米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 根菜収穫機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−242648
公開日 平成8年(1996)9月24日
出願番号 特願平7−46722
出願日 平成7年(1995)3月7日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 岡田 幹夫 / 千葉 博之 / 末鶴 正明
要約 目的
例え搬送途中で保持部材間の間隙に根菜の根部が落ち込んだ状態となっても、無端回動帯式コンベアの搬送終端部においてその落ち込みを解消できる根菜収穫機を提供する。

構成
根菜を圃場から引き抜きかつ後方上方に搬送する収穫用搬送装置2と、根菜の茎葉部と根部とを分離切断する分離装置10と、この分離装置10より供給された根菜の根部の径より小の前後幅の間隙Sを隔てて搬送方向に沿って根菜保持用の保持部材12dを並設した無端回動帯12aを、搬送始端部と搬送終端部とのそれぞれに設けた回転輪体12b,12cに張設して構成した無端回動帯式コンベア12とを備えた根菜収穫機であって、無端回動帯式コンベア12の搬送終端部の回転輪体12c設置箇所に、保持部材12d間の間隙Sに落ち込んだ根菜の根部を無端回動帯式コンベア12の移動経路近くまで押し出すガイド面16aを備えた根菜押し出し用ガイド体16を設けてある。
特許請求の範囲
【請求項1】 根菜をその茎葉部を挟持して圃場から引き抜くとともに、該引き抜かれた根菜を、茎葉部を挟持しての吊り下げ姿勢で後方上方に搬送する収穫用搬送装置(2)と、この収穫用搬送装置(2)の搬送下手側箇所で、根菜の茎葉部と根部とを分離切断する分離装置(10)と、この分離装置(10)より供給された根菜の根部の径より小の前後幅の間隙(S)を隔てて搬送方向に沿って根菜保持用の保持部材(12d)を並設した無端回動帯(12a)を、搬送始端部と搬送終端部とのそれぞれに設けた回転輪体(12b),(12c)に張設して構成した無端回動帯式コンベア(12)とを備えた根菜収穫機であって、前記無端回動帯式コンベア(12)の搬送終端部の前記回転輪体(12c)設置箇所に、前記保持部材(12d)間の間隙(S)に落ち込んだ根菜の根部を無端回動帯式コンベア(12)の移動経路近くまで押し出すガイド面(16a)を備えた根菜押し出し用ガイド体(16)を設けてある根菜収穫機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、根菜をその茎葉部を挟持して圃場から引き抜くとともに、該引き抜かれた根菜を、茎葉部を挟持しての吊り下げ姿勢で後方上方に搬送する収穫用搬送装置と、この収穫用搬送装置の搬送下手側箇所で、根菜の茎葉部と根部とを分離切断する分離装置と、この分離装置より供給された根菜の根部の径より小の前後幅の間隙を隔てて搬送方向に沿って根菜保持用の保持部材を並設した無端回動帯を、搬送始端部と搬送終端部とのそれぞれに設けた回転輪体に張設して構成した無端回動帯式コンベアとを備えた根菜収穫機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の根菜収穫機にあっては、例えば特開平6‐165616号公報に開示されているように、分離装置により茎葉部と根部とに分離された後の根部を回収装置等に回収するために、分離装置箇所から回収部等へその根部を搬送する無端回動帯式コンベアを備えたものが知られている。この無端回動帯式コンベアで根菜の根部が搬送される途中でその根部から落ちる泥を無端回動帯式コンベアの保持部材間の間隙より下方に落としたり、あるいは、保持部材間の間隙より小径の根部をその間隙より下方に落として根部の大小を選別したりするようにしている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上記従来構造のものにあっては、根部は保持部材間に横倒しとなった状態で無端回動帯式コンベアで移送されるのが通常であるが、先細りした先端部が保持部材間の間隙に立て姿勢となるよう根菜の根部が落ち込んだ状態で移送される場合もあって、そのような状態で搬送された場合、その根菜の根部は前後の保持部材で挟持された状態となることで保持部材から抜けにくいものとなるため、搬送終端部での無端回動帯式コンベアを回動可能に支持する輪体の下方に配設したシュートへ円滑に移行しないことがあり、保持部材で根部が挟持されたまま戻り経路へ移行してしまうことがあって、その戻り経路に移行する際に保持部材で挟持されたままの状態の根部が前記シュートの上端部と接触して詰まりを生じさせたり、それによって根部を傷付けたりする虞れがあった。そして、詰まった根菜をシュートと無端回動式コンベアとの間から抜き出したりする清掃作業を行わねばならないので煩わしいものである。本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであって、例え搬送途中で保持部材間の間隙に根菜の根部が落ち込んだ状態となっても、無端回動帯式コンベアの搬送終端部においてその落ち込みを良好に解消して次行程への移行時に円滑にその根部を無端回動帯式コンベアの間隙から抜き出すことができる根菜収穫機の提供を目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明にかかる根菜収穫機は、上記目的を達成するために、根菜をその茎葉部を挟持して圃場から引き抜くとともに、該引き抜かれた根菜を、茎葉部を挟持しての吊り下げ姿勢で後方上方に搬送する収穫用搬送装置と、この収穫用搬送装置の搬送下手側箇所で、根菜の茎葉部と根部とを分離切断する分離装置と、この分離装置より供給された根菜の根部の径より小の前後幅の間隙を隔てて搬送方向に沿って根菜保持用の保持部材を並設した無端回動帯を、搬送始端部と搬送終端部とのそれぞれに設けた回転輪体に張設して構成した無端回動帯式コンベアとを備えた根菜収穫機において、前記無端回動帯式コンベアの搬送終端部の前記回転輪体設置箇所に、前記保持部材間の間隙に落ち込んだ根菜の根部を無端回動帯式コンベアの移動経路近くまで押し出すガイド面を備えた根菜押し出し用ガイド体を設けてあることを特徴構成とする。かかる特徴構成による作用・効果は次の通りである。
【0005】
【作用】即ち、無端回動帯式コンベアの搬送終端部の前記輪体設置箇所に、保持部材間の間隙に落ち込んだ根菜の根部を無端回動帯式コンベアの移動経路近くまで押し出すガイド面を備えた根菜押し出し用ガイド体を設けてあるから、保持部材間の間隙に落ち込んで立ち姿勢となった根部であっても、無端回動式コンベアの搬送終端部では、根菜押し出し用ガイド体によって根部が移動経路近くまで押し出されることで、根部が不当に前後の保持部材で挟持されたままシュート等に接触したり、搬送始端部に戻っていったりすることも解消されることになる。
【0006】
【発明の効果】従って、無端回動式コンベアの搬送終端部でそのコンベアの搬送経路が搬送始端部がわに戻っていく際に、根菜が前後の保持部材間に落ち込んだ姿勢のまま戻り経路へ一緒に移行する虞れは解消されるので、根菜の根部が無端回動帯式コンベアとシュート等とに挟まれて生じる詰まりやその根部の損傷が抑制されて、良好かつ円滑に次行程へ移行することになって、根部を損傷しないで良好な状態を維持したまま根菜の根部を搬送していくことができ、詰まり解消等の清掃作業を行う頻度もきわめて少なくできるに至った。
【0007】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図3及び図4に、根菜収穫機の一例としてのニンジン収穫機を示している。このニンジン収穫機は、圃場に植えた根菜の一例のニンジンの茎葉部を挟持して機体後方へ斜め上方に引き抜いて吊り下げ搬送するために、左右一対の駆動回動自在な挟持搬送ベルト1,1から成る収穫用搬送装置2を、クローラ走行装置3,3に支持された機体の横一側に設け、又、機体の横他側方には操縦部4とコンテナ積載部5とを配備してある。収穫用搬送装置2の前端側に左右一対の分草具6,6と土切り刃7,7とを設け、ニンジンの茎葉部を分草具6,6で引き起こして円滑に収穫用搬送装置2に受け渡すように構成し、ニンジンの両側の土を土切り刃7,7で切り崩してニンジンを円滑に引き抜けるように構成している。収穫用搬送装置2を、油圧シリンダ8により支軸9周りで上下揺動自在に取り付け、非収穫作業時の走行による収穫用搬送装置2の前部2fの対地衝突を防止するように構成している。収穫用搬送装置2において、図5に示すように、左右の挟持搬送ベルト1,1を接近方向に押圧するガイドローラ1bをフレーム1cにバネ1dで付勢した状態で摺動自在に取り付けたホルダー1eに設け、搬送始端側では強く、かつ、搬送終端側では弱く茎葉部を挟持するように構成している。収穫用搬送装置2からのニンジンの茎葉部を根部と分離切断する分離装置としての葉切り装置10を収穫用搬送装置2の後部2rと一体昇降自在に設け、葉切り装置10を形成するに、収穫用搬送装置2で吊り下げられたニンジンの上端に作用する駆動自在な位置決め用搬送装置10a、位置決め用搬送装置10aからの茎葉部をその挟持位置より上方の一定位置で挟持する状態で受け取る左右一対の駆動自在な挟持搬送ベルト等から成る切断用搬送装置10b、切断用搬送装置10bで搬送されるニンジンに対して茎葉部を根部に近い根元で切断する左右一対の駆動回転自在な回転刃10cを設けている。位置決め用搬送装置10aにおいて、図5に示すように、左右の回動チェーン10aaに付設のホルダー10abそれぞれにローラ10acをバネ10adで接近方向に付勢した状態で取り付け、ローラ10acの支軸を茎葉部の長手方向への移動により回転するように方向設定し、収穫用搬送装置2による引き上げに伴ってニンジンがローラ10acに接当するまで上昇するように構成している。
【0008】葉切り装置10から葉切りされた後のニンジンの根部を回収する回収部11を収穫用搬送装置2の後方で葉切り装置10の下方に設けている。この回収部11を構成するに、ニンジンのうち小径のものを下方のコンテナ11aに落下させ、大径のものを後方の収穫ニンジン収納用コンテナ11bに供給する無端回動帯式コンベアとしての選別コンベア12、及び、葉切り装置10から落下するニンジンを選別コンベア12に導くシュート11cを設けている。そして、葉切り装置10からの切断茎葉部を機体外側方に放出する駆動自在な搬送チェーン13aと挟持レール13b等から成る茎葉部搬送装置13を、葉切り装置10から収穫用搬送装置2とは反対側の機体横他側方で機体前部にわたって斜めに切断茎葉部を搬送する状態で配設しているとともに、回収部11の右側となる機体側方端に前記操縦部4と原動部14を設け、回収部11と操縦部4の間で茎葉部搬送装置13の後方にコンテナ収容部15を設けている。
【0009】回収部11の選別コンベア12は、図1乃至図4に示すように、左右一対の無端回動チェーン12a,12aを、前端部に配設した回転輪体としての左右一対の駆動スプロケット12b,12bと、後端部に配設した回転輪体としての左右一対の遊転スプロケット12c,12cとのそれぞれに張設状態で巻き掛けているとともに、両無端回動チェーン12a,12aに左右に架設した状態で、丸棒状の保持部材12d‥を前後に所定幅の間隙Sを備えるように巻き掛け方向で並設して構成している。尚、丸棒状の各保持部材12の外周面には、軟質の樹脂材を所定の厚さでコーティングしており、これにより、ニンジンを傷付けないようソフトに載置保持できるようにしている。さらに、前記間隙Sの幅は規定の径以下の小径のニンジンを落下させるように設定しており、前述したように、選別コンベア12での搬送途中で下方に落下したニンジンはコンテナ11aに回収される。一方、前記間隙Sの幅より大きい径のニンジンは間隙Sに入り込んだ横倒し状態で前後を保持部材12,12に保持されて、原動部14からの動力で駆動される駆動スプロケット12b,12bの回転駆動により後方に搬送される。そして、図1及び図2に示すように、左右一対の遊転スプロケット12c,12cにわたって根菜押し出し用ガイド体としての円筒状のカラー16を架設しており、遊転スプロケット12c,12cと一体にカラー16は回転する。このカラー16の外径は、遊転スプロケット12c,12cの無端回動チェーン12a,12aの巻き掛け径とほぼ同径に設定している。さらに、選別コンベア12の搬送終端部の下方には前後方向に位置変更可能な第1シュート17と、この第1シュート17より後方下方に固定設置された第2シュート18とを設けて、これらのシュート17,18により、選別コンベア12で搬送されてきたニンジンを前述の収穫ニンジン収納用コンテナ11bに排出案内するのである。
【0010】上記構成により、横倒し姿勢のまま選別コンベア12で搬送されるニンジンは遊転スプロケット12c,12cのところで下方に回り込み移送されるときに保持部材12dの保持が解除されて自然落下で第1シュート17へ排出される。一方、ニンジンの先細り部が前後の保持部材12d,12d間に落ち込んでニンジンの長手方向が上下方向に沿った立ち姿勢となった状態で保持部材12d,12dに保持されながら搬送されるニンジンは、カラー16のガイド面としての外周面16aが側面視で遊転スプロケット12cの無端回動チェーン12aの巻き掛け径と近い状態に設定されているから、図1に示すように、選別コンベア12の搬送終端部に至る前に、そのニンジンの先細り部の先端箇所がカラー16の外周面16aに接当して、その状態で後方に移動していく間に側面視でのその外周面16a位置と無端回動チェーン12位置とが近接していくことで、例え保持部材12d,12dに立ち姿勢で挟持されたようになったニンジンでも保持部材12d,12dの間から上方に押し出され、その移動経路が駆動スプロケット12c,12cのところで下方に回り込み移送されるときに円滑に第1シュート17に自然落下で排出されることになり、ニンジンが無端回動チェーン12と共にその搬送始端部への戻り経路に持ち込まれないようになっている。
【0011】〔別実施例〕
■上記実施例では、ガイド体としての円筒状のカラー16を遊転スプロケット12cと一体に回転するようにしている構造を示したが、そのカラー16を遊転スプロケット12cと一体に回転するものでなく、遊転スプロケット12cとは別体で遊転状態で支持されるように構成しても良い。
■上記実施例では、ガイド体として円筒状のカラー16を示したが、このガイド体は、円筒状でなくても、遊転スプロケット12c近くでの搬送上手側から搬送下手側に近づくほど選別コンベア12の搬送面に近いガイド面を成すように側面視で後上がり傾斜面を有する構成してあれば良い。
【0012】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013