米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> ミサワホーム株式会社

発明の名称 サイディングの目地幅均一化方法及びその装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−156645
公開日 平成10年(1998)6月16日
出願番号 特願平8−326236
出願日 平成8年(1996)12月6日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】船橋 國則
発明者 佐賀 正幸
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 パネル面に載置した複数枚のサイディングを相互のジョイント目地が均一となるように位置決めするサイディングの目地幅均一化方法であって、水平配置したパネル上面に複数枚のサイディングを並べて載置し、該サイディング相互間の前記ジョイント目地を同一形状で形成した複数の楔状規制突起の尖頭部に一致させて位置調整した後、前記規制突起をそれぞれの前記ジョイント目地に等量進入させて前記ジョイント目地を均一に揃えることを特徴とするサイディングの目地幅均一化方法。
【請求項2】 パネル面上に並べたサイディングのジョイント目地に直交方向に長く且つそれぞれの前記サイディングの長手方向両端の端面に当接する一対の平行なサイディング位置決め部と、該サイディング位置決め部のそれぞれにスライド自在に設けてあり該スライド移動により同一形状で形成した複数の楔状規制突起の尖頭部をそれぞれの前記ジョイント目地に進入させる目地規制治具とを具備したことを特徴とするサイディングの目地幅均一化装置。
【請求項3】 前記楔状規制突起に代えて回動軸を突設し、該回動軸の先端に回動半径の異なる規制部材を固設したことを特徴とする請求項2記載のサイディングの目地幅均一化装置。
【請求項4】 前記ジョイント目地に直交方向に長い回動軸を前記目地規制治具に設け、前記複数の楔状規制突起を該回動軸を介して回動自在に設けたことを特徴とする請求項2記載のサイディングの目地幅均一化装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、サイディングの目地幅均一化方法及びその装置に関する。
【0002】
【従来の技術】サイディングは、加工精度の関係で少なからず面方向の寸法誤差を有している。このような誤差を有するサイディングを現場施工で外壁パネルに貼るには、全体をみながら、その誤差をバランスよくそれぞれの目地に振り分けていく。一方、工場でサイディングを貼る場合には、精度を必要とする範囲を定め、これをサブアッシ単位とし、その範囲内にサイディングを貼り付けていく。この場合、サイディングは、誤差範囲が所定寸法に対してマイナス〜0となるように製造管理され、サブアッシ単位で複数枚を並べた場合においても、目地が確保できるように形成される。このように形成したサイディングをサブアッシ単位の範囲で目地が均等となるように貼ることで、その誤差を全ての目地に振り分けて吸収し、サブアッシを所定の精度で製作していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述のように、従来では、誤差を有しているサイディングを、精度の要求されるサブアッシ単位で貼るには、その範囲で目地が均等となるように、誤差を全ての目地に振り分けて、サイディングを貼っていた。しかしながら、それぞれのサイディングごとに異なる誤差を全ての目地に均等に振り分けて位置決めするには、熟練技術が必要となり、人員確保が困難となるためサブアッシの生産性が高められなくなる問題があった。また、熟練技術のみによる作業では、その技量の差により精度にバラツキの生じることがあった。本発明は上記状況に鑑みてなされたもので、熟練技術を必要とせず、誤差の有るサイディングを、容易に均等な目地で並べることのできるサイディングの目地幅均一化方法及びその装置を提供し、サブアッシの生産性、施工精度の向上を図ることを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するための本発明に係るサイディングの目地幅均一化方法は、パネル面に載置した複数枚のサイディングを相互のジョイント目地が均一となるように位置決めするサイディングの目地幅均一化方法であって、水平配置したパネル上面に複数枚のサイディングを並べて載置し、該サイディング相互間の前記ジョイント目地を同一形状で形成した複数の楔状規制突起の尖頭部に一致させて位置調整した後、前記規制突起をそれぞれの前記ジョイント目地に等量進入させて前記ジョイント目地を均一に揃えることを特徴とするものである。本発明に係るサイディングの目地幅均一化装置は、パネル面上に並べたサイディングのジョイント目地に直交方向に長く且つそれぞれの前記サイディングの長手方向両端の端面に当接する一対の平行なサイディング位置決め部と、該サイディング位置決め部のそれぞれにスライド自在に設けてあり該スライド移動により同一形状で形成した複数の楔状規制突起の尖頭部をそれぞれの前記ジョイント目地に進入させる目地規制治具とを具備したことを特徴とするものである。また、目地幅均一化装置は、前記楔状規制突起に代えて回動軸を突設し、該回動軸の先端に回動半径の異なる規制部材を固設したものであってもよい。更に、目地幅均一化装置は、前記ジョイント目地に直交方向に長い回動軸を前記目地規制治具に設け、前記複数の楔状規制突起を該回動軸を介して回動自在に設けたものとすることもできる。
【0005】サイディングの目地幅均一化方法では、パネル上面にサイディングを並べて載置し、このサイディング相互間のジョイント目地に、同一形状で形成した楔状規制突起の尖頭部が進入することで、全てのジョイント目地が楔状規制突起の進入量に応じて均一に揃えられる。サイディングの目地幅均一化装置では、サイディングの長手方向両端の端面にサイディング位置決め部が当接し、目地規制治具がスライドすることで、サイディング位置決め部から突出した楔状規制突起がジョイント目地に進入し、ジョイント目地が均一に開かれる。また、楔状規制突起に代えて回動軸を突設し、この回動軸に回動半径の異なる規制部材を固設した目地幅均一化装置では、ジョイント目地内で規制部材が回動することで、ジョイント目地が均一に開かれる。更に、ジョイント目地に直交方向に長い回動軸を目地規制治具に設け、複数の楔状規制突起をこの回動軸を介して回動自在に設けた目地幅均一化装置では、規制突起の位置を変更可能とすることで、目地幅、目地同士間のピッチが調整可能となる。
【0006】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係るサイディングの目地幅均一化方法及びその装置の好適な実施の形態を図面を参照して詳細に説明する。図1は本発明に係る目地幅均一化装置の第一実施形態を示す平面図、図2は図1のa−a断面を(A)、b−b断面を(B)で示した装置部分断面図、図3は図1のc−c断面を(A)、d−d断面を(B)で示した装置部分断面図、図4は図3に示した目地規制治具を矢印e−e方向から視た平面図である。目地幅均一化装置1は、第一幅決め治具3と、第二幅決め治具5と、第一高さ決め治具7と、第二高さ決め治具9とを主な要素として構成してある。
【0007】目地幅均一化装置1は、パネル11を平面載置して図1中矢印fのパネル流れ方向にパネル11を搬送する搬送路(図示せず)に設置してある。パネル11の上面には、複数枚のサイディング13が、パネル搬送方向に並べられる。なお、図1中、サイディング並設領域の外周に示した枠部分15は、寸法精度の要求される部分を示す。パネル11は、サイディング11の貼られないこの部分15の寸法精度を確保し、サブアッシとして製作される。
【0008】パネル搬送方向下流側に設けた第一幅決め治具3は、図2(A)に示すように、パネル搬送方向の端面に当接するパネル位置決め部17と、このパネル位置決め部17の上面からパネル上面と平行に突出するサイディング位置決め部19とからなる。サイディング位置決め部19の突出長さは、寸法精度の要求されるパネル端面からサイディング端部までの寸法で設定してある。この第一幅決め治具3は、搬送路面21に対して垂直に移動自在となっている。なお、サイディング位置決め部19のパネル面と対向する面には不図示の溝等が設けてあり、パネル面上に設けた同縁22との干渉が回避できるようになっている。
【0009】また、パネル搬送方向上流側に設けた第二幅決め治具5は、図2(B)に示すように、搬送方向後方のパネル端面に当接するパネル位置決め部23と、このパネル位置決め部23の上面からパネル上面と平行に突出するサイディング位置決め部25とからなる。サイディング位置決め部25の突出長さは、上述同様に、寸法精度の要求されるパネル端面からサイディング端部までの寸法で設定してある。この第二幅決め治具5は、搬送路面21に対して垂直に移動自在であるとともに、搬送路面21に対して平行に移動自在となっている。なお、上述同様に、サイディング位置決め部25のパネル面と対向する面には不図示の溝等が設けてあり、パネル面上に設けた同縁22との干渉が回避できるようになっている。
【0010】一方、搬送路を挟んでパネル11の下端側(図1の下側)に設けた第一高さ決め治具7は、図3(A)に示すように、パネル下端面に当接するパネル位置決め部27と、このパネル位置決め部27の上面からパネル上面と平行に突出するサイディング位置決め部29とからなる。サイディング位置決め部29の突出長さは、寸法精度の要求されるパネル下端面からサイディング端部までの寸法で設定してある。この第一高さ決め治具7は、搬送路面21から若干浮き上がった位置で固定状態で設けてある。
【0011】この第一高さ決め治具7のサイディング位置決め部29の上面には、図4に示す目地規制治具33を設けてある。目地規制治具33には、楔状の規制突起31をサイディング13の目地数に対応させて複数個並設してある。目地規制治具33は、サイディング方向にスライド自在となっている。従って、第一高さ決め治具7は、目地規制治具33をスライドすることで、サイディング位置決め部29の先端から規制突起31が突出するようになっている。
【0012】また、搬送路を挟んでパネル11の上端側(図1の上側)に設けた第二高さ決め治具9は、図3(B)に示すように、パネル上端面に当接するパネル位置決め部35と、このパネル位置決め部35の上面からパネル上面と平行に突出するサイディング位置決め部37とからなる。サイディング位置決め部37の突出長さは、寸法精度の要求されるパネル下端面からサイディング端部までの寸法で設定してある。この第二高さ決め治具9は、搬送路面21に対して平行に移動自在となっている。また、この第二高さ決め治具9においても、サイディング位置決め部37の上面に上述同様の目地規制治具33を設けてある。目地規制治具33は、サイディング方向にスライド自在となって、パネル位置決め部37の先端から規制突起31が突出するようになっている。
【0013】次に、このように構成した目地幅均一化装置1を用いて目地幅を均一にする手順を図5〜図9に基づき説明する。図5は第一幅決め治具の動作を説明する断面図、図6は第二幅決め治具の動作を説明する断面図、図7はサイディングを載置したパネルの断面図、図8は第二高さ決め治具の動作を説明する断面図、図9は目地規制治具33の動作を説明する平面図である。目地幅均一化装置1にパネル11が搬送されて来たなら、先ず、第一幅決め治具3を下降する(図5A)。そして、パネル11を若干距離搬送することにより、パネル11の搬送方向の前端面を第一幅決め治具3のパネル位置決め部17に当接する(図5B)。
【0014】次いで、第二幅決め治具5を下降する(図6A)とともに、パネル11方向に移動し、第二幅決め治具5のパネル位置決め部23をパネル11の搬送方向後端面に当接(図6B)する。これにより、パネル11は、前後端面が第一幅決め治具3と第二幅決め治具5とに挟持されるとともに、パネル11の上面に、サイディング位置決め部19とサイディング位置決め部25との先端で挟まれた、サイディング並設方向の載置範囲が位置決めされる。
【0015】この載置範囲、即ち、サイディング位置決め部19とサイディング位置決め部25との間のパネル11上面に、サイディング13を並べる(図7)。次いで、第二高さ決め治具9をパネル11に対して接近方向に移動する。第二高さ決め治具9は、移動することにより、パネル位置決め部35をパネル11の上端面に当接し、パネル11を第一高さ決め治具7方向に移動させる。第一高さ決め治具7方向に移動したパネル11は、下端面が第一高さ決め治具7のパネル位置決め部27に当接して停止する(図8)。
【0016】これにより、パネル11は、上下端面が第一高さ決め治具7と第二高さ決め治具9とに挟持されるとともに、サイディング上下方向の載置範囲がサイディング位置決め部29とサイディング位置決め部37とによって位置決めされ、パネル11上に載置したサイディング13が高さ方向に位置決めされる。
【0017】次いで、それぞれのサイディング13のジョイント目地41が第一、第二高さ決め治具7、9に設けた目地規制治具33の規制突起31に一致するように、サイディング13の位置を調整する(図9A)。その後、目地規制治具33をスライドして、規制突起31をジョイント目地41に進入させる(図9B)。
【0018】これにより、パネル11上に載置したサイディング13は、寸法精度の確保されたサイディング並設領域内において、均一な目地幅で位置決めされる。
【0019】このように、上述の目地幅均一化装置1を用いたサイディングの目地幅均一化方法によれば、第一、第二幅決め治具3、5、第一、第二高さ決め治具7、9を設け、第一、第二高さ決め治具7、9にスライド自在な目地規制治具33を設けたので、それぞれの治具部に順次パネル11、サイディング13を当接していくことで、熟練技術を必要とせずに、サイディング13を均一な目地幅で位置決めすることができる。
【0020】図10は本発明の第二実施形態を説明する目地規制治具の説明図である。この実施形態による目地幅均一化装置は、上述の目地幅均一化装置1と目地規制治具51が異なるものとなっている。即ち、目地規制治具51には上述の規制突起31に代えて回動軸53を突設してあり、回動軸53の先端には回動半径の異なる規制部材(例えば楕円体)55を固定してある。このように構成した目地規制治具51では、回動半径が小さくなる状態で規制部材55をジョイント目地41に配置し、回動軸53を回動することで、それぞれのジョイント目地41が均一となるように、サイディング13を位置決めすることができる。この目地規制治具51によれば、ジョイント目地41内で規制部材55を回動するので、端部から規制突起31を進入させる場合に比べて、ジョイント目地41の幅を正確に規制することができる。
【0021】図11は本発明の第三実施形態を説明する目地規制治具の説明図である。この実施形態による目地幅均一化装置は、上述の目地幅均一化装置1と目地規制治具61が異なるものとなっている。即ち、目地規制治具61にはジョイント目地41に直交方向に長い回動軸63を設けてあり、回動軸63にはジョイント目地41に対応させて楔状の規制突起65を固定してある。規制突起65は、回動軸63が回動することで、尖頭部又は幅広の基端部がジョイント目地41に進入するようになっている。このように構成した目地規制治具61では、尖頭部をジョイント目地41に配置した後、回動軸63を回動することで、それぞれのジョイント目地41が均一となるように、サイディング13を位置決めすることができる。この目地規制治具61によれば、パネル搬送方向に長い回動軸63に規制突起65を設けてあるので、規制突起65を位置変更可能とすることで、目地幅の調整、目地同士間のピッチ調整を可能にすることができる。
【0022】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明に係るサイディングの目地幅均一化方法によれば、パネル上面にサイディングを並べて載置し、このサイディング相互間のジョイント目地に、同一形状で形成した楔状規制突起の尖頭部を進入させてジョイント目地を均一に揃えるようにしたので、熟練技術を必要とせず、誤差の有るサイディングを、容易に均等な目地で並べることができ、サブアッシの生産性、施工精度を向上させることができる。本発明に係るサイディングの目地幅均一化装置によれば、サイディングの長手方向両端の端面に当接する一対のサイディング位置決め部に目地規制治具をスライド自在に設け、ジョイント目地に進入する楔状規制突起をこの目地規制治具に設けたので、サイディングの長手方向両端の端面にサイディング位置決め部を当接し、目地規制治具をサイディング方向にスライドさせることで、全てのジョイント目地に楔状規制突起を進入させて、ジョイント目地を均一に開くことができる。また、楔状規制突起に代えて回動軸を突設し、この回動軸に回動半径の異なる規制部材を固設した目地幅均一化装置によれば、ジョイント目地内で規制部材を回動するので、ジョイント目地の幅を正確に規制することができる。更に、ジョイント目地に直交方向に長い回動軸を目地規制治具に設け、複数の楔状規制突起をこの回動軸を介して回動自在に設けた目地幅均一化装置によれば、規制突起を位置変更可能とすることで、目地幅の調整、目地同士間のピッチ調整が可能となる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013