米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 草刈機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−242654
公開日 平成8年(1996)9月24日
出願番号 特願平7−48771
出願日 平成7年(1995)3月8日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 黒見 晃志
要約 目的
走行路面の一側端に連なる斜面の長さや状況に応じて法面刈取装置の有効刈り幅を容易かつ迅速に変更できるようにして、草刈り作業効率の向上を図れるようにする。

構成
走行機体1の前方に走行路面上の草を刈り取る平面刈取装置2を備えるとともに、前記走行機体1の横側に走行路面の一側端に連なる斜面上の草を刈り取る法面刈取装置3を備えた草刈機において、前記法面刈取装置3を、上下一対の押さえ板16,17により挾持された上下一対の刃体18,19同士の相対的な横往復移動によるはさみ切断を行うレシプロ式に構成するとともに、前後方向視における角度調節自在に、かつ、刈り幅方向において位置調節自在に支持した。
特許請求の範囲
【請求項1】 走行機体(1)の前方に走行路面上の草を刈り取る平面刈取装置(2)を備えるとともに、前記走行機体(1)の横側に走行路面の一側端に連なる斜面上の草を刈り取る法面刈取装置(3)を備えた草刈機であって、前記法面刈取装置(3)を、上下一対の押さえ板(16),(17)により挾持された上下一対の刃体(18),(19)同士の相対的な横往復移動によるはさみ切断を行うレシプロ式に構成するとともに、前後方向視における角度調節自在に、かつ、刈り幅方向において位置調節自在に支持してある草刈機。
【請求項2】 前記押さえ板(16),(17)の一方にラック(38)を形成し、このラック(38)に噛合するピニオン(37)の駆動により、前記法面刈取装置(3)を、その刈り幅方向に位置調節するように構成してある請求項1記載の草刈機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、走行機体の前方に走行路面上の草を刈り取る平面刈取装置を備えるとともに、前記走行機体の横側に走行路面の一側端に連なる斜面上の草を刈り取る法面刈取装置を備えた草刈機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、上記のような草刈機としては、例えば、実開昭61‐95229号公報で開示されているように、平面刈取装置をバリカン刃によってはさみ切断を行うレシプロ式に、また、法面刈取装置を回転刃によって衝撃切断を行うロータリ式に構成するとともに、法面刈取装置を刈り高さ調節自在に支持したものや、特開昭61‐21017号公報で開示されているように、平面刈取装置と法面刈取装置の夫々をチェーンソー式に構成するとともに、法面刈取装置を、左右方向視における前進方向に角度調節自在に、かつ、前後方向視における角度調節自在に支持したものなどがあった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来技術における前者においては、法面刈取装置を刈り高さ調節自在に支持しているだけであるから、法面刈取装置の有効刈り幅を走行路面の一側端に連なる斜面の長さや状況に応じた刈り幅に変更できない不都合が生じるとともに、法面刈取装置をロータリ式に構成していることから、法面刈取装置が大型化するとともに重くなり、法面刈取装置の刈り高さ調節が行い難くなる不都合や、重量バランスが悪くなって操縦性が悪くなる不都合が生じるようになっていた。また、上記従来技術における後者においては、法面刈取装置を左右方向視における前進方向に角度調節自在に支持していることから、その角度調節により法面刈取装置の姿勢を変更することによって、法面刈取装置の有効刈り幅を走行路面の一側端に連なる斜面の長さや状況に応じた刈り幅に変更することはできるが、例えば、法面刈取装置の直前に立木などの障害物が存在するような状況においては、走行機体を、その地点から、法面刈取装置の左右方向視における前進方向への角度調節をその障害物との接触なく行える地点まで一旦後退させなければ、法面刈取装置の姿勢を、その障害物上方の草刈り処理が可能となる有効刈り幅を得られる姿勢に変更できない不都合が生じるようになっており、作業効率の向上を図る上において改善の余地があった。
【0004】本発明の目的は、走行路面の一側端に連なる斜面の長さや状況に応じて法面刈取装置の有効刈り幅を容易かつ迅速に変更できるようにして、草刈り作業効率の向上を図れるようにすることにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本第1発明では、走行機体の前方に走行路面上の草を刈り取る平面刈取装置を備えるとともに、前記走行機体の横側に走行路面の一側端に連なる斜面上の草を刈り取る法面刈取装置を備えた草刈機において、前記法面刈取装置を、上下一対の押さえ板により挾持された上下一対の刃体同士の相対的な横往復移動によるはさみ切断を行うレシプロ式に構成するとともに、前後方向視における角度調節自在に、かつ、刈り幅方向において位置調節自在に支持した。
【0006】また、本第2発明では、上記第1発明において、前記押さえ板の一方にラックを形成し、このラックに噛合するピニオンの駆動により、前記法面刈取装置を、その刈り幅方向に位置調節するように構成した。
【0007】
【作用】本第1発明によると、法面刈取装置の前後方向視における角度調節を行うことによって、法面刈取装置の姿勢を、走行路面の一側端に連なる斜面の傾斜に沿った傾斜姿勢に変更することができるので、斜面の傾斜にかかわらず、斜面上の草を略一定の刈り高さに刈り揃えることができる。また、前後方向視における角度調節により法面刈取装置を水平姿勢に変更することによって、広い走行路面上の草を平面刈取装置とともに一挙に刈り取ることも可能になる。さらに、法面刈取装置をその刈り幅方向において位置調節することによって、走行路面の一側端に連なる斜面の長さや状況に応じて法面刈取装置の有効刈り幅を変更することができるので、法面刈取装置を左右方向視における前進方向に角度調節自在に支持した場合のように、法面刈取装置の直前に立木などの障害物が存在するような状況において、その障害物上方の草刈り処理が可能となる有効刈り幅が得られる姿勢に法面刈取装置の姿勢を変更するには、走行機体を、その地点から、法面刈取装置の左右方向視における前進方向への角度調節を前記障害物との接触なく行える地点まで、一旦後退させなければならないといった不都合がない。その上、法面刈取装置をレシプロ式に構成していることによって、ロータリ式に構成する場合に比較して、法面刈取装置の小型化および軽量化を図ることができるので、重量バランスの崩れを抑制でき、操縦性の向上を図ることができるとともに、法面刈取装置の前後方向視における角度調節による斜面の傾斜に応じた姿勢変更、および、刈り幅方向の位置調節による斜面の長さや状況に応じた有効刈り幅の変更を容易かつ迅速に行えるようになる。
【0008】本第2発明によると、法面刈取装置の刈り幅方向への位置調節を可能にする機構をラック・ピニオン式に構成し、そのラックを一方の押さえ板に形成して押さえ板をラックに兼用するようにしているので、構成の簡素化および製造コストの低減を図ることができるようになる。
【0009】
【発明の効果】従って、本第1発明によれば、法面刈取装置の小型化および軽量化によって、操縦性の向上を図ることができるとともに、走行路面の一側端に連なる斜面の傾斜に応じた法面刈取装置の姿勢変更、および、斜面の長さや状況に応じた法面刈取装置の有効刈り幅の変更を容易かつ迅速化に行えるようになるので、草刈り作業効率の向上を図ることができるようになった。
【0010】本第2発明によれば、構成の簡素化および製造コストの低減を図りながらも、草刈り作業効率の向上を図ることができるようになった。
【0011】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
【0012】図1には、本発明に係わる草刈機の全体構成が示されている。この草刈機は、歩行操縦型の走行機体1、走行路面上の草を刈り取るように走行機体1の前方に備えられた平面刈取装置2、および、走行路面の一側端に連なる斜面上の草を刈り取るように走行機体1の横側に備えられた法面刈取装置3、によって構成されている。
【0013】走行機体1は、操縦ハンドル4を一体的に備えるように機体前下部から機体上部後方に向けて延出する状態に屈曲形成された鋼管材からなる機体フレーム5、機体フレーム5に支持連結されたエンジン6、エンジン6の左側部に連結されたミッションケース7、ミッションケース7の左側部から下方に向けて延設された伝動ケース8、および、伝動ケース8の延出端に軸支された一つの走行車輪9、などによって一輪式に構成されている。機体フレーム5の前部右側には、平面刈取装置2を支持する第一支持杆10が機体前方に向けて延設されている。第一支持杆10の延出端には、走行車輪9と前後方向に並ぶ補助車輪11が軸支されている。機体フレーム5の前部左側には、法面刈取装置3を前後方向視における角度調節自在に支持する第二支持杆12が機体前方に向けて延設されている。つまり、操縦ハンドル4と平面刈取装置2および法面刈取装置3との間に、エンジン6やミッションケース7などを介在させることによって、操縦時に作業者が平面刈取装置2あるいは法面刈取装置3に誤って接触する虞を回避している。
【0014】図1に示すように、平面刈取装置2は、第一支持杆10の中間部に支持固定された第一油圧モータ13、この第一油圧モータ13の作動により縦軸芯周りに回転駆動される回転刃14、回転刃14の上部を覆うモーアハウジング15、などによって衝撃切断を行うロータリ式に構成されいる。一方、法面刈取装置3は、図2〜図4にも示すように、上下一対の押さえ板16,17、上下一対の押さえ板16,17により挾持された上下一対の刃体18,19、および、上下一対の刃体18,19同士を相対的に一定ストロークで横往復移動させる第二油圧モータ20、などによってはさみ切断を行うレシプロ式に構成されており、法面刈取装置3としての小型化および軽量化が図られている。また、法面刈取装置3は、第二支持杆12の先端部に枢支された支持ボックス21に、刈り幅方向において位置調節自在となるように支持されている。
【0015】以下、法面刈取装置3の構成について詳述する。
【0016】図1〜図4に示すように、上下一対の刃体18,19の夫々は、その刈り幅方向に複数の平面視山型の刃部18a,19aが所定間隔を隔てて並ぶ状態に形成された平鋼材によって構成されている。上下一対の刃体18,19の夫々には、ボルト挿通用の複数の長孔18b,19bが、その刈り幅方向に刃部18a,19aの間隔よりも大きく設定された所定間隔を隔てて並ぶように穿設されている。一方、上下一対の押さえ板16,17の夫々には、ボルト挿通用の複数の慣通孔が、刈り幅方向に刃体18,19の長孔18b,19bと同じ間隔に設定された所定間隔を隔てて並ぶように穿設されている。刃体18,19の長孔18b,19bとボルト22との間にはスペーサ23が介装されている。つまり、ボルト22を、押さえ板16,17の慣通孔と刃体18,19の長孔18b,19bに挿通した後、ナット24に螺合して締め付けることによって、上下一対の刃体18,19同士の相対的な横往復移動を許容しながら、上下一対の押さえ板16,17により刃体18,19の浮き上がりを阻止できるようになっている。また、上下一対の刃体18,19と第二油圧モータ20との間には、第二油圧モータ20からの回転動力を上下一対の刃体18,19同士の相対的な横往復移動力に変換するカム機構25が介装されている。カム機構25は、第二油圧モータ20の出力ギア20aに噛合する入力ギア26、入力ギア26と一体回転自在に連結された伝動軸27、伝動軸27と一体回転自在に連結された第一偏芯カム28と第二偏芯カム29、第一偏芯カム28を相対回転自在に外嵌するとともに上側の刃体18の一端に枢支連結された第一リンク30、および、第二偏芯カム29を相対回転自在に外嵌するとともに上側の刃体19の一端に枢支連結された第二リンク31などによって構成され、カムケース32に内装されるようになっている。第一偏芯カム28と第二偏芯カム29は、互いの位相が180°異なるように伝動軸27に連結されている。以上の構成によって、法面刈取装置3は、上下一対の刃体18,19同士の相対的な横往復移動によるはさみ切断が行えるようになっている。
【0017】図1〜図3に示すように、第一油圧モータ13の上部には、右側の操縦ハンドル4に備えられた第一スイッチS1の操作に基づいて作動する第一電動モータ33が配備されている。法面刈取装置3を支持する支持ボックス21には、第一伝動モータ33の出力軸33aに一体回動自在に連結されたピニオン34と噛合するセクタギア35がボルト連結されている。そして、第一電動モータ33の作動によりピニオン34を正逆転駆動させることによって、法面刈取装置3を、前後方向視で、言い換えると、第二支持杆12の軸芯周りに角度調節できるようになっている。つまり、支持ボックス21、第一電動モータ33、ピニオン34、および、セクタギア35によって、前後方向視における法面刈取装置3の角度調節を行う角度調節機構Aが構成されており、この角度調節機構Aの作動によって、法面刈取装置3の姿勢を、走行路面に沿った水平姿勢、あるいは、走行路面の一側端に連なる斜面の傾斜に沿った種々の傾斜姿勢に容易かつ迅速に変更できるようになっている。一方、支持ボックス21には、左側の操縦ハンドル4に備えられた第二スイッチS2の操作に基づいて作動する第二電動モータ36が装備されている。法面刈取装置3における上側の押さえ板16には、第二電動モータ36の出力軸36aに一体回動自在に連結されたピニオン37と噛合するラック38が形成されている。そして、第二電動モータ36の作動によりピニオン37を正逆転駆動させることによって、支持ボックス21による法面刈取装置3の支持位置を刈り幅方向に位置調節できるようになっている。つまり、第二電動モータ36、ピニオン37、および、ラック38によって、法面刈取装置3を刈り幅方向において位置調節する位置調節機構Bが構成されており、この位置調節機構Bの作動によって、法面刈取装置3の有効刈り幅hを、走行路面の一側端に連なる斜面の長さや、法面刈取装置3の直前に立木などの障害物が存在するなどの状況に応じて容易かつ迅速に変更できるようになっている。
【0018】〔別実施例〕以下、本発明の別実施例を列記する。
■ 走行機体1としては、左右一対の走行車輪9を備えた二輪式のものであってもよい。
■ 平面刈取装置2としては種々の形式のものを採用することが可能であり、例えば、レシプロ式のものやリール式のものを採用することができる。
■ 図5に示すように、法面刈取装置3の上側の押さえ板16を、補強リブ部16aを備える断面L字状となるように屈曲形成するとともに、その補強リブ部16aに第二電動モータ36のピニオン37と噛合するラック38を形成するようにしてもよい。
■ 法面刈取装置3の下側の押さえ板17に、第二電動モータ36のピニオン37と噛合するラック38を形成するようにしてもよい。
■ 法面刈取装置3としては、人力によって刈り幅方向に位置調節可能となるように構成されたものであってもよく、油圧シリンダなどの作動によって刈り幅方向に位置調節可能となるように構成されたものであってもよい。
【0019】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013