米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 コンバインの脱穀排ワラ処理装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−228576
公開日 平成8年(1996)9月10日
出願番号 特願平7−39534
出願日 平成7年(1995)2月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 佐藤 義彦
要約 目的
細断排ワラを広い落下範囲に分散して放出したり、狭い落下範囲にまとめて放出することが可能で、かつ、構造簡単なコンバインの脱穀排ワラ処理装置を提供する。

構成
螺旋スクリュー20は第1分割スクリュー部分21と第2分割スクリュー部分22とで成り、スクリュー駆動軸23は第1分割駆動軸部分23aと第2分割駆動軸部分23bとで成る。第1分割スクリュー部分21を第1分割駆動軸分23aで第2分割スクリュー部分22を第2分割駆動軸分23bに取り付けると、螺旋スクリュー20は拡散案内形態になり、細断ワラをワラ放出経路15の両横外側に向けて飛ぶように放出案内する。第1分割スクリュー部分21を第2分割駆動軸分23bで第2分割スクリュー部分22を第1分割駆動軸分23aに取り付けると、螺旋スクリュー20は寄せ案内形態になる。
特許請求の範囲
【請求項1】 脱穀排ワラを稈身が機体横方向に沿う横倒れ姿勢で稈身方向に細断し、細断ワラを落下放出する排ワラ細断装置(10)を備えているコンバインの脱穀排ワラ処理装置であって、前記排ワラ細断装置(10)のワラ放出経路(15)に、このワラ放出経路(15)を落下する細断ワラに接触して放出案内を行う螺旋スクリュー(20)を機体横方向の軸芯まわりで駆動回動自在に備え、前記螺旋スクリュー(20)がこれを分割した一対の分割スクリュー部分(21),(22)でなるとともに、前記一対の分割スクリュー部分(21),(22)それぞれがこれをスクリュー駆動軸(23)に分離自在に連結するための連結部(21a),(22a)を備え、前記一対の分割スクリュー部分(21),(22)の前記スクリュー駆動軸(23)に対する組み付け様式を変更することにより、前記螺旋スクリュー(20)の一端側部分が前記螺旋スクリュー(20)の中央部から一端側に向けて螺旋送りする方向に回動し、前記螺旋スクリュー(20)の他端側部分が前記螺旋スクリュー(20)の中央部から他端側に向けて螺旋送りする方向に回動する拡散案内形態と、前記螺旋スクリュー(20)の一端側部分が前記螺旋スクリュー(20)の一端側から中央部に向けて螺旋送りする方向に回動し、前記螺旋スクリュー(20)の他端側部分が前記螺旋スクリュー(20)の他端側から中央部に向けて螺旋送りする方向に回動する寄せ案内形態とに前記螺旋スクリュー(20)が切り換わるように構成してあるコンバインの脱穀排ワラ処理装置。
【請求項2】 前記スクリュー駆動軸(23)がこれを分割した第1分割駆動軸部分(23a)と第2分割駆動軸部分(23b)とでなり、前記第1分割駆動軸部分(23a)が前記第2分割駆動軸部分(23b)とは反対側の端部で細断装置機体(13)に駆動回動自在に支持されており、前記第2分割駆動軸部分(23b)が前記第1分割駆動軸部分(23a)とは反対側の端部で前記細断装置機体(13)に回動および揺動自在に支持されているとともに前記第1分割駆動軸部分(23a)に同芯状に一体回動自在に連結するスクリュー駆動姿勢と、前記第1分割駆動軸部分(23a)から分離するスクリュー着脱姿勢とに切り換え自在に構成されている請求項1記載のコンバインの脱穀排ワラ処理装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、脱穀排ワラを稈身が機体横方向に沿う横倒れ姿勢で稈身方向に細断し、細断ワラを落下放出する排ワラ細断装置を備えているコンバインの脱穀排ワラ処理装置に関する。
【0002】
【従来の技術】上記脱穀排ワラ処理装置において、たとえば特願平6‐133505号に示されるものを先に提案した。すなわち、排ワラ細断装置のワラ放出経路に螺旋スクリューを機体横方向の軸芯まわりで駆動回動自在に備え、この螺旋スクリューの駆動回動方向を切り換える機構を設けるとともに、この切り換え機構を操作すると、螺旋スクリューはこれの一端側の螺旋体と他端側の螺旋体とのいずれもが螺旋スクリューの中央部から端側に向けて螺旋送りする方向に回動する拡散案内形態と、両側いずれもの螺旋体が螺旋スクリューの端側から中央部に向けて螺旋送りする方向に回動する寄せ案内形態とに切り換わるようにしていた。そして、螺旋スクリューが寄せ案内形態になると、各螺旋体が落下する細断ワラをワラ放出経路の機体横方向での内側に向かって飛ぶように放出案内することにより、圃場の細断ワラ落下範囲の機体横方向幅が比較的狭くなるとともにその落下範囲の中央部に比較的多く集まって細断ワラが落下するようになっていた。螺旋スクリューが拡散案内形態になると、各螺旋体が落下する細断ワラをワラ放出経路の機体横方向での外側に向かって飛ぶように放出案内することにより、圃場の細断ワラ落下範囲の機体横方向幅が比較的広くなるとともにその落下範囲の全幅にわたって比較的分散して細断ワラが落下するようになっていた。つまり、細断ワラを後に回収しやすいとか焼却しやすいように狭い落下範囲にまとまって落下する条盛り放出を行ったり、圃場全体にわたって均等に埋め込むことができるように広い落下範囲に分散して落下する拡散放出を行えるようにしていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】先に提案した排ワラ処理装置の場合、螺旋スクリューの駆動回動方向を切り換える機構のためにスクリュー駆動機構の構造が複雑になり、駆動系の面から装置全体が大型になるとか製作費が高くなっていた。本発明の目的は、細断ワラの条盛り放出や拡散放出ができるように、しかも、その割りには構造簡単に得られるようにすることにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は、目的達成のために、冒頭に記したコンバインの脱穀排ワラ処理装置において、前記排ワラ細断装置のワラ放出経路に、このワラ放出経路を落下する細断ワラに接触して放出案内を行う螺旋スクリューを機体横方向の軸芯まわりで駆動回動自在に備え、前記螺旋スクリューがこれを分割した一対の分割スクリュー部分でなるとともに、前記一対の分割スクリュー部分それぞれがこれをスクリュー駆動軸に分離自在に連結するための連結部を備え、前記一対の分割スクリュー部分の前記スクリュー駆動軸に対する組み付け様式を変更することにより、前記螺旋スクリューの一端側部分が前記螺旋スクリューの中央部から一端側に向けて螺旋送りする方向に回動し、前記螺旋スクリューの他端側部分が前記螺旋スクリューの中央部から他端側に向けて螺旋送りする方向に回動する拡散案内形態と、前記螺旋スクリューの一端側部分が前記螺旋スクリューの一端側から中央部に向けて螺旋送りする方向に回動し、前記螺旋スクリューの他端側部分が前記螺旋スクリューの他端側から中央部に向けて螺旋送りする方向に回動する寄せ案内形態とに前記螺旋スクリューが切り換わるように構成してあることを特徴とする。
【0005】
【作用】たとえば一方の分割スクリュー部分をスクリュー駆動軸の左側から右側に付け替え、他方の分割スクリュー部分をスクリュー駆動軸の右側から左側に付け替えると、スクリュー駆動軸の駆動回動方向を変更しなくとも、一対の分割スクリュー部分のいずれもが螺旋スクリューの端側から中央部に向けて螺旋送りする方向に回動する状態から、螺旋スクリューの中央部から端側に向けて螺旋送りする方向に回動する状態に切り換わる。すなわち、分割スクリュー部分のスクリュー駆動軸に対する組み付け仕様を変更すると、スクリュー駆動軸の駆動回動方向を同じにしたままで、螺旋スクリューが前記拡散案内形態に切り換わったり、前記寄せ案内形態に切り換わる。そして、螺旋スクリューが拡散案内形態になると、一対の分割スクリュー部分が落下する細断ワラを冒頭に記したように放出案内し、細断ワラが広い落下範囲に分散して落下することになる。螺旋スクリューが寄せ案内形態になると、一対の分割スクリュー部分が落下する細断ワラを冒頭に記したように放出案内し、細断ワラが狭い範囲にまとまって落下することになる。
【0006】請求項2による場合、第2分割駆動軸部分を前記スクリュー駆動姿勢からスクリュー着脱姿勢に揺動させて、この第2分割駆動軸部分の遊端側と、第1分割駆動軸部分の第2分割駆動軸部分側の軸端との間に作業用間隔を設ける。すると、第1分割駆動軸部分に対しては第2分割駆動軸部分が障害にならないようにしながら分割スクリュー部分を着脱でき、第2分割駆動軸部分に対しては第1分割駆動軸部分が障害にならないようにしながら分割スクリュー部分を着脱できる。
【0007】
【発明の効果】スクリュー駆動軸の駆動回動方向を同一にしたままで螺旋スクリューを前記拡散案内形態と寄せ案内形態とに切り換えられることにより、細断ワラを条盛り放出して後に回収したり焼却しやすいようにするとか、拡散放出して後に圃場全体に均一に埋められるようにすることが可能になった。しかも、螺旋スクリューの駆動回動方向を切り換える機構を省略し、駆動機構の構造の簡略化を図ってコンパクトにかつ安価に得られるようにできた。
【0008】請求項2による場合、第1分割駆動軸部分をスクリュー駆動用の取り付け姿勢にしたままで、第2分割駆動軸部分のみを前記スクリュー駆動姿勢と、前記スクリュー着脱姿勢とに切り換えるだけで分割スクリュー部分の組み付け様式を変更できることにより、スクリュー駆動軸の全体を細断装置機体から取り外して分割スクリュー部分を着脱するように構成する場合に比べ、着脱対象物の重量面から容易に取扱ったり、着脱したりでき、条盛り放出と拡散放出との切り換えが比較的楽にできるようになる。
【0009】
【実施例】図1に示すように、コンバインの走行機体1に搭載された脱穀装置2の後部に一対のカッター軸11,12および1本の螺旋スクリュー20などを有した排ワラ細断装置10を付設するとともに、脱穀装置2の脱穀部(図示せず)からの脱穀排ワラを搬送装置(図示せず)によって横倒れ姿勢で機体後方に挟持搬送して排ワラ細断装置10に供給するように構成して、コンバインの脱穀排ワラ処理装置を構成してあり、排ワラ細断装置10は詳しくはつぎのように構成してある。
【0010】図1および図2に示すように、前記一対のカッター軸11,12を細断装置機体13の内部に走行機体1の横方向の軸芯まわりで回動方向F1またはF2に駆動されるように取り付けてあるとともに、一方のカッター軸11にこれの軸芯方向に等間隔を隔てて一体回動可能に備えてある多数枚の円盤カッター11aと、他方のカッター軸12にこれの軸芯方向に等間隔を隔てて一体回動可能に備えてある多数枚の円盤カッター12aとにより、前記排ワラ搬送装置から落下供給される脱穀排ワラを稈身が機体横方向に沿う横倒れ姿勢で受け止めて前記円盤カッター11a,12aの間隔によって決まる長さの細断ワラに稈身方向に切断するようにしてある。細断ワラは円盤カッター11aと12aの間からカッター軸11,12の下方に細断装置機体13と、この細断装置機体13から延出している放出ガイド板14とによって形成してあるワラ放出経路15に落下し、このワラ放出経路15は前記放出ガイド板14の下端が形成する排出口16から圃場に落下放出するようにしてある。
【0011】前記螺旋スクリュー20は、第1分割スクリュー部分21と第2分割スクリュー部分22とに軸芯方向に分割した2本の分割スクリュー部分によって形成してある。各分割スクリュー部分21,22の筒軸部21aまたは22aをスクリュー駆動軸23に相対回動自在に外嵌するように、かつ、抜き挿しできるように形成して、筒軸部21a,22aを分割スクリュー部分21,22をスクリュー駆動軸23に分離自在に連結するための連結部に構成し、この筒軸部21a,22aとスクリュー駆動軸23とを貫通して分割スクリュー部分21,22のスクリュー駆動軸23に対する回り止めと位置決めとを行うように構成した連結ピン24と、連結部としての前記筒軸部21aまたは22aとによって各分割スクリュー部分21,22をスクリュー駆動軸23に一体回動自在に取り付けてある。スクリュー駆動軸23は、ワラ放出経路15を走行機体1の横方向に貫通させて細断装置機体13に回動自在に取り付けてあり、かつ、スクリュー軸23の一端側に一体回動自在に取り付けたベルトプーリでなる駆動用回転体25によって回動方向F3にのみ回動駆動するように構成することにより、螺旋スクリュー20は、ワラ放出経路15に走行機体1の横方向軸芯まわりで回動するように位置するともにスクリュー駆動軸23によって回動方向F3にのみ回動駆動されるように構成してある。これにより、ワラ放出経路15を落下する細断ワラが螺旋スクリュー20の第1分割スクリュー部分21の螺旋体21bや第2分割スクリュー部分22の螺旋体22bに接触すると、螺旋スクリュー20が細断ワラを螺旋体21bおよび22bにより、この螺旋体21b,22bの螺旋送り方向によって決まる方向に向かって飛ぶように放出案内する。
【0012】前記スクリュー駆動軸23は、前記駆動用回転体25を備えた第1分割駆動軸部分23aと、この第1分割駆動軸部分23a以外の第2分割駆動軸部分23bとに軸芯方向に分割した2本の分割駆動軸部分によって構成してある。第1分割駆動軸部分23aは、第2分割駆動軸分23bとは反対側の端部で細断装置機体13にベアリング26を介して回動のみ自在に支持させることにより、細断装置機体13からワラ放出経路15に水平またはほぼ水平に突出する姿勢からは変化しないように、かつ、回動駆動が可能なように細断装置機体13に回動自在に支持させてある。第2分割駆動軸部分23bの第1分割駆動軸部分23aとは反対側の端部を自在継ぎ手27を介して細断装置機体13に回動および揺動自在に支持させ、図2に示すように、第1分割駆動軸部分23aの端部のスプライン部23cに摺動操作自在に連結してある筒型連結具28の一端側を、第2分割駆動軸部分23bの遊端部のスプライン部23cに連結するとともに、ロックボルト29によって第2分割駆動軸部分23bから抜け外れないように固定すると、この連結具28が前記両スプライン部23cを同芯状に連結し、かつ、両スプライン部23cに一体回動自在に噛み合っていることにより、第2分割駆動軸部分23bが細断装置機体13からワラ放出経路15に水平またはほぼ水平に突出して第1分割駆動軸部分23aに同芯またはほぼ同芯状に並ぶとともに第1分割駆動軸部分23aに一体回動自在に連結するスクリュー駆動姿勢になるように構成してある。図3に示すように、前記連結具28を第2分割駆動軸部分23bから抜き外すと、第2分割駆動軸部分23bを前記自在継ぎ手27の屈曲点を揺動支点として前記スクリュー駆動姿勢から揺動したスクリュー着脱姿勢に切り換えられ、このスクリュー着脱姿勢にすると、第2分割駆動軸部分23bの遊端と第1分割駆動軸部分23aのワラ放出経路内端との間にスクリュー部分着脱の作業用間隔ができるように構成してある。もって、螺旋スクリュー20を図4(イ)に示す拡散案内形態に切り換えて、同図に示すように圃場の細断ワラ落下範囲の走行機体横方向長さが長くなるとともにこの落下範囲に細断ワラが極力均等に分散して落下するように拡散放出したり、螺旋スクリュー20を図4(ロ)に示す寄せ案内形態に切り換えて、同図に示すように圃場の細断ワラ落下範囲の走行機体横方向長さが短くなるとともにこの落下範囲に中央部に細断ワラが比較的多く落下するように条盛り放出することを可能にしてある。
【0013】つまり、刈り取り作業に伴って圃場に落下放出される細断ワラを後に圃場に埋め込むなどの場合、螺旋スクリュー20を図4(イ)に示す組み付け様式にする。すなわち、第1分割スクリュー部分21が第1分割駆動軸部分23aで第2分割スクリュー部分22が第2分割駆動軸部分23bに組み付く様式にする。すると、第1分割スクリュー部分21が螺旋クリュー20の一端側を形成するとともに矢印L方向に螺旋送りするように回動駆動され、第2分割スクリュー部分22が螺旋スクリュー20の他端側を形成するとともに矢印方向Rに螺旋送りするように回動駆動される。これにより、螺旋スクリュー20の第1分割スクリュー部分21でなる一端側が螺旋スクリュー20の中央部から一端側に向けて螺旋送りする方向(矢印方向L)に回動し、螺旋スクリュー20の第2分割スクリュー部分22でなる他端側が螺旋スクリュー20の中央部から他端側に向けて螺旋送りする方向(矢印方向R)に回動する。これにより、螺旋スクリュー20は拡散案内形態になり、螺旋体21bと22bとでワラ放出経路15の細断ワラをワラ放出経路15の横外側に向かって飛ぶように放出案内する。このために、図4(イ)に示す如く圃場の細断ワラ落下範囲の機体横方向幅が比較的広くなるとともにその落下範囲でのワラ落下が全幅にわたって分散して細断ワラが圃場全体にわたって均等に分散するように拡散放出ができる。
【0014】刈り取り作業に伴って圃場に落下放出される細断ワラを後に回収するとか焼却するなどの場合には、螺旋スクリュー20を図4(ロ)に示す組み付け様式にする。すなわち、第1分割スクリュー部分21が第2分割駆動軸部分23bで第2分割スクリュー部分22が第1分割駆動軸部分23aに組み付く様式にする。すると、第2分割スクリュー部分22が螺旋クリュー20の一端側を形成するとともに矢印R方向に螺旋送りするように回動駆動され、第1分割スクリュー部分21が螺旋スクリュー20の他端側を形成するとともに矢印方向Lに螺旋送りするように回動駆動される。これにより、螺旋スクリュー20の第2分割スクリュー部分22でなる一端側が螺旋スクリュー20の一端側から中央部に向けて螺旋送りする方向(矢印方向R)に回動し、螺旋スクリュー20の第1分割スクリュー部分21でなる他端側が螺旋スクリュー20の他端側から中央部に向けて螺旋送りする方向(矢印方向L)に回動する。これにより、螺旋スクリュー20は寄せ案内形態になり、螺旋体21bと22bとでワラ放出経路15の細断ワラをワラ放出経路15の横方向での内側に向かって飛ぶように放出案内する。このために、図4(ロ)に示す如く圃場の細断ワラ落下範囲の機体横方向幅が比較的狭くなるとともにその落下範囲でのワラ落下が中央部に多く集まって細断ワラが線条に集まって落下するように条盛り放出ができる。
【0015】螺旋スクリュー20の前記拡散案内形態と寄せ案内形態との切り換えは、図3に示す切り換え要領で行うのである。すなわち、前記ロックボルト29を取り外して第2分割駆動軸部分23bに対する固定を解除した連結具28を第1分割駆動軸部分23aのスプライン部23cの方に摺動操作して第2分割駆動軸部分23bのスプライン部23cから抜き外し、第2分割駆動軸部分23bを前記スクリュー駆動姿勢から前記スクリュー着脱姿勢に切り換えて、第2分割駆動軸部分23bの遊端側と、第2分割駆動軸部分23aとの間にスクリュー部分着脱作業の間隔を形成する。この状態で、第1分割駆動軸部分23aに取り付けてあった分割スクリュー部分21または22をスプライン部23cの方に第2分割駆動軸部分23bやこれに付いている分割スクリュー部分22または21が障害物にならないようにしながら抜き外すとともに、第2分割駆動軸部分23bに取り付けあった分割スクリュー部分22または21をスプライン部23cの方に第1分割駆動軸部分23aやこれに付いている分割スクリュー部分21または22が障害物にならないようにしながら抜き外す。そして、第2分割駆動軸部分23bから取り外した分割スクリュー部分21または22を第1分割駆動軸部分23aにスプライン部23cの方から第2分割駆動軸部分23bが障害物にならないようにしながら取り付けるとともに、第1分割駆動軸部分23aから取り外した分割スクリュー部分22または21を第2分割駆動軸部分23bにスプライン部23cの方から第1分割駆動軸部分23aやこれに取り付けた分割スクリュー部分21または22が障害物にならないようにしながら取り付ける。つぎに、分割スクリュー部分22または21を取り付けて第1分割駆動軸部分23aに同芯状に並ぶ姿勢にした第2分割駆動軸分23bに連結具28を連結固定して、第2分割駆動軸部分23bを前記スクリュー駆動姿勢にもどす。
【0016】前記第1、第2分割駆動軸部分23a,23bのそれぞれに、前記連結ピン24を取り付けるための複数個のピン孔30を備え、これらのピン孔30から一つを選択して前記連結ピン24を取り付けると、複数個のピン孔30は駆動軸部分23a,23bの軸芯方向に並んでいて分割スクリュー部分21,22のスクリュー駆動軸23に対する取り付け位置がワラ放出経路15の機体横方向に変化することにより、圃場での細断ワラの落下具合を調節できるようにしてある。すなわち、たとえば、螺旋スクリュー20を拡散案内形態にする場合、両分割スクリュー部分21,22の取り付け位置を内側にするよりも外側にする方が圃場での細断ワラ落下範囲の機体横方向幅が広くなって細断ワラが圃場全体により一層行きわたるようになる。また、螺旋スクリュー20を寄せ案内形態にする場合、両分割スクリュー部分21,22の取り付け位置を外側にするよりも内側にする方が圃場での細断ワラ落下範囲の機体横方向幅が狭くなって細断ワラが一層線状に集まって落下するようになる。さらに、排ワラ細断装置10に供給される脱穀排ワラの稈身長さが異なり排ワラ放出経路15の横一端側よりも他端側の方が落下するワラ量が多くなる場合、拡散放出時、条盛り放出時のいずれにおいても、両分割スクリュー部分21,22のいずれもを落下ワラ量が多い方に寄せて取り付けることにより、ワラが落下範囲の全体により一層均等に分散したり、落下範囲の中央に集中しやすくなる。
【0017】〔別実施例〕スクリュー駆動軸23を上記実施構造の如く分割軸に構成すると、一部分としての分割軸部分23aを機体に取り付けたたままで、かつ、他の一部分としての分割軸部分23bを揺動させることによって楽に螺旋スクリューの組み付け様式の切り換えができて有利であるが、スクリュー駆動軸23を分割軸にしないで全体にわたって細断装置機体から取り外して分割スクリュー部分を着脱するように構成して実施する場合にも、本発明は適用できる。
【0018】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013