米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社三共

発明の名称 弾球遊技機の音響装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−141167
公開日 平成8年(1996)6月4日
出願番号 特願平6−308351
出願日 平成6年(1994)11月18日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】柴田 昌雄
発明者 鵜川 詔八
要約 目的
少ない音声データとサウンドジェネレータまたは音声再生手段およびその制御手段によって、刻々と変化する遊技盤上の変化に対応させて音像位置を変化させた効果音を得る。

構成
メモリ50a,50bは対となりステレオ音の音符データが記録されている。メモリ50cにはPCMデータが記録されている。基本回路38がアドレス指定した各種の音のデータがサウンドジェネレータ51a,51bおよびPCMデコーダ51cにより読み出されアナログ音声信号およびPCM音声信号が出力される。PCMデコーダ51cの出力はDA変換された後パンポット55に入力され、パンポット55は基本回路38からの指令により右側スピーカ30と左側スピーカ31とに信号の強さを調整して出力し、その信号はミキサー53a,53bで左右のステレオ音と混合され夫々右側スピーカ30と左側スピーカ31を駆動する。
特許請求の範囲
【請求項1】 メモリに記録されたデータから右側スピーカへの音声信号を生成する第1のサウンドジェネレータと、メモリに記録されたデータから左側スピーカへの音声信号を生成する第2のサウンドジェネレータと、メモリに記録された音声信号を読み出して音声信号を出力する音声信号再生手段と、前記音声信号再生手段より出力された信号を右側スピーカと左側スピーカとに信号の強さを変えて出力する音像移動手段とを備え、遊技の第一の条件で第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータとで左右のスピーカにステレオ音を出力し、遊技の第二の条件で前記音像移動手段により左右のスピーカに音像の移動する特殊音を出力するように構成したことを特徴とする弾球遊技機の音響装置。
【請求項2】 前記特殊音は前記ステレオ音と同時に出力するように構成した請求項1の弾球遊技機の音響装置。
【請求項3】 メモリに記録されたデータから右側スピーカへの音声信号を生成する第1のサウンドジェネレータと、メモリに記録されたデータから左側スピーカへの音声信号を生成する第2のサウンドジェネレータと、第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータより出力された信号を右側スピーカと左側スピーカとに信号の強さを変えて出力する音像移動手段とを備え、遊技の第一の条件で第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータとで左右のスピーカにステレオ音を出力し、遊技の第二の条件で前記音像移動手段により左右のスピーカに音像の移動する特殊音を出力するように構成したことを特徴とする弾球遊技機の音響装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は弾球遊技機の効果音を発生する音響装置に係わり、特に、音像移動手段を用いた弾球遊技機の音響装置に関する。
【0002】
【従来の技術】弾球遊技機として、例えば、パチンコ球を利用するパチンコ遊技機が広く知られている。近年、パチンコ遊技機には音響装置を用いて効果音を発生するものが普及している。このような従来のパチンコ遊技機では音響装置によりモノラル音を発生させていた。
【0003】一方、パチンコ遊技機には可変入賞球装置や可変表示装置を備えたものが広く普及している。このようなパチンコ遊技機には始動入賞口にパチンコ球が入賞すると可変表示装置の表示内容が変動し表示内容が特定の状態で停止すると、大当たりとなり大入賞口の扉が特定条件を満たす期間中開くものがある。
【0004】このようなパチンコ遊技機では、遊技盤に配置された可変入賞球装置や可変表示装置の状態が刻々と変化し、これらの変化あるいは始動入賞口への入賞に応じて遊技者が注目する場所が移動する。しかしながら上記した従来のパチンコ遊技機では効果音がモノラル音であるため遊技盤上の変化に相応しい効果音を発生させることができなかった。
【0005】実開平1−110780号公報には複数のスピーカを遊技機本体の上下および左右に配置し立体的な音響効果を得ることが提案されている。しかしながら、上記公報に提案されたものは、音像移動手段が用いられていないので、分雑な遊技盤上の変化に対応させた立体音を発生させるためには膨大な音声データを記録媒体に記録しなければならず、また、音声データを再生するための制御が複雑となるという問題があった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記した点に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、少ない音声データと簡単なサウンドジェネレータあるいは音声信号再生手段および音像移動手段とその制御手段によって、刻々と変化する遊技盤上の変化に対応させた効果音を得ることができる弾球遊技機の音響装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の弾球遊技機の音響装置は、メモリに記録されたデータから右側スピーカへの音声信号を生成する第1のサウンドジェネレータと、メモリに記録されたデータから左側スピーカへの音声信号を生成する第2のサウンドジェネレータと、メモリに記録された音声信号を読み出して音声信号を出力する音声信号再生手段と、前記音声信号再生手段より出力された信号を右側スピーカと左側スピーカとに信号の強さを変えて出力する音像移動手段とを備え、遊技の第一の条件で第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータとで左右のスピーカにステレオ音を出力し、遊技の第二の条件で前記音像移動手段により左右のスピーカに音像の移動する特殊音を出力するように構成したものである。
【0008】また、前記弾球遊技機の音響装置において、前記特殊音を前記ステレオ音と同時に出力するように構成したものである。
【0009】さらに、本発明の弾球遊技機の音響装置は、メモリに記録されたデータから右側スピーカへの音声信号を生成する第1のサウンドジェネレータと、メモリに記録されたデータから左側スピーカへの音声信号を生成する第2のサウンドジェネレータと、第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータより出力された信号を右側スピーカと左側スピーカとに信号の強さを変えて出力する音像移動手段とを備え、遊技の第一の条件で第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータとで左右のスピーカにステレオ音を出力し、遊技の第二の条件で前記音像移動手段により左右のスピーカに音像の移動する特殊音を出力するように構成したものである。
【0010】
【作用】本発明の弾球遊技機の音響装置によれば、遊技の第一の条件、例えば、可変表示装置の変動中に第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータにより左右のスピーカにステレオ音を出力し、遊技の第二の条件、例えば、可変表示装置の図柄停止時や大当たり時に、第1のサウンドジェネレータと第2のサウンドジェネレータからの信号または音声信号再生手段からの信号を音像移動手段により信号の強さを変えて出力することにより、遊技の状態に応じた変化に富んだ効果音を少ない音声データと簡単な制御手段により得ることができる。
【0011】
【実施例】本発明の実施例であるパチンコ遊技機を図面に基づいて説明する。図1は本発明の実施例であるパチンコ遊技機1を示す正面図である。パチンコ遊技機1の基体となる遊技基体4の上に透明板保持枠3が配置され、透明板保持枠3で保持されたガラス板は区画レールで囲まれた円形の遊技領域2を覆っている。遊技基体4上には打球供給皿6,打球力調整部7、余剰玉受皿8および灰皿9が配置されこれらの間は前面当板5で内部が覆われている。
【0012】パチンコ遊技機1の左側に取付けられたカードユニット36はプリペイドカードにより貸球を供給する。すなわち、カードユニット36にプリペードカードを挿入してキーを操作すると所定数の貸球が図示していない球排出装置より打球供給皿6に排出される。そのとき打球供給皿6の下方に配置された圧電ブサー35が鳴らされる。打球力調整部7を時計方向に回すと打球供給皿6から供給された玉が打球装置により遊技領域2内に打出される。打球の強さは打球力調整部7の回動角で調整される。打球供給皿6の玉は図示していないシャッターを開くと余剰玉受皿8に落下する。
【0013】遊技領域2の中央には特別可変表示装置10が配置され、遊技領域2の下方には開閉板24で大入賞口が開閉される特別可変入賞球装置24Aが配置されている。特別可変表示装置10と特別可変入賞球装置24Aの間には普通可変入賞球装置19が配置されている。入賞口29は特別可変表示装置10の頂上、特別可変表示装置10の右下および左下および特別可変入賞球装置24Aの左右に合計5個設けられている。さらに、特別可変表示装置10の左側には始動玉検出器17が設けられた普通図柄用ゲート29aが配置され、特別可変表示装置10の右側には通過穴入口29bおよび通過穴出口29cが配置されている。この通過穴は遊技球の落下の方向に変化を与える。さらに、遊技球の落下の方向に変化を与えるものとし風車や多数の釘が遊技盤面に設けられている。
【0014】特別可変表示装置10の中央の窓から特別図柄表示部11が露出している。特別図柄表示部11は3個のドラムで形成されており、各ドラムの表面に図柄、数字等が描かれている。これらの各ドラムは図3(b)に示すモータ37a,37b,37cで回転駆動される。なお、モータ37a,37b,37cはパルスモータであり、基準回動位置検出器が付加されている。
【0015】特別可変表示装置10の上方には普通可変表示装置12が配置されている。普通可変表示装置12は2個の7セグメントLEDで構成されており、始動玉検出器17が玉を検出したときに変化する。なお、左側の7セグメントLEDは開閉板24が開いた回数も表示する。
【0016】開閉板24はソレノイド21で駆動されて大入賞口を開閉する。大入賞口に入った玉は2つの通路のいずれかに別れて進み、その各通路には特定玉検出器25および入賞玉検出器26が設けられている。普通可変入賞球装置19にはソレノイド20で駆動される羽根が設けられており、羽根が拡げられた状態では入賞の確率が高くなる。普通可変入賞球装置19に入賞した玉は始動玉検出器22を通過する。上記の始動玉検出器17,22,特定玉検出器25および入賞玉検出器26としては近接スイッチが用いられている。
【0017】前述の各入賞口29,29…および普通可変入賞球装置19に入った玉は図示していない入賞玉処理装置に導かれ、入賞玉処理装置はこれらの入賞玉1個に対して5個の賞球を打球供給皿6に放出する。また、大入賞口に入った玉は上記とは別の入口より入賞玉処理装置に導かれ、入賞玉処理装置はその入賞玉1個に対して15個の賞球を打球供給皿6に放出する。入賞口に入らなかった玉は遊技盤の下部に設けられたアウト穴27より遊技盤外に排出される。
【0018】なお、普通可変入賞球装置19の羽根の開閉と大入賞口を開閉する開閉板24の開閉の動作は次のように行われる。まず、普通図柄用ゲート29aを玉が通過すると、始動玉検出器17で玉が検出され、普通可変表示装置12の表示が変動を始める。そして所定時間経過後変動が停止する。停止した図柄が7となると、普通可変入賞球装置19が3秒間または3個入賞するまで開放される。図柄が7で停止する確率は条件により変動する。
【0019】普通可変入賞球装置19の羽根が開かれているときは、普通可変入賞球装置19に入賞する確率は高くなるが羽根が閉じられているときも入賞可能である。普通可変入賞球装置19に入賞すると始動玉検出器22で玉が検出され、特別図柄表示部11が変動を始める。そして所定時間経過後左側の表示区画の表示変動が停止し、次に右側の表示区画、さらに真中の表示区画の順に変動が停止する。これら3つの表示区画で横または斜めに同一図柄が並んだ場合に大当たりとなる。
【0020】表示変動中あるいは大当り中に普通可変入賞球装置19に玉が入ると、最大4回まで入賞回数が記憶され、記憶された入賞回数だけ特別図柄表示部11の表示変動が繰返される。記憶された入賞回数は始動記憶表示器13に表示される。大当たりとなった場合、開閉板24が29.5秒間開放されるが、その間大入賞口に10個の玉が入ると開閉板24は閉じられる。開閉板24が開いている間に大入賞口に入賞した回数は入賞個数表示器28に表示される。
【0021】開閉板24が開いているときに特定玉検出器25が玉を検出すると、V入賞となり開閉板24の開放動作が終了した後、再び開閉板24が開放される。このような開放動作は最初の開放を含めて最高で15回まで繰返される。大当たり中の開閉板24の開放回数は普通可変表示装置12の左側のLEDに表示される。
【0022】大当たり中は遊技領域2の周囲に配置されたランプ32,33,34が点滅し、また、特別図柄表示部11の変動中および停止する時、さらに、大当たり時には遊技領域の左右上方に配置された右側スピーカ30および左側スピーカ31から立体的な効果音が出力される。遊技領域2に配置されたLED14,16,18,23およびランプ15は装飾効果を向上させる。
【0023】上記のような、普通可変入賞球装置19や開閉板24あるいはモータ37a,37b,37cの制御、また、各ランプおよびLEDの点滅制御、さらに、左右スピーカの駆動制御は図2および図3に示す制御回路により行われる。以下制御回路について説明する。図2に示す基本回路38はマイクロコンピュータ、ROM,RAMおよびI/Oポートで構成されており、電源投入時に初期リセット回路41によりリセットされる。
【0024】また、定期リセット回路42より一定期間毎に出力されるリセツト信号によりROMの所定番地からスタートするプログラムを繰返し実行する。アドレスデコード回路43は基本回路38のマイクロコンピュータから出力されるアドレス情報をデコードし、基本回路内のROM,RAM,I/Oポートの中の1つを選択する。始動玉検出器17,22,特定玉検出器25および入賞玉検出器26からの信号は入力回路39により波形整形および信号処理されて基本回路38に入力される。
【0025】LED回路44は基本回路38からの指令により普通可変表示装置12,始動記憶表示器13,入賞個数表示器28、およびLED14,16,18,23の点灯を制御する。ソレノイド回路45は基本回路38からの指令によりソレノイド20および21を駆動する。図3に示すランプ回路47は基本回路38からの指令によりランプ32,33,34および15を点滅させる。また、モータ制御回路48は特別図柄表示部の3つのドラムを夫々回転させるモータ37a,37bおよび37cを基本回路38からの指令により駆動する。
【0026】パチンコ遊技機が配置された店内の管理装置には基本回路から情報出力回路40を介して管理情報が出力される。管理情報としては、特別可変表示装置の表示変動回数を示す有効始動情報、大当りの回数を示す大当り情報および確率変動情報がある。
【0027】音回路46は基本回路38からの指令により右側スピーカ30および左側スピーカ31を駆動する。なお、音回路46については後で詳しく説明する。上記の各回路や基板外部のLED、ランプ、ソレノイド、モータ等へ直流電力を供給する電源回路49が設けられている。なお、この電源回路49には外部から交流24Vの電力が供給される。
【0028】次に音回路46の構成を図4により説明する。音回路46にはCH1,CH2のチャンネル音の音符データを記録したメモリ(ROM)50a,50bが設けられている。CH1とCH2の音符データは対となりステレオ音が記録されている。音符データは音のフーリエ成分(各周波数毎の振幅)、継続時間、音の強さ等のデータが各アドレスブロックに音の発生順に記録されたものである。CH3のチャンネル音はメモリ(ROM)50cにPCM(パルス・コード・モジュレーション)データの差分として圧縮されて記録されている。メモリ50cには各種の音、例えば声、効果音等が各アドレスのブロックに記録されている。
【0029】サウンドジェネレータ51a,51bは夫々メモリ50a,50bの音符データよりアナログ音声信号を生成する。すなわち、基本回路38がアドレス指定した各種の音の音符データがサウンドジェネレータ51a,51bにより読み出され、その音符データに基づき音声信号が生成される。メモリ50cの音声データはPCMデコーダ51cでPCM音声データに復調される。すなわち、基本回路38がアドレス指定した各種の音のデータがPCMデコーダ51cにより読み出されPCM音声信号に復調される。
【0030】このようにして発生した各チャンネルのアナログ音声信号またはPCM音声信号は夫々基本回路38から指令を受けた電子ボリューム52a,52b,52cにより音の強さが調整される。なお、電子ボリューム52a,52bはアナログ音声信号を処理し、電子ボリューム52cはデジタル(PCM)音声信号を処理する。
【0031】電子ボリューム52cの出力はDAコンバータ54でアナログ音声信号に変換されてパンポット55に入力される。パンポット55は基本回路38から指令により右側スピーカ30と左側スピーカ31とに信号の強さを調整して出力する。すなわち、パンポット55からの右側スピーカ30への出力信号は電子ボリューム52aからの信号とミキサー53aで混合され、パンポット55からの左側スピーカ31への出力信号は電子ボリューム52bからの信号とミキサー53bで混合される。
【0032】ミキサー53aで混合された信号は、増幅器56aで増幅され、さらに音量切替スイッチ57aで音量が手動設定されて右側スピーカ30を駆動する。ミキサー53bで混合された信号は、増幅器56bで増幅され、さらに音量切替スイッチ57bで音量が手動設定されて左側スピーカ31を駆動する。
【0033】このような構成により遊技の状態に応じて任意の種類の音が再生され、特に3CHの音は右側のスピーカと左側のスピーカへ出力する信号の強さを変える(パンニングする)ことにより、音像位置を左右または中央に任意に変えることができる。
【0034】次に図5〜図7を参照して各遊技の状態に対する音の再生状態を説明する。図5(a)に特別図柄表示部11の変動時および変動停止時に用いられる音の種類とパンニングのパターンを符号で示している。チャンネル1(CH1)とチャンネル2(CH2)には特別図柄表示部11の変動時に用いられる図柄回転音AL,ARと図柄回転音BL,BRとが夫々ステレオ音としてメモリに記録されている。チャンネル3(CH3)には左、右、中央の図柄が停止するときの音の種類D,E,Fが記録されている。Dの音が再生されるときは中央(C)から左(L)に音像が移動される。Eの音が再生されるときは音像の位置は中央(C)に定位される。Fの音が再生されるときは中央(C)から右(R)に音像が移動される。
【0035】次に、図5(b)と図6を参照して特別図柄表示部11の変動時および変動停止時における再生音を説明する。図5(b)に示すように特別図柄表示部11の変動時には図柄回転音AL,ARが再生され、AL,ARの音に加えて、さらに、左図柄の停止時にはDの音が再生され、右図柄の停止時にはFの音が再生される。
【0036】左右の図柄が停止した後、中図柄の停止するまでの再生音が図6に示されている。はずれ(左右の図柄が一致していない)の場合はAL,ARの音に加えて、中図柄の停止時にEの音が再生される。左右の図柄が一致しているリーチ時には中図柄停止の態様が3種類準備されており、リーチ1ではAL,ARの音の後にBL,BRの音が再生され、さらに、中図柄の停止時にBL,BRの音に加えてEの音が再生される。
【0037】リーチ2ではAL,ARの音の後にBL,BRの音が再生される。その途中に低速回転があり、そのときDおよびFの音が再生される。中図柄の停止時にはBL,BRの音に加えてEの音が再生される。リーチ3ではAL,ARの音の後にBL,BRの音が再生される。その後にコマ送りが行われ、1コマずつ送られるときにD,F,D,F,Eの音が順次再生される。
【0038】このようにして、全ての図柄が停止すると、大当たりとなる場合があるが、大当たりのときに用いられる音の種類とパンニングのパターンを図7(a)に符号で示している。チャンネル1(CH1)とチャンネル2(CH2)には大当たり音GL,GRと大当たり音HL,HRとが夫々ステレオ音としてメモリに記録されている。チャンネル3(CH3)にはI(V入賞音),J(声1),K(声2)M(効果音1),N(効果音2),O(効果音3)の音が記録されている。これら各音の再生時のパンニングの状態は図5(a)と同様の符号で示されている。
【0039】次に、図7(b)を参照して大当たり時の再生音の例を説明する。まず、大当たりとなると、最初の特別可変入賞球装置の解放と共に、大当たり音GL,GRが再生される。その間に特定玉検出器の出力(V入賞)があると、GL,GRの音に加えて、さらに、I,Jの音が続けて再生される。開閉板が閉じると大当たり音GL,GRは停止するが、その直前にGL,GRの音に加えて、さらに、N,Kの音が続けて再生される。大当たり音GL,GRが停止した後、Nの音のみが2回続けて再生される。
【0040】V入賞により2回目の特別可変入賞球装置の解放があると、最初の大当たり音GL,GRとは異なる大当たり音HL,HRが再生される。このように2回目の大当たり音を最初の大当たり音と異ならせているので、遊技者にV入賞による解放があったことを認識させることができる。大当たり音HL,HRの再生開始時にはHL,HRの音に加えて、さらに、Jの音が再生される。その間に特定玉検出器の出力(V入賞)があると、HL,HRの音に加えて、さらに、I,Jの音が続けて再生される。大当たり音HL,HRの停止時には、HL,HRの音に加えて、さらに、M,Oの音が続けて再生される。大当たり音HL,HRが停止した後にはNの音が2回再生される。このように、少ない音のデータにより変化に富んだ音および音像を遊技の状態に合わせて実現することができる。
【0041】図8に上記実施例の音回路の変形例を示す。この例では、音回路46Aは2チャンネルのメモリ50a,50bを備えており、これらのメモリは対となって、先の例と同様に各種のステレオ音の音符データを記録している。サウンドジェネレータ51a,51bは夫々メモリ50a,50bの音符データよりアナログ音声信号を生成する。すなわち、基本回路38がアドレス指定した各種の音の音符データがサウンドジェネレータ51a,51bにより読み出され、その音符データに基づき音声信号が生成される。
【0042】このようにして発生した各チャンネルのアナログ音声信号は夫々基本回路38から指令を受けた電子ボリューム52a,52bにより音の強さが調整される。電子ボリューム52a,52bからの出力信号は夫々増幅器56a,56bで増幅され、さらに音量切替スイッチ57a,57bで音量が手動設定されて右側スピーカ30および左側スピーカ31を駆動する。
【0043】この例では、電子ボリューム52a,52bは全体の音のレベルを調整することもでき、また、左右の音の強さを変えることにより音像を移動することもできる。音の種類は先の例より少なくなるが、変化に富んだ音像移動が可能であり、変化に富んだ効果音を遊技の状態に合わせて再生することができる。
【0044】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、少ない音声データとサウンドジェネレータまたは音声再生手段およびその制御手段によって、刻々と変化する遊技盤上の変化に対応させて音像位置を変化させた効果音を得ることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013