米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> ユニチカ株式会社

発明の名称 袋 体
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−80969
公開日 平成10年(1998)3月31日
出願番号 特願平8−238935
出願日 平成8年(1996)9月10日
代理人
発明者 三和 正彦 / 迫部 唯行
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 連結糸により一体的に継合された上下2層の地組織が20〜70mmの間隔を保つことができる繊維素材の外側と周辺部に合成樹脂層またはゴム層が設けられていて, 注入口が設けられていることを特徴とする袋体。
【請求項2】 連結糸の少なくとも一部が合成繊維からなる伸縮性加工糸である請求項1記載の袋体。
【請求項3】 連結糸の少なくとも一部が弾性糸である請求項1または2記載の袋体。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は,ウォーターベット,エアーベット,マット等に供する袋体に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来,ウォーターベットやエアーベットの水,エアー,液状樹脂材等を充填する袋体は,天然ゴム,合成ゴム,ポリウレタン,塩化ビニル等の合成樹脂シートあるいは繊維布帛に上記ゴムや樹脂が被覆されているシートを,ウェルダー,溶融,高周波あるいはバインダー等により接着した袋体が用いられている。これらの袋体の材質においては,機能的には何ら遜色はないが,袋体の構造においていくつかの課題を有している。
【0003】1つ物の袋体の場合は,ベットとして用いたとき,体圧により身体が沈み込み,体重をうまく受け止めることができない。また,身体の揺れが大きく,船酔い様の不快感を感じたりする。この不具合を改良するために,袋体の中にいくつかの隔壁を設けて袋体としたり,小さい袋体を組み合わせた袋体が提供されている。
【0004】これらの袋体は,前記の課題はかなり改善されているが,隔壁タイプの場合は,前記袋体に類似した充填材の移動を生ずる場合があり,身体の揺れがかなり大きい。さらに,隔壁を形成させて袋体を作成することは,技術的に高度な技法,複雑かつ多くの工程が必要となる。また,コストも高くなる。後者の小さい袋体を組み合わせた袋体の場合は,1つ1つの袋体が独立しているため,身体が沈み込んでしまったりすることはなくなっているが,充填材の移動が規制され,十分な体圧分散が得られにくい。また,袋の一部に圧力が集中し,耐久性に問題を生ずるときがある。さらに,前者同様に袋体の作成には技術的に高度な技術,複雑かつ多くの工程が必要となる。また,コストも高くなる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は,このような現状に鑑みてなされたもので,1つ物の袋体であるにもかかわらず,変形が少なくて, 身体の沈み込みがなく,適正な体圧分散が得られ,袋の一部に圧力が集中しない袋体を提供することを課題としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は,上記の課題を解決するものであり,連結糸により一体的に継合された上下2層の地組織が20〜70mmの間隔を保つことができる繊維素材の外側と周辺部に合成樹脂層またはゴム層が設けられていて, 注入口が設けられていることを特徴とする袋体を要旨とする。
【0007】
【発明の実施の形態】以下,本発明を詳細に説明する。図1は,本発明の袋体の基本形の一例を示す模式図であり,被覆材2により被覆された袋体1に注入口3から充填物を注入して脹らませた状態を示している。
【0008】図2は,図1の袋体1を横方向に切断および一部切欠した断面斜視図であり,上下2層の地組織5,6が連結糸7により一体的に継合されていて, その間に充填物を充填することができる充填空間8を形成した繊維素材4が,被覆材2により被覆され,繊維素材の周囲の端部も被覆材2で被覆され側部接着部9を形成している状態を示している。
【0009】本発明に用いられる上下2層の地組織が連結糸により一体的に継合された繊維素材は,2列針床を有する経編機あるいはモケット織機等で作成されるものであり,上部地組織5と下部地組織6を20〜70mmの間隔を保つことができるように連結糸により一体的に継合して製布し,本発明に用いる布帛である繊維素材を得る。
【0010】この繊維素材に用いる繊維は,特に限定されるものではないが,繊維素材を被覆する被覆材料の種類,接着性等に適した繊維を選定すればよく,ポリアミド,ポリエステル,ビニロン,ポリプロピレン,アラミド等の合成繊維,天然繊維,再生繊維等であり,これらの繊維は,長繊維糸,伸縮加工糸,紡績糸,混紡糸あるいは合撚糸であってもよい。また,製布に際しては,単独あるいは交織して用いてもよい。
【0011】なお,本発明では,上記繊維素材の連結糸に用いる繊維は,上記を用いることに何ら制約を設けるものではないが,繊維素材の上下地組織の外側に合成樹脂材やゴム材からなる層を接着被覆する加工工程において,よりスムーズに加工を行わしめるために,繊維素材の厚さが見かけ上少ないこと,すなわち,繊維素材が厚さ方向にコンパクトになっている(ただし,製袋後に水,エアー等の充填物を注入すると,元の厚みに復することは必要である。)ことが好ましく,連結糸の少なくとも一部に,仮撚加工糸のような合成繊維からなる伸縮性加工糸あるいはポリウレタン,ポリエステル,ゴム等の弾性糸を用いることが好ましい。さらに,繊維素材の上下地組織の外側に合成樹脂材やゴム材からなる層を接着被覆する加工工程において,接着剤が地組織の裏側へ漏れて連結糸や反対側の地組織を引っつけてしまう不具合を引き起こすことがあり,このため,上下2層の地組織に用いる地組織糸の一部に熱水収縮率が15%以上の高収縮糸を用いて,編成条件で得ることが難しいレベルの高密度地組織とし,接着剤の裏漏れ防止をすることも好ましい。
【0012】上記により得られた繊維素材の上下地組織の外側に,合成樹脂材あるいはゴム材からなる層を溶融接着,接着剤接着等により接着被覆し,水,エアー等の充填材の注入口を設けて,機密性が保持された本発明の袋体を得ることができる。繊維素材の外側を被覆する被覆材としては,合成樹脂材あるいはゴム材を用いることになるが,その種別において特に制約を受けるものではない。例示するとすれば,塩化ビニル,ポリウレタン,ポリエステル,エチレン−酢酸ビニル共重合物等の被膜形成能を有する合成樹脂または合成ゴム,天然ゴム等である。これらの材料には,架橋剤,促進剤,可塑剤,着色剤,防炎剤等の添加剤を加えても差し支えない。
【0013】上記により得られた袋体は,1つ物の袋体であるにもかかわらず,身体の沈み込みがなく,適正な体圧分散が得られ,袋の一部に圧力が集中せず,かつ安価なエアーベット,ウォーターベット,マット,枕等に最適な袋体となる。
【0014】
【作用】本発明の袋体において,上下2層の地組織が連結糸により一体的に継合されていることは,寝具として用いた場合,該袋体に人体が横臥しても,体圧による袋体内のエアーあるいは水等の液状物の移動が適正に規制され,適度な変形による最適の体圧分散が得られ,従来用いられている1つ物の袋体寝具に見られる身体の沈み込みや身体の揺れが大きいための船酔い様の不快感が完全に解消され,袋体に体圧がかかったとき,袋の一部に圧力が集中することもなく,袋体の耐久性も向上する。また,本発明の袋体は,厚さが20〜70mmと自由に選択が可能であると同時に,上下2層の地組織が連結糸により一体的に継合されているため,全面が20〜70mmである厚みの均一な袋体が得られる。さらに,袋体に用いられる繊維素材の上下2層の地組織を連結する連結糸の少なくとも一部に,合成繊維からなる伸縮性加工糸あるいはゴム様の弾性糸を用いる場合には,繊維素材の上下地組織の外側に合成樹脂材層またはゴム材層を接着被覆加工するとき,繊維素材の厚みが減縮され,コンパクトな布帛となり,加工が容易になる。また,袋体に充填物が充填されていないときの袋体がコンパクトとなり,取扱いや収納がしやすくなる。
【0015】
【実施例】次に,本発明を実施例により詳細に説明する。
【0016】実施例1コンピューターによる経糸間歇送りの可能な装置を有する2列針床24G経編機を用い,2列の針床の間隔を50mmに調整して,図3に示す組織により,筬L1,2,4,5 に熱水収縮率が25%のポリエステルマルチフィラメント糸100d/24fをオールイン通糸で配し,筬L3 にポリエステルレギュラー仮撚加工糸100d/24fを1イン−11アウト通糸で配して,表裏の地組織が連結された二重編地を得た。得られた二重編地を,オープンソーパーにより,2g/リットルの精錬用界面活性剤が添加されている液中で拡布状で2分間精錬,リラックス処理して,糸に付着している油剤や汚れを落とすと同時に,地組織に用いられている高収縮糸を収縮させて,地組織の高密度化および連結糸に用いている仮撚加工糸の捲縮を発現させ,厚みの減縮を図った。次に,上記により得られた繊維素材を必要とする適正サイズに裁断し,上下地組織の外側に,下記塩ビ樹脂液組成により作成された厚み250ミクロンの塩ビ樹脂フィルムを注入口を設けて表裏地組織の外側全体に接着被覆して,本発明の袋体を得た。得られた袋体は,適量の水を充填したとき,袋体の厚みは約51mmであった。
【0017】〔塩ビ樹脂液組成〕
・塩化ビニル樹脂ペーストレジン 100部(ZEST,新第一塩ビ株式会社) ・ジオクテルフタレート(可塑剤) 40部・メチルイソブチルケトン/ナフテン系シンナー 10部(容積比:1/1:希釈剤)
【0018】
【発明の効果】本発明の袋体は,上下2層の地組織が連結糸により一体的に継合された上下2層の地組織が20〜70mmの間隔を保つことができる繊維素材の上下地組織の外側に,合成樹脂材層またはゴム材層が接着被覆されていることを特徴とする主に寝具に最適な袋体であり,上下2層の地組織が連結糸により一体的に継合されているため,寝具として用い,袋体に人体が横臥した場合,袋体が適度に変形し,最適の体圧分散が得られ,不快な身体の沈み込みによる湿気やべとつきがなくなり,快眠が得られたり,血行障害や皮膚障害を改良することが可能となる。また,揺れによる船酔い様の不快感が完全に解消される。また,上下2層の地組織が連結糸により一体的に継合されていることは,体圧がかかったとき,袋の一部に圧力が集中することもなく,袋体の耐久性が向上し,長年使用することが可能となる。 また,上下2層の地組織が連結糸により一体的に継合されているため,全面が20〜70mmである厚みの均一な袋体となり,品質の安定に寄与する。さらに,袋体に用いられる繊維素材の上下2層の地組織を連結する連結糸の少なくとも一部に,合成繊維からなる伸縮性加工糸あるいはゴム様の弾性糸を用いているため,繊維素材の厚みが減縮され,コンパクトな布帛となり,加工を容易にする作用と品質を安定させることができる。また,袋体に充填物が充填されていないときの袋体がコンパクトとなり,取扱いや収納がしやすくなり,利便性が向上する。上記のごとく,本発明の袋体は,快眠条件の創出,寝床内環境の改善,健康状態の改善,生活の利便性改善等々,社会的,経済的にも多大の貢献をすることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013