米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> ダイキン工業株式会社

発明の名称 空気清浄機のイオン化部
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−5623
公開日 平成10年(1998)1月13日
出願番号 特願平8−162112
出願日 平成8年(1996)6月21日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】亀井 弘勝 (外1名)
発明者 井口 勝己 / 榎田 達海 / 河内山 泰彦
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】複数のイオン化線(52)とこれらイオン化線(52)をそれぞれ挟んで対向された各一対の対向極板(53a,53b) とを備え、通気流(K) 中の塵埃をイオン化する、空気清浄機(1) のイオン化部(5) において、上記イオン化線(52)及び対向極板(53a,53b) を保持した樹脂枠(51)を備え、この樹脂枠(51)は、各イオン化線(52)の通気流(K) 方向上流側でイオン化線(52)と平行して横方向に延びるイオン化線保護用の横枠(57)を有しており、この横枠(57)と一体に、イオン化線(52)の周囲の一部を取り囲むイオン化線振動防止用のリブ(59)が形成されていることを特徴とする空気清浄機(1) のイオン化部(5) 。
【請求項2】上記樹脂枠(51)は、上記各横枠(57)と交差して対向極板(53a,53b) を横断する複数の縦枠(58)を有し、上記横枠(57)に形成されたリブ(59)は、縦枠(58)と横枠(57)との交差部分(C) を回避した位置に配置されていることを特徴とする請求項1記載の空気清浄機(1) のイオン化部(5) 。
【請求項3】上記横枠(57)に形成されたリブ(59)は、隣接する縦枠(58,58) 同士間の中央位置に配置されていることを特徴とする請求項2記載の空気清浄機(1) のイオン化部(5) 。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】空気中の塵埃等を除去する空気清浄機に用いられて、塵埃をイオン化する空気清浄機のイオン化部に関する。
【0002】
【従来の技術及び発明が解決しようとする課題】従来より、電気集塵方式の空気清浄機がある。この種の空気清浄機では、通気流中の塵埃にイオン化部でイオンシャワーを浴びせてイオン化させ、イオン化した塵埃を集塵部に吸着するようにしている。上記のイオン化部は、複数の長尺のイオン化線と、これらのイオン化線をそれぞれ挟んで対向する各一対の対向極板とを有している。
【0003】ところで、イオン化線は非常に細いものであり、引っ張りコイルばねによって所定の張力を付与された状態で両端が支持されていることから、イオン化線には、対向極板間の中央位置に維持しようとするばね力が働いている。このようなイオン化線に微振動が生じて、一旦、対向極板間の中央からずれると、このずれによりイオン化線が近づいた側の対向極板が、他方の対向極板よりもより強くイオン化線を電気的に吸引することになる。即ち、イオン化線が一旦振動を起こすと、各対向極板への吸引力を交互に強く受けることになるため、振動が助長されて収まり難く、また、長期にわたって振動が持続する傾向にある。このような振動による騒音はユーザにとって耳触りであるし、また、振動音を聞いたユーザが異常が発生したと勘違いするおそれもある。
【0004】そこで、従来、複数のイオン化線が張設されフレームに、各イオン化線を横断するサポートを取り付け、このサポートにより各イオン化線の中途部を支持することにより、振動を防止するようにした電気集塵装置が提供されている(特開平2−164466号公報参照)。しかしながら、上記サポートは、フレームと別体に設けられており、フレームに対して取付固定するようにしていたので、部品コスト及び組立コストの増大を通じて製造コストが高くなるという問題があった。また、サポートの取付が不確実であると、サポート自体ががたつくおそれもあり、そうなると、振動防止の効果があまり期待できなくなってしまう。
【0005】また、上記のサポートは各イオン化線の振動を防止するべくイオン化線に近接する部分を有しており、しかも、上記サポートは、イオン化線に平行配置されている各対向極板を横断することになるので、イオン化線からサポートの沿面を辿って対向極板へ至る沿面距離が短くなる傾向にあった。このため、沿面放電するおそれがあった。
【0006】そこで、本発明の第1の課題は、製造コストが安く且つイオン化線の振動防止が確実な空気清浄機のイオン化部を提供することである。また、本発明の第2の課題は、イオン化線の振動防止を図りつつ沿面放電を抑制できる空気清浄機のイオン化部を提供することである。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、請求項1記載の空気清浄機のイオン化部は、複数のイオン化線とこれらイオン化線をそれぞれ挟んで対向された各一対の対向極板とを備え、通気流中の塵埃をイオン化する、空気清浄機のイオン化部において、上記イオン化線及び対向極板を保持した樹脂枠を備え、この樹脂枠は、各イオン化線の通気流方向上流側でイオン化線と平行して横方向に延びるイオン化線保護用の横枠を有しており、この横枠と一体に、イオン化線の周囲の一部を取り囲むイオン化線振動防止用のリブが形成されていることを特徴とするものである。
【0008】上記構成では、樹脂枠のイオン化線保護用の横枠に、イオン化線振動防止用のリブを一体に形成したので、上記リブを樹脂枠と別体に設けて横枠に取り付ける場合と比較して、製造コストを安価にできる。また、上記リブと横枠との間に取付に関する問題が生じず、リブによる振動防止が確実である。また、請求項2記載の空気清浄機のイオン化部は、上記樹脂枠は、上記各横枠と交差して対向極板を横断する複数の縦枠を有し、上記横枠に形成されたリブは、縦枠と横枠との交差部分を回避した位置に配置されていることを特徴とするものである。
【0009】上記構成では、上記の縦枠が対向極板を横断しているので、対向極板に近接している。仮に、縦枠と横枠との交差部に、上記リブを設けた場合には、このリブと対向極板との間の沿面距離が短くなり、沿面放電を生ずるおそれがある。これに対して、本発明では、上記交差部を回避した位置にリブを配置したので、所定の沿面距離を確保でき、沿面放電の発生を抑制することができる。
【0010】また、請求項3記載の空気清浄機のイオン化部は、上記横枠に形成されたリブは、隣接する縦枠同士間の中央位置に配置されていることを特徴とするものである。上記構成では、対向極板と近接する縦枠から、最も距離を離した位置に、リブが配置されることになり、沿面距離を最も長く確保でき、沿面放電の発生を確実に防止することができる。
【0011】
【発明の実施の形態】以下、添付図面を参照して、本発明の実施形態について説明する。図1は本発明の一実施形態に係るイオン化部を含む空気清浄機の分解斜視図であり、同図を参照して、本空気清浄機1では、空気清浄機本体2の最前面に、吸込グリル3を配置しており、この吸込グリル3を通して空気清浄機本体2内へ空気を吸い込むようにしている。
【0012】空気清浄機本体2の前面2aには、凹部2bが形成されており、この凹部2b内に、比較的大きなごみや塵を除去するためのプレフィルタ4と、汚れの粒子を帯電させるために放電を行うイオン化部5と、集塵部としてのロールフィルタ6aが収容されたフィルタケース6とが収容されるようになっている。上記凹部2bの略中央部には、開口が形成されており、この開口から、ベースパネル13側に取り付けられ且つ室内空気をロールフィルタ6aに循環させる送風ファン7が露出している。吸込グリル3から吸い込まれた室内空気は、プレフィルタ4、イオン化部5、ロールフィルタ6a及び送風ファン7を通って浄化された後、空気清浄機本体2の上部に設けられた吹き出しルーバ8から吹き出される。Mは送付ファン7を回転駆動するファンモータである。また、Pは電源プラグである。本実施形態では、集塵部としてロールフィルタ6aを用いているが、これに代えて、集塵極板と接地極板とを対向させた電気集塵部を用いることができる。
【0013】空気清浄機本体2の前面2aは、前面パネル9により構成されており、この前面パネル9に、上記凹部2bが形成されている。また、前面パネル9の下部は、各種操作スイッチや各種表示部を備えた操作表示パネル10を構成している。空気清浄機本体2は、上記前面パネル9をベースパネル13と組み合わせて構成されている。
【0014】この操作表示パネル10の一端部には、給気口11が開口されており、この給気口11を通して室内空気が汚れ検知センサとしての粉塵検知センサ12に供給されるようになっている。粉塵検知センサ12を通過した空気は、送風ファン7の運転中は、送風ファン7を通過する第1経路R1を介して吹き出しルーバ8から排出されるようになっており、送風ファン7の停止中は、図示しないP板収容室を通過する第2経路R2を介して、空気清浄機本体2の上部に設けられた排気口14から機外へ放出されるようになっている。
【0015】図2は上記イオン化部5の正面図であり、図3は対向極板体を取り外した状態のイオン化部5の正面図であり、図4はイオン化部5の背面図であり、図5は図4のV−V線に沿う断面図であり、図6はイオン化部5の要部を背面側から見た一部破断斜視図である。これらの図を参照しつつ、イオン化部5について説明する。まず、図2及び図4を参照して、イオン化部5は、全体が一体成形された格子状の樹脂枠51と、この樹脂枠51に固定された金属板(図示せず)及び引っ張りコイルばねSを介して樹脂枠51に取り付けられた複数のイオン化線52と、樹脂枠51に固定された対向極板体53とを備えている。
【0016】図2を参照して、上記対向極板体53は、平板に複数平行に形成した長尺の開口53cを有し、この開口53cの両縁部に対となる対向極板53a,53bを折り曲げ形成してある。隣接する対間で、隣接する対向極板53a,53b同士は、ウェブ54により連結され、図5及び図6に示すように断面コ字形部55となっている。また、図2を参照して、対向極板体53は両端の平板部53dを、樹脂枠51のフック60に挟むことにより、樹脂枠51に取り付けられるようになっている。
【0017】図2、図4及び図6を参照して、樹脂枠51は、上記の断面コ字形部55の内側に各対向極板53a,53bにそれぞれ沿うようにして入り込んだ各一対の第1の横枠56と、対となる対向極板53a,53b間で、各イオン化線52の通気流K方向上流側でイオン化線52と平行して延びる、イオン化線保護用の横枠としての第2の横枠57と、これらの横枠56,57を横断する複数の縦枠58とを有している。
【0018】図5及び図6を参照して、この縦枠58は、対となる第1の横枠56間を直交連結する平板部分58aと、第2の横枠57とこれに隣接する平板部分58aとを連結する一対のクランク状部分58b,58cとを含んでいる。一対のクランク状部分58b,58cは、互いに対称な形状をしている。上記第2の横枠57は、イオン化線52の前方側(通気流K方向上流側)に配置されて、イオン化線52に異物等が接触するのを防止するためのものであるが、第2の横枠57が通気抵抗を極力増大させないように、複数のスリット57aが形成されている。
【0019】また、図4、図5及び図6を参照して、この第2の横枠57には、イオン化線52を取り囲んでイオン化線52の振動を防止する、断面コ字形形状のリブ59が一体に形成されている。このリブ59を配置する位置としては、当該第2の横枠57と縦枠58との交差部分Cから距離を離した位置に配置することが、対向極板53a,53bへの沿面距離(図6において沿面放電の際の経路Eを一点鎖線で示す)を稼ぐうえで好ましく、本実施形態のように隣接する縦枠58,58同士間の中央位置に配置することが最も好ましい。
【0020】これは、下記の理由による。即ち、縦枠58は対向極板53a,53bと近接する状態で対向極板53a,53bを縦断しているので、仮に、上記交差部分Cにリブ59を配置した場合、対向極板53a,53bとの間の沿面距離が非常に短くなり、沿面放電をするおそれがある。したがって、沿面放電を防止するためには、リブ59を縦枠58からの距離をできるだけ離して配置することが好ましいからである。
【0021】本実施形態では、イオン化線保護のための第2の横枠57に、イオン化線振動防止用のリブ59を一体に形成したので、このリブ59を樹脂枠51と別体に設けて、これを樹脂枠51に取り付ける場合と比較して、製造コストを安価にできる。また、上記リブ59の取り付けガタ等の問題が生じず、リブ59による振動防止が確実である。
【0022】しかも、リブ59を、対向極板53a,53bに近接する縦枠58から距離を離したので、リブと対向極板との間で、所定の沿面距離を確保でき、沿面放電の発生を抑制することができる。なお、本発明は上記実施形態に限定されるものではなく、例えば、上記実施形態では、リブ59を隣接する縦枠58,58間の中央位置に配置したが、これに限らず、リブ59は対向極板53a,53bとの間に所定の沿面距離を確保できれる範囲で、何れか一方の縦枠58側に偏らせて配置しても良い。即ち、リブ59と対向極板53a,53bとの間に所定の沿面距離を確保できれば十分であるので、リブ59の主たる役割である振動防止のためにより有効な位置に配置することが好ましい。
【0023】また、リブ59は複数配置しても良い。リブ59の形状としては、U字形形状状、Ω字形形状その他の形状を採用することができる。
【0024】
【発明の効果】請求項1記載の発明では、樹脂枠のイオン化線保護用の横枠に、イオン化線振動防止用のリブを一体に形成したので、上記リブを樹脂枠と別体に設けて横枠に取り付ける場合と比較して、製造コストを安価にできる。また、上記リブと横枠との間に取付に関する問題が生じず、リブによる振動防止が確実である。
【0025】また、請求項2記載の発明では、対向極板を横断してこれに近接する縦枠と交差する交差部に、リブが配置されないようにしたので、リブと対向極板との間で、所定の沿面距離を確保でき、沿面放電の発生を抑制することができる。また、請求項3記載の発明では、対向極板と近接する縦枠から、最も距離を離した位置に、リブが配置されることになり、沿面距離を最も長く確保でき、沿面放電の発生を確実に防止することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013