米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社三共

発明の名称 弾球遊技機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−141170
公開日 平成8年(1996)6月4日
出願番号 特願平6−315963
出願日 平成6年(1994)11月25日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】今崎 一司
発明者 鵜川 詔八
要約 目的
画面表示の多様化が招来でき、且つ確変等の遊技状態が視覚的に判別し得る可変表示装置を備えた弾球遊技機を提供することにある。

構成
通常確率のリーチ変動時には、確定した左・中の各図柄が縮小されて上方にリーチ図柄92として表示されると共に、図柄表示部52a・52bの全領域にゴルフをするキャラクタ図柄93が出現する。一方、高確率のリーチ変動時には、確定した左・中の各図柄が縮小されて上方にリーチ図柄92として表示されると共に、図柄表示部52a・52bの全領域にバスケットをするキャラクタ図柄が出現する。
特許請求の範囲
【請求項1】 識別情報を可変表示すると共にこの識別情報の表示結果が予め定めた表示結果となったときに特定の遊技価値を付与し得る可変表示装置を備えてなる弾球遊技機において、前記可変表示装置は、前記識別情報の表示結果に関連する複数種類のキャラクタ画像を選択的に可変表示し得るキャラクタ表示部と、前記キャラクタ画像の種類を所定の条件に応じて選択するキャラクタ種類選択手段と、を備えたことを特徴とする弾球遊技機。
【請求項2】 前記識別情報の表示結果が予め定めた表示結果となる確率が通常時と、予め定めた条件の成立に伴って確率が通常時よりも高確率に変動する確変時とを前記キャラクタ図柄の種類を選択するための所定の条件としたことを特徴とする請求項1記載の弾球遊技機。
【請求項3】 前記可変表示装置に表示される識別情報は複数列の識別情報表示部にて表示され、リーチ時、この複数列の識別情報表示部のうち既に停止している識別情報表示部を前記キャラクタ表示部に換えて前記キャラクタ画像を表示することを特徴とする請求項1又は請求項2記載の弾球遊技機。
【請求項4】 リーチ時、前記複数列の全ての識別情報表示部を前記キャラクタ表示部に換えて前記キャラクタ画像を表示することを特徴とする請求項1又は請求項2記載の弾球遊技機。
【請求項5】 前記複数列の識別情報表示部と前記キャラクタ表示部とを事前に分割設定したことを特徴とする請求項1又は請求項2記載の弾球遊技機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、識別情報を可変表示すると共にこの識別情報の表示結果が予め定めた表示結果となったときに特定の遊技価値を付与し得る可変表示装置を備えてなる弾球遊技機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、一般に、弾球遊技機としてのパチンコ遊技機に設けられる可変表示装置は、複数列の識別情報表示部で識別情報を可変表示するようになっていた。そして、始動入賞口への打玉の入賞に伴って各識別情報表示部の変動を許容し、各識別情報表示部に停止表示される識別情報の組合せが予め定めた組合せ結果(当り図柄)となったときに特定遊技状態あるいは権利発生状態等の特定の遊技価値を付与するようになっていた。また、このような可変表示装置には、リーチとなったときにキャラクタ図柄を可変表示するキャラクタ表示部を設けたものが提案されており、これによって視覚的に遊技の興趣を向上させていた。なお、パチンコ遊技機には、予め定めた条件の成立に伴って当り図柄となる確率を通常時よりも高く確率変動するものがあった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来のように確率変動するパチンコ遊技機にキャラクタ表示部を備えた可変表示装置を設けた場合では、確率変動の有無に関わらずキャラクタ図柄の表示が画一的であったため、画面表示が視覚的にマンネリ化すると共に、確率変動の有無が視覚的に判別できないという問題を有していた。本発明は、上記した問題点に鑑みなされたもので、その目的とするところは、画面表示の多様化が招来でき、且つ確変等の遊技状態が視覚的に判別し得る可変表示装置を備えた弾球遊技機を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記した目的を達成するために、本発明においては、識別情報を可変表示すると共にこの識別情報の表示結果が予め定めた表示結果となったときに特定の遊技価値を付与し得る可変表示装置を備えてなる弾球遊技機において、前記可変表示装置は、前記識別情報の表示結果に関連する複数種類のキャラクタ画像を選択的に可変表示し得るキャラクタ表示部と、前記キャラクタ画像の種類を所定の条件に応じて選択するキャラクタ種類選択手段と、を備えたことを特徴とするものである。
【0005】また、前記識別情報の表示結果が予め定めた表示結果となる確率が通常時と、予め定めた条件の成立に伴って確率が通常時よりも高確率に変動する確変時とを前記キャラクタ図柄の種類を選択するための所定の条件とすることにより、当り確率の通常時と確変時とが異なるキャラクタ画像の表示で視覚的に判断することができる点で有利である。
【0006】また、前記キャラクタ画像の表示を行うキャラクタ表示部としては、前記可変表示装置に表示される識別情報は複数列の識別情報表示部にて表示され、リーチ時、この複数列の識別情報表示部のうち既に停止している識別情報表示部を前記キャラクタ表示部に換えたもの、リーチ時、複数列の全ての識別情報表示部を換えたもの、あるいは複数列の識別情報表示部とを事前に分割設定したもの、何れのキャラクタ表示部であってもよい。
【0007】
【作用】可変表示装置は、識別情報の表示結果に関連する複数種類のキャラクタ画像を選択的に可変表示し得るキャラクタ表示部と、キャラクタ画像の種類を所定の条件に応じて選択するキャラクタ種類選択手段と、を備えたので、確変等の遊技状態に応じてキャラクタ画像の表示を変更することができ、ひいては画面表示の多様化が招来できると共に確変等の遊技状態が視覚的に判別できる。
【0008】
【実施例】以下、図面を参照して本発明の実施例について説明する。先ず、図1を参照して実施例に係る弾球遊技機(図示ではパチンコ遊技機)の遊技盤1の構成について説明する。図1は、遊技盤1を示す正面図である。図1において、遊技盤1の表面には、発射された打玉を誘導するための誘導レール2がほぼ円状に植立され、該誘導レール2で区画された領域が遊技領域3を構成している。遊技領域3のほぼ中央には、後述する識別情報表示部としての各図柄表示部58a〜58cでの識別情報(以下、遊技図柄という)の可変表示(以下、変動ともいう)を可能にする可変表示装置50が配置されている。なお、可変表示装置50の詳細な構成については後に詳述するものである。
【0009】可変表示装置50の下方には、始動玉通過口4が配置されており、該始動玉通過口4を通過する打玉は、始動玉通過口4に設けられた始動玉検出器5によって検出される。そして、始動玉検出器5が打玉を検出すると、可変表示装置50の図柄表示部58a〜58cが変動し、その表示結果が当り図柄であるときに後述する権利発生装置6の開閉片9a・9bを所定時間開放するようになっている。なお、始動玉検出器5のON動作に基づく可変表示装置50の変動は、所定回数(例えば、4回)記憶され、その旨が可変表示装置50に設けられる後述の記憶表示LED64によって表示される。
【0010】可変表示装置50の左側方には、権利発生装置6が配置されており、該権利発生装置6は、図2及び図3に示すように、遊技盤1の表面に取付けられる縦長形状の取付基板7を有している。取付基板7の上側部分には、普通可変入賞口8が設けられており、該普通可変入賞口8には、左右一対の開閉片9a・9bが設けられている。開閉片9a・9bは、遊技盤1の裏面に配置されたソレノイド10の駆動に基づいて傾動位置と垂直位置との間で変動自在となっており、また、垂直位置にある開閉片9a・9bの上方には、普通可変入賞口8への打玉の入賞を阻止する障害釘11が設けられている。これにより、開閉片9a・9bは、ソレノイド10がONされたときには、普通可変入賞口8を開放する傾動状態となる一方、ソレノイド10がOFFされたときには、普通可変入賞口8を閉塞する垂直状態となる。
【0011】一方、前記取付基板7の下側部分には、入賞空間12が設けられており、該入賞空間12には、前記普通可変入賞口8の下流端と連通するC字状の玉通路13と、該玉通路13からの入賞玉を1個だけ玉受面14aに停留して上下方向への移動が可能な可動部材14と、該可動部材14の移動における上端位置で玉受面14aの停留玉を右方向に転送する転送路15と、が設けられている。なお、可動部材14の移動(上下)方向における遊技盤1の表面には、可動部材14の移動を規制するための案内溝16が条設されており、また、案内溝16の裏面側には、可動部材14の駆動源をなすモータ17が設けられ、該モータ17の駆動軸17aには、その回転動作を可動部材14の進退動作に変換するためのカム18が軸着されている。また、入賞空間12内には、玉通路13の途中経路に余剰玉受入口19が、案内溝16の下方に入賞玉受入口(普通領域)20が、転送路15の下流端部に特定玉受入口(特定領域)21が、それぞれ形成されている。さらに、入賞空間12には、上記した構成以外に、入賞空間12内での入賞玉の動きが視認し得る透明材料の前面板22と、遊技内容に応じた照明装飾を行う飾りLED23(以下、飾りLED−Eという)と、特定玉受入口21に入った入賞玉を検出すると共にこの検出動作に基づいて権利発生状態を発生し得る特定玉検出器24と、カム18との係合に基づいてモータ17の駆動をON/OFFし結果として可動部材14を移動の上端位置で所定時間停止するカムスイッチ25と、が設けられている。
【0012】次に、上記した権利発生装置6内での入賞玉の動きを図4(A)〜(D)に基づいて以下に説明する。先ず、可変表示装置50の表示結果が当り図柄となると、図4(A)に示すように、権利発生装置6の開閉片9a・9bが所定時間開放され、これに伴って入賞空間12内に入賞玉が導かれる(図4(A)中に矢印aで示す)。その後、図4(B)に示すように、入賞空間12内に導かれた1個目の入賞玉が可動部材14の玉受面14a上に停留され、且つ2個目及び3個目の各入賞玉が玉通路13内に停留されると、4個目以降の入賞玉は、3個目の入賞玉にはじかれて余剰玉受入口19に流れる(図4(B)中に矢印bで示す)。その後、所定時間の経過に伴い、1個目の入賞玉を停留した可動部材14が上方に移動されると、2個目及び3個目の各入賞玉は、入賞玉受入口20に流れる(図4(C)中に矢印cで示す)。そして、1個目の入賞玉は、可動部材14が上端位置で停止すると、玉受面14a上から転送路15上に転送され、最終的に特定玉受入口21に入り(図4(D)中に矢印dで示す)、権利発生状態を発生させるようになっている。このように、本実施例の権利発生装置6では、1個目の入賞玉のみを可動部材14の玉受面14a上に停留させておく構成を採ることで、1個目の入賞玉のみを特定玉受入口21に導くようになっており、結果として、複数の入賞玉による権利発生直後の権利消滅(後述する)という事態を防止している。
【0013】一方、可変表示装置50の右側方には、回転体26が配置されている。回転体26は、前記遊技盤1の表面に取付けられる取付板を有し、該取付板の表面に円状の包囲枠が突設され、該包囲枠の内側のモータ27(図7参照)によって時計回りの方向に回転駆動されるようになっている。回転体26の外周部には、1個の打玉を受け入れる玉受凹部26aが形成され、回転体26が回転して包囲枠の上部に形成される作動入賞口28から入った打玉を受け入れるようになっている。玉受凹部26aに受け止められた打玉は、取付板に開設された入賞孔から取付板の裏面に導かれ、取付板の裏面に形成される通路を通り、その下方に設けられた作動玉検出器29によって検出される。作動玉検出器29は、権利発生状態中に打玉を検出することで後述する可変入賞球装置30のソレノイド32にON信号を導出し、これに基づいて可変入賞球装置30の開閉翼片33a・33bを開成駆動する特定遊技状態を発生するようになっている。なお、回転体26における玉受凹部26aの左側部には、図5(A)に示すように、変形可能な可動片部26bが形成されており、該可動片部26bは、図5(B)に示すように、玉受凹部26aと作動入賞口28との間に遊技玉Bが挟まった際(これを俗に玉がみという)変形することで、遊技玉Bの芯をずらして玉がみを解除するようになっている。
【0014】また、回転体26の下方位置には、特別可変入賞口31を備えてなる可変入賞球装置30が設けられている。特別可変入賞口31には、ソレノイド32の駆動制御によって特別可変入賞口31を開閉する左右一対の開閉翼片33a・33bが設けられている。また、特別可変入賞口31の内部には、入賞玉の検出を行う左右の各入賞玉検出器34a・34bが設けられており、該入賞玉検出器34a・34bによって所定個数(例えば、10個)の入賞玉が検出されると、ソレノイド32の駆動を制御して開閉翼片33a・33bを閉塞するようになっている。さらに、可変入賞球装置30には、入賞玉検出器34a・34bによって検出される入賞玉数を表示する7セグメントタイプの個数表示器35と、飾りLED36(以下、飾りLED−Fという)と、飾りLED37(以下、飾りLED−Gという)と、飾りLED38(以下、飾りLED−Hという)と、左右の各入賞口39a・39bと、が設けられている。
【0015】さらに、遊技領域3を含む遊技盤1には、上記した構成以外に、入賞口40、各サイドLED41a〜41eを内蔵した左サイドLED飾り41、各サイドLED42a〜42eを内蔵した右サイドLED飾り42、風車ランプ43aを内蔵してなる左右の風車43、レール飾りランプ44、アウト口45、バック玉防止部材46等が設けられている。また、図示しないが、パチンコ遊技機の上部正面には遊技効果ランプ47(図6参照)が設けられ、任意の位置には効果音を発生するスピーカ48(図6参照)が設けられている。なお、上記サイドLED41a〜41e・42a〜42eには、「1〜9・0」の番号(以下、これをサービス図柄という)が順次設けられると共に、この番号に対応してWCRND KZU(0〜9)の各ランダム数が設けられている(図28及び図29参照)。また、サイドLED41a〜41e・42a〜42eは、それぞれ前記特定玉検出器24での入賞玉の検出に伴って点灯移動を行い、所定時間後にそのうちの1つが点灯表示されるようになっている。このため、予め、ホール内で特定のサービス図柄(サイドLED41a〜41e・42a〜42e)を決めておき、そのサービス図柄が点灯表示したときには、景品玉の継続使用を許可する等を行うことで付加的な遊技内容の盛り上げを可能にしている。
【0016】ここで、特定遊技状態における遊技内容を簡単に説明すると、可変表示装置50での当り図柄の表示に伴って権利発生装置6の開閉片9a・9bが開放され、入賞空間12内の特定玉検出器24に打玉が導かれると、権利発生状態となる。そして、権利発生状態が継続しているときに、打玉が回転体26の玉受凹部26aに入賞して作動玉検出器29をONさせると、特定遊技状態が発生して可変入賞球装置30の開閉翼片33a・33bが開放動作を行う。そして、このような特定遊技状態は、権利発生状態が継続している限り、打玉が回転体26の玉受凹部26aに入賞する毎に繰り返される(開放サイクル)。ただし、権利発生状態の継続は、権利発生状態中に再度入賞空間12内の特定玉検出器24に打玉が誘導されたとき、又は、作動玉検出器29に所定個数(例えば、16個)の打玉が検出されたことにより終了するようになっている。
【0017】次に、遊技領域3のほぼ中央に配置される可変表示装置50の詳細な構成について説明する。可変表示装置50は、前記遊技盤1の表面に取付けられる取付基板51と、左・中・右の各図柄表示部52a〜52cを有するLCD表示器52と、を備えている。取付基板51には、ほぼ正方形状の表示窓51aが形成されており、該表示窓51aには、LCD表示器52の画像表示面が臨設されている。取付基板51の上部には、入賞口53と、センターランプ54と、飾りLED55(以下、飾りLED−Aという)と、飾りLED56(以下、飾りLED−Bという)と、が設けられている。また、取付基板51の左右の両側部には、それぞれ飾りLED57(以下、飾りLED−Cという)と、飾りLED58(以下、飾りLED−Dという)と、が設けられ、取付基板51の下部には、前記始動玉通過口4を通過した打玉数を記憶表示する記憶表示LED59が設けられている。なお、可変表示装置50の変動未消化分を記憶する最大数は、4個であり、このため、記憶表示LED59も4個設けられている。
【0018】次に、前記LCD表示器52の各図柄表示部52a〜52cに表示される各図柄について説明する。各図柄表示部52a〜52cに可変表示される左・中・右の各図柄列には、それぞれ「1〜11」の番号が順次設けられると共に、この番号に対応してWCRND ZUL・ZUC・ZUR(図30参照)の各ランダム数が設けられている。そして、これら3つ(WCRND ZUL・ZUC・ZUR)の各図柄列は、それぞれあたかもリール回転するように変動され、変動開始時から所定時間が経過したときに左・中・右の順で停止されて3個の図柄が確定されることとなる。なお、左・中・右の各図柄列における当り図柄の組合せは、各図柄列に同一図柄が揃って停止表示された組合せである。
【0019】以上、可変表示装置50を含むパチンコ遊技機の遊技盤1の構成について説明してきたが、それらの遊技装置は、図6及び図7に示す遊技制御回路によって制御される。図6及び図7は、遊技制御回路をブロック構成で示す回路図であり、MPU、ROM、RAM、入出力回路を含み且つ本発明の表示態様選択手段をなす基本回路60によって制御されている。しかして、基本回路60は、入力回路61を介して始動玉検出器5、入賞玉検出器34a・34b、特定玉検出器24、カムスイッチ25、及び作動玉検出器29からの検出信号が入力され、アドレスデコード回路62から基本回路60及び入力回路61にチップセレクト信号が与えられる。また、電源投入時に初期リセット回路63から基本回路60にリセット信号が与えられ、所定時間毎に定期リセット回路64から基本回路60に定期リセット信号が与えられる。
【0020】一方、基本回路60からは、以下の装置及び回路に制御信号が与えられる。即ち、LCD回路65を介してLCD表示器52(図6中には、後述のLCD制御回路80を含むLCD表示装置として記載)に表示制御信号が与えられ、LED回路66を介して個数表示器35、各サイドLED41a〜41e・42a〜42e、記憶表示LED59、及び各飾りLED−A〜Hに表示制御信号が与えられ、ソレノイド回路67を介して各ソレノイド10・32に駆動信号が与えられ、音声発生回路68を介してスピーカ48に音声信号が与えられ、ランプ回路69を介して遊技効果ランプ47、レール飾りランプ44、センターランプ54、及び風車ランプ43aに表示駆動信号が与えられ、モータ回路70を介して各モータ17・27に駆動信号が与えられる。さらに、基本回路60は、情報出力回路71を介して外部に大当り情報、有効始動情報、及び確率変動情報を出力している。なお、上記した装置や回路には、電源回路72から各種の電圧を有する電力が供給されている。
【0021】また、上記したLCD回路65とLCD表示器52との間には、図8に示すように、LCD制御回路80が設けられている。このLCD制御回路80は、LCD回路65側からの信号を入力し演算処理を行うCPU81と、該CPU81に接続されて制御の記憶を行う制御ROM82及び画像表示制御を行うVDP83と、該VDP83に接続された第1・第2の各ROM84・85(図8中には、共にROM1・2と記載)及びVRAM86と、VDP83からの信号を入力してLCD表示器52側に信号を出力し液晶駆動制御を行うLCDドライバー87と、から構成されている。そして、LCD制御回路80は、VDP83がCPU81からの指令信号に応答して、各ROM84・85から圧縮データを読み出し、この読み出したデータをRAM86に展開して表示データを作成し、VDP83を介してLCDドライバー87に制御信号を送るようになっている。なお、第1ROM84内に記憶される圧縮データは、図9(A)に示すように、リセット・割込ベクタコマンドインプット(00000H〜02000H)、スロット表示プログラム(02000H〜0C000H)、ラウンドデモ表示プログラム(0C000H〜16000H)、コマンドダミーデータ(16000H〜18000H)、リソースデータ(18000H〜1A000H)、音楽データ(1A000H〜1E000H)、音声合成データ(1E000H〜30000H)、マップデータ・パレットデータ・インデックス(30000H〜60000H)、及び共通画像データ(60000H〜7FFFFH)である。一方、第2ROM85内に記憶される圧縮データは、図9(B)に示すように、変動画像データ(80000H〜A0000H)、ゴルフリーチ画面データ(A0000H〜C0000H)、バスケットボールリーチ画面データ(C0000H〜D0000H)、ゴルフ大当り画面データ(D0000H〜F0000H)、及びバスケットボール大当り画面データ(F0000H〜FFFFFH)である。
【0022】また、上記基本回路60からLCD回路65への表示制御信号は、図10及び図11に示すように、DATA1(1バイト目)のコマンドヘッダー、DATA2(2バイト目)のメインステータス、DATA3(3バイト目)のリール左停止図柄指定、DATA4(4バイト目)のリール中停止図柄指定、DATA5(5バイト目)のリール右停止図柄指定、DATA6(6バイト目)の周回数・移動図柄数、DATA7(7バイト目)の権利状態指定、及びDATA8(8バイト目)のチェックサム、からなるコマンドブロックフォーマットが8バイトのデータである。なお、コマンドデータ1〜8は、各々、8ビットにて構成され、その送信間隔は、2msに設定されている。また、各コマンドデータ1〜8の具体的な送信内容としては、コマンドデータ2(メインステータス)が2xHのときは、ゲーム表示のコマンドを行い、具体的には、20Hで全図柄変動表示、21Hでリール左停止、22Hでリール中停止、23Hでリール右停止、24Hでリール右停止(リーチ■:ショートリーチ)、25Hでリール右停止(リーチ■:ロングリーチ)、26Hで全図柄停止表示となっている。また、コマンドデータ6(周回数・移動図柄数)の10H〜70Hは、それぞれ1周〜7周のリーチ動作の周回指定を行い、0xHは、リーチ動作時の移動図柄数の指定を行うようになっている。また、コマンドデータ7(権利状態指定)が1xHのときは、権利状態での指定を行い、0xHのときは、大当り発生表示の指定を行うようになっている。なお、コマンドデータ1(コマンドヘッダー)は、データ(表示制御信号)送信の旨を送信先に報知するための固定データであり、コマンドデータ8(チェックサム)は、データ(表示制御信号)の送信完了をチェックするためのデータである。
【0023】次に、上記した遊技制御回路の処理プロセスを図12乃至図27のフローチャートに基づいて以下に説明すると、この処理プロセスは、リセット割込処理(システムメイン処理)とタイマ割込処理(図12(B)参照)とに大別される。システムメイン処理は、図12(A)に示すように、スタックポインタの設定(S1)、初期化フラグの判定を行ってMCU内蔵RAMのクリア等を行う初期化処理(S2)、チェックサム演算やデータ転送処理等を行う表示制御処理(S3)、図柄プロセスの分岐実行処理を行うと共に確率変動中はリールバックカラーをセットする図柄プロセス処理(S4)、開放表示プロセスの分岐実行処理を行う開放プロセス処理(S5)、警告時の表示ランプ点灯等を行う警告処理(S6)、ランプ/LEDの出力データタイマ更新等を行う出力データ制御処理(S7)、ランプ/LED出力データ等のデータ設定処理を行う出力データセット処理(S8)、各種ソレノイドのデータ設定処理を行うソレノイド制御処理(S9)、各種モータのデータ設定処理を行うモータ制御処理(S10)、有効始動情報等の情報を出力データに設定する情報出力処理(S11)、ポートD出力データ及びデジットカウンタに対応する出力データを出力する出力データ出力処理(S12)、表示図柄ランダムカウンタの更新を行う表示図柄ランダム更新処理(S13)、大当り決定用のランダム更新処理(S14)、各種スイッチの処理実行を行うスイッチ処理(S15)、飾り図柄(サービス図柄)の処理実行を行う飾り図柄処理(S16)、を順次行った後、表示図柄ランダム更新処理(S17)を余り時間内でループ処理する。
【0024】なお、上記したシステムメイン処理の各ステップ処理におけるサブルーチンは、S2の初期化処理が図13、S3の表示制御処理が図14(C)、S4の図柄プロセス処理が図14(D)、S5の開放プロセス処理が図12(C)、S6の警告処理が図14(E)、S7の出力データ制御処理が図12(D)、S8の出力データセット処理が図14(A)、S9のソレノイド制御処理が図15(A)、S10のモータ制御処理が図15(B)、S11の情報出力処理が図16(B)、S12の出力データ出力処理が図14(B)、S13の表示図柄ランダム更新処理が図17(A)、S14の大当り決定用のランダム更新処理が図17(B)、S15のスイッチ処理が図16(A)、S16の飾り図柄処理が図18(B)、と各フローチャートに示すようになっている。
【0025】また、図13のデータセット処理は、図19(C)に示す処理プロセスであり、図14(D)に示す図柄プロセス処理の各プロセスルーチンは、図20(A)の通常時処理、図15(C)の全リール変動処理、図15(D)の左リール停止処理、図18(C)の右リール停止処理、図21(A)の中リール停止処理、図21(C)のフィーバーチェック処理、図20(B)の電動役物開放前処理、図21(D)の権利発生表示処理である。また、図12(C)に示す開放プロセス処理の各プロセスルーチンは、図16(C)のアタッカー開放前処理、図21(B)のアタッカー開放中処理である。また、図16(A)の各プロセスルーチンは、図18(A)のモータスイッチ処理、図22(B)の普通図柄スイッチ処理、図22(A)の特別装置スイッチ処理、図23の第3種始動口スイッチ処理、図24(A)の入賞個数カウントスイッチ処理である。
【0026】さらには、上記した図20(A)の各プロセスルーチンであるプロセスデータ/タイマ処理、ランダムチェック処理、図柄セット処理、リーチ動作セット処理、バンクシフト処理の各フローは、それぞれ図25(B)、図19(A)、図24(C)、図26(C)、図19(B)に示すものである。また、図21(B)のプロセスルーチンであるプロセスデータセット処理のフローは、図25(A)に示すものである。また、図22(B)のプロセスルーチンであるスイッチチェック処理のフローは、図26(A)に示すものである。また、図24(A)のプロセスルーチンである入賞個数カウント処理のフローは、図24(B)に示すものである。なお、図25(B)に示すプロセスデータ/タイマ処理内の図柄プロセスデータセット処理は、図27のフローであり、また、図25(A)に示すプロセスデータセット処理内の関数プロセスデータセット処理は、図26(B)のフローである。
【0027】以上、説明した遊技制御回路によって奏される具体的な動作の一例を図31乃至図55に示すタイムチャート及び説明図等を参照して説明する。先ず、可変表示装置50の変動動作に用いられるランダム数について説明する。可変表示装置50では、図31に示すような5種類のランダム数が使用されており、これらのランダム数は、当り決定用のWCRND1と、左図柄表示用のWCRND ZULと、中図柄表示用のWCRND ZUCと、右図柄表示用のWCRND ZURと、リーチ動作用のWCRND RCHと、から構成されている。なお、WCRND1は、「0〜224」の225通りの数値が0.002秒毎に1ずつ加算されることで刻々と変化するものであり、WCRND ZULは、「0〜10」の11通りの数値が0.002秒毎の1ずつの加算及び割り込み処理の余り時間での1ずつの加算により刻々と変化するものであり、WCRND ZUCは、「0〜10」の11通りの数値がWCRND ZULの桁上げ時に1ずつ加算されることで刻々と変化するものであり、WCRND ZURは、「0〜10」の11通りの数値がWCRND ZUCの桁上げ時に1ずつ加算されることで刻々と変化するものであり、WCRND RCHは、「0〜19」の20通りの数値が割り込み処理の余り時間での1ずつの加算により刻々と変化するものである。
【0028】そして、図32に示すように、WCRND1から抽出された値が「3」であり当りと判定されると、WCRND ZULのデータより当り図柄が決定され、この当り図柄が可変表示装置50の各図柄表示部52a〜52cに表示される。一方、WCRND1で「3」以外の値が抽出されて外れと判定されると、WCRND ZUL・ZUC・ZURで抽出された値が停止図柄として使用され、この図柄が外れ図柄として可変表示装置50の各図柄表示部52a〜52cに表示される。また、WCRND ZUL・ZUC・ZURで抽出された値が、偶然にも当り図柄と一致した場合には、WCRND ZURのデータに1を加算して外れ図柄にして表示するものである。なお、上記WCRND1からの抽出データの判定は、当り確率が通常時の場合であり、高確率時には、WCRND1から抽出された値が「3・5・7・61・127・139・181・197・199・211」のうち何れかの値で当りと判定する一方、それ以外の値で外れと判定するようになっている。
【0029】次に、可変表示装置50の変動動作を図34乃至図36のタイムチャートに基づいて以下に説明する。なお、左・中・右の各図柄列の変動は、図33の一覧表図に示すパターンに基づいて行われる。変動パターンAは、除々に加速し、一定の変動(16.7msに32ドット変動)とするパターンであり、変動パターンBは、384ドット変動して停止させるパターンであり、変動パターンCは、一定の変動(16.7msに7.1ドット変動)とするパターンであり、変動パターンDは、一定の変動とする(16.7msに5.3ドット変動)パターンである。
【0030】先ず、図34において、始動玉通過口4(図34中には、作動用ゲートと記載)を打玉が通過し始動玉検出器5が始動信号を導出すると、その始動信号の立ち上がりより0.002秒後にWCRND1から数値を抽出してこれを格納する。その後、始動信号の導出から微少時間(0.004秒)が経過すると、格納したWCRND1の値を読み出して当りか外れかの判定を行い、それと同時にWCRND ZUL・ZUC・ZURから数値を抽出する。なお、このとき、リーチとなる場合は、WCRND RCHからも数値を抽出する。その後、始動信号の導出から0.016秒が経過すると、全図柄列の変動を開始させる。そして、上記のような全図柄列の変動開始から左図柄列を8.000秒間、中図柄列を8.500秒間、また右図柄列を9.000秒間(図35参照)、それぞれ変動パターンAにて変動させる。その後、左図柄列は、0.500秒間変動パターンBにて変動されてWCRND ZULで抽出した値の図柄を停止表示させる。また、中図柄列は、0.500秒間変動パターンBにて変動されてWCRND ZUCで抽出した値の図柄を停止表示させる。なお、前記記憶表示LED59の記憶が2個以上ある場合、左・中の各図柄列の変動パターンAでの変動時間は、それぞれ5.500秒と6.000秒とに短縮されるものである。
【0031】次に、上記した左・中の各図柄列の変動停止後における右図柄列の変動動作を、リーチせずに外れる場合、リーチして外れる場合、リーチして当る場合、に分けて以下に説明する。なお、リーチの種類としては、リーチ■(ショートリーチ)とリーチ■(ロングリーチ)との2種類がある。先ず、リーチせずに外れる場合では、右図柄列は、図35に示すように、変動パターンAでの9.000秒間の変動の後、0.500秒間変動パターンBにて変動されてWCRND ZURで抽出した値の図柄を停止表示させる。これにより、左・中・右の各図柄列には、各WCRND ZUL・ZUC・ZURで決定した外れ図柄が表示される。
【0032】次に、リーチして外れる場合の右図柄列の変動動作を図35に基づいて説明する。このとき、前記WCRND RCHからの抽出値が「0〜9」の場合は、リーチ■が行われ、WCRND RCHからの抽出値が「10〜19」の場合は、リーチ■が行われる。なお、リーチ■のときは、当りとなる前後以外の図柄で停止する場合、及び当りとなる前後の図柄で停止する場合、何れの場合もあり得るが、リーチ■のときは、当りとなる前後の図柄で必ず停止するようになっている。先ず、リーチ■の場合では、右図柄列は、変動パターンAでの9.000秒間の変動の後、3.900〜9.900秒間変動パターンCにて変動されてWCRND ZURで抽出した値の図柄を停止表示させる。これにより、左・中・右の各図柄列には、各WCRND ZUL・ZUC・ZURで決定した外れ図柄が表示される。一方、リーチ■の場合では、右図柄列は、変動パターンAでの9.000秒間の変動の後、10.500秒間変動パターンCにて変動され、その後3.600秒あるいは4.400秒間変動パターンDにて変動されてWCRNDZURで抽出した値の図柄を停止表示させる。これにより、左・中・右の各図柄列には、各WCRND ZUL・ZUC・ZURで決定した外れ図柄が表示される。
【0033】次に、リーチして当る場合の右図柄列の変動動作を図36に基づいて説明する。このとき、前記WCRND RCHからの抽出値が「0〜3」の場合は、リーチ■が行われ、WCRND RCHからの抽出値が「4〜19」の場合は、リーチ■が行われる。なお、当りとなる場合、前記中図柄列は、WCRND ZULからの抽出値に基づいて停止されるものである。先ず、リーチ■の場合では、右図柄列は、変動パターンAでの9.000秒間の変動の後、6.900又は10.200秒間変動パターンCにて変動されてWCRND ZULで抽出した値の図柄を停止表示させる。これにより、左・中・右の各図柄列には、WCRNDZULで決定した当り図柄が表示される。一方、リーチ■の場合では、右図柄列は、変動パターンAでの9.000秒間の変動の後、10.500秒間変動パターンCにて変動され、その後4.000秒間変動パターンDにて変動されてWCRND ZULで抽出した値の図柄を停止表示させる。これにより、左・中・右の各図柄列には、WCRND ZULで決定した当り図柄が表示される。なお、前記記憶表示LED59の記憶が2個以上ある場合、右図柄列の変動パターンAでの変動時間は、6.500秒に短縮されるものである。また、高確率時又は特別装置の作動中は、上記したリーチ■は行わないものである。
【0034】次に、可変表示装置50のリーチ変動における具体的な表示画像について図37乃至図41を参照して以下に説明する。可変表示装置50の全体的な表示画像は、図37のタイムチャートに示すようになっており、図37中には、通常確率時のリーチ■(当り以外のとき)、高確率時のリーチ■(当り以外のとき)、通常確率時のリーチ■(当り以外のとき)、通常確率時のリーチ■(当りのとき)、高確率時のリーチ■(当りのとき)、通常確率時のリーチ■(当りのとき)の各リーチ変動における表示画像(画面)をまとめて記載している。なお、通常確率時の変動画像は、図38(A)に示すように、図柄表示部52a〜52cの各メイン図柄90(「1〜11」の番号)毎にゴルフピンの旗がバック図柄91として表示され、リーチ変動時には、図38(B)に示すように、先に確定した左・中の各図柄が縮小されて上方にリーチ図柄92として表示されると共に、図柄表示部52a・52bの全領域にゴルフをするキャラクタ図柄93が出現する。一方、高確率時の変動画像は、図39(A)に示すように、前記メイン図柄90の色調と異なるメイン図柄94(「1〜11」の番号)が各図柄表示部52a〜52cに表示されると共に、各メイン図柄94毎にバスケットのシャツがバック図柄95として表示され、リーチ変動時には、図39(B)に示すように、先に確定した左・中の各図柄が縮小されて上方にリーチ図柄92として表示されると共に、図柄表示部52a・52bの全領域にバスケットをするキャラクタ図柄96が出現する。
【0035】以下、各リーチ変動毎の表示画像について説明するが、この表示画像の説明は、便宜上、右図柄列52cが変動パターンCで変動を開始する以降のものとする。なお、表示画像内におけるキャラクタ図柄93(96)は、数枚の静止画像が組み合わさって構成されることで、1つの表示画像内で動作表示されるようになっている。
【0036】図37において、先ず、通常確率時のリーチ■(当り以外のとき)では、図40(A)の表示画像1、図40(B)の表示画像2、図40(C)の表示画像3、が順次表示されることで、キャラクタがゴルフボールを打つまでの動作がキャラクタ図柄93に表示される。なお、この間、右図柄列52cは変動中である。その後、図40(D)の表示画像4が表示されることで、ボールがピンから外れたキャラクタ図柄93の表示が行われると共に、右図柄列52cに外れ図柄が停止表示される。この場合では、「7」のリーチ図柄92に対して右図柄列52cに「6」のメイン図柄90が停止表示されて外れとなる。
【0037】また、高確率時のリーチ■(当り以外のとき)では、図41(A)の表示画像9、図41(B)の表示画像10、が順次表示されることで、キャラクタがバスケットボールを投げるまでの動作がキャラクタ図柄96に表示される。なお、この間、右図柄列52cは変動中である。その後、図41(C)の表示画像11が表示されることで、ボールがネットから外れたキャラクタ図柄96の表示が行われると共に、右図柄列52cに外れ図柄が停止表示される。この場合では、「7」のリーチ図柄92に対して右図柄列52cに「6」のメイン図柄94が停止表示されて外れとなる。
【0038】また、通常確率時のリーチ■(当り以外のとき)では、図40(A)の表示画像1、図40(B)の表示画像2、図40(C)の表示画像3、図40(E)の表示画像5、図40(F)の表示画像6、が順次表示されることで、キャラクタがゴルフボールを打ち、その後グリーン上のボールをパットするまでの動作がキャラクタ図柄93に表示される。なお、この間、右図柄列52cは変動中である。その後、図40(D)の表示画像4が表示されることで、ボールがピンから外れたキャラクタ図柄93の表示が行われると共に、右図柄列52cに外れ図柄が停止表示される。
【0039】一方、通常確率時のリーチ■(当りのとき)では、前記通常確率時のリーチ■(当り以外のとき)と同様に、図40(A)の表示画像1、図40(B)の表示画像2、図40(C)の表示画像3、が順次表示されることで、キャラクタがゴルフボールを打つまでの動作がキャラクタ図柄93に表示される。その後は、図40(G)の表示画像7が表示されることで、ボールがピンに入ったキャラクタ図柄93の表示が行われると共に、右図柄列52cに当り図柄が停止表示される。この場合では、「7」のリーチ図柄92に対して右図柄列52cに「7」のメイン図柄90が停止表示されて当りとなる。
【0040】また、高確率時のリーチ■(当りのとき)では、前記高確率時のリーチ■(当り以外のとき)と同様に、図41(A)の表示画像9、図41(B)の表示画像10、が順次表示されることで、キャラクタがバスケットボールを投げるまでの動作がキャラクタ図柄96に表示される。その後は、図41(D)の表示画像12が表示されることで、ボールがネットに入ったキャラクタ図柄96の表示が行われると共に、右図柄列52cに当り図柄が停止表示される。この場合では、「7」のリーチ図柄92に対して右図柄列52cに「7」のメイン図柄94が停止表示されて当りとなる。
【0041】また、通常確率時のリーチ■(当りのとき)では、前記通常確率時のリーチ■(当り以外のとき)と同様に、図40(A)の表示画像1、図40(B)の表示画像2、図40(C)の表示画像3、図40(E)の表示画像5、図40(F)の表示画像6、が順次表示されることで、キャラクタがゴルフボールを打ち、その後グリーン上のボールをパットするまでの動作がキャラクタ図柄93に表示される。その後は、図40(H)の表示画像8が表示されることで、ボールがピンに入ったキャラクタ図柄93の表示が行われると共に、右図柄列52cに当り図柄が停止表示される。
【0042】次に、特定遊技状態の発生中における可変表示装置50の大当り表示画像について図42及び図43を参照して以下に説明する。先ず、通常確率時での大当り表示画像は、図42に示すように、前記開閉翼片33a・33bの開放サイクルR1〜R16(最高16回)毎にL1〜L16の異なった画像が表示される。これに対して、高確率時での大当り表示画像は、図43に示すように、開放サイクルR1〜R11までは、H1〜H3の3種類の画像の組合せによって表示が行われ、その後、開放サイクルR12〜R16の間は、個々に異なるH4〜H8の画像が表示される。
【0043】以上のように、本実施例の可変表示装置50は、当りの通常確率時及び高確率時(所定条件)で表示画像を異なって設定している。即ち、図柄変動時には、当りの通常確率時と高確率時とでバック図柄を変更し、また、リーチ変動時には、キャラクタ図柄を変更することで、遊技者に対して遊技状態を視覚的に分かりやすくしている。なお、本実施例中では、通常確率時にゴルフ関連の表示を行う一方、高確率時にはバスケット関連の表示を行っているが、特にこのような表示内容は限定するものではない。また、表示画像を変更する所定条件としては、通常確率時及び高確率時に限定するものではなく、始動回数、リーチ回数、大当り回数等の遊技履歴や乱数の抽出によるものや、あるいは予め表示画像の変更順序を設定したものであってもよい。さらに、本実施例では、リーチ変動時、最終停止図柄列52cを残した状態でキャラクタ図柄を出現させる構成となっているが、特にこれに限定するものではなく、リーチ変動に伴って表示画面全体にキャラクタ図柄を表示する構成や、最初から変動図柄(識別情報)の表示部とキャラクタ図柄の表示部とで分割表示する構成であっても構わない。
【0044】また、上記した通常確率時及び高確率時での表示画像の変更設定において、本実施例の可変表示装置50は、高確率時の表示画像を通常確率時の表示画像に比べて簡略化している。即ち、前記図37を参照してこれを説明すると、当り外れに関わらず通常確率時のリーチ■では、4つの表示画像を用いているのに対して、高確率時のリーチ■では、表示画像を3つしか用いていない。また、大当り表示画像についても同様に、通常確率時には、L1〜L16の表示画像(図42参照)を用いているのに対して、高確率時には、H1〜H8の表示画像(図43参照)しか用いていない。このように、本実施例では、比較的遊技者の注目が薄れる高確率時の表示画像を簡略化する一方で、通常確率時の表示画像を多彩に設定している。また、このように表示画像を設定することは、前記図9(B)に示すROM85の記憶容量を有効に活用することができる。即ち、予め決まったROM85内の記憶容量に対して高確率時用のデータ(バスケットボールリーチ画面データ(C0000H〜D0000H)及びバスケットボール大当り画面データ(F0000H〜FFFFFH))を少なくすることで、通常確率時のデータ(ゴルフリーチ画面データ(A0000H〜C0000H)及びゴルフ大当り画面データ(D0000H〜F0000H))を多くとることができ、ひいては一定のプログラム容量内で多彩な表示を可能にしている。
【0045】次に、可変表示装置50の変動終了後の動作について図44乃至図51を参照して説明する。先ず、変動の結果、外れ図柄の組合せとなり且つ前記記憶表示LED59に記憶がある場合では、図44に示すように、右図柄の変動が停止してから8.016秒後に再度図柄の変動が開始される。一方、当り図柄の組合せとなり且つ前記記憶表示LED59に記憶がある場合では、図45に示すように、右図柄の変動が停止してから5.800秒後に権利発生装置6の開閉片9a・9bが5.000秒間開放され、その後所定時間が経過すると再度図柄の変動が開始される。なお、図柄の変動が再開されるまでの所定時間としては、特別装置が作動した(特定遊技状態が発生した)場合では、8.016秒であり、また特別装置が作動しなかった(特定遊技状態が発生しなかった)場合では、5.016秒である。
【0046】また、上記した権利発生装置6の開閉片9a・9bが閉鎖されると、図46に示すように、その閉鎖から所定時間(1.000秒)後に、モータ17が2.000秒間回転されることで、可動部材14が下端位置から上端位置に移動される。その後、モータ17の2.000秒間の回転停止に伴い可動部材14が上端位置で停止された後、再度モータ17が2.000秒間回転されることで、可動部材14が上端位置から下端位置に移動される。なお、このようなモータ17の回転動作は、前述したカムスイッチ25によって制御される。そして、可動部材14の上端位置への移動により特定玉受入口21に打玉が入賞して特定玉検出器24がONされると、これに伴って、WCRND KZUから数値を抽出してこれを格納する。その後、特定玉検出器24のON動作から0.002秒が経過すると、サイドLED41a〜41e・42a〜42eが7.000秒+0〜0.900秒間変動された後、WCRND KZUの抽出値に対応したサービス図柄で停止表示される。
【0047】以上のように、本実施例のサイドLED41a〜41e・42a〜42e(サービス図柄)は、図48のフローチャートに示す作動プロセスを有している。即ち、始動玉通過口4での打玉の通過に伴い、可変表示装置50での図柄変動用の乱数が抽出及び格納されると(S21)、抽出された乱数に基づいて当り図柄が表示されるか否か(当りか外れか)が判別される(S22)。そして、S22で外れが判別されると以上のプロセスを終了する一方、S22で当りが判別されると、権利発生装置6の作動に伴って可動部材14が駆動される(S23)。その後、特定玉検出器24による入賞玉検出の有無(権利発生状態の有無)が判別され(S24)、S24で権利発生状態でないと判別されると以上のプロセスを終了する一方、S24で権利発生状態であると判別されると、サービス図柄の変動及び停止が行われる(S25)。即ち、本実施例では、権利発生装置6の作動終了後にサービス図柄の変動停止を行っている。このため、可変表示装置50での当り確率が通常時よりも高い確変中であっても、遊技者は停止したサービス図柄に応じて権利発生状態を発生させるか否かを決定することができないため、故意に権利発生状態を発生させない行為を防止することができ、結果として、遊技者に均等なサービスを提供し得るようになっている。
【0048】なお、上記したサービス図柄の作動プロセスは、特に限定するものではなく、権利発生装置6の作動終了後にサービス図柄の変動停止を行うものであればよい。即ち、通常の遊技状態においてサービス図柄を常に変動させておく。そして、図49のフローチャートに示すように、始動玉通過口4での打玉の通過に伴い、可変表示装置50での図柄変動用の乱数が抽出及び格納されると(S31)、抽出された乱数に基づいて当り図柄が表示されるか否か(当りか外れか)が判別される(S32)。そして、S32で外れが判別されると以上のプロセスを終了する一方、S32で当りが判別されると、その後、所定時間が経過したか否かが判別され(S33)、S33で所定時間の経過が判別されると、サービス図柄の変動停止が行われる(S34)作動プロセスでもよい。この作動プロセスの具体的な動作としては、例えば、図47に示すように、始動玉検出器5(図47中には、作動用ゲートと記載)での通過玉の検出により可変表示装置50の図柄変動を許容し、その後当り図柄の表示に伴って権利発生装置6の開閉片9a・9bを5.000秒間開放するプロセスにおいて、開閉片9a・9bの閉鎖とほぼ同時にサイドLED41a〜41e・42a〜42e(サービス図柄)の変動を停止する。そして、所定時間(例えば、5分)の経過後、再度サイドLED41a〜41e・42a〜42eの変動を開始する。なお、この場合では、上記S33で判別される所定時間は、始動玉検出器5での通過玉の検出時を基準としてこの検出時から開閉片9a・9bが閉鎖するまでの時間(29.000秒+0〜0.900秒)であり、また、本発明における権利発生装置6の作動終了とは、特定玉検出器24による入賞玉の検出動作の終了ではなく、開閉片9a・9bの開放終了のことである。
【0049】さらに、権利発生装置としては、本実施例に記載の開閉片9a・9b等を備えてなる権利発生装置6に限定するものではなく、例えば、図5(C)に示す権利発生装置100であってもよい。この権利発生装置100は、並設された3つのLED101a〜101cと、該LED101a〜101cの各下方で個々に対応して設けられた通過口102a〜102cと、該通過口102a〜102cを通過する打玉を個々に検出する通過玉検出器103a〜103cと、から構成される。また、各LED101a〜101cは、可変表示装置50の表示結果が当り図柄となると点灯移動を行い、最初に打玉が通過した通過口102a〜102cに対応するLEDが停止点灯されるようになっている。そして、LED101a〜101cのうち真ん中のLED101bが停止点灯したとき、即ち最初に通過口102bを打玉が通過したときに、権利発生状態とするものである。
【0050】また、権利発生状態において、図50に示すように、作動入賞口28(図50中には、始動口と記載)を介して回転体26の玉受凹部26a内に打玉が入賞し、作動玉検出器29が入賞玉を検出すると、可変入賞球装置30(図50中には、大入賞口と記載)の開閉翼片33a・33bが9.500秒間開放される。その後、このような作動玉検出器29での入賞玉の検出に伴う開閉片25a・25bの開放動作が所定回数(例えば、16回)繰り返され、特定遊技を終了する。なお、1回目の特定遊技状態の発生(特別装置の作動)が終了すると、図51に示すように、その時点で図柄の当り確率が通常から高確率に変更される。また、この確率変動は、2回目の特定遊技状態が発生(特別装置が作動)するまで継続されるものであり、このような確率変動のサイクルは、以降大当りを機に繰り返して行われる。
【0051】次に、可変表示装置50におけるランプ・LED、及びスピーカ等の構成部材のより具体的な動作について図52乃至図55を参照して説明する。図52乃至図55は、各遊技状態に応じて表示あるいは駆動されるランプ、LED、及びスピーカの動作を示す一覧表図である。なお、図中、丸印は、点灯状態を示し、丸印の中にバツがある表示は、点滅状態を示し、二重丸は、変動(点灯移動)状態を示す。
【0052】先ず、電源の投入時には、LCD表示器52が120.000秒を1周期としたデモ表示を行い、レール飾りランプ44が1024msの周期で点滅作動し、飾りLED−Gが2000msの周期で点滅作動する。なお、このとき、記憶表示LED59は、記憶数に合わせて左から点灯表示し、個数表示器35(図55中には、個数表示LEDと記載)は、「0」を点灯表示し、サイドLED41a〜41e・42a〜42eは、電源投入より初回、特別装置の作動時までの間、サイドLED41a(サービス図柄「1」)を点灯表示する。そして、LCD表示器52での左・中・右の各図柄列の変動中には、レール飾りランプ44が1024msの周期で点滅作動し、風車ランプ43a及び飾りLED−Hがそれぞれ200msの周期で交互に点滅作動する。なお、このとき、記憶表示LED59は、記憶数に合わせて左から点灯表示し、個数表示器35は、「0」を点灯表示し、サイドLED41a〜41e・42a〜42eは、電源投入より初回、特別装置の作動時までの間、サイドLED41a(サービス図柄「1」)を点灯表示する。また、スピーカ48は、図柄変動中の効果音を発生する。
【0053】次に、変動中にリーチ■又はリーチ■となったときには、レール飾りランプ44、センターランプ57、風車ランプ43a、及び各飾りLED−B・Cがそれぞれ200msの周期で同期的に又は交互に点滅作動する。なお、なお、このとき、記憶表示LED59は、記憶数に合わせて左から点灯表示し、個数表示器35は、「0」を点灯表示し、サイドLED41a〜41e・42a〜42eは、1200msの間点灯移動する。また、スピーカ48は、リーチ■又はリーチ■の図柄変動に応じた効果音を発生する。
【0054】次に、図柄停止から判定までの所定時間内には、飾りLED−Dが点灯作動する。なお、このとき、記憶表示LED59は、記憶数に合わせて左から点灯表示し、個数表示器35は、「0」を点灯表示し、サイドLED41a〜41e・42a〜42eは、そのうちサービス図柄「1・5・6・0」に該当するものを60msの周期で点滅表示する。また、スピーカ48は、効果音として図柄の停止音を発生すると共に、当り図柄が揃ったときにはこれに応じてファンファーレを発生する。
【0055】次に、可変表示装置50の各図柄が当り図柄の組合せとなったときには、開閉片9a・9b(図52乃至図55中には、普通電動役と記載)の開放前・中・後、特定遊技状態を発生させる特別装置(作動玉検出器29)の作動前、特別装置の作動中、及び開閉翼片33a・33b(図52乃至図55中には、大入賞口と記載)の開放中の4段階に分けられる。そこで、これらを順次説明する。なお、当り図柄の組合せとなったときには、何れの段階においても可変表示装置50にデモ画面が表示される。先ず、開閉片9a・9bの開放前・中・後、及び特別装置の作動前には、センターランプ57、風車ランプ43a、及び各飾りLED−A・E・Hがそれぞれ100msの周期で同期的に又は交互に点滅作動する。なお、このとき、記憶表示LED59は、記憶数に合わせて左から点灯表示し、個数表示器35は、「0」を点灯表示し、サイドLED41a〜41e・42a〜42eは、そのうちサービス図柄「1」に該当するものを点灯表示する。また、スピーカ48は、開閉片9a・9bの開放中・後にこれに応じた効果音を発生する。
【0056】そして、特別装置の作動中には、遊技効果ランプ47、レール飾りランプ44、及び各飾りLED−A・F〜Hがそれぞれ200msの周期で同期的に又は交互に点滅作動する。なお、このとき、記憶表示LED59は、記憶数に合わせて左から点灯表示し、個数表示器35は、「0」を点灯表示し、サイドLED41a〜41e・42a〜42eは、特別装置の作動時(7.000〜7.900秒)に点灯移動し、その後サービス図柄「0〜9」のうち何れかのサービス図柄に該当するものを点灯表示する。また、スピーカ48は、初回大入賞口の開放前にこれに応じた効果音を発生する。
【0057】なお、以上のような特定遊技状態において異常が発生したときには、可変表示装置50が「エラー発生」の表示を行い、サイドLED41a〜41e・42a〜42eがそれぞれ点灯作動する。また、このとき、記憶表示LED59は、異常発生前の状態を保持し、個数表示器35は、異常に応じた文字「1」「2」「4」「−」の何れかを表示し、スピーカ40は、異常に応じたエラー音声を発生する。
【0058】なお、上記実施例は、本発明を限定するものではなく、本発明の範囲内で種々の変更が可能である。例えば、上記実施例では、可変表示装置50をLCD表示器52にて構成しているが、特にこれに限定するものではなく、CRT、LED、VFD、EL、あるいはプラズマで構成することも可能である。また、遊技機の構成として、始動玉通過口4、権利発生装置6、回転体26、可変入賞球装置30、及び可変表示装置50を備えたもの(これを俗に第3種という)を例示しているが、特にこれに限定するものではなく、始動口への打玉の入賞に伴って可変表示装置での識別情報の変動を開始し、該識別情報が所定の表示結果となると特定遊技状態が発生して可変入賞球装置を開放する遊技機(これを俗に第1種という)であっても良い。さらには、遊技機全体をLCD表示器等の表示装置にて構成する、即ち「打玉」「可変入賞球装置」等の構成部材を疑似的に表示器に表示することで遊技機を構成することも可能である。なお、この場合では、賞球の払出しを得点等で代行しても良い。
【0059】
【発明の効果】以上、説明したところから明らかなように、本発明においては、可変表示装置は、識別情報の表示結果に関連する複数種類のキャラクタ画像を選択的に可変表示し得るキャラクタ表示部と、キャラクタ画像の種類を所定の条件に応じて選択するキャラクタ種類選択手段と、を備えたので、確変等の遊技状態に応じてキャラクタ画像の表示を変更することができ、ひいては画面表示の多様化が招来できると共に確変等の遊技状態が視覚的に判別できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013