米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 加工処理操作 -> 新日本製鐵株式会社

番号 発明の名称
501 双ロール連続鋳造設備におけるトリム装置及びトリム屑処理装置及び方法
502 双ロール連続鋳造方法および双ロール連続鋳造機
503 鋼の連続鋳造法
504 鋼の連続鋳造方法
505 連続鋳造法及びその装置
506 鋼の連鋳鋳片の偏析、センターポロシティ改善方法
507 築炉方法
508 溶湯とスラグの分離方法
509 スラグ流出防止法
510 耐熱性に優れた潤滑塗装アルミニウム系めっき鋼板
511 H形鋼用粗形鋼片の製造方法
512 防眩性に優れたチタン板およびその製造方法
513 高Crフェライト鋼継目無鋼管の圧延方法
514 優れた成形性と強度を有する鋼板製2ピース缶及びその製造法
515 気泡と介在物を除去する溶湯の清浄化法及び装置
516 連続鋳造における鋳型内溶融金属流動制御法
517 連続鋳造設備におけるセグメントスタンド固定装置
518 気泡と介在物を除去する溶湯の清浄化法及び装置
519 クラッド鋼管の溶接方法
520 樹脂サンドイッチ型金属板の溶接部樹脂除去方法
521 丸材の端面研磨装置及び端面研磨方法
522 マスタスレーブマニピュレータの制御方法およびその装置
523 マスタスレーブマニピュレータの制御装置
524 耐食性、耐溶剤性に優れた薄膜有機複合鋼板
525 排ガス処理用移動層
526 TiAl基金属間化合物のシース加工法
527 純チタンスラブの熱間圧延方法
528 TiAl基金属間化合物の熱間加工法
529 圧延ロールのロールプロフィル学習計算方法
530 連続鋳造圧延設備のルーパー及びルーパーによる鋳造ストリップの張力調整方法
531 線材の真空アークデスケーリング装置
532 曲げ部分の疲労特性の優れた小径電縫鋼管の製造方法
533 冷却基板への溶融金属および合金の供給量を一定化する方法
534 溶融金属および合金の供給制御方法
535 チタン添加極低炭素鋼の連続鋳造方法
536 連続鋳造方法
537 スラブ鋳造におけるアルゴンガス吹込制御方法
538 厚肉小径電縫鋼管の製造方法
539 極厚肉小径電縫鋼管の製造方法
540 気泡巻き込み体積を減少したラミネート方法
541 排ガス浄化用メタル担体の製造方法
542 耐食性と塗料密着性の優れたクロメート/有機樹脂複合下地処理方法
543 多彩模様塗膜の形成方法およびその鋼板
544 耐化成処理性に優れた有機複合鋼板
545 鋼板マーキング方法
546 シーム疵の少ない熱延鋼板の製造法
547 圧延ロールのロールプロフィル学習計算方法
548 真空アークデスケール方法
549 衝合部品質の優れた鍛接鋼管の製造方法
550 鍛接衝合部品質の優れた鍛接鋼管の製造方法
551 チタン添加極低炭素鋼の連続鋳造方法
552 連続鋳造用鋳型
553 鋼の連続鋳造装置
554 溶融金属の流動制御装置
555 タンディッシュ内溶鋼の酸化防止方法
556 超高磁束密度一方向性電磁鋼板用鋳片の製造方法
557 連続鋳造設備におけるトリム屑処理装置及びトリム屑処理方法
558 ボイラーチューブの連続溶接法
559 ワイヤー添加型MIG溶接法
560 角継手1パスサブマージアーク溶接方法
561 クラッド鋼管の内面溶接方法
562 溶接部疲労強度向上方法
563 ガスシールドアーク溶接用鋼ワイヤ
564 ガスメタルアーク溶接金属
565 P添加薄板用のガスシールドアーク溶接用フラックス入りワイヤ
566 現地溶接施工性に優れた複層鋼管の製造方法
567 金属ハニカム構造体の巻取り方法及び装置
568 ストライプ状に塗膜を形成した塗装板と、この塗装板の塗装方法及び塗装装置
569 塗装装置及び塗装方法
570 加熱硬化型塗料の加熱鋼管への塗装方法
571 陰極剥離し難い重防食法
572 板材の塗装方法
573 プレス加工特性の優れた表面処理鋼板及びその製造方法
574 無機・有機融合体被覆鋼板およびその製造方法
575 耐汚染性に優れた室内内装壁材
576 意匠性に優れた塗装板とその製造方法
577 頭部内部疲労損傷性に優れた高強度レールの製造方法
578 頭部内部疲労損傷性に優れた高強度レールの製造方法
579 純チタン薄板の表面光沢度調整方法
580 圧延制御装置
581 圧延制御装置
582 鍛接部高強度、高品質の鍛接鋼管の製造方法
583 曲り管の製造方法
584 鋼管の曲げ加工方法
585 残留δフェライトの少ないオーステナイト系ステンレス鋼薄肉鋳片の製造方法
586 連続鋳造用浸漬ノズルの詰まり防止方法
587 ハンディ型ロールアライメント測定装置
588 溶鋼取鍋用ノズル内流動制御法
589 鋼管矢板継手の溶接装置
590 鋼片の開先突合せ点検出方法
591 高温材料の開先位置計測方法
592 レーザ加工装置
593 ガスメタルアーク溶接金属
594 ガスシールドアーク溶接用ワイヤ
595 高耐食高Moステンレス鋼用被覆アーク溶接棒
596 長尺鋼板の製作方法
597 研削装置
598 帯状体捲取装置ラッパロールのオンライン研削用砥石
599 高耐食性皮膜を有する容器用ラミネート鋼板
600 排煙脱硫装置における循環液の放流量制御方法

[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]
 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013