米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 京セラ株式会社

発明の名称 スローアウェイドリル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−217018
公開日 平成10年(1998)8月18日
出願番号 特願平9−19353
出願日 平成9年(1997)1月31日
代理人
発明者 小島 義秀
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】外周面に切屑排出用のフルート溝を設けた略円柱状の工具本体の先端に着脱自在の切削インサートを装着したスローアウェイドリルであって、上記工具本体の先端部位においてインサート装着面側のフルートエッジ部の半径に対し、インサート非装着面側のフルートエッジ部の半径を0.5mm以上短くしたことを特徴とするスローアウェイドリル。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、金属材料などの被削材の穴加工等に用いられるドリルであって、ほぼ円筒状をした工具本体の先端に交換自在の切削インサートを装着してなるスローアウェイドリルに関するものである。
【0002】
【従来の技術】穴加工を行うドリル工具として、切削インサートを取りつけないソリッドタイプのものの他に、工具本体の先端部に相互の回転軌跡が交叉するように外径側の外刃インサートと内径側の内刃インサートを着脱自在に装着したものが用いられてきた。
【0003】このようなスローアウェイドリルは、剛性があり、切屑処理も良好とした切削インサートを取りつけるものなので、切削条件も高く設定できるものとして期待されてきた。
【0004】図6に、従来のスローアウェイドリルを構成する工具本体21の水平断面図を示し、この工具本体21は外周に螺旋状に切屑排出用のフルート溝22を形成し、このフルート溝22を除いた部分の外周面23がほぼ同一円弧状、すなわち、工具本体21の先端部位24においてインサート装着面25側のフルートエッジ部26の半径Aに対し、インサート非装着面側27のフルートエッジ部28の半径Bがほぼ同一(A=B)であり、これにより加工穴壁面とのクリアランスがほぼ同一となるように設計されたものであった。
【0005】
【従来の技術】上記従来のスローアウェイドリルは、一般に切削性能に優れたものであったが、工具本体を長めとしたロングタイプのものでは、工具本体に撓みが生じて、特に先端部と加工穴壁面との接触により、加工面が不良となったり、或いは工具本体が早期に摩耗してしまうことがあり、ひどい場合には工具本体が破損、破壊してしまうという事態があった。
【0006】このため、ロングタイプにおいては、切削条件を低く設定せざるを得ず、スローアウェイドリルとして期待されてきたメリットを生かせない状況であった。
【0007】
【発明の目的】このような上記従来技術の課題に鑑み、本発明は、工具本体を長めとしたロングタイプのものにあって切削条件を高くしても、加工穴壁面と接触せずに良好な加工が可能であり、さらに、工具本体の早期摩耗や破損、破壊等が起こらない、加工性能に優れ長寿命なスローアウェイドリルを提供することを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するべく本発明者は、鋭意検討の結果、工具本体の先端部位のインサート非装着面側のフルートエッジ部が加工穴壁と接触をおこし易いことを見出した。
【0009】このような知見に基づき、前記課題を解決するため本発明は、工具本体の先端部位においてインサート装着面側のフルートエッジ部の半径に対し、インサート非装着面側のフルートエッジ部の半径を0.5mm以上短くした。
【0010】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態を図により説明する。図1は、切削インサート1を装着したスローアウェイドリルDを示し、このドリルDは略円柱状の工具本体Tの先端側に、主に外径側を切削する外刃インサート2としての切削インサート1を着脱自在に装着するポケット3、そして内径側を切削する内刃インサート4としての切削インサート1を装着するポケット5が形成されている。また、その外周面6には、切屑排出用に螺旋状に形成されたフルート溝7が配設されている。
【0011】図2及び図3は、図1のスローアウェイドリルDの工具本体Tの先端部位8を示し、図2は、外刃インサートを取りつけるポケット3の正面側からの側面図であり、図3は、内刃インサートを取りつけるポケット5の正面側からの側面図である。
【0012】図4は図3のD−D線断面図であり、同図に示すように、工具本体Tの先端部位8においてインサート装着面9側のフルートエッジ部10の半径A′と、インサート非装着面11側のフルートエッジ部12の半径B′とがA′≧B′であり且つA′−B′≧0.5mmとなるように、インサート装着面9側のフルートエッジ部10から工具回転逆方向Zへインサート非装着面11側のフルートエッジ部12にかけて半径を漸次減少させるようにした。
【0013】図2、図3には、このように半径A′と半径B′を違えた領域Xを斜線で示し、このような領域Xとしては、先端から加工限界深さN(図1参照)の10〜60% までが好ましい。この領域Xが先端から加工限界深さNの10%未満の場合、インサート非装着面11側のフルートエッジ部12が加工穴壁面に接触してしまう恐れがあり、他方60%を超えると、工具本体Tの剛性が低下し破損又は破壊の恐れがあるためである。
【0014】また、インサート装着面9側のフルートエッジ部10の半径A′とインサート非装着面11側のフルートエッジ部12の半径B′との差A′−B′としては、0.5mm〜2mmの範囲であることが好ましい。この差A′−B′が0.5mm未満の場合、インサート非装着面11側のフルートエッジ部12が加工穴壁面に接触してしまう恐れがあり、他方2mmを超えると、工具本体Tの剛性が低下し破損又は破壊の恐れがあるためである。
【0015】図5は、図4同様、図3のD−D線断面図であって本発明のスローアウェイドリルDの別態様を示し、インサート装着面9側のフルートエッジ部10の半径A′と、インサート非装着面11側のフルートエッジ部12の半径B′がA′≧B′であり且つA′−B′≧0.5mmとなるように、インサート非装着面11側のフルートエッジ部12及びその近傍をフラット面13にカットしたものである。
【0016】
【発明の効果】叙上のように、本発明のスローアウェイドリルは工具本体の先端部位においてインサート装着面側のフルートエッジ部の半径に対し、インサート非装着面側のフルートエッジ部の半径を0.5mm以上短くしたことにより、工具本体を長めとしたロングタイプのものにあって切削条件を高くしても、加工穴壁面と接触せずに良好な加工が可能であり、したがって、工具本体の早期摩耗や破損、破壊等が起こらない、加工性能に優れ長寿命に優れたものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013