Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
田植機の薬剤散布構造 - 株式会社クボタ
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 田植機の薬剤散布構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−252055
公開日 平成8年(1996)10月1日
出願番号 特願平8−8053
出願日 平成1年(1989)1月20日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 高尾 裕 / 中尾 康也 / 中村 正一 / 富田 幸蔵 / 早瀬 和幸 / 門出 剛
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 薬剤を貯留するホッパ(13)と、前記ホッパ(13)から薬剤を繰出す繰出し機構(14)と、繰出された薬剤を回転によって飛散させる回転体(33)と、前記回転体(33)によって飛散された薬剤を拡散させて圃場面に落下案内する横長のガイド部材(15)とを備えて、薬剤散布装置(5)を構成し、機体の後部に支持された苗植付装置(3)の後側に前記薬剤散布装置(5)を備えると共に、機体の運転部(48)から目視できる表示部(49)を、前記ガイド部材(15)の左右両横部に備えてある田植機の薬剤散布構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、苗植付装置に、中央の横軸芯周りで同期回転する回転ケースの両端に夫々植付爪を装着した植付機構を複数備えるとともに、植付機構の駆動伝動系に、一部の植付機構のみを駆動する部分植付状態と全植付機構を駆動する全条植付状態とに操作切換え自在な切換機構及び植付機構の停止時において回転ケースを略水平姿勢に維持する停止姿勢規制機構を備え、間欠回動により粉粒体を所定量毎繰出す繰出し回転体を設け、前記部分条植付状態における停止側植付機構及び駆動側植付機構夫々の回転ケースの回転中心から所定量偏芯した位置と、前記繰出し回転体とを一対の連係部材を介して連動連結してある田植機の粉粒体繰出し構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来における上記繰出し構造では、前記回転アームと前記連結部材との連結位置は各条とも一定位置に設けてあった(繰出し回転体と植付機構とを連結する構造としては、本出願人により出願した特願昭63‐179358号参照)。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記従来構造は、回転ケースの一回転により2個の植付爪で苗植付けを行うよう植付機構を構成して高速で苗植付け作業を行えるよう考慮するとともに、例えば路上走行を行う場合には、両植付爪が共に地面から持ち上がった状態、即ち前記回転ケースが略水平姿勢になった状態で停止するよう考慮したものである。ところが、前記切換機構により部分植付状態から全条植付状態に切換えた際、前記停止側植付機構と駆動側植付機構との前記連結点位置P1,P2が周方向にずれた状態で伝動接続されることがあり、その位置が180°位相が異なると、回転ケースの半周期で駆動される繰出し回転体の回動周期が図11(イ)に示すように、略2倍となって繰出し量が適合量(図11(ロ)に示す状態)よりも多くなってしまうという欠点を有していた。本発明は、合理的な構造改良により、上記不具合点を解消することを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】発明の実施の形態中の図面を用いて作用を説明する。図2のラインL1は前記駆動側植付機構による繰出し回転体の駆動特性を示し、図2のラインL2は前記停止側植付機構による繰出し回転体の駆動特性を示している。従って合成駆動特性は図2の斜線で示すような波形になる。そこで、前記切換機構により停止側植付機構を一且停止した後、再駆動して、その回転位相が180°ずれた場合であってもその合成波形は図2に示す波形と同一の駆動波形となり、繰出し量が大きく変化することがない。
【0005】
【発明の実施の形態】図10に本発明に係る乗用型田植機を示している。この田植機は、乗用型走行機体1の後部に昇降駆動されるリンク機構2を介して苗植付装置3を連結するとともに、苗植付装置3の後部に施肥装置4を取付け、さらにその後方に薬剤散布装置5を配設して構成してある。
【0006】前記苗植付装置3は、図3及び図4に示すように、植付け苗を載置する後下り傾斜姿勢の苗載せ台6を、フレーム兼用の植付伝動ケース7に一定ストロークで往復横移動自在に取付けるとともに、植付伝動ケース7から後方に向けて一体延設した3個のチェーンケース8の後部両側に夫々植付機構9を設け、6条植付け型式に構成してある。前記植付機構9は、前記チェーンケース8の後部に、その中央の横軸芯X1周りで回動駆動される回転ケース10の両端に植付爪11を装着し、回転ケース10の回転に伴い植付爪11が楕円軌跡を描きながら苗を切り出して圃場に植付けるよう構成してある。そして、前記植付伝動ケース7内および、各チェーンケース8には、前記植付機構9に対する動力を各別に断続する切換機構としてのクラッチ機構Cを内装してあり、各クラッチ機構Cの入切操作は苗載せ台6の前面側に配設した各条クラッチレバー12の人為操作により行うよう構成し、一部の植付機構9のみ駆動する部分条植付け状態と全植付機構9を駆動する全条植付け状態とに切換え可能に設けてある。
【0007】図9に示すように、植付伝動ケース7内およびチェーンケース8には、植付機構9の停止時において回転ケース10を略水平姿勢に維持する停止姿勢規制機構Aを備えてある。つまり、前記クラッチ機構Cにおけるシフトフォーク41と一体的に揺動する係止片42を設けるとともに、クラッチ機構Cの従動軸43に前記係止片42が係合することで、前記所定位置に姿勢規制する係合部材44を取付けて前記規制機構Aを構成し、従動軸43と植付機構9とを1/2減速チェーン伝動機構で連結して、回転ケース10が180°の位相差毎に停止可能に設けてある。
【0008】前記薬剤散布装置5は、中央上部に粉粒体の薬剤を貯留するホッパ13を備え、そのホッパ13の下方に所定量の薬剤を繰出す繰出し機構14を設けるとともに、繰出された薬剤を略全条植付け幅に拡散させるために横方向に長く延設し、下方を開放した略箱形形状のガイド部材15を備えて構成され、前記チェーンケース8の後部から固設延出した支持フレーム16を介して支持固定してある。
【0009】詳述すると、図6ないし図8に示すように、ホッパ13の下方に薬剤通過用透孔17を周方向に沿って一定ピッチで多数形成した回転円板型の繰出し回転体の一例である繰出し部材18を設け、透孔17の回転通過箇所においてホッパ13に薬剤供給口19を形成するとともに、繰出し部材18を底板上を摺接回動する状態で配設してある。そして透孔17通過箇所であって前記供給口19から周方向に位置ずれした位置において、前記底板に落下孔21を形成し、繰出し部材18を間欠回動させることで各透孔17内の薬剤が下方に繰り出されるように構成してある。落下した薬剤は案内筒45を介して下方の回転体33の上方に落下する。回転体33は電動モータ32により縦軸芯周りで高速回転する円板であって、この回転体33には径方向に延びる回転羽根34を一体的に立設してある。薬剤はこの回転羽根34によって跳ね飛ばされ、前記箱形ガイド部材15の内面によって幅全植付け幅に亘り拡散され圃場に散布される(図5参照)。
【0010】図4ないし図6に示すように、前記ガイド部材15の内方には、左右一対のシャッタ部材46を揺動開閉自在に配備してある。詳述すると、両シャッタ部材46はガイド部材15の前壁15aに略沿う縦軸芯周りで前後向き姿勢でガイド部材15内の拡散領域を遮閉する作用位置と、横向き姿勢で前壁15aに沿う非作用位置とに切換揺動可能であって、夫々、左右の各条クラッチレバー12にワイヤ47を介して連動連結してある。つまり、クラッチ切側の植付け条に対しては薬剤の散布を行わないよう作用位置に設定することができるのである。
【0011】又、図4に示すように、前記ガイド部材15の両横側端部には走行機体1の運転部48から目視することができるマーカ49を延設し、前記施肥装置4によって死角となる薬剤散布装置5の位置を運転者が確認できるようにし、畦際での昇降時に薬剤散布装置5が畦に衝突するのを防止できるようにしてある。
【0012】次に前記繰出し部材18の駆動構造について説明する。繰出し部材18の縦向き駆動軸23と前記植付機構9とを連動連結し、回転運動を往復揺動運動に変換し、一方向クラッチ30により透孔17のピッチ相当量間欠回動するよう構成してある。詳述すると、図1に示すように、左側のチェーンケース8により駆動される植付機構9の回転ケース10の側部に、その両端に亘って架設固定したブラケット24の途中部位であって回転中心X1から所定量偏芯した位置と、前記支持フレーム16の途中部位に枢支した揺動アーム26の一端とを連係部材としての押引ロッド27を介して枢支連結し、前記揺動アーム26の他端と前記駆動軸23に取付けた一方向クラッチ30とをワイヤ31で連動連結し、回転ケース10の半回転での引操作に伴って繰出し部材18を間欠回動させるよう構成してある。そして、右側の植付機構9と、駆動軸23に取付けた他方の一方向クラッチ30とを上記連係構造と同様の連係構造により連動連結してある。
【0013】このように、駆動系を2系統設けることで、部分条植付け作業を行なう際であっても常に薬剤繰出し動作を維持できるよう考慮してある。ここで例えば、右側2条を停止させ部分植付け状態を設定する場合に、停止側植付機構となる右側植付機構9と前記押引ロッド27との連結位置P2と、駆動側植付機構となる左側植付機構9と前記押引ロッド27との連結位置P1とを、回転ケース10の回転方向に略90°位置ずれさせてある。
【0014】このように構成すると、左側植付機構9による繰出し部材18の駆動特性は、図2のラインL1に示す特性となり、右側植付機構9による駆動特性は図2のラインL2に示す波形になる。従って合成駆動特性は同図の斜線で示す特性となる。そして、右側のクラッチ機構Cを一且切った後、再度全条植付けを行う際、各植付機構9の回転位相が180°ずれた場合であっても、上記駆動特性は同図に示す特性と同一となり、繰出し量が変化することはないのである。本発明は、薬剤散布装置に限らず肥料の繰出し構造にも適用できる。
【0015】
【発明の効果】請求項1の特徴によると、高速の苗植付け作業を行うことができるとともに、植付け動作に連動して薬剤等の粉粒体を所定量毎繰出すことができるものでありながら、一部の植付機構の停止・再開動作により生じる繰出し量の変化を抑制できることとなり、過不足なく適合量の粉粒体の繰出しを行えるものになった。
【0016】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にする為に符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013