米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 発電 -> 日新電機株式会社

発明の名称 ガス絶縁開閉装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−163723
公開日 平成8年(1996)6月21日
出願番号 特願平6−296449
出願日 平成6年(1994)11月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】松本 英俊 (外1名)
発明者 寺田 冨士男
要約 目的
部品点数を少なくしてコストの低減を図ることができるガス絶縁開閉装置を提供する。

構成
断路器DSの可動接触子111の投入位置と断路位置との間のストロークS1 を接地開閉器ESWの可動コンタクト121の接地位置と非接地位置との間のストロークS2 に等しく設定し、断路器用操作主軸115を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部102aの外径D1 を、接地開閉器操作用主軸122を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部103aの外径D2 に等しく設定した。
特許請求の範囲
【請求項1】 固定接触子と断路器操作用主軸に取り付けられた断路器用操作レバーにより駆動されて前記固定接触子に接触する投入位置と該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位する棒状の可動接触子とを有する断路器と、固定コンタクトと接地開閉器操作用主軸に取り付けられた接地開閉器用操作レバーにより駆動されて前記固定コンタクトに接触する接地位置と該固定コンタクトとの間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位する棒状の可動コンタクトとを有する接地開閉器とを絶縁ガスが封入された外殻容器内に収納してなり、前記断路器操作用主軸は前記外殻容器に設けられた円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出され、前記接地開閉器操作用主軸は前記外殻容器の他の円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出されているガス絶縁開閉装置において、前記断路器の可動接触子の投入位置と断路位置との間のストロークが接地開閉器の可動コンタクトの接地位置と非接地位置との間のストロークに等しく設定され、前記断路器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径と、前記接地開閉器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径とが等しく設定されていることを特徴とするガス絶縁開閉装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、送電設備や変電設備に用いられるガス絶縁開閉装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】周知のように、ガス絶縁開閉装置は、遮断器、断路器、接地開閉器、ケーブルヘッド、母線導体等の機器をSF6 ガスが封入された外殻容器内に収納して所定の開閉回路を構成するように機器相互間を接続した構造を有する。ガス絶縁開閉装置の構成機器の内、断路器及び接地開閉器は、遮断器のように専用の容器を用いずに、ガス絶縁開閉装置の外殻容器内のガス空間に配置され、いずれも固定側及び可動側の電極と可動側の電極を操作する操作機構とにより構成される。これらの開閉器は類似の構造を有するため、それぞれの電極及び操作機構を同じように構成できる。
【0003】尚本明細書では断路器の各電極と接地開閉器の各電極とを区別するため、断路器の電極を「接触子」と呼び、接地開閉器の各電極を「コンタクト」と呼ぶことにする。
【0004】図2は従来のガス絶縁開閉装置の内、断路器と接地開閉器とが設けられている部分の構成例を示したものである。同図において1はガス絶縁装置の外殻容器の一部を構成する容器で、この容器1は第1の容器2と第2の容器3とからなっている。第1の容器2は、円筒部2aと、該円筒部2aの周壁部から互いに180度離れた反対方向に突出した分岐管部2b,2cとからなり、分岐管部2b,2cは円筒部2aの中心軸線と直交する中心軸線を共有するように設けられている。
【0005】第1の容器2の円筒部2aの一端には内フランジ2a1が設けられ、他端には径方向の内側及び外側に突出したフランジ2a2が設けられている。また分岐管部2b,2cの端部にはそれぞれ外フランジ2b1,2c1が設けられている。
【0006】第2の容器3は、円筒部3aと該円筒部の一端を閉じる底板部3bとからなり、円筒部3aの他端には径方向の外側及び内側に突出したフランジ3a1が形成されている。第2の容器3のフランジ3a1は第1の容器2のフランジ2a2に気密に接続されている。また第1の容器2の円筒部2aの一端の開口部を気密に閉じるように内フランジ2a1に蓋板4が取り付けられ、分岐管部2b,2cの先端の開口部を気密に閉じるようにフランジ2b1,2c1にそれぞれ絶縁スペーサ5及び6が接続されている。
【0007】絶縁スペーサ5及び6にはそれぞれ4個のコーン状の突出部5a,6aが設けられていて、各突出部5a,6a内に埋め込み導体が設けられている。各絶縁スペーサの4個の突出部はそれぞれ四辺形の頂点に位置するように設けられていて、これらの突出部の内の3つの突出部(これら3つの突出部の内の1つはその図示が省略されている。)にそれぞれ設けられた埋め込み導体に取り付けられた3相の導体接続部5b,6bにそれぞれ3相の導体7及び8の一端が接続されている。
【0008】各相の導体7及び8はそれぞれの他端が容器2の円筒部2aの軸線方向に相対するように設けられていて、各相の導体7の他端には断路器DSの摺動接触子(可動接触子を摺動接触させるための接触子)9が取り付けられている。各摺動接触子9はその軸線を容器2の円筒部2aの軸線と平行させた状態で設けられ、各相の導体8の他端の導体7側の部分には、摺動接触子9と軸線を共有するようにして断路器の固定接触子10が取り付けられている。摺動接触子9には棒状に形成された可動接触子11が摺動接触させられ、各摺動接触子11の一端は、絶縁操作棒12を介して3相連結板13に接続されている。3相連結板13にはスライダ13aが設けられていて、このスライダ13aは蓋板4に支持されたガイド棒14にスライド自在に嵌合されている。容器2の円筒部2aの周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受(図示せず。)に断路器操作用主軸15が回転自在に支持され、この主軸15に断路器用操作レバー16の一端が固定されている。レバー16の他端はスライダ13aに設けられた長孔にピンを介して結合され、レバー16の回動によりスライダ13aが容器2の軸線方向に直線変位させられるようになっている。
【0009】この例では、固定接触子10と可動接触子11と摺動接触子9とにより断路部が構成されている。また絶縁操作棒12と3相連結板13とガイド棒14と主軸15とレバー16とにより断路器操作機構部が構成され、これら断路部及び断路器操作機構部により断路器DSが構成されている。ガイド棒14の端部には、操作機構部を断路部に対して遮蔽するシールド17が取り付けられている。
【0010】主軸15は容器1の外部に導出されて図示しない操作器に連結され、該操作器により、主軸15が所定角度往復回転させられる。これによりレバー16が往復回動させられ、可動接触子11が、図示のように固定接触子10に接触する投入位置と、該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位させられる。
【0011】各相の導体8の他端の固定接触子10と反対側の部分には固定接触子10と軸線を一致させた状態で接地開閉器用の固定コンタクト18が取り付けられている。容器3の底部3bには該容器3の中心軸線に沿って伸びるガイド棒19が取り付けられ、3相連結板20に設けられたスライダ20aがガイド棒19にスライド自在に嵌合されている。3相連結板20には棒状に形成された接地開閉器用の3相の可動コンタクト21の一端が接続されている。3相の可動コンタクト21はそれぞれの軸線を対応する相の固定コンタクト18の軸線に一致させた状態で配置され、3相連結板20の直線変位に伴って図に鎖線で示したように固定コンタクト18に接触する接地位置と図に実線で示したように、固定コンタクトとの間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位させられる。
【0012】容器3の円筒部3aの周壁部に取り付けられた気密保持構造の軸受を介して接地開閉器操作用の主軸22が回転自在に支持され、該主軸22に接地開閉器用操作レバー23の一端が固定されている。操作レバー23の先端はスライダ20aに設けられた長孔にピンを介して結合され、主軸22の往復回転により操作レバー23が所定の角度往復回動作せられて、この操作レバーの回動により可動コンタクト21が接地位置と非接地位置との間を往復変位させられるようになっている。主軸22は容器3の外部に導出されて操作ハンドルまたは操作器により駆動される。
【0013】容器3の底部3bにはブッシング24を介して3相の接地端子25が取り付けられ、これらの接地端子は導線26を介して対応する相の可動コンタクト21に接続されている。
【0014】容器3aのフランジ3a1の内周部には環状の支持金具27を介して3相のシールド28が取り付けられ、3相の可動コンタクト21はこれらのシールドを通して固定コンタクト18に接触するようになっている。シールド28により、ガイド棒19と3相連結板21と操作レバー23とからなる操作機構部が固定コンタクト18から遮蔽されている。
【0015】容器1内には、SF6 ガスが所定の圧力により封入されている。図示してないが、分岐管部2b及び2cはそれぞれ絶縁スペーサ5及び6を介して他の機器を収納した容器に接続され、導体7及び8がそれぞれ絶縁スペーサ5及び6の埋め込み導体を通して他の容器内の機器に接続される。
【0016】
【発明が解決しようとする課題】上記のように、従来のガス絶縁開閉装置に用いられていた断路器DSは、固定接触子10と、断路器操作用主軸15に取り付けられた断路器用操作レバー16により駆動されて固定接触子10に接触する投入位置と該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位する棒状の可動接触子11とを備え、また接地開閉器ESWは、固定コンタクト18と、接地開閉器操作用主軸22に取り付けられた接地開閉器用操作レバー23により駆動されて固定コンタクト18に接触する接地位置と該固定コンタクト18との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位する棒状の可動コンタクト21とを備えていて、断路器操作用主軸15はガス絶縁開閉装置の外殻容器に設けられた円筒部2aの周壁に軸受を介して回転自在に支持され、接地開閉器操作用主軸22は外殻容器の他の円筒部3aの周壁に軸受を介して回転自在に支持されている。
【0017】図示の例から明らかなように、ガス絶縁開閉装置では、断路器及び接地開閉器が基本的に同様な構造を有するため、断路器の可動接触子及び固定接触子をそれぞれ接地開閉器の可動コンタクト及び固定コンタクトとして共用することはできないにしても、両者の主軸15,22、これらの主軸を支持する軸受、あるいは操作レバー16,23等は共用することが可能である。
【0018】ところが、従来のガス絶縁開閉装置においては、断路器DSの可動接触子11のストローク(投入位置から断路位置までの距離)と、接地開閉器ESWの可動コンタクト21のストロークとが異なっていたため、操作レバー16,23として異なるものを用いる必要があり、これらの操作レバーの標準化を図ることができなかった。
【0019】また従来のガス絶縁開閉装置では、主軸15及び22をそれぞれ支持する容器の円筒部2a及び3aの径が異なっていたため、主軸15及び22として長さが異なるものを用いる必要があり、また長さが異なる主軸15及び22をそれぞれ支持する軸受としては異なるものを用いる必要があったため、主軸及びその軸受を共用することができなかった。
【0020】このように、従来のガス絶縁開閉装置では、断路器と接地開閉器とでそれぞれの主軸、その軸受及び操作レバーを共用することができなかったため、部品の種類が多くなってコストが高くなるのを避けられなかった。
【0021】本発明の目的は、断路器及び接地開閉器の主軸、その軸受及び操作レバーを共用することができるようにして部品の種類を少なくし、コストの低減を図ったガス絶縁開閉装置を提供することにある。
【0022】
【課題を解決するための手段】本発明は、固定接触子と断路器操作用主軸に取り付けられた断路器用操作レバーにより駆動されて固定接触子に接触する投入位置と該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位する棒状の可動接触子とを有する断路器と、固定コンタクトと接地開閉器操作用主軸に取り付けられた接地開閉器用操作レバーにより駆動されて固定コンタクトに接触する接地位置と該固定コンタクトとの間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位する棒状の可動コンタクトとを有する接地開閉器とを絶縁ガスが封入された外殻容器内に収納して、断路器操作用主軸を外殻容器に設けられた円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持して外部に導出し、接地開閉器操作用主軸を外殻容器の他の円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持して外部に導出した構成を有するガス絶縁開閉装置に係わるものである。
【0023】本発明においては、断路器の可動接触子の投入位置と断路位置との間のストロークを、接地開閉器の可動コンタクトの接地位置と非接地位置との間のストロークに等しく設定し、断路器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径と、接地開閉器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径とを等しく設定した。
【0024】
【作用】上記のように、断路器の可動接触子のストロークを接地開閉器の可動コンタクトのストロークに等しくすると、断路器及び接地開閉器の操作レバーとして同じものを用いることができる。
【0025】また上記のように、断路器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部の外径と、接地開閉器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部の外径とを等しく設定すると、断路器操作用主軸及び接地開閉器操作用主軸として同じものを用いることができ、両主軸を支持する気密保持構造の軸受としても同じものを用いることができる。
【0026】従って、本発明のように構成すると、断路器操作用主軸と接地開閉器操作用主軸及び断路器用操作レバーと接地開閉器用操作レバーをそれぞれ同形状、同寸法に形成することができ、両主軸を支持する軸受として同じものを用いることができる。従って、主軸、操作レバー及び主軸を支持する軸受の標準化を図って部品の種類を少なくすることができ、コストの低減を図ることができる。
【0027】
【実施例】図1は本発明の実施例を示したもので、同図には、図2に示した例と同様に、ガス絶縁開閉装置の内、断路器と接地開閉器とが設けられている部分の構成のみを示している。図1において101はガス絶縁装置の外殻容器の一部を構成する容器で、この容器101は第1の容器102と第2の容器103とからなっている。第1の容器102は、円筒部102aと、該円筒部102aの周壁部から互いに180度離れた反対方向に突出した分岐管部102b,102cとからなり、分岐管部102b,102cはそれぞれの中心軸線が円筒部102aの中心軸線と直交するように設けられている。
【0028】第1の容器102の円筒部102aの一端及び他端にはそれぞれ外フランジ102a1及び102a2が設けられ、分岐管部102b,102cの端部にはそれぞれ外フランジ102b1,102c1が設けられている。
【0029】第2の容器103は、円筒部103aと該円筒部の一端を閉じる底板部1033bとからなっていて、円筒部103aの他端には径方向の外側及び内側に突出したフランジ103a1が形成され、フランジ103a1は第1の容器102のフランジ102a2に気密に接続されている。また第1の容器102の円筒部102aの一端の開口部を気密に閉じるようにフランジ102a1に蓋板104が取り付けられ、分岐管部102b,102cの先端の開口部を気密に閉じるようにフランジ102b1,102c1にそれぞれ絶縁スペーサ105及び106が接続されている。
【0030】絶縁スペーサ105及び106にはそれぞれ埋め込み導体が設けられた4個のコーン状の突出部105a,106aが、それぞれ四辺形の頂点に位置するように設けられていて、絶縁スペーサ105及び106のそれぞれの突出部の内の3つの突出部(これら3つの突出部の内の1つは図示せず。)にそれぞれ設けられた埋め込み導体に取り付けられた3相の導体接続部105b,106bにそれぞれ3相の導体107及び108の一端が接続されている。
【0031】各相の導体107及び108はそれぞれの他端が容器102の円筒部102aの軸線方向に相対するように設けられていて、各相の導体107の他端には断路器DSの摺動接触子109が取り付けられている。各相の摺動接触子109はその軸線を容器102の円筒部102aの軸線と平行させた状態で設けられている。各相の導体108の他端の導体107側の部分には、摺動接触子109と軸線を共有する断路器の固定接触子110が取り付けられている。摺動接触子109には棒状に形成された可動接触子111が摺動接触させられ、各摺動接触子111の一端は、絶縁操作棒112を介して3相連結板113に接続されている。3相連結板113には連結金具113aが取り付けられていて、この連結金具には長孔113a1が形成されている。蓋板104の内側に固定された支柱114に設けられたボス部114aに軸受を介して断路器操作用主軸115が支持されている。この主軸115は、第1の容器102の円筒部102aの周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受(図示せず。)を通して外部に導出されている。
【0032】断路器操作用主軸115に断路器用操作レバー116の一端が固定され、操作レバー116の他端は連結金具113aに設けられた長孔113a1にピン116aを介して結合され、レバー116の回動により3相連結板113が3相の絶縁操作棒112及び可動接触子111とともに容器2の軸線方向に直線変位させられる。
【0033】この例では、固定接触子110と可動接触子111と摺動接触子109とにより断路部が、また絶縁操作棒112と3相連結板113と主軸115と操作レバー116とにより断路器操作機構部がそれぞれ構成され、これら断路部及び断路器操作機構部により断路器DSが構成されている。
【0034】断路器操作用主軸115は容器101の外部に導出されて図示しない操作器に連結され、該操作器により、主軸115が所定角度往復回転させられる。これにより操作レバー116が往復回動させられ、可動接触子111が、図示のように固定接触子110に接触する投入位置と、該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位させられる。可動接触子が投入位置にある状態では、導体107−摺動接触子109−可動接触子111−固定接触子110−導体108の経路で主回路電流が流れる。
【0035】各相の導体108の他端の固定接触子110と反対側の部分には固定接触子110と軸線を一致させた状態で接地開閉器用の固定コンタクト118が取り付けられている。容器103のフランジ103a1の内周側の部分にボルト止めされた支持板130に接地開閉器用の3相の摺動コンタクト131が取付けられている、3相の摺動コンタクト131は3相の固定コンタクト118と軸線を共有するように設けられていて、これらの摺動コンタクト131に棒状に形成された3相の可動コンタクト121が摺動自在に接触させられている。3相の可動コンタクト121は絶縁操作棒132を介して3相連結板120に取り付けられ、該3相連結板120の変位により3相の可動コンタクト121が一括して容器102及び103の軸線方向に直線変位させられるようになっている。
【0036】容器103の底部103bには該容器103の中心軸線と平行に伸びる支柱119が取り付けられ、該支柱119の端部に設けられたボス部119aに軸受を介して接地開閉器操作用主軸122が支持されている。
【0037】接地開閉器操作用主軸122には接地開閉器用操作レバー123の一端が固定され、該操作レバー123の他端は、3相連結板120に固定された連結金具120aに設けられた長孔120a1にピン123aを介して結合されている。
【0038】主軸122は容器103の円筒部103aの周壁部に取り付けられた気密保持構造の軸受を通して外部に導出されて、操作ハンドルまたは操作器により駆動される。主軸122の往復回転により操作レバー123が所定の角度範囲を往復回動させられて、該操作レバー123の回動により、3相の可動コンタクト121が図示のように固定コンタクト118に接触する接地位置と、固定コンタクト118との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位させられるようになっている。
【0039】容器103の底部103bにはブッシング124を介して3相の接地端子125が取り付けられ、これらの接地端子は導線126を通して対応する相の摺動コンタクト131に接続されている。接地端子125は容器外で図示しない接続手段により共通に接続されて接地電位部に接続され、可動コンタクト121が接地位置にあるときに、導体108−固定コンタクト118−可動コンタクト121−摺動コンタクト131−導線126−接地端子125−接地電位部の経路で導体108が接地される。
【0040】本実施例において、摺動接触子109、固定接触子110、固定コンタクト118及び摺動コンタクト131は、環状に配列された多数の接触子片と該多数の接触子片に接圧を与えるバネと、接触子片及びバネを覆うシールドとを備えた公知のチューリップ形の接触子からなっている。
【0041】容器101内には、SF6 ガスが所定の圧力をもって封入されている。分岐管部102b及び102cはそれぞれ絶縁スペーサ105及び106を介して遮断器やケーブルヘッド等の他の機器を収納した容器に接続され、導体107及び108がそれぞれ絶縁スペーサ105及び106の埋め込み導体を通して他の容器内の機器に接続される。
【0042】本発明においては、断路器DSの可動接触子111の投入位置と断路位置との間のストロークS1 が、接地開閉器ESWの可動コンタクト121の接地位置と非接地位置との間のストロークS2 に等しく設定され、操作レバー116及び123として同形状、同寸法のもの(同じもの)が用いられている。
【0043】また断路器操作用主軸115を支持する気密保持構造の軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部102aの外径D1 と、接地開閉器操作用主軸122を支持する気密保持構造の軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部103aの外径D2 とが等しく設定され、主軸115及び主軸122として同じものが用いられている。主軸115及び122として同じものが用いられているため、これらを支持する気密保持構造の軸受としても同じものが用いられている。
【0044】上記のように、断路器DSの可動接触子111のストロークS1 を接地開閉器ESWの可動コンタクト121のストロークS2 に等しくすると、断路器DS及び接地開閉器ESWの操作レバー116及び123として同じものを用いることができるため、操作レバー116及び123の標準化を図ることができる。
【0045】また上記実施例のように、断路器操作用主軸115を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部102aの外径D1 と、接地開閉器操作用主軸122を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部103aの外径D2 とを等しく設定すると、断路器操作用主軸115及び接地開閉器操作用主軸122として同じものを用いることができ、両主軸を支持する気密保持構造の軸受としても同じものを用いることができる。
【0046】従って、上記実施例のように構成すると、主軸115,122、操作レバー116,123及び主軸115,122を支持する軸受の標準化を図って部品の種類を少なくすることができる。
【0047】上記の実施例では、断路器DSと接地開閉器ESWとが共通の容器101内に配置されているが、ガス絶縁開閉装置の外殻容器がガス区分された複数の容器からなっていて、任意の個数の断路器DSと接地開閉器ESWとが異なる容器内に配置される場合にも本発明を適用することができるのはもちろんである。
【0048】図1に示した実施例では、接地開閉器に摺動コンタクトを設けているが、摺動コンタクトを設けずに、図2に示した例と同様にガイド棒を用いて可動コンタクトを直線変位させるように案内する構造を採用する場合にも本発明を適用することができる。同様に、図2に示した例のように断路器の可動接触子をガイド棒を用いて案内する構造を採用する場合にも本発明を適用することができる。
【0049】以上本発明の好ましい実施例を説明したが、本明細書に開示した発明の主な態様を挙げると下記の通りである。
【0050】(1) 固定接触子と断路器操作用主軸に取り付けられた断路器用操作レバーにより駆動されて前記固定接触子に接触する投入位置と該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位する棒状の可動接触子とを有する断路器と、固定コンタクトと接地開閉器操作用主軸に取り付けられた接地開閉器用操作レバーにより駆動されて前記固定コンタクトに接触する接地位置と該固定コンタクトとの間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位する棒状の可動コンタクトとを有する接地開閉器とを絶縁ガスが封入された外殻容器内に収納してなり、前記断路器操作用主軸は前記外殻容器に設けられた円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出され、前記接地開閉器操作用主軸は前記外殻容器の他の円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出されているガス絶縁開閉装置において、前記断路器の可動接触子の投入位置と断路位置との間のストロークが接地開閉器の可動コンタクトの接地位置と非接地位置との間のストロークに等しく設定され、前記断路器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径と、前記接地開閉器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径とが等しく設定され、前記断路器操作用主軸及び接地開閉器操作用主軸として同一形状同一寸法のものが用いられ、前記断路器用操作レバー及び接地開閉器用操作レバーとして同一形状同一寸法のものが用いられていることを特徴とするガス絶縁開閉装置。
【0051】(2) 絶縁ガスが封入された外殻容器内に収納された断路器と接地開閉器とを備え、前記断路器は、前記外殻容器に設けられた円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出された断路器操作用主軸と、前記断路器操作用主軸に取り付けられて該主軸により回動させられる断路器用操作レバーと、互いに同軸的に配置された固定接触子及び摺動接触子と、前記摺動接触子により直線変位自在に支持されるとともに前記断路器用操作レバーに結合されて該レバーの回動に伴って前記固定接触子に接触する投入位置と該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位させられる棒状の可動接触子とを備えてなり、前記接地開閉器は、前記外殻容器に設けられた他の円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出された接地開閉器操作用主軸と、前記接地開閉器操作用主軸に取り付けられた接地開閉器用操作レバーと、互いに同軸的に配置された固定コンタクト及び摺動コンタクトと、前記摺動コンタクトにより直線変位自在に支持されるとともに前記接地開閉器用操作レバーに結合されて該接地開閉器用操作レバーの回動に伴って前記固定コンタクトに接触する接地位置と該固定コンタクトとの間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位させられる棒状の可動コンタクトとを備えてなるガス絶縁開閉装置において、前記断路器の可動接触子の投入位置と断路位置との間のストロークが接地開閉器の可動コンタクトの接地位置と非接地位置との間のストロークに等しく設定され、前記断路器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径が接地開閉器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた外殻容器の円筒部の外径に等しく設定されていることを特徴とするガス絶縁開閉装置。
【0052】(3) 絶縁ガスが封入された外殻容器内に収納された断路器と接地開閉器とを備え、前記断路器は、前記外殻容器に設けられた円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出された断路器操作用主軸と、前記断路器操作用主軸に取り付けられて該主軸により回動させられる断路器用操作レバーと、互いに同軸的に配置された固定接触子及び摺動接触子と、前記摺動接触子により直線変位自在に支持されるとともに前記断路器用操作レバーに結合されて該レバーの回動に伴って前記固定接触子に接触する投入位置と該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位させられる棒状の可動接触子とを備えてなり、前記接地開閉器は、前記外殻容器に設けられた他の円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出された接地開閉器操作用主軸と、前記接地開閉器操作用主軸に取り付けられた接地開閉器用操作レバーと、互いに同軸的に配置された固定コンタクト及び摺動コンタクトと、前記摺動コンタクトにより直線変位自在に支持されるとともに前記接地開閉器用操作レバーに結合されて該接地開閉器用操作レバーの回動に伴って前記固定コンタクトに接触する接地位置と該固定コンタクトとの間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位させられる棒状の可動コンタクトとを備えてなるガス絶縁開閉装置において、前記断路器の可動接触子の投入位置と断路位置との間のストロークが接地開閉器の可動コンタクトの接地位置と非接地位置との間のストロークに等しく設定され、前記断路器操作用主軸が支持された外殻容器の円筒部の外径が接地開閉器操作用主軸が支持された外殻容器の円筒部の外径に等しく設定され、前記断路器操作用主軸及び接地開閉器操作用主軸として同一形状同一寸法のものが用いられ、前記断路器用操作レバー及び接地開閉器用操作レバーとして同一形状同一寸法のものが用いられていることを特徴とするガス絶縁開閉装置。
【0053】(4) 絶縁ガスが封入された容器内に収納された断路器と接地開閉器とを備え、前記容器は一端側及び他端側にそれぞれ円筒部を有し、前記断路器は、前記容器の一端側に設けられた円筒部の周壁に取り付けられた軸受により回転自在に支持されて外部に導出された断路器操作用主軸と、前記断路器操作用主軸に取り付けられて該主軸により回動させられる断路器用操作レバーと、前記外殻容器内に互いに同軸的に配置された固定接触子及び摺動接触子と、前記摺動接触子により直線変位自在に支持されるとともに前記断路器用操作レバーに結合されて該レバーの回動に伴って前記固定接触子に接触する投入位置と該固定接触子との間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる断路位置との間を直線変位させられる棒状の可動接触子とを備えてなり、前記接地開閉器は、前記容器の他端側に設けられた他の円筒部の周壁に取り付けられた気密保持構造の軸受により回転自在に支持されて外部に導出された接地開閉器操作用主軸と、前記接地開閉器操作用主軸に取り付けられた接地開閉器用操作レバーと、前記固定接触子に隣接する位置に該固定接触子と同軸的に配置された固定コンタクトと、前記固定コンタクトと同軸的に配置された摺動コンタクトと、前記摺動コンタクトにより直線変位自在に支持されるとともに前記接地開閉器用操作レバーに結合されて該接地開閉器用操作レバーの回動に伴って前記固定コンタクトに接触する接地位置と該固定コンタクトとの間に所定の絶縁距離を隔てた状態になる非接地位置との間を直線変位させられる棒状の可動コンタクトとを備えてなるガス絶縁開閉装置において、前記断路器の可動接触子の投入位置と断路位置との間のストロークが接地開閉器の可動コンタクトの接地位置と非接地位置との間のストロークに等しく設定され、前記断路器操作用主軸が支持された外殻容器の円筒部の外径が接地開閉器操作用主軸が支持された外殻容器の円筒部の外径に等しく設定され、前記断路器操作用主軸及び接地開閉器操作用主軸として同一形状同一寸法のものが用いられ、前記断路器用操作レバー及び接地開閉器用操作レバーとして同一形状同一寸法のものが用いられていることを特徴とするガス絶縁開閉装置。
【0054】
【発明の効果】以上のように、本発明によれば、断路器の可動接触子のストロークを接地開閉器の可動コンタクトのストロークに等しくしたので、断路器及び接地開閉器の操作レバーとして同じものを用いることができる。
【0055】また本発明によれば、断路器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部の外径と、接地開閉器操作用主軸を支持する軸受が取り付けられた容器の円筒部の外径とを等しく設定したので、断路器操作用主軸及び接地開閉器操作用主軸として同じものを用いることができ、両主軸を支持する気密保持構造の軸受としても同じものを用いることができる。
【0056】従って、本発明によれば、断路器操作用主軸と接地開閉器操作用主軸、断路器用操作レバーと接地開閉器用操作レバー、及び両主軸を支持する軸受のそれぞれを標準化することができ、部品の種類を少なくしてコストの低減を図ることができる利点がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013