米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 京セラ株式会社

発明の名称 クランプバイト
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−100006
公開日 平成10年(1998)4月21日
出願番号 特願平8−258143
出願日 平成8年(1996)9月30日
代理人
発明者 久保田 剛司
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】ホルダー先端部位に形成したポケットに、先端側にピンを備えたピン部材を嵌合し、上記ピンで切削インサートの中央孔の孔壁を押圧することによって切削インサートをホルダーにクランプするクランプバイトであって、上記ピンの下根本部位に形成したテーパー面に対して上記切削インサートの中央孔内に形成した湾曲凸面を当接せしめるようにしてなるクランプバイト。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、金属材料などを加工するための切削インサートをホルダー先端部位に着脱自在に固定するクランプバイトに関する。
【0002】
【従来の技術】従来のクランプバイトは、図5に示すように切削インサート(以下、インサートと略称する)AをクランプスクリューCで固定する方式のもの、或いは図6に示すようにインザートAをトップクランパーDで上面から押さえつける方式のものが主に用いられてきた。
【0003】しかしながら、クランプスクリューCによるクランプバイトは、インサートAの拘束力が小さく、さらにインサートAを交換する際に、クランプスクリューCを完全に抜き外さなければならず、時間がかかるため作業効率が悪くなってしまうという不具合があった。また、この交換の際に、スクリューCを紛失してしまう可能性もあった。
【0004】次に、トップクランパーDによるクランプバイトは、クランプスクリューCによるものに比べて拘束力は大きいが、特に内径加工では、外部に突き出したクランパーDに切屑が当たって、排出の妨害となり、切屑のかみ込みや加工面を傷つける原因となることがあった。
【0005】一方、実公昭50−29190号は別タイプのクランプバイトを示し、このクランプバイトは、先端にピンを備えたピン部材をホルダの先端側に螺合し、そのピンでもって切削インサートの中央孔の孔壁を押圧し、インサートをクランプするものであり、上述のクランプバイトのように部品を紛失したり、切屑のかみ込などの問題が生じ難い構造となっていた。
【0006】
【従来技術の課題】しかしながら、上記従来技術には、以下のような問題があった。
【0007】すなわち、上記ピン部材を用いたクランプバイトは、インサートをホルダー側に引きつける力も弱く、ピンとインサートの接触が面或いは線接触となり応力が分散してしまうため、切削加工中の特に横方向のブレ振動が発生し易く、加工面の仕上げに影響を与える恐れがあった。
【0008】
【発明の目的】上記従来技術の課題に鑑み、本発明は、部品を紛失したり、切屑のかみ込などの問題が生じ難く、且つ横方向のブレ振動が発生し難く、加工面の仕上げが良好なクランプバイトを提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】前記従来技術の課題を解決するため、本発明は、ピンロック式のクランプバイトにおいて、ピンの下根本部位にテーパー面を形成するとともに、上記切削インサートの中央孔において該テーパー面と当接する部位に湾曲凸面を形成し、両者がほぼ点接触の如く、極めて小さい面積で押接するようにした。
【0010】
【作用】本発明のクランプバイトは、図1に示すようにホルダー先端側のインサート座部4に貫通したポケット5にピン部材6を嵌合し、そのピン6bでもってインサート3の中央孔3aの孔壁を押圧してインサート3をホルダー2のインサート座部4に固定するピンロック方式であり、部品を紛失したり、切屑のかみ込などの問題が生じ難い。
【0011】また図3に示すようにピン部材6のピンbの根本部分にテーパー面6eが設けられ、他方、インサート3の中央孔3aのピン6bと係合する部位に湾曲凸面3bを形成しており、ピン6bと中央孔3の孔壁がほぼ点接触の如く、極めて小さい面積で押接する。すなわち、このような押接状態は応力が分散しないので、インサートを特定方向に効果的に拘束でき、特に横方向のブレ振動を防止する。
【0012】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施形態を図を用いて説明する。図1は、本発明の内径加工用のクランプバイト1を示し、該クランプバイト1は、ホルダー2の先端部位にインサート3を載置するインサート座部4を凹設し、さらにこのインサート座部4に貫通して、ポケット5を凹設してある。そして、このポケット5に、先端側にピン6bを設けたピン部材6を嵌合固定し、該ピン6bでもってインサート3の中央孔3aの孔壁を押圧してインサート3をホルダー2のインサート座部4に固定するようになっている。
【0013】上記ピン部材6は、固定用ボルトBによる嵌合のための環状部6aと前側に突出するピン6bを連結する背高のストッパー部6cからなり、このピン部材6の環状部6aに形成されたボルト挿通孔6dを介して、固定用ボルトBを、上記ポケット5の底面5aに形成されたボルト穴Nに螺合し、ピン部材6をポケット5内に固定するようになっている。
【0014】なお、上記ポケット5は、前記インサート座部4に連なる部分が巾狭溝5bとなっており、このでピン部材6の側面が巾狭溝5bの溝壁面と当接し、これによりピン部材6の横ズレを防止している。
【0015】図2及び図3は図1のX−X線断面図であり、上記ホルダー2にピン部材6でもってインサート3を固定する前の状態を示すものである。図2に示すように、前記固定ボルトBが緩められた状態では、ピン6bが上位置にあってインサート3の中央孔3a内と比較的自由に嵌合させることができるのに対して、図3に示すように固定ボルトBを螺着していくと、ピン6bが下がっていきインサート3の中央孔3aの孔壁を押圧する。同図に示すようにピン部材6の下側のピン6bからストッパー部6cにかけてテーパー状とされており、図4の下面図にも示すように、このうちピンbの根本部分にテーパー面6eが設けられている。他方、インサート3の中央孔3aのピン6bと係合する部位には湾曲凸面3bを形成しており、ピン6bと中央孔3の孔壁がほぼ点接触の如く、極めて小さい面積で押接する。すなわち、このような押接状態は応力が分散しないので、チップを特定方向に効果的に拘束でき、特に横方向のブレ振動防止の効果は絶大である。
【0016】また、ピン6bは環状部6aに対して下に設けられているので、固定ボルトBからの力に関し、その支点Tと作用点Fとの間隔を長くとれるので、大きな応力を作用点Fに作用させることができ、しかもピン6bは湾曲テーパー面6eでインサート3とテーパー係合しているので、下方向のみでなく、インサートをホルダー2の後方へ引き寄せる力も大きく作用する。
【0017】さらに、ピン部材6のストッパー部6cが背高とした方向により、ピン部材6の横方向への動きに対する拘束面を増やして、横方向のズレのみでなく横方向のビビリをも防止している。
【0018】なお、本発明は上記実施形態に限定されるものでなく、発明の目的を逸脱しない限り様々な形態とすることができるのは言うまでもない。
【0019】
【発明の効果】叙上のように本発明によれば、ピンロック方式のクランプバイトにおいて、ピンの下根本部位にテーパー面を形成するとともに、上記切削インサートの中央孔において該テーパー面と当接する部位に湾曲凸面を形成し、両者がほぼ点接触の如く、極めて小さい面積で押接するようにしたことにより、応力が分散しないので、チップを特定方向に効果的に拘束でき、特に横方向のブレ振動を防止することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013