米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 電気素子 -> ヤマハ発動機株式会社

発明の名称 テープフィーダー
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−330785
公開日 平成8年(1996)12月13日
出願番号 特願平7−130245
出願日 平成7年(1995)5月29日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小谷 悦司 (外3名)
発明者 豊田 稔 / 赤堀 政弘
要約 目的
テープフィーダーの部品取出し部にテープ保護部材及びシャッター部材を備える構造において、シャッター部材のスライド動作が円滑に行われるようにしつつ、テープの部品収納部での部品の起立等を防止する。

構成
テープフィーダー1の部品取出し部10に、所定個所に部品取出し用の開放部46を有するテープ保護部材43と、上記開放部46の一部を閉塞する位置と非閉塞位置とにスライド可能なシャッター部材50とを設け、さらにシャッター部材50の上方にカバー部材55を設け、このカバー部材55に、シャッター部材50の表面に当接してその浮き上がりを阻止する断面略台形の突出部58を設けた。
特許請求の範囲
【請求項1】 一定間隔おきに多数の部品を収納したテープと、このテープを導出するテープ導出部と、このテープ導出部から導出されたテープを部品の取出しが可能な状態に保持する部品取出し部と、この部品取出し部で上記テープから部品が取り出されるにつれて一定量ずつテープを移動させる繰り出し機構とを備え、上記部品取出し部に、テープ通過部分の上方に位置して所定箇所に部品取出し用の開放部を有するテープ保護部材と、部品取出し時以外は上記開放部の少なくとも一部を閉塞し、部品取出し時には非閉塞位置にスライドするシャッター部材とが設けられ、このシャッター部材の上方に板状の補助部材が固定的に配置されるとともに、この補助部材に、下向き突状に屈曲して上記シャッター部材の表面に当接する一乃至複数の突出部が設けられてなることを特徴とするテープフィーダー。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、実装機において基板に部品を実装するために、テープを担体として部品を所定位置に順次供給するテープフィーダーに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来から、プリント基板に部品を実装する実装機にテープフィーダーを装備し、テープフィーダーによって多数の部品を次々に所定の部品取出し部へ送るようにしつつ、移動可能な部品吸着用のノズル部材により部品をテープフィーダーから取出すようにしたものが一般に知られている。
【0003】このようなテープフィーダーでは、例えば、テープ本体とカバーテープとからなって一定間隔おきに多数の部品を収納したテープがリールに巻回された状態で保持され、このテープがリールから導出されてフィーダー前方の所定の部品取出し部に導かれる。そして、部品取出し部において、カバーテープがテープ本体から剥がされて部品の取出しが可能な状態とされ、ノズル部材により部品の吸着が行われ、部品が吸着された後は、繰り出し機構により間歇的にテープが繰り出されつつ、次々に部品が部品取出し部において取出されるようになっている(例えば、特開平6−135623号公報参照)。
【0004】ところで、上記部品取出し部には、通常、テープの浮き上がりを防止するとともに、所定位置に達するまで部品の飛び出しを防止するために、テープ通過箇所の上方に位置するテープ保護部材が設けられている。そして、所定位置において上記テープ保護部材に開放部が形成されて、この開放部で部品を取り出すことができるようになっている。さらに、部品取出し時以外は上記開放部から不測に部品が飛び出すことを防止するために、部品取出し時以外は上記開放部を塞ぎ、部品取出し時に上記開放部を開くシャッター部材を設け、これを上記テープ保護部材の表面上でスライドさせることも行われている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上述のようにシャッター部材を設け、これをテープ保護部材に対してスライドさせる構造としては、例えば、シャッター部材にスライド方向に延びる長孔を形成し、シャッター部材をこの長孔に挿通した固定ピンによりテープ保護部材に取付ける構造が考えられる。この構造によると、簡単な構成でテープ保護部材に対してシャッター部材をスライドさせることが可能である。
【0006】このような構造において、シャッター部材をスムーズに移動させるには、固定ピンの頭部とテープ保護部材の間に形成される隙間が、理論上、シャッター部材を移動させるに必要な最小限度の寸法(シャッター部材の厚さと略同等)となっているのが望ましい。
【0007】ところが、現実には、部品取出し部の各構成部品の寸法公差等により、上記隙間が理論値よりも広くなっていて、シャッター部材が上下にがたつく場合があり、供給する部品が小型の部品の場合には、部品の吸着不良を招く原因となっている。すなわち、上記隙間が大きく設定された場合には、振動等によってシャッター部材がテープ保護部材から浮き上がることによりテープの部品収納部とシャッター部材との間の空間が広がることになる。そのため、シャッター部材が閉塞状態にあってもテープの部品収納部内で部品が起立状態となり、部品吸着時に、この状態のままで部品吸着が行われることによって部品の吸着不良が発生する。特に、最近では、部品の小型化に伴い1mm×0.5mm程度の矩形の極小チップ部品をテープフィーダーにより供給することが要求されており、このような部品では、上記隙間が広く設定されることに起因した部品の吸着不良が多い。
【0008】本発明は、上記の事情に鑑み、部品取出し部にテープ保護部材及びシャッター部材を備える構造において、シャッター部材のスライド動作が円滑に行われるようにしつつ、テープの部品収納部での部品の起立等を防止することができるテープフィーダーを提供することを目的としている。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明は、一定間隔おきに多数の部品を収納したテープと、このテープを導出するテープ導出部と、このテープ導出部から導出されたテープを部品の取出しが可能な状態に保持する部品取出し部と、この部品取出し部で上記テープから部品が取り出されるにつれて一定量ずつテープを移動させる繰り出し機構とを備え、上記部品取出し部に、テープ通過部分の上方に位置して所定箇所に部品取出し用の開放部を有するテープ保護部材と、部品取出し時以外は上記開放部の少なくとも一部を閉塞し、部品取出し時には非閉塞位置にスライドするシャッター部材とが設けられ、このシャッター部材の上方に板状の補助部材が固定的に配置されるとともに、この補助部材に、下向き突状に屈曲して上記シャッター部材の表面に当接する一乃至複数の突出部が設けられてなるものである。
【0010】
【作用】本発明によると、上記部品取出し部において、部品取出し時以外は上記シャッター部材が上記開放部を閉塞することにより、部品が上記開放部から飛び出すことが防止され、部品取出し時にはシャッター部材が非閉塞位置へスライドして部品の取出しが許容される。
【0011】シャッター部材のスライド動作においては、シャッター部材の表面に補助部材の突出部が当接することによってテープ保護部材にシャッター部材が押し当てられた状態でスライドが行われるため、テープ保護部材に対するシャッター部材の浮き上がり等が阻止され、テープの部品収納部内での部品の起立が確実に防止される。この際、上記突出部が下向き突状に屈曲しているため補助部材がシャッター部材に弾性的に当接する。そのため、各部品の寸法公差等に起因してシャッター部材の浮き上がり量が異なる場合でもシャッター部材の浮き上がりを確実に阻止することが可能である。
【0012】
【実施例】本発明の実施例について図面を用いて説明する。
【0013】図1は、本発明に係るテープフィーダーの全体構造を示している。この図に示すようにテープフィーダー1は、前方側プレート2と後方側プレート3とからなり、上記前方側プレート2が、実装機におけるフィーダ設置部の基台16に、位置決めピン17及び取付け金具18によって取付けられるようになっている。
【0014】上記後方側プレート3には、リール支持軸4及びリール押え5が設けられており、上記リール支持軸4にリール7が回転自在に取付けられ、このリール7に、多数のチップ部品を収納したテープ8が巻き付けられている。上記リール押え5は、揺動軸6を中心に揺動可能とされ、リール7に巻き付けられているテープ8を外方から押え付けている。
【0015】上記前方側プレート2には、その前端部(同図では左側端部)に部品取出し部10が設けられ、上記リール7から導出されたテープ8がガイドローラ11等を介して部品取出し部10に導かれている。さらに、後に詳述するようなテープ繰り出し機構12、カバーテープ引取り機構13、テープ本体排出用案内部などが、前方側プレート2に設けられている。
【0016】上記後方側プレート3に取付けられているリール7から導出されるテープ8は、図2〜図4に示すように、テープ本体8aとカバーテープ8bとで構成されている。上記テープ本体8aには、上部に開口した部品収納部8cが一定間隔おきに多数配設されて、各部品収納部8cに部品9が収納されており、さらに、テープ本体8aの側部には多数の係合孔8dが一定間隔おきに配設されている。上記カバーテープ8bは、テープ本体8aの各部品収納部8cを上方から閉鎖するようにテープ本体8aの上面に接着されている。そして、上記部品取出し部10においてカバーテープ8bがテープ本体8aから剥がされて部品9の取出しが可能な状態とされ、図外のノズル部材により部品9が吸着されて取り出されるとともに、テープ繰り出し機構12により、上記部品取出し動作に伴ってテープ8が一定量ずつ繰り出されるようになっている。
【0017】上記テープ繰り出し機構12は、部品取出し部10の下方に位置するスプロケット21と、このスプロケット21に連結されたラチェット22とを備え、上記スプロケット21は部品取出し部10に導かれたテープ8の係合孔8dに係合している。そして、部品取出し時におけるノズル部材の下降、上昇に伴い、前方側プレート2に取付けられているレバー23が揺動し、その揺動がリンク24a,24bを介してラチェット22の入力側に伝えられ、それに応じてラチェット22が一定方向にのみ間歇的に回転し、テープ8を一定量ずつ間歇的に繰り出すようになっている。
【0018】上記部品取出し部10でテープ本体8aから分離されたカバーテープ8bは、カバーテープ引取り機構13により引き取られて図外の処理ケースに送られ、このカバーテープ引取り機構13による引っ張り力で、テープ本体8aからカバーテープ8bが引き剥がされるようになっている。
【0019】カバーテープ引取り機構13は、図1に示すように前方側プレート2の後方下部(図1では右側下部)に取付けられた一対のテンションローラ26,27を備えている。そして、上記部品取出し部10から引き出されたカバーテープ8bが、ガイドローラ28,29、ガイド板30及びガイドローラ31を介し、両テンションローラ26,27間に導かれている。
【0020】カバーテープ引取り機構13の一方のテンションローラ26は、これと同軸に設けられた駆動部材32に図外の一方向クラッチを介して接続され、この駆動部材32がリンク33,34を介して上記テープ繰り出し機構12のレバー23に連結されることにより、テープ繰り出し機構12に同期してカバーテープ引取り機構13が作動し、間歇的にカバーテープ8bが引き取られるようになっている。
【0021】図2乃至図5は、上記部品取出し部10の構造を示している。これらの図において、部品取出し部10は、前方側プレート2の上端部に形成されたベース部分41と、その上方に設けられたテープ保護部材43、シャッター部材50及びカバー部材(補助部材)55を備えており、上記ベース部分41の上面に沿ってテープ8が移動するようになっている。
【0022】上記テープ保護部材43は、上記ベース部分41のテープ通過部分の上方に位置し、ベース部分41に対向しており、このテープ保護部材43の側辺部に連設された取付部分44がベース部分41に取付けられている。このテープ保護部材43には、その一端側に、カバーテープ8bの引き剥がし開始位置を決める係合部45が形成されるとともに、中間部所定位置に、部品取出し用の開放部46が設けられている。そして、上記係合部45の位置でカバーテープ8bが剥がされてから、テープ本体8aの部品収納部8cが上記開放部46の位置まで達すると、部品収納部8cが上方に開放されて、ノズル部材による上方からの部品9の取出しが可能となる。さらに、このテープ保護部材43には、上記開放部46に連なる所定幅の細長いシャッター部材ガイド用の切欠き部47が形成されている。
【0023】上記シャッター部材50は、テープ保護部材43の上面側に配置され、前後にスライド可能とされるとともに、上記レバー23の揺動及びテープ繰り出し機構12の作動に連動して作動することにより、部品取出し時以外は上記開放部46の少なくとも一部を閉塞する閉塞位置(図3の実線位置)とされ、部品取出し時には上記開放部46を全開する非閉塞位置(図3の二点鎖線位置)にスライドするようになっている。このシャッター部材50の一側部には、下向きに屈曲した縁部51が設けられ、この縁部51が上記切欠き部47に係合している。さらに、シャッター部材50には、後記固定ピン56を挿通するための長孔52が形成されるとともに、上記テープ繰り出し機構12に連動するシャッター部材作動用の作動片が挿通される長穴53が設けられている。
【0024】上記カバー部材55は、シャッター部材50の上面側に配置され、固定ピン56により上記テープ保護部材43に連結、固定されており、また、上記長穴53から突出する上記作動片を逃がすための長孔57が設けられている。このカバー部材55は、例えば、金属製の薄板からなり、その一端側(図2,3で右側)にはシャッター部材50のスライド方向に所定の間隔で一対の突出部58が形成され、この突出部58がシャッター部材50の表面に当接するようになっている。
【0025】上記突出部58は、プレス加工等により下向き突状に屈曲した形状とされ、例えば、図2に示すように底部が平坦にされた断面略台形に形成されており、このような形状とされることで、カバー部材55がシャッター部材50に弾性的に当接するようになっている。
【0026】以上のような本実施例のテープフィーダー1によると、リール7から導出されたテープ8が部品取出し部10に導かれ、この部品取出し部10の始端側でカバーテープ8bが剥がされてから、テープ本体8aがテープ保護部材43の下方において前方へ導かれ、繰り出し機構12により間歇的に繰り出されつつ、上記開放部46の位置で、テープ本体8aの部品収納部8cに収納されていた部品9がノズル部材により取り出される。そして、この取出し動作が行われるまでは、閉塞位置にある上記シャッター部材50により、部品9が開放部46から飛び出さないように保護され、また、部品取出し時にはシャッター部材50が非閉塞位置へスライドし、部品9の取出しが許容される。なお、本実施例においては、図5に示すように、シャッター部材50が閉塞位置にある状態で、シャッター部材50の上記縁部51がテープ8の部品収納部8cの直上方に配置されて部品9の飛び出しを阻止するようになっている。
【0027】ところで、このようなテープフィーダーにおいては、シャッター部材がテープ保護部材から浮き上ることによりテープの部品収納部とシャッター部材との間の空間が広がって部品が部品収納部内で起立状態とり、これによって部品吸着の適正を阻害することが懸念される。
【0028】しかしながら、上記テープフィーダー1においては、上述のように、シャッター部材50の上面側に設けられたカバー部材55の突出部58によってシャッター部材50がテープ保護部材43側に押え付けられ、これによってシャッター部材50の浮き上りが阻止されるので、部品収納部8c内で部品9が起立状態となる等することが未然に防止される。そのため、1mm×0.5mm程度の矩形の極小チップ部品を供給するような場合にも、ノズル部材による吸着不良等を招くことなく適切に部品の供給を行うことができる。
【0029】しかも、上記テープフィーダー1では、カバー部材55とシャッター部材50とが上述のように突出部58でのみ当接され、これによりシャッター部材50とカバー部材55の摩擦抵抗の増大が抑えられるようになっているので、上述のようにカバー部材55とシャッター部材50を当接させる構造でありながらも、シャッター部材50をスムーズにスライドさせることができる。
【0030】また、上記カバー部材55の突出部58が断面略台形に形成され、これによってカバー部材55がシャッター部材50に弾性的に当接するようになっているので、部品の寸法公差等を有効に吸収してシャッター部材50の浮き上がりを確実に阻止することができるという利点もある。
【0031】なお、上記実施例は、本発明に係るテープフィーダーの一実施例であって、その具体的な構造等は本発明の要旨を逸脱しない範囲で適宜変更可能である。例えば、カバー部材55の突出部の形状は、上記突出部58のように底部を平坦にした断面略台形のもの以外に、底部を湾曲させた断面形状のものであっても構わない。また、突出部58の数も、シャッター部材50のスライド動作をスムーズに行いつつ、その浮き上がり等を適切に阻止し得るように適宜選定するようにすればよい。
【0032】
【発明の効果】以上説明したように、本発明のテープフィーダーは、所定個所に部品取出し用の開放部を有するテープ保護部材と、上記開放部の一部を閉塞する位置と非閉塞位置とにスライド可能なシャッター部材とを部品取出し部に設け、さらにシャッター部材の上方に、シャッター部材の表面に当接する突出部を備えた補助部材を固定的に配置するようにしたので、シャッター部材のスライド動作においては、シャッター部材の表面に補助部材の突出部が当接してシャッター部材がテープ保護部材に押し当てられた状態でスライドが行われる。そのため、テープ保護部材に対するシャッター部材の浮き上がり等が効果的に阻止されてテープの部品収納部内での部品の起立が確実に防止される。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013