のみであって、これを用いた切削は、切れ刃部分で例えば0.01〜0.15mmなどわずかの量を切り込んで、長手方向に切削し、次いで再び切り込んで長手方向に切削するという工程で行う。従って、切れ刃部分は長時間くり返し切削作用を行うことになり、溝幅拡張の役割を担う本体部分に比べて損傷が進みやすく、工具寿命を決定づける要因となっていた。
【0004】
【本発明の目的】本発明の目的は、上述の問題を解決するためになされたものであり、本体部分と切れ刃部分とを極力同様の損傷で廃棄できるようにして、工具寿命を長めることと工具コストとを両立させたテ−パ溝加工用エンドミルを提供する。
【0005】
【問題点を解決するための手段】前述課題を解決するために、テ−パ溝の加工に用いるエンドミルであって、多角形の断面をもち、多角形の各頂点が軸線方向に作る稜が先細のテ−パ角をもつ本体と、その先端に底刃と外周刃とを連設したテ−パエンドミルであり、エンドミルの軸方向に、その先端から少なくとも先端径の1/2以上に渡ってCBN焼結体を用いたものである。また、その、先細のテ−パ角をもつ軸線方向の稜を、本体とその先端に位置する外周刃とに渡って、同じリードでスパイラル状にねじれを形成したという技術的手段を講じたものである。
【0006】
【作用】本発明においてはエンドミルの軸方向に、その先端から少なくとも先端径の1/2以上に渡って、おおよそ切れ刃に当る部分を、超硬質で耐摩耗性のきわめて優れたCBNを含有するCBN焼結体を用いてあるから、先端切れ刃の摩耗や損傷の進行が低減され、使用できる時間が飛躍的に増大する効果を得る。以上のように、CBN焼結体は必要以上に長いものを用いなくてよいが、エンドミルの寸法により、または優れた工作技術により使用後のエンドミルを再研削できる場合はCBN焼結体部分を長くしておくことが廃棄までの使用時間が長くでき、便宜がある。また、本発明において、その正多角形の頂によってなす軸線上の各稜はスパイラル状にねじれを形成してあるから、先端切れ刃による切削作用と本体によるテーパ溝の拡張作用との間に時間差が生じ、切削抵抗が時間的に分散して平均化され安定した切削が可能となる。ここで、本体と先端切れ刃とは連続したスパイラル状にねじれを形成すればよく、従って、本体となる工具材料とCBN焼結体部分とは1挙動で形成できるのである。
【0007】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明する。図1〜図5には本発明の実施例である軸直角断面が正六角形を呈するエンドミルである。図1で、テ−パ状をなす本体1は先端切れ刃2に向かって徐々に細くなるように形成されている。本体1の他端側にはシャンク3がある。先端切れ刃2の小端径は2mm、本体基端までの長さは20mm、シャンクを含めた全長は55mmである。図3〜図5には、本発明の他の実施例で、本体および先端切れ刃のねじれ角を左方向に10°設けた例である。ここで、図4に示すように先端切れ刃2の軸方向長さは1mm、CBN焼結体部4の軸方向長さは1.8mmであって、本体1をなす超硬合金と接合されている。先端切れ刃2は稜線先端の回転中心対称位置に2個所に設けている。また、図5には図3に示す本体1の軸直角断面を示す。
【0008】これを同サイズで、超硬合金のみで構成された類似形状のテ−パ溝加工用エンドミルと金型材の切削において使用可能時間を比較したところ、5倍以上の工具寿命を得た。実施例においては切れ刃および本体の損傷は総じて違わず、わずかに切れ刃コ−ナに摩滅が認められる程度であった。比較品は切れ刃コーナ部の摩耗が激しく早期に切削継続不能となっている。このように本発明による効果は顕著なものがある。
【0009】
【発明の効果】本発明によれば、切れ刃の損傷が著しく軽減された結果、本体部分と切れ刃部分との損傷が同等程度で廃棄できるようになって、工具寿命を長めることができたとともに、工具コストへの負担は微小なCBN焼結体部チップで済み、加工に益する優れたテ−パ溝加工用エンドミルを提供するものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013