米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 脱穀装置の選別部構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−228572
公開日 平成8年(1996)9月10日
出願番号 特願平7−39531
出願日 平成7年(1995)2月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 藤光 敬介 / 中島 伸六 / 川畑 豊和 / 濱谷 功二 / 森本 勇
要約 目的
脱穀処理物量が多い場合でも粗選別経路部での処理物の移動及び選別が円滑かつ良好に行える脱穀装置の選別部構造を提供する。

構成
扱室3後端部の送塵口7からの排出物を比重選別しながら後方に移送するグレンパン8を備えるとともに、扱室3の受網4からの漏下処理物を粗選別しながら後方に移送する粗選別経路部6を受網4下方からグレンパン8下方にわたる範囲に設けた脱穀装置の選別部構造であって、グレンパン8の作用面を前上がりの傾斜面に構成してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 扱室(3)後端部の送塵口(7)からの排出物を比重選別しながら後方に移送するグレンパン(8)を備えるとともに、前記扱室(3)の受網(4)からの漏下処理物を粗選別しながら後方に移送する粗選別経路部(6)を前記受網(4)下方から前記グレンパン(8)下方にわたる範囲に設けた脱穀装置の選別部構造であって、前記グレンパン(8)の作用面を前上がりの傾斜面に構成してある脱穀装置の選別部構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、扱室後端部の送塵口からの排出物を比重選別しながら後方に移送するグレンパンを備えるとともに、前記扱室の受網からの漏下処理物を粗選別しながら後方に移送する粗選別経路部を前記受網下方から前記グレンパン下方にわたる範囲に設けた脱穀装置の選別部構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の脱穀装置の選別部構造にあっては、例えば、図3に示すように、扱室後端部の送塵口7からの排出物を比重選別しながら後方に移送するグレンパン8の選別を行う作用面は、グレンパン7下方に配設した例えばチャフシーブ等の粗選別経路部6の処理物移送面とほぼ平行な水平面を成すように設定されていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来構造のものにあっては、脱穀処理物量が少ないときには粗選別経路部6とグレンパン8との上下間隔より粗選別経路部6上の処理物量の嵩が小さいため、その処理物Mは円滑に後方に移送されるものの、脱穀処理物量が多いときには粗選別経路部6とグレンパン8との上下間隔より粗選別経路部6上の処理物量の嵩が大きくなって、粗選別経路部6上の処理物Mの上がわがグレンパン8の前端部の立ち上げ壁8aで後方への移動が規制されるので、その処理物Mの全体としての移動も妨げられる虞れが高くなり、選別性能も低下するという問題があった。本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであって、脱穀処理物量が多い場合でも粗選別経路部での処理物の移動及び選別が円滑かつ良好に行える脱穀装置の選別部構造の提供を目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明にかかる脱穀装置の選別部構造は、上記目的を達成するために、扱室後端部の送塵口からの排出物を比重選別しながら後方に移送するグレンパンを備えるとともに、前記扱室の受網からの漏下処理物を粗選別しながら後方に移送する粗選別経路部を前記受網下方から前記グレンパン下方にわたる範囲に設けた脱穀装置の選別部構造において、前記グレンパンの作用面を前上がりの傾斜面に構成してあることを特徴構成とする。かかる特徴構成による作用・効果は次の通りである。
【0005】
【作用】即ち、グレンパンの作用面を前上がりの傾斜面に構成してあるから、グレンパンの前側ほど粗選別経路部に対して上位に位置することになり、グレンパンの下方の粗選別経路部上の処理物の量が多い場合でも、その処理物が後方へ移動していく際に、処理物の上がわ部分のグレンパンの前端部による後方への移動が遮られにくいものとなり、かつ、後下がり状のグレンパン下面により徐々に抑え付けられる状態で処理物が後方へ移動されることになる。
【0006】
【発明の効果】従って、処理物量が多い場合でも、グレンパンの前部で処理物が遮られることなく後方へ円滑に移動させられるので、その粗選別経路部での選別も良好になされることになる。
【0007】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1に、本発明にかかる脱穀装置の一例としてコンバインに備えられる脱穀装置を示している。この脱穀装置は、脱穀部A、選別部B、回収部Cを備えて構成されている。脱穀部Aは、フィードチェーン1で挾持搬送される刈取穀稈を脱穀処理する扱胴2が前後軸芯周りで回転駆動される状態で扱室3に支持されるとともに、脱穀処理物を漏下処理する受網4を扱室3の下方に張設して構成している。選別部Bは、受網4の下方に位置するとともに処理物を後方に移送する比重選別用の第1グレンパン5と、第1グレンパン5とほぼ同じ移送面を有する粗選別経路部としての開度調節可能なチャフシーブ6と、前記扱室3の後端部の送塵口7より排出される主に藁屑から成る処理物を受け止めて比重選別するグレンパンとしての第2グレンパン8及び第1ストローラック9と、チャフシーブ6の後方に配設した第2ストローラック10と、第1グレンパン5の後端から後方下方に処理物を流下させる流下面11の下端部より後方へ延出するように設けられる第3グレンパン12と、この第3グレンパン12の後方に配設したグレンシーブ13とを、揺動駆動される揺動ケース14に架設するとともに、グレンシーブ13、チャフシーブ6、第1,第2ストローラック9,10に選別風を供給する唐箕ファン15を第1グレンパン5の下方に配設して構成している。回収部Cは、グレンシーブ13で精選別された一番物を回収して脱穀装置の横外側方の穀粒貯留装置(図示せず)に移送するスクリュー式回収装置16と、グレンシーブ13後端やチャフシーブ6、第2ストローラック10から落下してきた処理物を第1グレンパン5或いはチャフシーブ6の前端側に還元するためのスクリュー式回収装置17とで構成している。
【0008】図1及び図2に示すように、前記第2グレンパン8は、その選別を行う作用面がチャフシーブ6の選別作用面に対して前側ほど上位に位置する前上がり傾斜面に設定している。このため、第2グレンパン8とチャフシーブ6との上下間隔は前側ほど大となっており、チャフシーブ6上の処理物量が多い場合でも第2グレンパン8の前端部によってチャフシーブ6上の処理物Mの後方移動が妨げられにくくなっており、その処理物Mは円滑にチャフシーブ6上を後方に選別処理されながら移動していく。
【0009】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013