米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 根菜収穫機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−242640
公開日 平成8年(1996)9月24日
出願番号 特願平7−46723
出願日 平成7年(1995)3月7日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 千葉 博之
要約 目的
根菜を圃場からの引き抜き後方へ搬送することにおいて、圃場の泥土も一緒に挟持して後方に搬送することを抑制できる根菜収穫機を提供する。

構成
後上がり傾斜状態で対向配置して互いの対向面を後方上方へ移動させるように駆動される左右一対の無端回動帯1,1を備え、該無端回動帯1,1の前端部で根菜をその茎葉部を挟持しながら後方上方に向けて搬送することで圃場から引き抜く収穫用搬送装置2を設け、無端回動帯1,1の前端部の直下に、引き抜き対象の根菜を補助的に挟持する左右一対の補助挟持用回転体12,12を配設してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 後上がり傾斜状態で対向配置して互いの対向面を後方上方へ移動させるように駆動される左右一対の無端回動帯(1),(1)を備え、該無端回動帯(1),(1)の前端部で根菜をその茎葉部を挟持しながら後方上方に向けて搬送することで圃場から引き抜く収穫用搬送装置(2)を設けた根菜収穫機であって、前記無端回動帯(1),(1)の前端部の直下に、引き抜き対象の根菜を補助的に挟持する左右一対の補助挟持用回転体(12),(12)を配設してある根菜収穫機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、後上がり傾斜状態で対向配置して互いの対向面を後方上方へ移動させるように駆動される左右一対の無端回動帯を備え、該無端回動帯の前端部で根菜をその茎葉部を挟持しながら後方上方に向けて搬送することで圃場から引き抜く収穫用搬送装置を設けた根菜収穫機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の根菜収穫機としては、例えば特開平7‐8057号公報に開示されたもののように、根菜の圃場からの引き抜きを左右一対の無端回動帯の前端部でのその茎葉部の挟持及びその挟持状態での無端回動帯の後方上方に向けての搬送によって行う構成にしていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、上記従来構造のものにあっては、単に左右一対の無端回動帯の前端部でその茎葉部の挟持を行う構成であるので、茎葉部の全体をまとめて挟持できるようにして、後処理でその茎葉部を根部と切断分離する際に根部に茎葉部の一部が切断しきれずに残ることのないようにすることが望ましいのであって、そのため、できる限り茎葉部の根元近くを挟持することで茎葉部全体の挟持を図る必要がある。しかしながら、従来の構造のものでは、茎葉部の根元近くを挟持するように無端回動帯の前端部を極力圃場の地面に近づけて挟持することになるから、その左右一対の無端回動帯によって、地面の泥土も挟持する可能性が高いものであり、その挟持された泥土が無端回動帯で後方に搬送されることになって、その搬送された泥土が途中で機体上に落下することがあり、その機体の泥土による汚損を掃除しなければならないことや、最終的な回収部まで泥土が持ち込まれる虞れもあって、後でその泥土を除去する作業をしなければならない等の煩わしいものであった。又、回収された根菜にも泥土の付着する割合が高くなるので、品質を高めるための洗浄作業等も念入りに行わなければならない手間も生じる。本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであって、根菜を圃場からの引き抜き後方への搬送することにおいて、圃場の泥土も一緒に挟持して後方に搬送することを抑制できる根菜収穫機の提供を目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明にかかる根菜収穫機は、上記目的を達成するために、後上がり傾斜状態で対向配置して互いの対向面を後方上方へ移動させるように駆動される左右一対の無端回動帯を備え、該無端回動帯の前端部で根菜をその茎葉部を挟持しながら後方上方に向けて搬送することで圃場から引き抜く収穫用搬送装置を設けた根菜収穫機において、前記無端回動帯の前端部の直下に、引き抜き対象の根菜を補助的に挟持する左右一対の補助挟持用回転体を配設してあることを特徴構成とする。かかる特徴構成による作用・効果は次の通りである。
【0005】
【作用】即ち、無端回動帯の前端部の直下に、引き抜き対象の根菜を補助的に挟持する左右一対の補助挟持用回転体を配設してあるから、根菜の引き抜き作業時には、補助挟持用回転体の方が無端回動帯の前端部よりも地面寄りに位置した状態で、無端回動帯と補助挟持回転体とがそれぞれ根菜の茎葉部を先ず挟持し、その後、無端回動帯は後方上方に根菜をその茎葉部を挟持したまま搬送していくので、根菜の圃場からの引き抜きがなされ、一方、補助挟持回転体の方では一時的に根菜の茎葉部の根元部分の挟持を行うのみで、茎葉部の外側に広がった葉等をも根元箇所でまとめて挟持して、無端回動帯においてもその根元近くの茎葉部も挟持できるようにする補助的な挟持を行えるようになっている。
【0006】
【発明の効果】従って、無端回動帯より下方に位置する補助挟持回転体により地面近くで根菜の茎葉部を挟持するので、無端回動帯で地面の泥土や石等を茎葉部と共に挟持することが抑制され、補助挟持回転体の方では泥土等を挟持してもその途中で挟持搬送するものでないから、泥土等を機体がわにまで搬送することも解消され、泥土等が搬送されることによって従来生じていた機体の清掃作業や収穫根菜の洗浄作業等を簡易なものにできることになって、それらの作業の手間を省略できる。又、補助挟持回転体が圃場の根菜の茎葉部のうち根元近くで外側に広がったものの挟持を行い、それらの茎葉部の無端回動帯での挟持も行えるように補助することになるから、無端回動帯では根菜の茎葉部の殆どを挟持して搬送することになって、後処理で茎葉部の切断を行う場合でも、茎葉部全体の根菜の根部からの切断を行いやすくなっている。
【0007】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図3及び図4に、根菜収穫機の一例としてのニンジン収穫機を示している。このニンジン収穫機は、圃場に植えた根菜の一例のニンジンの茎葉部を挟持して機体後方へ斜め上方に引き抜いて吊り下げ搬送するために、左右一対の駆動回動自在な無端回動帯としての挟持搬送ベルト1,1から成る収穫用搬送装置2を、クローラ走行装置3,3に支持された機体の横一側に設け、又、機体の横他側方には操縦部4とコンテナ積載部5とを配備してある。収穫用搬送装置2の前端側に左右一対の分草具6,6と土切り刃7,7とを設け、ニンジンの茎葉部を分草具6,6で引き起こして円滑に収穫用搬送装置2に受け渡すように構成し、ニンジンの両側の土を土切り刃7,7で切り崩してニンジンを円滑に引き抜けるように構成している。収穫用搬送装置2を、油圧シリンダ8により支軸9周りで上下揺動自在に取り付け、非収穫作業時の走行による収穫用搬送装置2の前部2fの対地衝突を防止するように構成している。収穫用搬送装置2において、図5に示すように、左右の挟持搬送ベルト1,1を接近方向に押圧するガイドローラ1bをフレーム1cにバネ1dで付勢した状態で摺動自在に取り付けたホルダー1eに設け、搬送始端側では強く、かつ、搬送終端側では弱く茎葉部を挟持するように構成している。又、前部2fにおいては、図1及び図2に示すように、左右一対のそれぞれの挟持搬送ベルト1,1の挟持搬送経路の先端部に、挟持搬送ベルト1,1を巻き掛ける遊転プーリ10,10を前倒し傾斜姿勢の上下方向軸芯P1,P1周りで回転自在に支持されているとともに、この遊転プーリ10,10と一体回転する支軸11が前記上下方向軸芯P1に沿って下方に延出され、その下方に延出した支軸11部分に挟持搬送ベルト1とほぼ同じ上下幅を有する補助挟持用回転体としての回転円盤12を一体回転状態で設けている。この回転円盤12の外周部には弾性樹脂材12aが被覆されている。この構成により、後部の駆動プーリ13,13で回転駆動される挟持搬送ベルト1,1と共に遊転プーリ10,10が回転されるので、回転円盤12も回転駆動されることになる。
【0008】そして、図3乃至図5に示すように、収穫用搬送装置2からのニンジンの茎葉部を根部と分離切断する分離装置としての葉切り装置14を収穫用搬送装置2の後部2rと一体昇降自在に設け、葉切り装置14を形成するに、収穫用搬送装置2で吊り下げられたニンジンの上端に作用する駆動自在な位置決め用搬送装置14a、位置決め用搬送装置14aからの茎葉部をその挟持位置より上方の一定位置で挟持する状態で受け取る左右一対の駆動自在な挟持搬送ベルト等から成る切断用搬送装置14b、切断用搬送装置14bで搬送されるニンジンに対して茎葉部を根部に近い根元で切断する左右一対の駆動回転自在な回転刃14cを設けている。位置決め用搬送装置14aにおいて、図5に示すように、左右の回動チェーン14aaに付設のホルダー14abそれぞれにローラ14acをバネ14adで接近方向に付勢した状態で取り付け、ローラ14acの支軸を茎葉部の長手方向への移動により回転するように方向設定し、収穫用搬送装置2による引き上げに伴ってニンジンがローラ14acに接当するまで上昇するように構成している。
【0009】葉切り装置14から葉切りされた後のニンジンの根部を回収する回収部15を収穫用搬送装置2の後方で葉切り装置14の下方に設けている。この回収部15を構成するに、ニンジンのうち小径のものを下方のコンテナ15aに落下させ、大径のものを後方の収穫ニンジン収納用コンテナ15bに供給する無端回動帯式コンベアとしての選別コンベア16、及び、葉切り装置14から落下するニンジンを選別コンベア16に導くシュート17を設けている。そして、葉切り装置14からの切断茎葉部を機体外側方に放出する駆動自在な搬送チェーン18aと挟持レール18b等から成る茎葉部搬送装置18を、葉切り装置14から収穫用搬送装置2とは反対側の機体横他側方で機体前部にわたって斜めに切断茎葉部を搬送する状態で配設しているとともに、回収部15の右側となる機体側方端に前記操縦部4と原動部19を設け、回収部15と操縦部4の間で茎葉部搬送装置18の後方にコンテナ収容部20を設けている。
【0010】上記構成により、図2(イ),(ロ)に示すように、圃場のニンジンを収穫するときには、左右一対の回転円盤12,12を地面近くまで下降させた状態で、これらの回転円盤12,12でニンジンの茎葉部の根元近くを挟持し、それより上方箇所の茎葉部を挟持搬送ベルト1,1で挟持する。すると、地面に近い回転円盤12,12では圃場の泥土や石等も挟持して後方へ送り出すこともあるが、挟持搬送ベルト1,1では地面に接触するほどでないので、泥土等の挟持もなく、挟持搬送ベルト1,1の後方上方への搬送に伴ってニンジンは圃場から抜き出されることになるとともに、回転円盤12,12の挟持位置も過ぎることになるので、挟持搬送ベルト1,1のみの挟持で後方上方に搬送される。この茎葉部の挟持の根元近くで外側に広がったものがあっても、そのような茎葉部は回転円盤12,12で挟持する際に立ち姿勢に変更されて、挟持搬送ベルト1,1でも挟持されるようになる。
【0011】〔別実施例〕
■ 補助挟持用回転体は搬送用のベルトで構成しても良い。
■ 補助挟持回転体は、その挟持始端部を無端回動帯の前端よりも所定距離前方に位置させた構造でも良い。
【0012】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013