米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 川崎製鉄株式会社

発明の名称 連続鋳造設備の鋳片切断装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平10−24354
公開日 平成10年(1998)1月27日
出願番号 特願平8−180588
出願日 平成8年(1996)7月10日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小林 英一
発明者 櫻井 美弦 / 藤本 英男
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 連続鋳造設備の鋳片切断装置において、切断された鋳片であるスラブの切断面に当該スラブ符号を印字するスラブマーキング装置を、切断され搬送されつつある前記スラブに対し追従可能に搭載してなることを特徴とする連続鋳造設備の鋳片切断装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、連続鋳造設備の鋳片切断装置に関する。
【0002】
【従来の技術】図2は、従来の連続鋳造設備の鋳片切断装置の概要を示す側面図である。図2に示すように、連続鋳造設備においては、鋳造の向き18の上流端で鋳型12に溶鋼を間断なく供給して連続的に鋳込み、この連続的に鋳込まれつつある鋳片1を下流端で所定の寸法に切断してスラブ13、14を得ている。
【0003】鋳片1を所定の寸法のスラブに切断する方法としては、図3の概要説明図に示すように、トーチ2より例えば酸素−プロパン炎等の高温のガス火炎4を噴射して鋳片1の両側端から内側に矢印3の向きに沿って溶断していくガス溶断法が汎用されている。なお、トーチ2は、鋳造速度に同期して前進しかつ所望の速度で後退し得るトーチ移動機械11に搭載されるのが一般的であり、トーチ2を搭載した状態のトーチ移動機械11は鋳片切断装置21とよばれる。
【0004】ところで多くの連続鋳造設備では、次の熱間圧延工程でのスラブ管理を円滑に行うために、図2に示すように、切断後、搬送用ローラ15で下流に搬送される途上のスラブ14に対し、当該下流の定位置でその切断面5にスラブ符号を印字するスラブマーキング装置(スラブマーカ)20が設置されている。スラブマーカ20は、例えば図4(a)に概略側面図、(b)にそのAA矢視図を示すように、搬送途上のスラブ14の幅を跨ぐ形で水平に設置された架構フレーム19に搭載され該架構フレーム19に沿って移動可能な横行装置6と、該横行装置6に昇降可能に懸垂された昇降アーム7と、昇降アーム7先端に固定され噴射インク9をスラブ14の切断面5に噴射してスラブ符号10を印字する印字ヘッド8とからなる。
【0005】なお、図4に示した印字開始位置17のXY座標(a,b)およびスラブ符号10等の印字情報は、図示しない上位計算機がスラブ毎に把握しており、そこから適時スラブマーカ20に送られ、スラブマーカ20はこの印字情報を受けて、横行装置6、昇降アーム7を用いて印字開始位置17に印字ヘッド8を移動させ、そこを起点にスラブ符号10の末尾の印字完了まで、キャラクタ(ドットキャラクタ)選択⇒噴射インク9噴射⇒一キャラクタ分シフトという動作ステップを反復するよう構成されている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】図2に示したように、従来のスラブマーカ20は搬送ラインの定位置に配設されている。そのため、鋳片切断装置の下流にスラブマーカ20専用の基礎、架構を別途設ける必要があった。また、スラブ14を搬送する途上で前記定位置に一旦停止させてマーキングを行わねばならないため、搬送用ローラ15の停止制御装置が必要であった。さらに、かかる停止時間によるスラブ搬送時間延長に伴う連続鋳造設備の生産効率低下を補うために、搬送用ローラ15を配列しこれらを回転駆動する搬送テーブルも、より高速回転仕様のものの採用を余儀なくされていた。
【0007】すなわち、従来の連続鋳造設備の鋳片切断装置は、その下流の定位置に専用のスラブマーカ20を設置せざるを得ないことの故に、長大なスラブ搬送ラインを必要とするほか、下流へのスラブの供給効率向上のために搬送用ローラの回転速度増速や停止制御といった機械・制御系の機能増強を必要とし、過大な建設コストを要するという問題を抱えていた。
【0008】そこで本発明は、下流の定位置にスラブマーカの設置を必要としない連続鋳造設備の鋳片切断装置を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は、連続鋳造設備の鋳片切断装置において、切断された鋳片であるスラブの切断面に当該スラブ符号を印字するスラブマーキング装置を、切断され搬送されつつある前記スラブに対し追従可能に搭載してなることを特徴とする連続鋳造設備の鋳片切断装置である。
【0010】
【発明の実施の形態】本発明によれば、鋳片切断装置自身にスラブマーキング装置(スラブマーカ)を、切断され搬送されつつあるスラブに対し追従可能に搭載したので、鋳片切断装置の下流に別段のスラブマーカを常設する必要がなくなり、かつ、スラブを搬送途上でマーキングのために停止させる必要がなくなるから、上記した従来技術の問題は雲散霧消する。
【0011】
【実施例】図1は、本発明の一実施例の概略(a)は平面図、(b)は側面図である。図1において、1は鋳片、2はトーチ、5はスラブ13の切断面(印字面)、6は横行装置、7は昇降アーム、8は印字ヘッド、9は噴射インク、10はスラブ符号、11はトーチ移動機械、13は切断直後のスラブ、16は追従フレーム、18は鋳造の向きを示す矢印、20はスラブマーキング装置(スラブマーカ)、21は鋳片切断装置である。
【0012】本実施例では、スラブマーカ20の横行装置6をコの字形の追従フレーム16の中辺に沿って移動可能に係合させ、このコの字形の追従フレーム16の両端辺を、鋳片切断装置21のトーチ移動機械11の両脇で摺動可能に支持させ、かつトーチ移動機械11に、それが支持する前記コの字形の追従フレーム16の中辺が待機位置からスラブ13を追尾し所定のマーキング処理完了後に待機位置に復帰するように、当該コの字形の追従フレーム16の両端辺を例えばラックピニオン機構等で進退させ得る追従駆動装置(図示せず)を設けた。追従駆動装置の動作は、図示しない上位計算機あるいは搬送用ローラ駆動制御装置からの指令で制御することができる。
【0013】なお、スラブマーカ20側からみれば、横行装置6が係合するフレームが従来の架構フレーム19(図4参照)に代えて追従フレーム16とされ、かつ従来は図4に示したように定位置におけるXY座標(a,b)で指定されていた印字開始位置17の「定位置」に加えて、等間隔追尾開始位置として鋳造の向き18に沿うZ座標値(またはこれに対応する印字開始タイミング)が設定される。
【0014】本実施例の鋳片切断装置21はこのように構成したので、トーチ2により所定の寸法に切断された鋳片(スラブ13)が切断後直ちに所定の搬送速度で下流に搬送される状況下にあっても、スラブマーカ20の印字ヘッド8はその待機位置を起点として、追従フレーム16、横行装置6、昇降アーム7の複合動作により速やかに印字開始位置に移動し、引き続き搬送中のスラブ13を同期追尾しながらその切断面(印字面)5に対し、キャラクタを選択しつつ噴射インク9を噴射して、スラブ符号10を印字した後待機位置に復帰するという一連の動作をスラブ毎に順次繰り返すことができる。
【0015】
【発明の効果】本発明によれば、鋳片切断装置自身にスラブマーキング装置(スラブマーカ)を、切断され搬送されつつあるスラブに対し追従可能に搭載したので、従来必要であった鋳片切断装置下流定位置でのスラブマーカ設置が不要となり、またスラブを搬送途上でマーキングのために停止させる必要もなくなるから、(1) スラブマーカ専用の基礎費削減、(2) 同専用の架構削減、(3) 同専用のスラブ停止制御不要、(4) 連続鋳造設備の生産性を確保するための搬送ローラ高速化改造抑止という優れた効果を奏する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013