米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 京セラ株式会社

発明の名称 多孔質分離膜及びその製造方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−323547
公開日 平成10年(1998)12月8日
出願番号 特願平9−134872
出願日 平成9年(1997)5月26日
代理人
発明者 大嶋 仁英 / 積 洋二
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】シリコンアルコキシドと、フェニル基を有するシリコンアルコキシドとをアルコール溶媒中で複合化し、該複合アルコキシドを加水分解して得た前駆体ゾルの焼成体から成り、該焼成体に前記前駆体ゾルの作製時に導入したフェニル基の30重量%以上が、該フェニル基を含有する有機物として残留していることを特徴とする多孔質分離膜。
【請求項2】部分加水分解したシリコンアルコキシドと、Si原子に直接結合した1乃至2個のフェニル基を有するシリコンアルコキシドをモル比で95対5から30対70の範囲内でアルコール溶媒中で複合化し、得られた複合アルコキシドを加水分解して前駆体ゾルを作製した後、該前駆体ゾルを無機多孔質支持体に塗布して乾燥し、次いで300〜600℃の温度で焼成することを特徴とする多孔質分離膜の製造方法。
【請求項3】前記複合アルコキシドを加水分解する際、全アルコキシドに対して1〜10倍モル量の水を添加することを特徴とする請求項2に記載の多孔質分離膜の製造方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、各種気体混合物の混合流体から特定成分を分離するに際して透過率及び透過係数比の両方の特性に優れ、薄膜化が容易な多孔質分離膜及びその製造方法に関するもので、とりわけ大気中や各種燃焼排気ガスあるいは反応ガス中から二酸化炭素(CO2 )や酸素(O2 )を分離する、特に高温の二酸化炭素(CO2 )を優先的に分離する耐熱性に優れた気体用分離膜に好適なシリカ質の多孔質分離膜及びその製造方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来より、各種気体混合物の混合流体から特定成分を濾過分離する薄膜や、触媒等の機能性材料用担体、更には電解隔壁、各種充填材等には有機材料をはじめとする各種材料から成る多孔質体が用いられてきた。
【0003】しかしながら、前記多孔質体に対する耐熱性や耐薬品性、耐衝撃性、耐摩耗性等の耐久性の要求が更に高くなるにつれ、機械的及び熱的、化学的安定性により優れた各種無機多孔質体が特に注目されるようになり種々検討されている。
【0004】その結果、前記無機多孔質体を各種用途に適用した場合、その性能は無機多孔質体を形成するのに用いた材料自体が有する細孔径や細孔容積、細孔径分布、特定の物質との親和性、反応性等の特性に大きく影響されることが明らかとなってきた。
【0005】そこで前記無機多孔質体の要求性能を実現する方法として、例えばシリカ質の膜はゾルゲル法やCVD法、水熱合成法等の各種製造方法が採用できるが、なかでも金属アルコキシドを原料とするゾルゲル法は高価な製造装置を必要とせず、比較的容易に無機多孔質体を製造できることから多くの研究が成されている。
【0006】しかしながら、前記無機多孔質体は、例えば多孔質膜を用いた気体分離の分野では安全かつ簡便なことからその適用範囲が拡がり、特定のガス成分の分離濃縮技術は各種燃焼機関をはじめ、食品工業や医療用機器、更には廃棄物処理等の分野でも注目されているが、特定のガス成分の分離を目的に、無機多孔質体の細孔径を制御するだけでは安定した大きな分離効率は得られず、前記産業分野の諸要求を完全には満足していない。
【0007】かかる諸要求を満足するために、例えば多孔質ガラス表面に特定のシランカップリング剤を反応させたり、あるいは更にアミノ化合物等の塩基性化合物を反応させた、透過率が大きく、高い選択性を有する多孔質気体分離膜や、芳香族環上の水素の一部が特定のポリオルガノシロキサン鎖で置換された構造を有するポリスルホン系グラフト共重合体より成り、とりわけ酸素(O2 )及び二酸化炭素(CO2 )の分離性に優れた分離膜等、有機無機複合膜が提案されている(特開平1−90015号公報、特公平6−92483号公報参照)。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記分離膜はいずれも室温から数十℃の比較的低温で反応させて有機官能基を含有する有機無機複合膜を形成したものであるため、前記反応温度以下の比較的低温度域での混合流体から特定成分を分離するには優れた特性を発揮するものの、例えば各種燃焼排気ガスあるいは反応ガス等、100℃以上の環境での高温の二酸化炭素(CO2 )の分離回収等では、シリコン−アルキル基結合が酸化されてシロキサン結合の再配列が起こる等、高温により微細孔構造が変質してしまう結果、安定したガス分離特性が得られなくなるという課題があった。
【0009】
【発明の目的】本発明は前記課題に鑑み成されたもので、その目的は、各種気体混合物の混合流体から特定成分を分離するに際して、透過率及び透過係数比の両方の特性に優れ、薄膜化が容易で、とりわけ大気中や各種燃焼排気ガスあるいは反応ガス中から二酸化炭素(CO2 )や酸素(O2 )を分離する、特に高温の二酸化炭素(CO2 )を優先的に分離する耐熱性に優れた気体用分離膜に好適なシリカ質の多孔質分離膜及びその製造方法を提供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明者等は、前記課題に対して鋭意研究を重ねた結果、一般式が【0011】
【化1】

【0012】で表される部分加水分解したシリコンアルコキシドと、一般式が【0013】
【化2】

【0014】で表されるフェニル基を有するシリコンアルコキシドとの複合アルコキシドを加水分解して作製した前駆体ゾルを、一定条件で焼成し、Siの側鎖にフェニル基を含む有機物が結合したシロキサン結合を有する焼成体とすることにより、従来より分離膜としての諸特性が上回ることを見いだした。
【0015】即ち、本発明の多孔質分離膜は、シリコン(Si)の側鎖にフェニル基が結合したシロキサン結合を有する、一般式が【0016】
【化1】

【0017】で表される部分加水分解したシリコンアルコキシドと一般式が【0018】
【化2】

【0019】で表されるフェニル基を有するシリコンアルコキシドとの複合アルコキシドから作製した前駆体ゾルの焼成体で、該焼成体に前記前駆体ゾルの作製時に導入したフェニル基の30重量%以上が、該フェニル基を含有する有機物として残留していることを特徴とするものである。
【0020】また、その製造方法は、アルコール溶媒中で部分加水分解したシリコンアルコキシドと、Si原子に直接結合した1乃至2個のフェニル基を有するシリコンアルコキシドを、モル比で95対5から30対70の範囲内で複合化し、得られた複合アルコキシドを加水分解して前記前駆体ゾルとし、それを無機多孔質体に塗布して乾燥後、300〜600℃の温度で焼成することを特徴とするものである。
【0021】特に、全アルコキシドに対して1〜10倍モル量の水で加水分解して前記前駆体ゾルを得ることがより望ましいものである。
【0022】
【作用】本発明の多孔質分離膜及びその製造方法によれば、部分加水分解したシリコンアルコキシドと、フェニル基を有するシリコンアルコキシドとの複合アルコキシドを加水分解した前駆体ゾルの焼成体で、該焼成体はフェニル基を含む有機物が均一に分散したシロキサン結合を有するものであること、即ち、多孔質分離膜の形成時に600℃までの高温で熱処理してもフェニル基を含む有機物が膜中に残存することから、大気中または各種燃焼排気ガスや反応ガス中から、100℃以上の高温の二酸化炭素を優先的に分離できると共に、耐熱性の高い分離膜となる。
【0023】また、300〜600℃での熱処理により、アルコキシル基はほとんど焼失するがフェニル基はその大部分が残存するため、特に、フェニル基は電子供与性の強い有機官能基のために極性分子のCO2 と親和性があり、それ故に細孔壁にフェニル基を有する多孔質分離膜は、表面拡散機構により優先的に高いCO2 ガス透過性を示す。
【0024】更に、サブミクロンの細孔径を有する多孔質のα−アルミナ支持体表面に数nmの細孔を有するγ−アルミナ膜を被覆することで、前記前駆体ゾルを塗布する際に厚さが極めて薄い膜をクラックや剥離等が発生することなく得ることができ、高い透過率を示す分離膜とすることが可能となる。
【0025】
【発明の実施の形態】以下、本発明の多孔質分離膜及びその製造方法について詳述する。
【0026】本発明は、部分加水分解したシリコンアルコキシドと、Si原子に直接結合した1乃至2個のフェニル基を有するシリコンアルコキシドをアルコール溶媒中で複合化し、この複合アルコキシドを全アルコキシドに対して1〜10倍モル量の水で加水分解することにより均質で安定な前駆体ゾルが得られ、該ゾルを乾燥後、300〜600℃の温度で焼成することにより、Siの側鎖にフェニル基を含む有機物が均一に分散され結合したシロキサン結合を有するシリカ質の多孔質分離膜が得られるというものである。
【0027】本発明における多孔質分離膜は、前記焼成過程でシロキサン結合が過度に進むことを前駆体ゾル中に分散させたフェニル基の立体障害により阻止して細孔構造を形成したものである。
【0028】従って、連続した細孔の網目構造を形成するためには、前駆体ゾル作製時にフェニル基が十分に分散しておく必要があり、そのためには部分加水分解したシリコンアルコキシドとフェニル基を有するシリコンアルコキシドとが均一に複合化されていることがより望ましいものである。
【0029】更に、分離膜として稼働する際の各種条件下で構造変化が起こらない様に、細孔近傍部以外は十分にシロキサン結合が発達して焼結した構造となっていることが望ましく、そのためには多孔質分離膜中に残留するフェニル基を含む有機物の量は、前駆体ゾル作製時に導入したフェニル基の30重量%以上であることがより望ましいものである。
【0030】また、本発明においてシリコンアルコキシドとフェニル基を有するシリコンアルコキシドの複合化は、該複合化を確実に行うためには一般式が【0031】
【化1】

【0032】で表される予め部分加水分解したシリコンアルコキシドを用いることが必要である。
【0033】また、前記部分加水分解したシリコンアルコキシドは、シリコンアルコキシドのアルコール溶液に該シリコンアルコキシド1モルに対し、1〜3倍モル量の水と少量の酸をアルコール存在下で添加することにより作製することができる。
【0034】更に、シリコンアルコキシドと、フェニル基を有するシリコンアルコキシドの複合アルコキシドは、両アルコキシドをアルコール溶液中で加熱還流することによっても作製でき、続いて全体を加水分解して前駆体ゾルとしても良い。
【0035】前記部分加水分解したシリコンアルコキシドとフェニル基を有するシリコンアルコキシドとの複合割合は特に限定されるものではなく、両アルコキシドが併存すれば良いが、多孔質分離膜の分離特性と成膜性の点からは、モル比で90対10から50対50の範囲内であることがより好適である。
【0036】前記複合アルコキシドに用いるSi原子に直接結合したフェニル基を有するシリコンアルコキシドは、Si原子が飽和炭化水素のCやO、N原子等と結合した化合物に比べ、600℃の熱処理でもフェニル基が焼失し難く焼成体中に残存するため、例えば、大気中又は各種燃焼排気ガスや反応ガス中から、100℃以上に及ぶ高温の二酸化炭素(CO2 )等を優先的に分離できる分離膜を作製する上で欠くことができないものである。
【0037】また、前記フェニル基を有するシリコンアルコキシドにおいて、Si原子に直接結合する前記フェニル基の数は、多孔質分離膜の成膜性の点からフェニル基以外のアルコキシル基が少なくとも2個以上必要であることから、その数は1乃至2個に限定される。
【0038】一方、前記フェニル基を有するシリコンアルコキシドに含有されるフェニル基の量が全アルコキシドの10〜50%の範囲では、該含有量が多いほど透過係数比は大きくなるが、含有量が50%を越えると、フェニル基を有するアルコキシドの割合が多くなることにより、成膜性が低下して膜内に微小な欠陥が生じるためと考えられるが、透過係数比は逆に小さくなる傾向を示す。
【0039】更に、本発明におけるシリコンアルコキシドとしては、テトラメトキシシランやテトラエトキシシラン、テトライソプロポキシシラン等が挙げられ、他方のフェニル基を有するシリコンアルコキシドとしては、フェニルトリメトキシシランやフェニルトリエトキシシラン、ジフェニルジメトキシシラン、ジフェニルジエトキシシラン等が挙げられる。
【0040】特に、ゲル膜の乾燥性及び原料の経済性の点からは、シリコンアルコキシドはテトラメトキシシランもしくはテトラエトキシシランが、フェニル基を有するシリコンアルコキシドはフェニルトリメトキシシランもしくはフェニルトリエトキシシランが望ましい。
【0041】また両アルコキシドの混合溶媒のアルコールとしては、メタノールやエタノール、プロパノール、ブタノール、2−メトキシエタノール、2−エトキシエタノール等が挙げられ、ゲル膜の濡れ性、乾燥性、原料の溶解性の点からは、メタノールやエタノール等の低級アルコールが最適である。
【0042】次に、前記複合アルコキシドの加水分解方法は、特に限定されることなく公知あるいは周知の手段を用いることができるが、添加する水の量は全アルコキシドに対し、1〜10倍モルの範囲がより望ましい。
【0043】これは、加水分解用の水の量が1倍モルより少ないと成膜後の焼成で十分にシロキサン結合が発達せず、機械的強度が低い膜となる傾向があり、条件によっては膜の割れ、膜の剥離等の欠陥が発生する恐れがあり、逆に前記水の量が10倍モルを越えると、得られた前駆体ゾルの安定性が低下する傾向があり、条件によってはゾルが白濁化し、沈殿が生成する。
【0044】また、この加水分解は、両アルコキシドを複合化した後、同時に行っても良いが、好ましくはシリコンアルコキシドのみを先に部分的に加水分解し、その後、フェニル基を有するシリコンアルコキシドを複合化した後、全体を加水分解して前駆体ゾルを作製する方が良い。
【0045】次に、無機多孔質支持体に多孔質分離膜を形成する方法としては、特に限定されることなく公知あるいは周知の各種手段を適用できるが、例えば前記前駆体ゾルを、前駆体ゾル作製に用いた溶媒で所定の濃度に希釈した後、該希釈液中に予めγ−アルミナ膜を被覆した多孔質α−アルミナ支持体を浸漬して引き上げて塗布するか、あるいは前記支持体に直接塗布した後、乾燥し、次いで300〜600℃の温度で焼成することで作製しても良い。
【0046】本発明の多孔質分離膜は、要求される透過率及び透過係数比を満足し、実用的な強度を有するためには、膜の厚さは1μm以下、特に0.1〜0.5μm程度が望ましく、無機多孔質支持体とともに用いることが望ましい。
【0047】一方、前記無機多孔質支持体としては、特に限定されるものではないが、分離膜を支持するに十分な強度を有し、焼成においても前駆体ゾルと反応せず、少なくとも膜の焼成温度範囲で十分な耐熱性を有する多孔質体であればいかなるものでも良い。
【0048】例えば、多孔質なセラミックスやガラス、金属等が挙げられ、とりわけα−アルミナ等の多孔質セラミックスは耐熱性、耐薬品性等の点で好ましいものであるが、多孔質α−アルミナ自体を支持体として用いた場合、その大きな孔径と表面粗さ故に割れ等の欠陥のない膜を作製するのは困難となり、例え欠陥のない膜を作製できたとしても数μmの膜厚が必要となり、透過率の著しい低下を招くことになる。
【0049】従って、孔径と表面粗さを制御したγ−アルミナ膜を中間層としてα−アルミナ多孔質体に担持した支持体を採用するのが最適となる。
【0050】また、前駆体ゾルを塗布した後の焼成温度は、300℃未満の温度では乾燥ゲル膜中のアルコキシル基を完全に除去し、シロキサン結合をより強固にすることができず、600℃を越える温度では焼結が進み、分離に必要な細孔が消失することから、300〜600℃の温度範囲に限定され、とりわけ透過性能、分離特性の点ではその温度は400〜500℃がより好ましい。
【0051】また、膜の欠陥を防ぐため、前駆体ゾルの塗布、乾燥、焼成の一連の操作を数回繰り返すことがより好ましい。
【0052】本発明の多孔質分離膜は、分離、濃縮する対象となる混合流体として、例えば二酸化炭素や酸素は勿論、水素やヘリウム、窒素、一酸化炭素、メタン、エタン、プロパン等の混合物が分離膜と反応あるいは溶解しないものであればいずれも適用可能であり、更にはそれらと粉塵等の無機物質を含む混合物等の分離にも適用可能なことは言うまでもない。
【0053】その上、本発明の多孔質分離膜は、100℃を越える広い範囲の温度域で使用可能であるが、分離膜の耐熱性や耐久性の点から室温〜400℃の温度範囲がより好適に用い得るものである。
【0054】
【実施例】以下、本発明の多孔質分離膜及びその製造方法を以下のようにして評価した。先ず、テトラメトキシシラン13.4g(モル比0.9)にメタノール32.0g(モル比10)、水1.6g(モル比0.9)、HCl(モル比0.07)の混合溶液を添加して部分加水分解ゾルを作製し、これにフェニルトリメトキシシラン2.0g(モル比0.1)とメタノール32.0g(モル比10)の混合溶液を添加し、窒素気流下で攪拌して複合アルコキシドを作製した。
【0055】次に、前記複合アルコキシドに水5.4g(モル比3)とメタノール32.0g(モル比10)の混合溶液を添加し加水分解して、更に3時間攪拌した後、該溶液にメタノール32.0g(モル比10)を加え、濃度調整して前駆体ゾルを作製した。
【0056】その後、前記前駆体ゾル溶液に、予め、外径3mmのα−アルミナ多孔質管(気孔率40%)に厚さ2μmのγ−アルミナを被覆した無機多孔質支持体を、30秒間浸漬し、5mm/秒の速度で引き上げ、室温で1時間乾燥した。
【0057】続いて50℃/時間の割合で200℃まで昇温した後、100℃/時間の割合で500℃まで昇温して1時間保持した後、室温まで冷却した。
【0058】この浸漬、乾燥、焼成の一連の操作を4回繰り返し、γ−アルミナ層上にシリカ質の膜を被着して評価用試料を作製した。
【0059】また、前記テトラメトキシシランとフェニルトリメトキシシランのモル比を種々変更したもの、及びフェニルトリメトキシシランに代えてジフェニルジメトキシシランを用いて前記同様にして評価用試料を作製した。
【0060】尚、フェニル基を有するシリコンアルコキシドを混合せず、テトラメトキシシランのみで前記同様にして作製したものを比較例とした。
【0061】かくして得られた評価用試料をガス透過率測定装置に取り付け、該試料の管内側に10cc/分のヘリウムガスを、外側には窒素及び二酸化炭素ガスの1/1混合ガスを100cc/分の割合で流し、試料の膜部を30℃、100℃、200℃及び300℃にそれぞれ加熱し、前記膜を透過してくる窒素ガス及び二酸化炭素ガスの比率(透過係数比)をガスクロマトグラフィで評価するとともに、試料の管内外の出口ガス流量からそれぞれの透過率を求めた。
【0062】また、前記評価用試料の膜がSiの側鎖にフェニル基が結合したシロキサン結合を有することを確認するため、拡散反射法による赤外線吸収スペクトル測定を行ったところ、シリカの赤外線吸収スペクトルとは別の1600〜1610cm-1の波数にフェニル基の赤外線吸収ピークが認められ、本発明の多孔質分離膜ではいずれもフェニル基を含む有機物の存在が確認できた。
【0063】本発明の多孔質分離膜を代表するものとしてシリコンアルコキシドとフェニル基を有するシリコンアルコキシドの複合割合がモル比で70対30から成り、500℃で焼成したバルク体試料の赤外線吸収スペクトル測定の記録図を図1に示す。
【0064】
【表1】

【0065】表から明らかなように、比較例の試料番号33乃至36では、100℃以上の高温下ではCO2 2 透過係数比が1.2以下と極めて低く、また本発明の請求範囲外の試料番号25乃至28では、CO2 /N2 透過係数比が細孔壁と透過ガスとの相互作用が無い時の理論的透過率(クヌッセン拡散による透過率)である0.8とほとんど等しい値である0.8〜0.9を示している。
【0066】それに対して、本発明ではCO2 /N2 透過係数比が100℃の高温でも11.8以上と極めて大きな値が得られており、これはフェニル基がCO2 ガスに対し大きな親和性を有していることに加え、本発明の多孔質分離膜が1nm以下の非常に狭い細孔径分布を有していることから、高いCO2 選択性を示したものと考えられる。
【0067】尚、本発明の多孔質分離膜及びその製造方法は前記実施例に限定されるものではない。
【0068】
【発明の効果】叙上の如く、本発明の多孔質分離膜及びその製造方法によれば、部分加水分解したシリコンアルコキシドと、フェニル基を有するシリコンアルコキシドを複合し、この複合アルコキシドを加水分解することにより得た前駆体ゾルを乾燥後、300〜600℃の温度で焼成して作製したシリカ質の多孔質分離膜は、前駆体ゾル作製時に導入したフェニル基の30重量%以上がフェニル基を含む有機物として残留するため、フェニル基近傍のシロキサン結合が過度に進むことが抑制されることから、1nm以下の微細孔構造が保持される。
【0069】その結果、各種気体混合物等の混合流体から特定成分を分離するに際して透過率及び透過係数比の両方の特性に優れ、薄膜化が容易で、とりわけ大気中や各種燃焼排気ガスあるいは反応ガス中から二酸化炭素(CO2 )や酸素(O2 )を分離する、特に、100℃以上の高温の二酸化炭素(CO2 )を優先的に分離する気体用分離膜に好適である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013