米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 日本鋼管株式会社

番号 発明の名称
301 塩素含有樹脂の処理方法および処理設備
302 パック圧延材の形状制御方法
303 形鋼の製造方法
304 形鋼の製造方法
305 形鋼の製造方法
306 ストリップのサイドガイド詰まり防止装置
307 高温鋼板の冷却装置及び高温鋼板の冷却方法
308 高温鋼板の冷却方法及び高温鋼板の冷却装置
309 高温鋼板の冷却装置
310 高温鋼板の冷却装置及び高温鋼板の冷却方法
311 鋼の連続鋳造方法
312 鋼の連続鋳造方法
313 溶接条件適応制御方法
314 溶接条件適応制御方法
315 構造物隅角部の水平隅肉溶接方法
316 フラッシュ溶接方法
317 フラッシュ溶接における被溶接部材の送り方法
318 一般廃棄物中の廃プラスチックの資源化方法
319 自動テープ巻き装置
320 破袋装置
321 目詰まり防止機構を備えたトロンメル型篩装置
322 構造物隅角部の隅肉溶接方法
323 隅肉継手開先のルートギャップ検出方法
324 アーク溶接による溶接方法
325 大型構造物の溶接ロボット装置
326 大型構造物における溶接ロボットの溶接経路決定方法
327 アーク溶接による溶接方法
328 升目構造物内の溶接施工方法
329 アーク溶接による溶接方法
330 レーザセンサを用いた大型構造物へのアクセス方法
331 ろ過膜エレメントの洗浄装置
332 連続塗工の塗膜厚制御方法
333 熱間圧延装置及び方法
334 鋼板の冷却方法
335 鋼板搬送ライン上を搬送される異常材の検出装置
336 帯鋼の溶接方法
337 帯鋼の溶接方法
338 重防食被覆鋼矢板の製造方法
339 コークス炉ガス脱硫設備における亜硫酸ガス冷却缶内液のpH制御方法
340 試料粉砕装置及び粉砕方法
341 形鋼のエッジング圧延装置
342 形鋼のエッジング圧延装置
343 形鋼のエッジング圧延装置
344 複数の自動溶接機の干渉回避制御方法
345 フラッシュバット溶接装置
346 フラッシュバット溶接用電源装置
347 フラッシュバット溶接用電源装置
348 チタンクラッド鋼板の製造方法
349 形鋼用粗形鋼片の圧延方法及び装置
350 ローラテーブルのパスライン計測装置およびパスライン 計測方法
351 熱間圧延設備列及び熱延鋼帯の圧延方法
352 高温鋼板の冷却方法及び高温鋼板の冷却装置
353 高温鋼板の冷却方法および高温鋼板の冷却装置
354 高温鋼板の冷却方法及び冷却装置
355 高温鋼板の冷却方法及び高温鋼板の冷却装置
356 不等辺不等厚山形鋼のパイリング装置
357 外面リブ付スパイラル鋼管用素材コイルの中継ぎ方法
358 不等辺不等厚山形鋼の耳切除装置
359 排ガス中酸性成分の除去方法
360 ろ過式集塵装置
361 排ガスの処理方法
362 塗装金属板の焼付け温度制御方法
363 焼結機ダストからの塩化物除去方法
364 鋼板冷却装置
365 旋回式研削制御方法
366 ルーパーの入力速度制御方法
367 鋼帯の溶接部検出装置
368 溶融金属の保温方法
369 連続鋳造におけるモールド内湯面レベル制御方法
370 フラッシュバット溶接機用電極のクリーニング装置
371 フラッシュバット溶接機用フラッシュカバー
372 フラッシュバット溶接機用フラッシュカバー
373 樹脂被覆鋼管の製造方法
374 合成樹脂管による旧管更生方法
375 合成樹脂管による旧管更生方法
376 樹脂被覆鋼管
377 樹脂被覆鋼管
378 樹脂被覆鋼管
379 ごみ焼却炉の集塵装置の温度制御方法
380 連続鋳造用鋳型の補修方法
381 鋼の連続鋳造方法
382 鋼の連続鋳造方法
383 廃プラスチック再生処理設備における造粒装置
384 廃プラスチック再生処理設備における造粒装置
385 廃プラスチック再生処理設備における造粒装置
386 廃プラスチック再生処理設備における造粒装置
387 圧力スイング式酸素製造方法
388 耐候性に優れた抗菌性、防カビ性プレコート鋼板
389 レールの曲がり矯正方法
390 プラグ耐用度に優れた継目無管の製造方法
391 プラグの冷却方法および装置
392 スラブのエッジ加熱方法
393 高温鋼板の冷却装置
394 高温鋼板の冷却方法
395 押上げロールおよびそれを用いた溶接管の製造方法
396 高Ti含有鋼の連続鋳造方法
397 鋼の連続鋳造方法
398 連続鋳造の鋳造開始時における溶鋼の空気酸化防止方法
399 小断面アルミキルド鋼の連続鋳造方法
400 連続鋳造用ノズルの取付け構造

[1][2][3][4][5]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013