米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 川崎製鉄株式会社

番号 発明の名称
201 U形鋼矢板の製造方法
202 圧延ロールの表面研削方法
203 帯板の圧延方法
204 帯板の圧延方法
205 連続式タンデム圧延機における板材の板厚制御方法
206 金属鋳造用鋳型
207 溶融金属の連続鋳造方法
208 鋼スラブの連続鋳造方法
209 鋼スラブの連続鋳造方法
210 連鋳スラブ端面のデスケーリング方法およびその装置
211 表面性状の優れた連続鋳造鋳片の製造方法
212 スタンピング成形材料およびその製造方法
213 フッ素樹脂フィルム積層金属帯およびその製造方法
214 圧延ロールの研削方法
215 ストリップの幅分割方法および装置
216 連続熱間圧延設備
217 連続熱間圧延設備
218 連続熱間圧延設備及び圧延方法
219 鋼管の製造方法
220 鋼管の製造方法
221 金属帯への液体塗布装置
222 可燃性廃棄物からの塩素の除去方法
223 ロール摩耗の少ない圧延方法
224 板材の圧延機及び板材の圧延方法
225 板クラウンの予測方法
226 熱間仕上圧延機における板クラウン形状制御方法
227 リバース圧延における圧延材の転回制御方法
228 開蓋性と開口部安全性に優れたオープンエンドおよびその製造方法
229 連続鋳造における二次冷却装置及び方法
230 鋳片の精整方法及びその制御装置
231 ランダム配向繊維強化熱可塑性樹脂シートの製造方法およびその製造装置
232 吸着塔の再生方法及び再生装置
233 リバース式圧延機における金属ストリップのエッジ割れ検出方法および装置
234 タンデム圧延機及び板材の圧延方法
235 圧延設備におけるストリップの張力制御装置
236 板材のエッジドロップ制御方法
237 圧延機の形状制御方法
238 長繊維強化ポリオレフィン樹脂組成物の製造方法
239 極低炭素鋼の熱間圧延方法
240 光沢の優れた金属板の製造方法
241 ステンレス鋼帯の製造方法
242 継目無鋼管の製造方法およびビレット穿孔装置
243 圧延ライン制御装置
244 ユニバーサル圧延機によるH型鋼の圧延制御方法
245 連続鋳造における清浄鋼の製造方法
246 電気溶接機の溶接状態の評価方法および装置
247 高耐食性燃料タンク用鋼板
248 高耐食性燃料タンク用鋼板
249 高耐食性燃料タンク用鋼板
250 高耐食性燃料タンク用鋼板
251 厚板圧延におけるキャンバ制御方法
252 厚板圧延におけるキャンバ制御方法
253 金属帯の冷間圧延方法および冷間圧延機
254 鋼板の冷却方法および浸漬槽型水冷装置
255 割れが生ぜず、かつ冷却効率の高いフェライト系ステ ンレス鋼連続鋳造鋳片の製造方法
256 レーザビーム溶接機のクランプ装置の診断方法およびその装置
257 金属粉末熱処理炉のケーキ排出装置
258 水処理用ストレーナ
259 金属スラリー噴霧用ノズル
260 鋼帯の塗装膜厚制御方法および鋼帯の塗装膜厚制御装置
261 光沢の優れた金属板の製造方法
262 光沢の優れた金属板の製造方法
263 光沢の優れた金属板の製造方法
264 金属箔の圧延方法
265 連続式タンデム圧延機における板材の走間板厚変更方法
266 テンション・リール用スリーブ
267 連続鋳造設備におけるスラブ切断方法
268 サイドトリマの切り屑処理装置およびその制御方法
269 長繊維強化熱可塑性樹脂成形用の可塑化装置、これを用いた成形方法および成形体
270 耐陰極剥離性に優れる防食被覆鋼材
271 光沢の優れた金属板の製造方法
272 光沢の優れた金属板の製造方法
273 継目無角形鋼管の製造方法
274 カーボン含有不定形耐火物の施工方法
275 触媒の流動化方法
276 膜形成装置および膜形成方法
277 形鋼の圧延方法および装置
278 表面疵の少ない熱延鋼板の製造方法
279 表面疵の少ない熱延鋼板の製造方法
280 表面疵の少ない熱延鋼板の製造方法
281 鋼板の連続熱間圧延方法
282 極薄鋼板製造用ダブルコールドローリングミルの操業方法
283 極厚鋼板の製造方法
284 圧延方法
285 耐食性に優れたフェライト系ステンレス熱延鋼板およびその製造方法
286 鋼帯熱間圧延設備における半製品取り出し装置
287 熱間スラブ幅プレス用金型
288 継目無角形鋼管及びその製造方法
289 冷間圧延用複合ロール
290 冷間圧延における潤滑方法
291 圧延方法
292 オンラインロール研削装置
293 圧延機における油圧自動板厚制御装置
294 ゼンジミアミルのパスライン決定方法
295 ゼンジミアミルの圧下装置設定方法
296 テーパプレートの圧下スケジュール作成方法
297 圧延機における圧延荷重の学習制御方法
298 熱間圧延ラインのミルペーシング制御方法
299 熱間連続圧延機の板厚制御方法
300 圧延機の予測制御方法及び装置

[1][2][3][4][5]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013