米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社三共

発明の名称 弾球遊技機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−117405
公開日 平成8年(1996)5月14日
出願番号 特願平6−284564
出願日 平成6年(1994)10月26日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】柴田 昌雄
発明者 鵜川 詔八
要約 目的
玉の流れの自由度を大きくし、さらに、遊技者の興趣を向上させる。

構成
可変表示装置19は複数の識別情報を可変表示する。可変表示装置19の表示結果が特定の態様となる場合に、所定の遊技価値が付与される。可変表示装置19は回転部材21a、21b,21cからなり、全体としてその断面が中央から回転軸の端部に向けて縮小している。
特許請求の範囲
【請求項1】 複数の識別情報を可変表示する可変表示装置、前記可変表示装置の表示結果が特定の態様となる場合に、所定の遊技価値を付与可能な弾球遊技機において、前記可変表示装置は回転部材からなり、その断面が中央から端部に向けて縮小していることを特徴とする弾球遊技機。
【請求項2】 前記可変表示装置の左右端部が回転楕円面または球面に形成されている請求項1の弾球遊技機。
【請求項3】 前記可変表示装置の左右端部が円錐体形状に形成されている請求項1の弾球遊技機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は所定の遊技価値を付与することが可能となる可変表示装置を備えた弾球遊技機に係わり、特に、新規な形状の可変表示装置に関する。
【0002】
【従来の技術】弾球遊技機として、例えば、パチンコ球を利用するパチンコ遊技機が広く知られている。近年、パチンコ遊技機にはいわゆる可変表示装置を備えたものが広く普及している。その可変表示装置の表示結果が特定の態様となる場合に、所定の遊技価値が付与される。
【0003】例えば、始動入賞口にパチンコ球が入賞すると、可変表示装置の表示内容が変動し表示内容が特定の状態で停止すると、大当たりとなり可変入賞球装置の大入賞口の扉が特定条件を満たす期間中開くものがある。
【0004】このような可変表示装置は半径の等しい3つの回転ドラムを同軸に並べたものや、長方形画面の液晶表示装置やCRTが用いられていた。そして、可変表示装置は遊技者が見やすいように遊技盤の中央に配置されていた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】上記した従来の可変表示装置は遊技盤の中央の長方形部分を占めており、玉はその部分を避けて流れるため、玉の流れの範囲がかなり制限されるという欠点があった。また、玉の流れに変化を持たせようとすると可変表示装置を大きくできないという問題があつた。
【0006】さらに、従来の液晶表示装置や回転ドラム式の可変表示装置は遊技者から見てすべて長方形に見えるため、可変表示装置を見た感覚に変化がなく遊技者の興趣が減退するという問題があった。
【0007】本発明は上記した点に鑑みてなされたものであって、その目的とするところは、玉の流れの邪魔になりにくく、玉の流れに変化を持たせることができ、あるいは、遊技者から見た表示面積を大きくすることが可能な可変表示装置を備えた弾球遊技機を提供することである。
【0008】本発明の他の目的は、可変表示装置の形状を斬新なものとすることにより、遊技者の興趣を向上させることができる弾球遊技機を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明の弾球遊技機は、複数の識別情報を可変表示する可変表示装置、前記可変表示装置の表示結果が特定の態様となる場合に、所定の遊技価値を付与可能な弾球遊技機において、前記可変表示装置は回転部材からなり、その断面が中央から端部に向けて縮小していることを特徴とするものである。
【0010】上記の所定の遊技価値とは遊技者にとって有利な状態となることであり、例えば、可変入賞球装置を備えた弾球遊技機では、可変入賞球装置を入賞しやすい状態とすることであってもよい。
【0011】また、直接景品玉を所定数排出することであってもよい。この場合は可変入賞球装置は不要となる。
【0012】さらに、貨幣投入またはプリペイドカードにより初期の得点が付与され、入賞により得点が増加しアウト玉により得点が減少し、得点が有る限り打玉を打つことが可能となっている弾球遊技機では、所定の得点を付与することであってもよい。
【0013】さらに、カード処理機能や印刷シート排出機能を備えている弾球遊技機では、カードに所定数の玉払いだし価値を付与し、または所定の価値を有する印刷シートを排出することであってもよい。
【0014】さらに、本発明の弾球遊技機は、前述の弾球遊技機において、前記可変表示装置の左右端部が回転楕円面または球面あるいは円錐体形状に形成されているものである。
【0015】
【作用】本発明の弾球遊技機によれば、可変表示装置の両側の端部が縮小しているため、可変表示装置上下の隅が玉の流れの範囲として利用でき、玉の流れに従来のものに比べて変化を持たせることができる。また、玉の流れを可変表示装置があまり妨げないので可変表示装置自体を従来のものより大きくすることができる。そして、可変表示装置の形状が従来のものにない斬新な形状であるため、遊技者の興趣を向上させることができる。
【0016】また、可変表示装置の左右端部が回転楕円面または球面に形成されたものは可変表示装置の形状がなじみ易いものとなり、遊技者に満足感を与えることができる。
【0017】さらに、可変表示装置の左右端部が円錐体形状に形成されているものは、平面状の印刷シートを張付けて製造することができるので、製造工程が簡単となり、製造コストが安くなる。
【0018】
【実施例】本発明の実施例であるパチンコ遊技機を図面に基づいて説明する。図1は本発明の実施例であるパチンコ遊技機の遊技盤1を示す正面図、図2は同パチンコ遊技機の可変表示装置を示す水平断面図、図3は同パチンコ遊技機の可変表示装置を示す垂直断面図である。
【0019】図1における遊技盤1は図示していない前面枠の裏面側に取付けられ、更にその裏面に機構板を配設し、機構板は外枠に嵌め込まれてパチンコ遊技機が完成する。
【0020】図1において、区画レール2で囲まれた遊技領域3内に図示していない玉打ち装置よりパチンコ球が打ち出される。遊技領域3の入口には遊技領域3内の玉が打出し通路に戻るのを防止するバック玉防止部材17が設けられている。
【0021】遊技領域3の中央には可変表示装置19が図2に示す取付基板24を介して取付けられ、遊技領域3の下方には可変入賞球装置7が配置されている。可変表示装置19の頂上には入賞口20が設けられている。
【0022】他の入賞口としては、可変表示装置19の左右斜め下方に入賞口14,14が配置され、可変入賞球装置7の左右に入賞口13,13が配置されている。さらに、可変表示装置19の真下に始動入賞口5が配置されている。
【0023】遊技球の落下の方向に変化を与えるものとして風車4,4が設けられている。さらに、図示していない多数の釘が遊技盤面に設けられており、遊技盤面の下方位置には玉の落下衝撃を緩和する衝突部材18が設けられている。図に示す15,15は遊技領域の左右に配置されたサイドランプであり、装飾効果を向上させる。
【0024】可変表示装置19の正面には3つの回転部材21a,21b,21cが現れており、回転部材21a,21b,21cの表面にはその回転につれて図柄、数字等が変動表示される。可変入賞球装置7には開閉板8が開閉自在に設けられており、大入賞口の入口を開閉する。なお、開閉板8はソレノイド9により開閉される。
【0025】開閉板8が開かれたとき、大入賞口に入った玉は2つの通路のいずれかに別れて進み、一方の通路を通る玉は特定玉検出器10を通過し、他方の通路を通る玉は入賞玉検出器11を通過する。なお、始動入賞口5に入った玉は始動玉検出器6を通過する。これらの始動玉検出器6、特定玉検出器10および入賞玉検出器11としては近接スイッチが用いられている。
【0026】入賞口13,13,14、14,20に入った玉、または、特定玉検出器10、入賞玉検出器11を通過した入賞玉は遊技盤1の背面を覆うように配置された入賞玉集合カバーに導かれて流下し、図示していない入賞玉処理装置の夫々別の入り口に導かれる。入賞口に入らなかった玉は遊技盤の下部に設けられたアウト穴16より遊技盤外に排出される。
【0027】上記入賞玉処理装置は入賞玉に応じて図示していない賞球装置を制御し、遊技盤1の上方に配置された玉タンクから所定数の遊技球を遊技盤の下に設けた受け皿に放出させる。すなわち、入賞口13,13,14、14,20からの1個の玉に対して7個の賞球が放出され、特定玉検出器10および入賞玉検出器11からの1個の玉に対して15個の賞球が放出される。
【0028】なお、可変入賞球装置7の開閉板8の開閉の動作は次のように行われる。まず、始動入賞口5に玉が入賞すると、始動玉検出器6で玉が検出され、可変表示装置19の回転部材21a,21b,21cが回転を始める。そして、所定時間経過後これらの回転部材は順次回転を停止する。これら3つの回転部材21a,21b,21cに同一図柄が並んだ場合に大当たりとなる。
【0029】表示変動中あるいは大当り中に始動入賞口5に玉が入ると、最大4回まで入賞回数が記憶され、記憶された入賞回数だけ回転部材21a,21b,21cの回転が繰返される。大当たりとなった場合、可変入賞球装置7は遊技者にとって有利な第1の状態となり、開閉板8が29.5秒間開放されるが、その間大入賞口に10個の玉が入ると遊技者にとって不利な第2の状態となり開閉板8は閉じられる。開閉板8が開いているときに特定玉検出器10が玉を検出すると、開閉板8の開放動作が終了した後、再び開閉板8が開放される。このような開放動作は最初の開放を含めて最高で16回まで繰返される。
【0030】なお, 上記した各玉検出器からの信号は図示していない遊技制御基板に入力され、遊技制御基板はその入力信号に基づいて可変表示装置や可変入賞球装置の動作を制御する。
【0031】図1に示す22,22…は記憶している可変表示装置の表示変動始動回数を表示する始動記憶表示器であり、遊技制御基板に接続されている。始動記憶表示器22,22…は記憶している表示変動始動回数に応じて最大4個まで点灯する。
【0032】また、図に示す12は個数表示器であり、開閉板8が1回開いている間に大入賞口に入賞した玉の数を表示する表示器である。個数表示器12は遊技制御基板に接続されている。さらに、図に示す23は回数表示器であり、1回の大当りで開閉板8が開いた回数を表示する表示器である。回数表示器23は遊技制御基板に接続されている。
【0033】次に、図2および図3を参照して上記可変表示装置19を詳細に説明する。可変表示装置19の各部品は収納ボックス28に収納されて取付基板24を介して遊技盤1に取付けられる。
【0034】取付基板24の中央部に形成された穴から透明カバー体25が突出するように配置されており、取付基板24には装飾が施され、取付基板24と透明カバー体25とで表飾り部材26が構成されている。可変表示装置19の識別表示面38a〜38cは透明カバー体25と遊技盤1の前方に配置されたガラス板37を介して透視できる。
【0035】回転部材21a,21b,21cは夫々駆動モータ29a,29b,29cで回転駆動される。すなわち、駆動モータの出力軸30a,30b,30cは夫々の回転部材の固定部31a,31b,31cに固着されている。駆動モータ29a,29b,29cは夫々モータ取付基板33a,33b,33cに取付けられこれらのモータ取付基板は金属板34を介して収納ボックス28に取付けられている。回転部材21a,21cの表面は回転楕円体であり、回転部材21bの表面は円筒面である。
【0036】駆動モータ29a,29b,29cはパルスモータであり、基準位置検出器が取付けられている。パルスモータと基準位置検出器は収納ボックス28に固定された中継基板35を介して遊技制御基板に接続されている。従って、基準位置検出器からの出力でカウンタをリセットし、パルスモータに印加したパルスをそのカウンタで計数することによりパルスモータのに出力軸の回動角すなわち回転部材21a,21b,21cの回動位置が認識される。
【0037】回転部材21a,21b,21cは透光性部材で形成されており、内部から照明される。すなわち、回転部材21a,21b,21cの前面側内部に蛍光管32,32…が反射部材39,39…を介して取付けられており、蛍光管32,32…からの光が直接または反射部材39,39…で反射されて回転部材21a,21b,21cの前面側の裏面に照射される。
【0038】図4および図5にこの発明の他の実施例である弾球遊技機の可変表示装置19Aを示す。この実施例では、可変表示装置19Aの左右の回転部材21aおよび21cの識別表示面40aおよび40cが円錐面に形成されている。また、中央の回転部材21bの識別表示面40bは多数の立体表示板41,41…により形成されている。立体表示板41,41…は固定爪42,42…を介して回転部材本体に取付けられている。他の構成は先に説明した実施例と同様である。
【0039】立体表示板41,41…は図6に示すように、レンチュキュラ板43の背後に図柄シート44が配置された構造である。図において、レンチュキラ板43の水平断面が示されており、レンチュキュラ板43は多数の円筒レンズが連なって形成されている。図柄シート44は各円筒レンズに対応するように帯状の右眼用図柄44aと左眼用図柄44bが交互に配置されている。
【0040】このような構成により、立体表示板41を正面から見ると、図に示すように右眼用図柄44a、44a…は右眼の網膜に像を結び、左眼用図柄44b、44b…は左眼の網膜に像を結ぶ。右眼用図柄44aと左眼用図柄44bとに両眼の視差を持たせることにより立体表示板41に立体像が形成される。
【0041】この実施例では、可変表示装置に立体像が形成されて、遊技者の興趣をさらに向上させることができる。また、左右の回転部材21aおよび21cの識別表示面40aおよび40cが円錐面に形成されているので製造コストが安くなる。
【0042】実施例は可変入賞球装置を備えたパチンコ遊技機について説明したが発明はこれに限られず、前述したように、可変表示装置の表示結果が特定の態様となる場合に、直接景品玉を所定数排出するようにしてもよい。
【0043】また、得点により遊技する弾球遊技機では、可変表示装置の表示結果が特定の態様となる場合に、所定の得点を付与するようにしてもよい。
【0044】さらに、カード処理機能や印刷シート排出機能を備えている弾球遊技機では、可変表示装置の表示結果が特定の態様となる場合に、カードに所定数の玉払いだし価値を付与し、あるいは所定の価値を有する印刷シートを排出するようにしてももよい。
【0045】
【発明の効果】以上説明したように、本発明の弾球遊技機によれば、可変表示装置の両側の端部が縮小しているため、可変表示装置上下の隅が玉の流れの範囲として利用でき、玉の流れに従来のものに比べて変化を持たせることができる。また、玉の流れを可変表示装置があまり妨げないので可変表示装置自体を従来のものより大きくすることができる。そして、可変表示装置の形状が従来のものにない斬新な形状であるため、遊技者の興趣を向上させることができる。
【0046】また、可変表示装置の左右端部が回転楕円面または球面に形成されたものは可変表示装置の形状がなじみ易いものとなり、遊技者に満足感を与えることができる。
【0047】さらに、可変表示装置の左右端部が円錐体形状に形成されているものは、平面状の印刷シートを張付けて製造することができるので、製造工程が簡単となり、製造コストが安くなる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013