Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
ハンマードリル - 大肯精密株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 大肯精密株式会社

発明の名称 ハンマードリル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−156757
公開日 平成10年(1998)6月16日
出願番号 特願平8−322666
出願日 平成8年(1996)12月3日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】三觜 晃司
発明者 大川 増敏 / 曽木 忠幸 / 中村 隆一
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマーとハンマー受けの衝突部位及びハンマー受けのドリルロッド装着孔の端部に、衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置したことを特徴とするハンマードリル【請求項2】 作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマーとハンマー受けを、衝撃による火花を発生しない材質により構成したことを特徴とするハンマードリル【請求項3】 作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマーを衝撃による火花を発生しない材質により構成すると共に、ハンマー受けにおいて、ハンマーとの衝突部位とドリルロッド装着孔の端部に、衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置したことを特徴とするハンマードリル【請求項4】 作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマー受けを衝撃による火花を発生しない材質により構成すると共に、ハンマーにおいて、ハンマー受けとの衝突部位に、衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置したことを特徴とするハンマードリル【請求項5】 衝撃による火花を発生しない材質は、ベリリウム銅合金であることを特徴とする請求項1,2,3又は4記載のハンマードリル【請求項6】 衝撃による火花を発生しない材質は、強化プラスチックであることを特徴とする請求項1,2,3又は4記載のハンマードリル
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明はコンクリート等を破砕するためのハンマードリル、特に、可燃性ガスの漏洩個所において使用するハンマードリルに関するものである。
【0002】
【従来の技術】ハンマードリルは、作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動される自由動ピストンとしてのハンマーを設けて構成されている。この構成では、ハンマーは打撃機構により駆動されてハンマー受けに衝突して跳ね返り、再び打撃機構に駆動されることを繰り返すことにより、ハンマー受けを介してドリルロッドに継続的に打撃作用を与える。尚、打撃機構は、例えば、電動機の回転運動をカム機構やクランク機構により往復運動に変換して作動筒内に設けた駆動ピストンを往復動させる構成や、空気圧機構を用いた構成等がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来のハンマードリルにおける打撃部分、即ちハンマー受け及びハンマーの材質は、焼き入れ処理を施した鋼を使用しているため、これらの衝突により火花を発生する危険性がある。そこで本発明は、このような課題を解決することを目的とするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】上述したか第を解決するために、本発明では、まず、作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマーとハンマー受けの衝突部位及びハンマー受けのドリルロッド装着孔の端部に、衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置したハンマードリルを提案する。
【0005】また本発明では、他の構成として、作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマーとハンマー受けを、衝撃による火花を発生しない材質により構成したハンマードリルを提案する。
【0006】また本発明では、更に他の構成として、作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマーを衝撃による火花を発生しない材質により構成すると共に、ハンマー受けにおいて、ハンマーとの衝突部位とドリルロッド装着孔の端部に、衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置したハンマードリルを提案する。
【0007】また本発明では、更に他の構成として、作動筒の先端側にドリルロッドを嵌合するハンマー受けを設けると共に、作動筒内に打撃機構により駆動されるハンマーを設けたハンマードリルにおいて、ハンマー受けを衝撃による火花を発生しない材質により構成すると共に、ハンマーにおいて、ハンマー受けとの衝突部位に、衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置したハンマードリルを提案する。
【0008】そして本発明では、上記の構成において、衝撃による火花を発生しない材質としては、ベリリウム銅合金や、強化プラスチックを使用することを提案する。
【0009】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を、図1を参照して説明すると、まず、図1はハンマードリルの打撃部分を模式的に表したもので、符号1は作動筒、2は作動筒1の先端側に設けたハンマー受けで、このハンマー受け2は、作動筒1の先端に、あるストロークで移動可能に支持しており、その先端側にはドリルロッド3を嵌合するドリルロッド装着孔4を設けている。ドリルロッド3とドリルロッド装着孔4は、例えば六角形状の嵌合により装着するように構成しているが、このような嵌合による装着機構は、工具の装着に通常利用されている機構である。
【0010】符号5はハンマー受け2に打撃作用を与えるハンマーとしてのハンマーであり、このハンマー5を作動筒1内に設けると共に、この移動ストローク内に打撃機構を構成する。打撃機構は図示を省略しているが、従来のハンマードリルにおいて利用されている機構を適宜に利用することができる。例えば、打撃機構は、上述したように、電動機の回転運動をカム機構やクランク機構により往復運動に変換して作動筒内に設けた駆動ピストンを往復動させる構成や、空気圧機構を用いた構成を適用することができる。
【0011】以上の構成において、図1の実施の態様では、ハンマー5とハンマー受け2の衝突部位及びハンマー受け2のドリルロッド装着孔4の端部に、衝撃による火花を発生しない材質の部材6a,6b,6cを設置している。これらの部材6a,6b,6cは、衝撃による火花を発生しない材質として知られているベリリウム銅合金や強化プラスチック等を板状等に形成して、溶接や接着等の適宜の固着手段により設置することができる。
【0012】以上の構成とすることにより、ハンマー5とハンマー受け2の衝突部位は、衝撃による火花を発生しない材質の部材6a,6bであるので、この部分における衝撃による火花の発生を防止することができる。またハンマードリル使用中においてドリルロッド3が衝突するドリルロッド装着孔4の端部個所にも、衝撃による火花を発生しない材質の部材6cがあるため、この部分における衝撃による火花の発生を防止することができる。
【0013】以上の発明の実施の形態では、ハンマー5とハンマー受け2に、本体とは別の部材として衝撃による火花を発生しない材質の部材6a,6b,6cを設置しているが、ハンマー5及びハンマー受け2自体を衝撃による火花を発生しない材質により構成すれば、別の部材としての衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置する必要がなくなる。
【0014】またハンマー5とハンマー受け2の、いずれか一方を衝撃による火花を発生しない材質により構成し、他方の衝突部位に別の部材としての衝撃による火花を発生しない材質の部材を設置することもできる。
【0015】
【発明の効果】本発明は以上のとおりであるので、打撃部分からの火花の発生を効果的に防止することができ、従ってガス漏洩個所における作業等においても安全が確立されるという効果がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013