米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 根菜類用収穫機の収穫部構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−228547
公開日 平成8年(1996)9月10日
出願番号 特願平8−44331
出願日 平成4年(1992)3月5日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 一瀬 幹雄 / 金井 芳秀 / 東 宏信 / 岡田 幹夫 / 末鶴 正明 / 伊藤 宰
要約 目的


構成
特許請求の範囲
【請求項1】 根菜の葉部を挟持して該根菜を地中から引き抜きつつ後方上方に移送する引抜き部(1)を配設し、この引抜き部(1)から送られてくる根菜を後方に移送する搬送装置(2)を配設するに、対向配置して駆動される左右一対の無端回動帯(BU),(BD)対を上下に配置して成る搬送機構(12)を上下に複数段設けて前記搬送装置(2)を構成し、夫々の搬送機構(12),(12)においては、上側となる上部無端回動帯(BU),(BU)対と下側となる下部無端回動帯(BD),(BD)対との上下間隔が、搬送方向下手側に行くほど広くなる状態にこれら上下の無端回動帯対どうしを相対配置するとともに、搬送根菜に所定以上の下方移動力が作用すると、該根菜の前記上部無端回動帯(BU),(BU)対からの下方へのずれ動きが許容されるように、前記上部無端回動帯(BU),(BU)対の葉部挟持力を設定し、更に、前記下部無端回動帯(BD),(BD)対の葉部挟持力が前記上部無端回動帯(BU),(BU)対の葉部挟持力よりも弱くなる状態に設定してある根菜類用収穫機の収穫部構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、人参や大根といった根菜類の地中からの堀取り工程から後処理工程に向けての搬送工程に至るまでの一連の収穫作業を機械化させる技術に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、根菜類の収穫作業は、圃場に埋まっている根菜を1本づつ手で引き抜いてから包丁で葉を切り落とすという人為作業で賄われていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】根菜類の人為収穫作業は、腰を曲げた姿勢で根菜を圃場から引き抜くという重労働になるため、例えばコンバインのような機械化された収穫機の実現が望まれていた。大規模圃場では切実な課題である。本発明は、根菜の引抜きから葉部切断に至る手前までの一連の工程が機械化された根菜類の収穫機を実現して提供するものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的の達成のために本発明は、根菜の葉部を挟持して該根菜を地中から引き抜きつつ後方上方に移送する引抜き部を配設し、この引抜き部から送られてくる根菜を後方に移送する搬送装置を配設するに、対向配置して駆動される左右一対の無端回動帯対を上下に配置して成る搬送機構を上下に複数段設けて搬送装置を構成し、夫々の搬送機構においては、上側となる上部無端回動帯対と下側となる下部無端回動帯対との上下間隔が、搬送方向下手側に行くほど広くなる状態にこれら上下の無端回動帯対どうしを相対配置するとともに、搬送根菜に所定以上の下方移動力が作用すると、該根菜の上部無端回動帯対からの下方へのずれ動きが許容されるように、上部無端回動帯対の葉部挟持力を設定し、更に、下部無端回動帯対の葉部挟持力が上部無端回動帯対の葉部挟持力よりも弱くなる状態に設定してあることを特徴とするものである。
【0005】〔作用〕引抜き部は、地上に突出している葉部を挟持することで地中にある根菜を引き抜いて上方に持ち上げるように機能し、搬送装置における個々の搬送機構は、下部無端回動帯対によって葉部の下部の搬送経路を形成した状態で、上部無端回動帯対による葉部上部を挟持しての搬送作用を与える機能を発揮する。
【0006】搬送機構では、下部無端回動帯対と上部無端回動帯対との上下間隔が、搬送方向下手側に行くほど広くなるように、かつ、上部無端回動帯では根菜の下方移動が許容されるようにしてあるから、後方への搬送に従って下部無端回動帯対は葉部の根元に近づき、ついには根菜本体上面に接触した状態で搬送される接触搬送状態になり、それ以後では上部無端回動帯対と葉部とが上下に相対移動して接触搬送状態が維持されるようになる。その結果、搬送機構の終端では、どの根菜も接触搬送状態に統一されるようになり、葉部を切断するカッター装置等の後処理工程に根菜を一定の姿勢・位置でもって受渡しできるようになる。
【0007】そして、上記搬送機構を複数段設けて搬送装置を構成することにより、次のような作用が生ずる。すなわち、搬送装置の終端部位に配置されることになる葉切り装置による根菜の葉部を切断する葉切り工程では、切り口を根菜上面に沿った水平に揃えることが外観上及び商品としての形態上好ましいのであるが、根菜を地中から引き抜くにはなるべく上方に向けて引き上げるのがその引抜きに要する力を小にできるとともに、後方への無理な引き抜きによる根菜やその葉部の折損を防止する点で有利であるため、引抜き部の根菜移送角度は比較的急なものに設定されがちになり、従って、搬送装置における後方への搬送中には根菜の搬送方向を上向きから水平向きに比較的大きく変更させることが望ましい。
【0008】本発明では搬送装置を上述の搬送機構を複数段備えて構成してあるので、引抜き部から前部の搬送機構への受渡し、前部の搬送機構から後部の搬送機構への受渡しといった具合に、根菜の受渡し箇所を複数設定することができ、よって、単一の受渡し箇所における搬送角度の変更角度値を、円滑な歯部の扱き揃え機能に寄与する小なるものに設定しながら、上方への移送成分の多い状態から水平方向への移送成分の多い搬送状態に大きく変更させることが可能になる。
【0009】〔効果〕その結果、根菜の地中からの引抜きからカッター装置等の後処理の手前までの一連の工程を機械化できたとともに、効率の良い引抜き部と後処理に受け渡す根菜を極力水平となる一定姿勢・位置に揃えることによる機械化処理の円滑・安定化が図れ、収穫能率向上に寄与しながら労力を軽減させることができた。
【0010】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。図1に本発明による根菜類用収穫機の全体側面図が、図2にその前部の平面図が夫々示され、1は引抜き部、2は搬送装置、3は葉切り装置、4は収穫部、5はクローラ走行装置、6は操縦部である。引抜き部1は、左右一対の分草具7,7を先端に備えるとともに、分草具7の直後部位と葉切り装置3部位とに亘るコンベヤ式の挟持コンベヤ装置9を装備して構成されている。挟持コンベヤ装置9は、後上り傾斜姿勢で対向配置して駆動される左右一対の第1搬送ベルト11,11で構成されている。
【0011】搬送装置2は、左右一対の上部無端回動帯BUとこれの下方に配置される左右一対の下部無端回動帯BDとで成る構造の搬送機構12を2段設けて構成されている。つまり、上側の搬送機構12は、第1搬送ベルト11の後部である第1ベルト後部11b(BU)と第2搬送ベルト18の前部である第2ベルト前部18a(BD)とで構成され、下側の搬送機構12は、第2ベルト後部18b(BU)と第3搬送ベルト20(BD)とで構成されている。各搬送機構12,12においては、根菜葉部の下部を一対の下部無端回動帯BD間で誘導案内しながら、葉部の上部を一対の上部無端回動帯BUの駆動によって挟持移送することにより、引抜き部1から送られてくる根菜を後方に搬送する機能を持っている。
【0012】図3に示すように、左右の第1搬送ベルト11,11には、これらを互いの存在方向に押圧して葉部の挟持力を発生させるための多数の転輪17が設けられ、前端部からガイド機構12の前端に相当する部位までの搬送ベルト前部11aにおいては、地中の根菜を確実に引き抜けるべく強い挟持力が作用するように転輪17の付勢スプリング8の強さが設定された強力バネ機構Asを備え、かつ、それから後側の搬送ベルト後部11bにおいては葉部の挟持力を,搬送ベルト前部11aにおけるスプリング8よりも細いスプリング10の採用によって弱いものに設定された微力バネ機構Apを備えてある。
【0013】第2搬送ベルト18は、第1搬送ベルト11と同様に、バネ機構As,Apを備えた構造であり、側面視における第1搬送ベルト11後端部位までの前部に強力バネ機構Asを配設し、それ以後には微力バネ機構Apを配設してある。第3搬送ベルト20は、図4、図5に示すように、アウタチェンリンクプレート13毎にブラケット19を一体に設け、それに対してバネ16で突出付勢される横軸心Y周りに回動自在な3個のローラ14が装備された構造のチェン15で構成されている。ローラ14は、バネ16によって外方に向けての付勢力が発生可能な状態でチェンリンク13に取付けられ、根菜の葉部は対向する左右のローラ14,14で挟持されての後方移送力を受ける。
【0014】図1に示すように、上下の搬送機構12,12においては、上部無端回動帯BUと下部無端回動帯BDとの上下間隔を、搬送方向下手側に行くほど広くなるように相対配置してあるとともに、第1搬送ベルト11の対地傾斜角度θと、第1搬送ベルト11と第2搬送ベルト18との挟み角度αと、第2搬送ベルト18と第3搬送ベルト20との挟み角度βとを、θ>α>βとなるように設定してあり、第3搬送ベルト20はほぼ水平に設定されている。
【0015】そして、第3ベルト20の後方位置には、根菜の葉部を切り落とす回転カッター21を上下位置の調節が自在な状態で設けて成る葉切り装置3が配設されるとともに、第3ベルト20と葉切り装置3との間に、根菜の吊下げ姿勢を葉切り装置3での切断作動に適した状態に矯正できるように、第3ベルト20から送られてくる根菜の葉部を持ち直して葉切り装置3へ移送する姿勢矯正搬送機構23を介在してある。姿勢矯正搬送機構23は左右一対の第4搬送ベルト24,24で構成されている。
【0016】収穫作業の主要作用を述べると、第1ベルト前部11aによる強い挟持力でもって葉部を挟持して後方上方に持ち上げることにより、地中にある根菜を引き抜き、次いで、第1ベルト後部11bと第2ベルト前部18aとによる上側搬送機構12による搬送力で根菜を後方上方に移送するのであるが、第2ベルト前部18a傾斜が緩いので、次第に根菜本体の上面が第2ベルト前部18aに接近し、上側の搬送機構12後部では第2ベルト前部18aに根菜本体上面が接当した接触搬送状態になるとともに、それ以後では第1ベルト前部11aと根菜の葉部とがスリップしての扱き搬送状態になる。
【0017】そして、根菜が下側の搬送機構12に受け渡されると、今度はこの下側の搬送機構12においても第2ベルト後部18bと第3搬送ベルト20とによって、上側の搬送機構12と同様の接触搬送状態や扱き搬送状態が現出され、第3搬送ベルト20の後部では根菜がほぼ水平に吊設されての搬送姿勢となり、姿勢矯正搬送機構23による姿勢安定作用と相まって、葉切り装置3での良好な切断作用が行われるようになる。
【0018】本実施形態では、一対の第1ベルト後部11bが上部無端回動帯BUに相当しているが、一対の搬送ベルト前部11aとは別体の独立したものとしても良く、また第2搬送ベルト18は上部無端回動帯BUと下部無端回動帯BDとを兼ね備えたものであるが、これらを独立させたものとして搬送機構12を構成しても良い。更に、搬送機構を3段以上配設しても良い。
【0019】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013