米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 脱穀装置のチャフシーブ構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−242673
公開日 平成8年(1996)9月24日
出願番号 特願平7−48762
出願日 平成7年(1995)3月8日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 仲谷 章一 / 田中 祐二 / 柏野 信三
要約 目的
多数のチャフプレートを前後に並設したチャフシーブを、扱胴軸芯方向に処理物が搬送される状態で設けた脱穀装置において、処理物量がチャフシーブの左右両端部で多くなる傾向を改善しながら、チャフシーブ上での処理物の滞留や詰まりを抑制する。

構成
チャフプレート14を平面視で前後方向に屈曲形成して、チャフプレート14aの左右両端部を処理物がチャフシーブ14の左右中央側に斜め搬送される状態に前後方向に対して傾斜配置する。
特許請求の範囲
【請求項1】 多数のチャフプレート(14a,15a)を前後に並設したチャフシーブ(14,15)を、扱胴軸芯方向に選別処理物が搬送される状態で設けた脱穀装置において、前記チャフプレート(14a,15a)を平面視で前後方向に屈曲形成して、前記チャフプレート(14a,15a)の左右両端部を処理物が前記チャフシーブ(14,15)の左右中央側に斜め搬送される状態に前後方向に対して傾斜配置してある脱穀装置のチャフシーブ構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、多数のチャフプレートを前後に並設したチャフシーブを、扱胴軸芯方向に選別処理物が搬送される状態で設けた脱穀装置のチャフシーブ構造、詳しくはチャフプレートの改良に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、脱穀装置の選別部に配備されるチャフシーブは、左右方向において直線状に形成した多数のチャフプレートを前後方向に対して直角に配置していた。この場合、扱胴の回転方向の影響等によって処理物量がチャフシーブの左右両端部で多くなる傾向があり、これを改善するに、選別処理物を搬送に伴ってチャフシーブの左右中央側に寄せるガイド板をチャフプレートの上方に配置することが提案されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記提案手段で処理物の分布の改善を行う場合、処理物がガイド板に引っ掛かって、チャフシーブ上での処理物の滞留や詰まりが生じるおそれがあり、実用上には問題があった。本発明の目的は、処理物量がチャフシーブの左右両端部で多くなる傾向を改善できながら、そのための手段に起因するチャフシーブ上での処理物の滞留や詰まりを効果的に抑制できるようにする点にある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の特徴構成は、多数のチャフプレートを前後に並設したチャフシーブを、扱胴軸芯方向に選別処理物が搬送される状態で設けた脱穀装置において、前記チャフプレートを平面視で前後方向に屈曲形成して、前記チャフプレートの左右両端部を処理物がチャフシーブの左右中央側に斜め搬送される状態に前後方向に対して傾斜配置してある点にある。
【0005】
【作用】つまり、チャフプレートの屈曲によりチャフプレートの左右両端部を前後方向に対して傾斜させて、チャフプレートの左右両端部によって処理物がチャフシーブの左右中央側に斜め搬送されるように構成してあるから、処理物量がチャフシーブの左右両端部で多くなる傾向を改善でき、しかも、処理物搬送に障害となる分布改善手段がチャフプレートの上方に存在しないから、チャフシーブ上での処理物の滞留や詰まりを効果的に抑制できる。
【0006】
【発明の効果】その結果、チャフシーブの左右方向における処理物分布の均等化で選別効率を向上できるのみならず、チャフシーブ上での処理物搬送を確実に円滑化できる、チャフシーブの搬送機能面において優れた脱穀装置を提供できるようになった。
【0007】
【実施例】図1に示すように、全稈投入式軸流型コンバインに搭載する脱穀装置1を構成するに、図外左方の刈取部から穀稈供給するフィードコンベアに連通した扱室2内に扱胴5を前後水平に軸支し、扱室2の下方に選別部3を配置し、扱室2から選別部3に穀粒を漏下供給する受網(コンケーブ)4を設けてある。また、扱胴5の外周面に螺旋状扱歯6aを全長にわたって取付けるとともに、螺旋状扱歯6aに周方向適当ピッチで独立扱歯6bを取付け、扱胴5の回転に伴って扱胴周方向に流動する処理物を扱胴軸芯方向に案内するために、扱室2の天板に多数の送塵弁11を扱胴軸芯方向に並べた状態で取付け、扱胴5の駆動回転に伴って穀稈を脱穀処理して扱胴軸芯方向に移送するように構成してある。
【0008】選別部3に揺動選別ケース9、風選用唐箕12、1番物回収用スクリューコンベア7、2番物回収用スクリューコンベア8を設け、受網4から漏下供給される処理物を後方の揺動移送しながら篩い選別および風選別し、穀粒を1番物回収用スクリューコンベア7から図外のグレンタンクに送るように構成し、選別不十分な2番物を2番物回収用スクリューコンベア8および還元用スクリューコンベア10を介して揺動選別ケース9の前部に戻すように構成してある。
【0009】揺動選別ケース9には、前部グレンパン13、粗選別用のメインチャフシーブ14とリアチヤフシーブ15を、その順に扱胴軸芯方向に選別処理物が搬送される状態で設けるとともに、メインチャフシーブ14の下方には精選別用のグレンシーブ16を設けてある。
【0010】前記メインチャフシーブ14とリアチヤフシーブ15は、多数のチャフプレート14a,15aを前後に並設してなり、各チャフプレート14a,15aの傾斜角を変更操作して漏下目合いを変更調節できるよう構成してある。
【0011】図2および図3に示すように、チャフプレート14a,15aを平面視で中央部が前方に突出する状態に全体が湾曲するよう屈曲形成して、チャフプレート14a,15aの左右両端部を処理物がチャフシーブ14,15の左右中央側に斜め搬送される状態に前後方向に対して傾斜配置し、理物量の左右方向での分布を均等化して選別効率を向上するとともに、チャフシーブ14,15上での処理物搬送を円滑化するように構成してある。
【0012】〔別実施例〕チャフプレート14a,15aを屈曲形成するに、例えば図3に示すように屈折形状にする等、適当に形状変更でき、要するに、選別処理物がチャフシーブ14,15の左右中央側に斜め搬送される状態にチャフプレート14a,15aの左右両端部が前後方向に対して傾斜すればよい。
【0013】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013