米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 田植機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平8−70637
公開日 平成8年(1996)3月19日
出願番号 特願平6−215480
出願日 平成6年(1994)9月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 向井 猛
要約 目的
多量の残り苗や残り肥料により苗植付装置全体としての重量が大きくなる場合には、苗植付装置の格納姿勢への姿勢切り換えを阻止することによって、田植機全体としての安定性の低下や、リンク機構やリフトシリンダなどの破損の虞を回避する。

構成
リフトシリンダ3の作動により昇降駆動されるリンク機構2を介して走行機体1に対して駆動昇降自在に連結された多条植え用の苗植付装置4を、植え付け条数単位で二分割自在に構成するとともに、分割を行わない作業姿勢と分割して機体横方向への張り出し量を減少させる格納姿勢とに姿勢切り換え自在に構成し、かつ、前記苗植付装置4の重量を検出する検出手段Sと、該検出手段からの検出値が設定値を超えると、前記苗植付装置4の前記格納姿勢への姿勢切り換えを阻止する規制手段Kを備えた。
特許請求の範囲
【請求項1】 リフトシリンダ(3)の作動により昇降駆動されるリンク機構(2)を介して走行機体(1)に対して駆動昇降自在に連結された多条植え用の苗植付装置(4)を、植え付け条数単位で二分割自在に構成するとともに、分割を行わない作業姿勢と分割して機体横方向への張り出し量を減少させる格納姿勢とに姿勢切り換え自在に構成し、かつ、前記苗植付装置(4)の重量を検出する検出手段(S)と、該検出手段(S)からの検出値が設定値を超えると、前記苗植付装置(4)の前記格納姿勢への姿勢切り換えを阻止する規制手段(K)を備えてある田植機。
【請求項2】 前記検出手段(S)を、前記リフトシリンダ(3)の内圧を検出する圧力センサ(20)で構成してある請求項1記載の田植機。
【請求項3】 前記検出手段(S)を、前記苗植付装置(4)に載置された苗の残量を検出する苗残量センサで構成してある請求項1記載の田植機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、多条植え用の苗植付装置を備えた田植機に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、多条植え用の苗植付装置を備えた田植機としては、苗植付装置を、植え付け条数単位で二分割自在に構成するとともに、分割を行わない作業姿勢と、分割して機体横方向への張り出し量を減少させる格納姿勢とに、姿勢切り換え自在に構成することによって、非作業時に路上などを走行する際には、苗植付装置を地面から浮上させて作業姿勢から格納姿勢に切り換えるといった比較的簡単な作業で、苗植付装置の機体横方向への張り出し量を減少させ得るようにしたものが本出願人によって提案されている〔特願平6‐144196号参照〕。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、苗植付装置の格納姿勢においては、その作業姿勢に比較して、苗植付装置の機体横方向への張り出し量を減少させることができるものの、苗植付装置の機体後方側への張り出し量が大きくなることから、例えば、苗植付装置に載置されている苗の残量や施肥装置に貯留されている肥料の残量が多い場合などのように、苗植付装置全体としての重量が大きくなった苗植付装置を格納姿勢に切り換えると、その重量の大きくなった苗植付装置の重心が機体後方側へ移動して走行機体に対する苗植付装置の荷重負荷が更に大きくなり、田植機全体としての前後方向での重量バランスが悪くなる不都合や、リンク機構やリフトシリンダなどに掛かる負荷がかなり大きくなる不都合が生じるようになるため、田植機全体としての安定性の低下や、リンク機構やリフトシリンダなどの破損を招く虞があった。
【0004】本発明の目的は、多量の残り苗や残り肥料により苗植付装置全体としての重量が大きくなる場合には、苗植付装置の格納姿勢への姿勢切り換えを阻止することによって、田植機全体としての安定性の低下や、リンク機構やリフトシリンダなどの破損の虞を回避することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため、本第1発明では、リフトシリンダの作動により昇降駆動されるリンク機構を介して走行機体に対して駆動昇降自在に連結された多条植え用の苗植付装置を、植え付け条数単位で二分割自在に構成するとともに、分割を行わない作業姿勢と分割して機体横方向への張り出し量を減少させる格納姿勢とに姿勢切り換え自在に構成し、かつ、前記苗植付装置の重量を検出する検出手段と、該検出手段からの検出値が設定値を超えると、前記苗植付装置の前記格納姿勢への姿勢切り換えを阻止する規制手段を備えた。
【0006】本第2発明では、上記第1発明において、前記検出手段を、前記リフトシリンダの内圧を検出する圧力センサで構成した。
【0007】本第3発明では、上記第1発明において、前記検出手段を、前記苗植付装置に載置された苗の残量を検出する苗残量センサで構成した。
【0008】
【作用】本第1発明によると、検出手段からの検出値が設定値を超えていない場合は、苗植付装置の格納姿勢への姿勢切り換えが許容されるので、苗植付装置を分割して機体横方向への張り出し量を減少させることができる。一方、検出手段からの検出値が設定値を超えている場合は、規制手段により苗植付装置の格納姿勢への姿勢切り換えが阻止されるので、多量の残り苗や残り肥料などにより苗植付装置全体としての重量が大きくなった苗植付装置を格納姿勢へ切り換えることによって生じる田植機全体としての前後方向での重量バランスが悪くなる不都合や、リンク機構やリフトシリンダなどに掛かる負荷がかなり大きくなる不都合がない。
【0009】本第2発明によると、リフトシリンダの内圧を検出する一つの圧力センサからの検出値に基づいて、苗植付装置に載置された残量苗や施肥装置に貯留された残量肥料などを含めた苗植付装置全体の重量を検出することができるので、夫々の残量を検出する各残量センサからの検出値に基づいて苗植付装置全体の重量を算出する場合などに比較して、簡素な制御構成で精度良く苗植付装置全体の重量を検出することができる。
【0010】本第3発明によると、本来より備えられている苗残量センサにて検出された苗残量に基づいて苗植付装置全体の重量を算出するようになるので、新たに苗植付装置の重量を検出するセンサを設ける必要がない。
【0011】
【発明の効果】従って、本第1発明によれば、多量の残り苗や残り肥料などにより苗植付装置全体としての重量が大きくなる場合には、苗植付装置の格納姿勢への姿勢切り換えを阻止することによって、苗植付装置全体としての重量が大きくなった苗植付装置を格納姿勢に切り換えることによって生じる田植機全体としての安定性の低下や、リンク機構やリフトシリンダなどの損傷の虞を回避できるようになった。
【0012】本第2発明によれば、制御構成の簡素化、及び、制御精度の向上を図りながらも、苗植付装置全体としての重量が大きくなった苗植付装置を格納姿勢に切り換えることによって生じる田植機全体としての安定性の低下や、リンク機構やリフトシリンダなどの損傷の虞を回避できるようになった。
【0013】本第3発明によれば、製造コストの低減を図りながらも、苗植付装置全体としての重量が大きくなった苗植付装置を格納姿勢に切り換えることによって生じる田植機全体としての安定性の低下や、リンク機構やリフトシリンダなどの損傷の虞を回避できるようになった。
【0014】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
【0015】図1には、乗用型田植機の全体側面が示されており、この乗用型田植機は、乗用型の走行機体1と、走行機体1の後部にリンク機構2を介して油圧式のリフトシリンダ3の駆動により昇降自在に連結された八条植え用の苗植付装置4によって構成されている。図2及び図3に示すように、苗植付装置4は、植え付け条数単位の一例である四条ずつで左右に二分割自在に構成されるとともに、苗植付装置4の分割を行わない作業姿勢(図2参照)と、分割して苗植付装置4の機体横方向への張り出し量を減少させる格納姿勢(図3参照)とに姿勢切り換え自在に構成されている。又、図1に示すように、苗植付装置4の後部には、苗植付装置4の苗植え付け動作に連動して圃場へ肥料を供給する施肥装置5が装備されており、この施肥装置5は、苗植付装置4と同様に四条ずつで左右に二分割自在に構成されている。
【0016】苗植付装置4の構成について詳述すると、図1〜図3に示すように、この苗植付装置4は、前記リンク機構2の後端に連結された縦向きフレーム6、この縦向きフレーム6の両側部に枢支連結された左右一対の腰折れ式揺動リンク機構7、夫々の腰折れ式揺動リンク機構7の揺動端に支持ブラケット8を介して左右揺動自在に枢支されたフィードケース9、夫々のフィードケース9から左右に向けて延設された支持フレーム10、夫々の支持フレーム10の両端から後方に向けて延設されたフレーム兼用の植付伝動ケース11、夫々の植付伝動ケース11の後部に軸支された左右一対の植付機構12、前記植付伝動ケース11に対して一定のストロークで往復横移動する左右四条ずつに分割形成された苗載台13、及び、圃場の泥表面を整地する整地フロート14、などによって構成されている。苗植付装置4の前部における左右中央箇所には、走行機体1側からの動力を、ユニバーサルジョイントを備えた左右夫々の伝動軸15を介して、左右のフィードケース9へ分配供給する動力分配供給部16が配設されている。動力分配供給部16は、左側のフィードケース9より延設された支持フレーム17にて支持されており、苗植付装置4の格納姿勢においては左側の苗植付装置4に属するようになっている。整地フロート14は、苗植付装置4の中央に配設されたT字状のセンタフロート14A、苗植付装置4の左右夫々に配設されたT字状のサイドフロート14BとU字状のサイドフロート14Cからなり、センタフロート14Aは、苗植付装置4の格納姿勢においては右側の苗植付装置4に属するようになっている。
【0017】動力分配供給部16の前部には、縦向きフレーム6に支持された動力取出軸1Aの突出端に備えられた連結部1aに対して係脱自在に噛合する動力取入用の連結部16aが備えられている。又、動力分配供給部16の右側部には、右側の伝動軸15における動力分配供給部16側の端部に備えられた連結部15aに対して係脱自在に噛合する動力取出用の連結部16bが備えられている。そして、図2に示すように、苗植付装置4の作業姿勢においては、走行機体1側の動力取出軸1Aの連結部1aと動力分配供給部16の動力取入用の連結部16a、及び、動力分配供給部16の動力取出用の連結部16bと右側の伝動軸15の連結部15a、の夫々が噛合連結されるようになっており、走行機体1側からの動力が動力分配供給部16と左右の伝動軸15を介して左右夫々のフィードケース9へ伝達されるようになっている。一方、図3に示すように、苗植付装置4の格納姿勢においては、走行機体1側の動力取出軸1Aの連結部1aと動力分配供給部16の動力取入用の連結部16a、及び、動力分配供給部16の動力取出用の連結部16bと右側の伝動軸15の連結部15a、の夫々の噛合連結が解除されるようになっており、走行機体1側からの動力が左右夫々のフィードケース9へ伝達されないようになっている。
【0018】図4及び図5に示すように、動力分配供給部16の上面と下面の夫々には、上下方向に突出する係合ピン16cが設けられている。一方、縦向きフレーム6の背面には、係合ピン16cと係合する係合溝6aが形成された上下一対のブラケット6Aが後方に向けて延設されている。又、上側のブラケット6Aには、係合溝6aと係合した係合ピン16cの突出端に係合して、係合溝6aと係合ピン16cとの係合を保持するロックレバー18が備えられている。ロックレバー18は、上側のブラケット6Aに上下軸芯周りで揺動自在に枢支されるとともに、バネ19によって係合ピン16cとの係合方向へ付勢されている。ロックレバー18には、ロックレバー18に対する係合ピン16cの係合方向への移動を許容する案内部18aが形成されている。つまり、ブラケット6A、係合ピン16c、及び、ロックレバー18によって苗植付装置4を作業姿勢で保持するロック機構Lが構成されており、苗植付装置4を格納姿勢から作業姿勢へ切り換える場合には、その姿勢切り換えに伴って、ロックレバー18が、係合ピン16cのロックレバー18に対する係合方向への移動により、バネ19の付勢に抗して平面視における時計周り方向に一旦揺動し、その後、係合ピン16cが係合溝6aの内端に達すると、バネ19の付勢により平面視における反時計周り方向に揺動して係合ピン16cと係合することによって、苗植付装置4が作業姿勢で保持されるようになっている。又、苗植付装置4を作業姿勢から格納姿勢へ切り換える場合には、人為操作によりバネ19の付勢に抗してロックレバー18を平面視における時計周り方向に揺動させて、ロックレバー18と係合ピン16cとの係合を解除することによって、苗植付装置4の格納姿勢への姿勢切り換えを行えるようになっている。
【0019】図6に示すように、リフトシリンダ3には、リフトシリンダの内圧を検出する圧力センサ20が備えられており、施肥装置5、苗植付装置4に載置された苗、及び、施肥装置5に貯留された肥料、などを含めたリンク機構2にて支持される苗植付装置4全体としての重量を検出できるようになっている。一方、図4〜図6に示すように、縦向きフレーム6には、ロックレバー18に接当してロックレバー18の解除方向への揺動を阻止する状態と、ロックレバー18と接当せずにロックレバー18の解除方向への揺動を許容する状態とに出退操作される接当部21aを備えた電磁ソレノイド21が備えられている。電磁ソレノイド21は、走行機体1に備えられた制御装置22から出力される操作指令に基づいて作動するように構成されている。制御装置22は、圧力センサ20にて検出される検出値(苗植付装置4全体としての重量)が設定値を超えた場合には、電磁ソレノイド21の接当部21aを突出させてロックレバー18に接当させるロック解除阻止指令を出力し、圧力センサ20にて検出される検出値が設定値を超えていない場合には、電磁ソレノイド21の接当部21aを退避させてロックレバー18に接当させないロック解除許容指令を出力するように構成されている。
【0020】つまり、圧力センサ20によって苗植付装置4の重量を検出する検出手段Sが構成されるとともに、電磁ソレノイド21と制御装置22によって検出手段Sからの検出値が設定値を超えた場合に苗植付装置4の格納姿勢への姿勢切り換えを阻止する規制手段Kが構成されており、多量の残り苗や残り肥料などにより苗植付装置4全体としての重量が大きくなった場合における苗植付装置の格納姿勢への姿勢切り換えを阻止することによって、その重量が大きくなった苗植付装置の重心が格納姿勢への姿勢切り換えにより機体後方側へ移動し、走行機体に対する苗植付装置全体としての荷重負荷が更に大きくなることによって生じる田植機全体としての安定性の低下や、リンク機構やリフトシリンダなどの破損の虞を回避するようにしているのである。
【0021】〔別実施例〕以下、本発明の別実施例を列記する。
■ 上記実施例においては、多数条植え用の苗植付装置4として八条植え用のものを例示したが、それに限定されるものではなく、例えば、十条植えや十二条植え用のものなどであってもよい。
■ 上記実施例においては、苗植付装置4の重量を検出する検出手段Sをリフトシリンダ3の内圧を検出する圧力センサ20で構成したものを例示したが、それに限定されるものではなく、例えば、苗植付装置4を走行機体1に対して駆動昇降自在に連結するリンク機構2の歪みやリンク機構2の揺動支点の歪みを検出する歪みゲージ、苗植付装置4に載置された苗の残量を検出するように本来より苗載台13の各条に備えられている苗残量センサ、施肥装置5に貯留された肥料の残量を検出する肥料残量センサ、あるいは、該苗残量センサと肥料残量センサの組み合わせ、などによって構成するようにしてもよい。ちなみに、一般に、苗残量センサとしては、苗載台13の各苗載置面における苗取り出し端部側に備えられることによって、載置苗が所定量以上の場合にはON検出し、載置苗が所定量未満の場合にはOFF検出するON・OFF式のものが多く採用されていることから、検出手段Sを苗残量センサで構成する場合の規制手段Kとしては、OFF検出している苗残量センサの数量、あるいは、OFF検出している苗残量センサの配設箇所、などに基づいて、格納姿勢の苗植付装置4の重量が設定値を超えると判断された場合に、苗植付装置4の格納姿勢への姿勢切り換えを阻止するように構成すればよい。
■ ロック機構Lの解除操作を阻止する電磁ソレノイド21の配設箇所としては、ロック機構Lの配設箇所に応じて適宜変更可能なものである。例えば、ロック機構Lを、作業姿勢における左右の苗載台13同士の隣接する側の端部に備え、左右の苗載台13の接続状態を保持することによって苗植付装置4を作業姿勢で保持するように構成している場合には、電磁ソレノイド21を、ロック機構Lが配設された苗載台13同士の隣接側端部に配設するようにすればよい。
■ 上記実施例においては、苗植付装置4の格納姿勢への姿勢切り換えを阻止する規制手段Kを、ロックレバー18のロック解除操作を許容する状態とロックレバー18のロック解除操作を阻止する状態とに切り換えられる電磁ソレノイド21と、電磁ソレノイド21に対して操作指令を出力する制御装置22によって構成したものを例示したが、それに限定されるものではなく、例えば、苗植付装置4が、油圧シリンダや電動モータなどのアクチュエータの作動によって作業姿勢と格納姿勢との姿勢切り換えを行うように構成されている場合においては、検出手段Sからの検出値が設定値を超えると、苗植付装置4を作業姿勢から格納姿勢へ切り換えるためのアクチュエータの作動を阻止するようにプログラムされた制御手段によって構成してもよい。
【0022】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013