米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 調理器の把手装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−10146
公開日 平成8年(1996)1月16日
出願番号 特願平6−147530
出願日 平成6年(1994)6月29日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 金尾 修司 / 石川 春生
要約 目的
持ち運ぶときの本体の傾き及び破損防止を行うことを目的とする。

構成
把手11は、金属材で略コ字状に折曲げた把手金具4に合成樹脂材の把手カバー5を付設させ、把手金具4の両端部に固着した回動軸6にバネ部材8を介在し、回動軸6にピン10を突設させる。把手11を回動自在に枢着する本体3側には、把手11が立った状態のとき回動軸6のピン10の位置を規制してその状態を支持する支え金具12を設ける。
特許請求の範囲
【請求項1】 金属材で略コ字状に折曲げ両端部に軸穴を設けた把手金具と、合成樹脂材よりなる断面凹状で略コ字状に形成し前記把手金具に付設する把手カバーと、この把手カバーの両端部に前記把手金具の軸穴に列設する貫通穴と、前記把手金具の軸穴に固着し前記把手カバーの貫通穴より突設する金属材の回動軸と、バネ部材を介在してその先端に剛性な支持リングを前記回動軸に挿入し、前記回動軸に貫設した穴にピンを突設してなる把手と、板金材で略方形の外向壁と背壁に連通穴を設け、この外向壁の連通穴に切欠き部と外周内面に突設するストッパー部およびストッパー部の近傍に突起部を設けた支え金具と、炊飯器などの本体側面に設けた把手取付け穴と列設して前記支え金具を挿着し、前記回動軸を本体の把手取付け穴に挿通させて把手を回動自在に枢着し、把手が立った状態のとき前記支え金具のストッパー部と突起部間に前記ピンが位置してなる調理器の把手装置。
【請求項2】 支え金具の外向壁に有するストッパー部の高さより低くし、把手収納方向の面を傾斜させた突起部を設けてなる請求項1記載の調理器の把手装置。
【請求項3】 本体を構成する上枠に挿着する前記支え金具の外向壁外面に突部を設け、この突部と係合する貫通穴を前記上枠の側壁に設けてなる請求項1記載の調理器の把手装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、一般家庭で使用される調理器の把手装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、炊飯器は、おいしいご飯を炊くための機能アップがなされている反面、本体重量はますます重くなっているため、これを持ち運ぶときの把手は堅固であることばかりか、運びやすく扱いやすいものが求められるようになっている。
【0003】以下に従来の調理器の把手装置について説明する。図10〜図12において、1は米と水を入れて炊飯する炊飯器などの本体で、合成樹脂材よりなり側部に切欠き部を有する把手取付け穴1aと、この把手取付け穴1aと対向させて凹部1bを内壁に形成している。2は本体1を持ち運びするための把手で、合成樹脂材で略半円形状に形成し、両端部には周壁に突設する突起部の背面に凸部2aを設けた回動軸2bが一体に形成されている。なお、本体1の把手取付け穴1aの切欠き部と回動軸2bの突起部とを合わせ挿通させ把手2を回動自在に枢着できるもので、持ち上げやすくするために把手2を立たせたとき、始めて回動軸2bの凸部2aと本体1の凹部1bとが係合するように構成していた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の従来の構成では、図13に示すように、ご飯Xが一ヵ所に片寄った状態の本体1を持ち上げると、ご飯Xのある側に本体1が傾いてしまうことがあった。これは把手2の回動軸2bに設けた凸部2aと本体内の凹部1bとが係合し本体が傾かないようにしているが、合成樹脂同士が擦れて磨耗あるいは長期間使用している間に本体1の温度上昇により劣化したり変形するなどで本体の傾きを防ぐことができなかった。
【0005】また、把手2の自重で倒れ本体背面に取付けたヒンジカバーの係止部の位置に収まるようにしているが、合成樹脂材のため軽量であるばかりか、把手がガタツかないように回動軸外形と本体の把手取付け穴の内径寸法をつめていることから、本体内部からの熱及び周囲の環境により前記寸法が変化して摺動力が増して所定の収納位置まで倒れず、炊飯のときに発生する蒸気の噴き出し口の上方位置で把手が止まってしまうことがあるため、蒸気によって熱くなった把手を知らずに握ってしまったり、把手の劣化や変色などがおこっていた。
【0006】本発明は上記従来の問題点を解決するもので、持ち運ぶときの本体の傾きをなくすとともに、把手が立っている状態で回動方向と逆方向に一定以上の力がこれに加わったときストッパーを解除し、把手装置などが破損しないようにする調理器の把手装置を提供することを第1の目的とする。
【0007】第2の目的は、蒸気が噴き出る蒸気口の上方位置で把手が止まらないようにする調理器の把手装置を提供することにある。
【0008】第3の目的は、把手を本体から取りはずして分解あるいは再組立てするときに支え金具の移動を防止する調理器の把手装置を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記第1の目的を達成するために本発明は、金属材で略コ字状に折曲げ両端部に軸穴を設けた把手金具と、合成樹脂材よりなる断面凹状で略コ字状に形成し前記把手金具に付設する把手カバーと、この把手カバーの両端部に前記把手金具の軸穴に列設する貫通穴と、前記把手金具の軸穴に固着し前記把手カバーの貫通穴より突設する金属材の回動軸と、バネ部材を介在してその先端に剛性な支持リングを前記回動軸に挿入し、前記回動軸に貫設した穴にピンを突設してなる把手と、板金材で略方形の外向壁と背壁に連通穴を設け、この外向壁の連通穴に切欠き部と外周内面に突設するストッパー部およびストッパー部の近傍に突起部を設けた支え金具と、炊飯器などの本体側面に設けた把手取付け穴と列設して前記支え金具を挿着し、前記回動軸を本体の把手取付け穴に挿通させて把手を回動自在に枢着し、把手が立った状態のとき前記支え金具のストッパー部と突起部間に前記ピンが位置してなる調理器の把手装置とするものである。
【0010】また、第2の目的を達成するために、支え金具の外向壁に有する突起部はストッパー部高さより低くし、把手収納方向の面を傾斜させて設けてなるものである。
【0011】第3の目的を達成するために、本体を構成する上枠に挿着する支え金具の外向壁外面に突部を設け、この突部と係合する貫通穴を上枠の側壁に設けてなるものである。
【0012】
【作用】本発明は上記第1の手段により、本体を持ち運びするときに把手を立てると、把手の回動軸に突設するピンは、本体に挿着した支え金具の外向壁に有するストッパー部と突起部との間に位置して把手の回動を規制できるとともに、コイルバネの反発力によって前記規制をより確実なものにし、且つ把手が立っている状態で回動方向と逆方向に一定以上の力が加わった場合にストッパー部を乗り越えるものである。
【0013】また、第2の手段により、把手の回動軸のピンが接して摺動する支え金具の外向壁内面に有する突起部は、回動途中で把手が止まらないように把手収納方向の面に傾斜を設けている。
【0014】また、第3の手段により、本体に装着した支え金具に挿通する把手を取りはずして本体を分解あるいは組立てる際に本体を逆にしても、本体を構成する上枠の貫通穴と支え金具に設けた突部とが合致しているため、支え金具は落下することなく作業が行える。
【0015】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照して説明する。図1〜図6において、3は炊飯器などの調理器本体で、ボディ3aと上枠3bおよび外蓋3cから構成しており、その内部に内鍋3dを収納する保護枠3eが設けられ、保護枠3eの下方には加熱手段である誘導コイル3fが配置されている。ここで誘導コイル3fが制御されて内鍋3dが加熱され炊飯が行われる。このとき炊飯時の蒸気を外部に噴出させる蒸気口3gを外蓋3cに形成している。更に本体3両側面に把手取付け穴3hと、背面に膨出した係止部を形成してなるヒンジカバー3iを設けている。4は金属材で略コ字状に折曲げ両端部に軸穴4aを設けた把手金具、5は合成樹脂材よりなる断面凹状で略コ字状に形成し把手金具4に付設する把手カバーで、両端部に把手金具4の軸穴4aに列設する貫通穴5aを設けている。
【0016】6は把手金具4の軸穴4aに固着し把手カバー5の貫通穴5aより突設する金属材の回動軸で、2つのリンフ7の間にコイルバネ8を介在してその先端に剛性な支持リング9を配設し回動軸6に挿入している。10は回動軸6に貫設した穴に圧入し突設するピン、11は把手金具4〜ピン10の構成で完成となる把手、12は板金材よりなり図5に示すように二つを組合せたり、図6に示すように一体に形成して略長方形に設けた支え金具で、外向壁13と背壁14に連通穴13a・14aを設け、この外向壁13の連通穴13aに切欠き部13bと外周内面に突設するストッパー部13cおよびストッパー部13cの近傍に突起部13dを設けている。この支え金具12は把手取付け穴3hと列設させて本体2の上枠13bに挿着している。
【0017】最後に把手11を本体3に取付けする方法は、まずヒンジカバー3iがない状態でヒンジカバー3iより下方の位置Aで把手11両端部を広げて本体3の把手取付け穴3hに回動軸6を挿通させ、把手11を上方へ回動させた後、本体3背面にヒンジカバー3iを取付けて完了となる。把手11は収納位置なるヒンジカバー3iから立てて持ち運べる位置まで回動自在に枢着できるものである。
【0018】以上の構成により本体3を持ち運びするときに把手11を立てると、把手11の回動軸6に突設するピン10は、本体3に装着した支え金具12の外向壁13に有するストッパー部13cと突起部13dとの間に位置して把手11の回動を規制できる。これはストッパー部13cを乗り越えようとするとコイルバネ8が圧縮して反発力が増して前記規制をより確実なものにしている。更に把手11が立っている状態で回動方向と逆方向に一定以上の力が加わった場合にストッパー部13cを乗り越え把手装置などが破損しないようにしているが、この把手11を収納方向に回動すると元の位置に戻り通常の使用が可能となるものである。
【0019】図7の実施例では、支え金具12の外向壁13に有する突起部13dはストッパー部13cの高さより低くし、把手収納方向の面13eを傾斜させて設けている。尚、突起部13dの形状は図8に示すように半円形状に突設してもよい。
【0020】以上の構成により支え金具12の外向壁13内面に接して摺動する把手回動軸6のピン10は外向壁13に有する突起部13dの傾斜面よりすべり落ち平面部へ移動するとコイルバネ8が伸びて反発力が弱まって摺動する。また把手11は金属材の把手金具4を採用しているため、把手11の自重で収納位置に回動し途中で止まらないようになっている。
【0021】図9の実施例では、本体3を構成する上枠3bに挿着する支え金具12の外向壁13外面に突部13fを設け、この突部13fと係合する貫通穴3jを上枠3bの側壁に設けている。
【0022】以上の構成により本体3に装着した支え金具12に挿通する把手11を取りはずして本体3を分解あるいは組立てる際に本体3を逆にしても、本体3を構成する上枠3bの貫通穴3jと支え金具12に設けた突部13fとが合致しているため、支え金具12は落下することなく作業が行える。
【0023】
【発明の効果】以上のように本発明は、本体を持ち運びするときに把手を立てると、把手の回動軸に突設するピンは、本体に装着した支え金具の外向壁に有するストッパー部と突起部との間に位置して把手の回動を規制できるとともに、コイルバネの反発力によって前記の規制をより確実なものにし、本体が傾いたり揺れたりしないので運びやすく扱いやすくなる。更に、把手が立っている状態で回動方向と逆方向に一定以上の力が加わった場合にストッパー部を乗り越えることで、把手装置などの破損を防ぐことができる。
【0024】また本発明は、支え金具の外向壁内面に接して摺動する把手の回動軸のピンは外向壁に有する突起部の傾斜面よりすべり落ち平面部へ移動し回動力が弱まって摺動する。また把手は金属材の把手金具を採用しているので、把手の自重で収納位置に回動し途中で止まらないようにしているもので、把手は蒸気にあたらないため、蒸気によって熱くなった把手を握って火傷することもなく、合成樹脂材の把手カバーの劣化や変色などの問題も解消できる。
【0025】更に本発明は、本体に装着した支え金具に挿通する把手を取りはずして本体を分解あるいは組立てる際に本体を逆にしても、本体を構成する上枠の貫通穴と支え金具に設けた突部とが合致して常に所定位置に挿着できるものであり支え金具は落下することなく作業が行えサービス性や生産性が向上する。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013